江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2005年05月19日(木) ブルマに関するあるマニアックな一考察        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 映画「あずみ」のDVDを借りて見たほど上戸彩が気に入ってるオレは、つい先日ドラマ「アタック癸院を見た。昔の話とストーリーが全然違うじゃないかと突っ込みつつ、それなりに楽しんで観ていたのだが、体育館で練習をする彼女たちの姿に愕然とした。それは、彼女たちのいでたちがブルマじゃないことであった。これでは楽しみが半減するじゃないか。いったい何のためにバレーボールをやらせているのだ。それは出演者にブルマをはかせるためじゃないのか。もはや日本中の女子のスポーツ選手からブルマは失われてしまったのか。なんということだ。

 オレはブルマというのは女性の脚の美しさをもっとも強調すると思っている。ミニスカートも脚の美しさを強調できると反論する人がいるかも知れない。しかし、ミニスカは邪道である。というのは、ミニスカートの場合、もしかしたらパンツが見えるかも知れないという期待が男性の視線を集めるわけで、それは必ずしも脚の美しさだけに注目しているとは言えないのである。

 その点、ブルマだと絶対にパンツは見えない。透視能力のある変態なら話は別だが、ふつうの黒のブルマの場合に下着が透けることはありえないのである。だからブルマ姿の女性を鑑賞するということはパンツが見えることを期待するエロ混じりの邪悪な心ではなく、女性のすらりとした肢体の美しさに純粋に感動する美へのあこがれから来る崇高な行為なのだ。

 オレがブルマで思い出すのは、数年前にDVDを借りて観た映画
「がんばっていきまっしょい」である。田中麗奈主演のこの作品は、愛媛県のある高校の女子ボート部を舞台にした学園ドタバタスポーツものである。周防政行監督の弟子という磯村一路監督が師匠の世界を受け継ごうとしてるのはわかるが妙にギャグがすべってしまっていた。そのせいか「シコふんじゃった」の面白さとは違って妙に退屈で間延びした映画になってしまっている。唯一思い出せるのはボート部の練習の時に田中麗奈がブルマ姿で出てきた場面で、もしかしたらその一瞬のためにこの作品は存在したのではないだろうかと思うほどオレの記憶に残っている。

 もう今では中学校や高校の体育の時間にブルマをはくことはなくなってしまったのだろうか。以前にテレビで観た秋葉原のメイド喫茶では、運動会ということでウェイトレスが全員体操着にブルマ姿だった。なんと幸せな場所なんだろうかとオレは思わずメイド喫茶に行きたくなってしまったぐらいである。しかし、そんな場所にしか存在しないということは、もはやブルマはコスプレの一つとして生き残ってるに過ぎないのかも知れない。残念でならないオレはブルマの復権をオレは強く願っている。しかし、こんなことを書くと「ただの変態オヤジ」と誤解されてしまいそうで悲しい。オレは断じて変態などではない。変態とはミニスカートから覗くパンチラを愛するヤツらであり、オレが愛するのは美しきその肢体である。


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン