江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2005年11月10日(木) それはタバコ吸ってるヤツの勝手だろ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 タバコを吸う習慣は病気なのだそうだ。オレは喫煙を個人の趣味嗜好の問題だと思っていたのだが、どうやら厚生労働省の見解は違うようである。喫煙の習慣を「ニコチン依存症」という疾病とみなして、医師による禁煙指導はその「治療」であると位置づけ、公的医療保険の給付対象とする方針を固めたという。

 当然のことだが、そのための医療費はオレがぼったくられている掛け金からも支払われるのである。なんと言うことだ。オレが喫煙者の分まで負担させられるのか?副流煙をまき散らして大気を汚染する喫煙者がオレの分まで負担してくれるのなら話はわかるのだが、どうしてオレのような非喫煙者があいつらの分まで負担させられるのだ?これは明らかに不公平である。きちっと両者に差をつけて、喫煙者は医療費を2割高くするとかいうふうにして負担に差をつけてもらいたい。

 この禁煙指導の促進によって喫煙率は今後15年間で男性26%(2003年は47%)、女性9%(同11%)程度まで下がると同省研究班は試算しているとか。なんとも楽観的な数字である。オレの予測では男性喫煙者は減るが、女性喫煙者は今よりも増加するだろう。紀宮さまのような育ちのいいお嬢さんがどんどん絶滅種となってしまい、喫煙のような下品な習慣を持つ女が今後も増えることは避けられないからだ。(男はもともと下品なものだから仕方ないのだが)。その楽観的な試算によって15年後の医療費を1846億円抑制できるそうである。

 これまでも「禁煙外来」を設ける病院はあったが、保険の対象ではないため1カ月あたり3万〜4万円かかっていたそうである。別にそのくらいかかってもいいじゃないか。単純にタバコ代をそっちに回せば済むことじゃないか。どうしてオレの払った掛け金が回り回っててめえらの給付金になっちまうんだ。オレには納得がいかないのである。禁煙をできないことを「ニコチン依存症」という病気だからだととらえる考え方があるが、そんなものは個人の努力と意志の問題である。やめようという強い意志があればいつでもやめられるのである。やめたくてもやめられないのはただのヘタレである。オレのまわりにはやめることに成功した人が大勢いる。喫煙の習慣性は麻薬や覚醒剤の習慣性と比較してどうなのだろうか?きっとそうした薬物よりははるかにやめるのは簡単なはずである。

 もしも政府が本気で喫煙者を減らしたいのなら、タバコに掛ける税金を今の100倍くらいにしてタバコ一箱1万円くらいにしたらいいのである。喫煙者は激減するだろう。(おそらく、外国から粗悪なものが多数流入して上野公園でイラン人が販売するようになると思うが)とにかく、喫煙のリスクを負うのは喫煙者の勝手である。回りがあれこれ騒ぎ立てするような問題ではないのである。

←日記才人投票ボタンです。押せば続きが読めます。


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン