江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2005年12月09日(金) 東証を大暴落させた男        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 12月8日、日経平均は300円以上の大きな下げとなった。この大暴落はたった一つの証券会社のミスから発生したのである。コンピューターではなくて人間が一つ一つチェックしていれば起こり得なかったミスであった。

 2005年12月8日、ジェイコムという会社が東証マザーズに新規上場した。人気があってなかなか値が付かなかったがやっと67万2000円で寄りついた。さて、問題はそこからである。このジェイコム株61万株を1円で売るという注文がある証券会社経由で入ったのだ。(たぶん61万円で1株売るの間違いだろう。)ちなみにジェイコム株は発行総数は1万4000株、61万株なんてありえない。会社の全発行株式数の40倍にもなるのだから。

 これが個人のパソコンから送られた注文ならたちまちエラーになって跳ね返されるだろう。信用余力というものがあって、預けている証拠金以上の信用取引はできないからだ。しかし、証券会社に対して東証はいちいちその注文内容の確かさまでチェックしない。少なくとも証券会社がそんなおかしな注文を出してこないと思ってるからだ。

 67万2000円で寄りついてからジリジリと値を上げていたジェイコムは61万株もの売り注文を受けて急落、一時は57万2000円のストップ安まで売られた。61万株の売り注文はすべて約定、その中には一社で40万株以上買った証券会社もあったという。(それが個人の注文を併せたものか、あるいは証券会社がめざとく買いに走ったのかはわからない。)その後ジェイコム株は急騰し、77万2000円のストップ高で引けたのである。今日一日の出来高は70万8124株、取引額は実に4213億円にのぼった。発行総数がたった1万4000株しかないのにこんな大きな出来高になるわけがない。

 61万株売ると誤発注をした証券会社(みずほ証券とあとで判明)は自社分の割り当てはわずか196株しかない。残り60万8804株は市場で買って調達しないといけないのである。どんなに高くても買うしかないのである。しかし、たった1万4000株しかないものをどうやって60万株以上も買うことが出来るのか。たぶん明日からジェイコム株はストップ高を続けるだろう。そんな大量の買い注文を出しても買えるわけがないのである。

 みずほ証券がジェイコム株を売った金額はストップ安の57万2000円で61万株、金額にして3489億円である。現実には持っていない株を売ってしまった(空売りした)以上、その株はどこかで買って調達しないといけない。仮に明日からジェイコム株が売り手がなくて大きく値上がりし、連日ストップ高を付けるようなことになった場合はすぐには買えないということになる。ジェイコムの株価が300万円で落ち着いたとして、その金額で約61万株を買い戻した場合のみずほ証券の負担額は1兆8300億円、売値との差額は1兆8411億円となる。こんな金額をどうやって払うのだ。みずほ証券はこの負担にたえることは不可能でもはや倒産するしかない。

 東証のルールとして、一度出されて約定した注文は絶対に取り消せないということがある。オレなどは取引していてしょっちゅう「おっと、今の注文はなかったことにしてくれ!」と思うが、そういうことは絶対に許されないのである。もちろんこれはみずほ証券にも適用される。その値段でみずほ証券が売り、それを証券会社経由で買った個人がいる以上、その取引は既に成立してしまっているのだ。これを誤発注だったからと取り消せば、市場全体のモラルが失われることとなる。

 12月8日の日経平均がマイナス300円をこえる大暴落だったのは、この誤発注事件の影響だった。どこの証券会社が誤発注したのかわからなかった段階では、証券会社すべてと銀行が大きく売られ、とばっちりを受けた日興や野村、大和が「それはウチではない」と次々とコメントする始末だった。後場からは「損をした証券会社が手持ちの株を売ってくるのでは」という観測からさらに大きく下げてしまい、それに加えて今日発表だった10月の機械受注統計でも民間設備投資の受注額(季節調整済み)が市場予想平均を下回ったこともあって今回の極端な下げとなったのである。

 さて、気になるのはこの誤発注をしたのはいったい誰かということである。数字の入れ間違いや注文のミスはオレもしょちゅうしている。10000株売りたかったのに100000株の注文を出してしまったり、売るつもりが買ってしまったりというミスを何度もしてきた。もちろん損失という形でその代償を支払ってきたのだ。みずほ証券にもしかしたら1兆円をこえる損失を与えるかも知れないこの男はいったいどこの誰なんだろうか。今日の大幅な値下がりで日本中の投資家の失った資金は数兆円にはなるだろう。たった一人でそれだけのことができるということに、オレはなんだか感動してしまうのである。今回の事件で東証を震撼させたこの男はいったいどこの誰なんだろうか。投資家のオレにとってこの事件は今年最大のニュースとなった。

←日記才人投票ボタンです。押せば続きが読めます。


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン