江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2005年12月23日(金) 盗っ人からゼニをもらえば盗っ人である        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 もしもあなたの友人が「これ、そこのコンビニで万引きしたんだ!」と言ってお菓子を分けてくれて、それをあなたが食べたとしたら、その友人の万引きをもはや責めることはできないだろう。盗んだモノを一緒に食べるという時点ですでに共犯者になってしまっているからである。それが盗品であることを知らなかったのなら食べることまでは許そう。しかし、知ってしまったらもう放置するわけにはいかない。あなたの取るべき行動は、自分が食べてしまった分の代金を友人に渡して店に返させるか、あるいは友人を伴って謝罪に行くかである。

 我が子が万引きをしたのを知った親は、盗んだ商品を持って店に謝りに行くのが当然の行動である。もしもそこで「バレないように二度とその店には行くなよ」と諭す親がいればろくなガキは育たないだろう。その程度の親ではその程度のクソガキしか育てられない。ただ最近は我が子が犯罪者であることをかばう親が急速に増えているそうである。息子が殺人容疑で逮捕されてから、「実は息子がやったことはわかっていました」と答える親はかなり多い。バレずに逮捕されなかったら儲けモノと思ってるのだ。頼むからそんなクソ親は100回死んでくれ

 ところが世の中には、もらったモノが盗品であると知っていながら平気な人間が数多く存在する。それも政治家という職業の方たちに大勢いるから驚きである。もと警察官僚の亀井静香と言えばホリエモンとの選挙戦を戦ったことで話題になったが、このシズカちゃんが支部長を務めていた自民党広島県第六選挙区支部が、悪質なリフォーム詐欺で検挙された「西日本基礎」から寄付を受けていたことが明らかになった。悪徳業者がお年寄りをだまして巻き上げたゼニは、回り回ってシズカちゃんのフトコロにたどり着いたのである。

 同じ選挙区にいれば、そいつらがまともな業者か悪徳業者かはすぐにわかるはずだ。オレならたちどころに看破する自信がある。警察官僚あがりのシズカちゃんがそんなことも見抜けないボンクラのはずがない。(もしもそういうボンクラならボンクラで議員の資格などないわけだが)おそらく、相手が悪徳業者だと知った上で、その利益の上前をピンハネしていたのだろう。ヤクザの上納金みたいなモノである。悪人からもっと上のレベルの悪人へとゼニが流れただけなのだ。

 シズカちゃんの事務所では「適正に処理している」と答えている。ここでの「適正な処理」というのは、「どんなゼニであろうと分け隔てなく差別せずにもらっています、お金に罪はありません。」という意味であるからよい子のみんなは誤解しないように。

 2005年度の流行語大賞に選びたくなるあの「ヒュざる」(悪人が開き直って自己を正当化し、元の仲間を罵倒する)という語の生みの親となったのはヒューザーの小嶋社長だが、自民党森派の政治団体に660万円の政治献金を行い、伊藤公介元国土庁長官のパーティー券を100万円分購入していたことが分かった。伊藤公介は11月に、小嶋社長と一緒に国土交通省幹部に面会して善後策を相談しているわけで、ゼニをもらった手前、国民の側に立って正義を行使するのではなくて、いかにして自分にゼニをくれた悪人どもを守ってやれるかの相談に乗ったのである。伊藤公介は小嶋にとっては盟友だが、有権者や国民から見ればとんでもない裏切り者だ。こんな外道は国家反逆罪で銃殺してくれ。そんなダーティな議員を選んでしまった選挙区の馬鹿有権者どもからは固定資産税10倍徴収にしてくれ。国会議員の犯罪が起きれば、その選挙区の人間に賠償させるというルールが決まればうさんくさい連中は誰も当選できなくなるだろう。

 日本ERIも多くの政治家に献金を行っている。上野公成・元官房副長官には400万円だ。ちなみに上野氏は旧建設省で住宅建設課長などを歴任しており、この悪徳検査機関と官僚時代からしっかり癒着していた可能性が高い。

 木村建設も園田博之・自民党政調副会長のパーティー券を毎年180万円買っていたのである。ヒューザー、日本ERI、木村建設という今回の構造計算書偽装事件の中核を担う「偽装三人衆」は揃いも揃って与党議員に献金していたのである。北川のボケ大臣が「まず被害者救済」と叫ぶのも当たり前だ。危険なマンションをせっせと建て続けた連中はなんとか穏便に、できることなら罪を問われない形で逃がしてやりたい。なにしろ自分たちにお金をくれた仲間なんだから。

 ここでまず最初にするべきことは関係者すべての「殺人未遂」での検挙と拘束であるのに、悠長に時間の猶予を与えたモノだから、警察の強制捜査が入ったときには、連中はすでにほとんどの証拠を隠滅してしまったあとだったのである。もちろん、それは自民党や公明党という与党の望んだことだったが。今になってあわてて自民党の議員どもは、「もらったゼニは返す」とほざいているが、献金なんてすること自体がまともな連中じゃない証拠なのである。うしろめたいところがあるから、何かあったときに守ってもらおうとして献金をしているのである。そんなこと日本の常識、知らないのは世界一レベルが低いと言われる日本の裁判官だけである。

 盗っ人からゼニをもらえば盗っ人の仲間だ。ところがその盗っ人のゼニを「適正に処理してる」とほざいて政治資金として使おうとするヤツらがいる。汚れたゼニも、150万円以下の小口に分けて自分のところを通過させればきれいなゼニになると思ってるのだろうか。自分がマネーロンダリングをしてあげてるつもりなんだろうか。政治資金規正法なんてザル法の中に、「不正な手段で得た所得からの献金は決して受け取ってはならない」といちいち明文化してやらないと外道議員どもはわからないのだろうか。

 この盗っ人どもを国会で証人喚問して欲しいのだが、残念ながら与党は拒否の姿勢である。自分たちに火の粉が掛かってくることは明らかだからだ。せっかく景気も上向いてきたのに、このマンション偽装問題では購入者の直前キャンセルが続出しているという。まあそれもこれも当然の結果なんだが、オレは街に建てられているマンションの半分くらいはもしかしたらやばいのかもと思ってしまうぜ。

「モノを買うときは社長を見てから買え!」
これはまっこと至言だぜ。

この外道議員どもを許せないと思う方は
人気blogランキング投票←のクリックを必ずお願いします。 株式銘柄情報掲示板もよろしく。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン