江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2004年03月10日(水) アテネ五輪は本当に間に合うのか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 アテネ五輪会場の建設工事は本当に間に合うのだろうか。スペインの著名な建築家カラトラバ氏がデザインした主会場の屋根は、まだ支柱のアーチがあるだけだ。巨大な鋼鉄製のアーチで曲面ガラスを支える奇抜なデザインだけにまだ難工事が山積みである。アーチを移動する工事は細心の注意が要求されるし、移動中に強風に耐えられるかも疑問視されている。当初の完成予定は4月だったが、開幕1カ月半前の6月末に変更となった。

 IOCのフェリ五輪統括部長は五輪スタジアムの屋根について「工事が間に合わない場合の代替案も考え始めている。ただ、今は信じるしかない。そもそも、屋根は必要不可欠ではなかったが、ギリシャが大会の遺産を残したいから計画した」と語っている。あきれたことに屋根など別になくてもいいと開き直っているのだ。

 それだけではない。アテネ五輪のマラソンコースの工事を請け負う業者が資金難に陥り給与の支払いを2カ月凍結したため、それに怒った労働者が工事をボイコットする騒動も起きていたのである。100万ユーロ(1億3200万円)近くの未払い分が支給されない限り、ボイコットを続ける方針。一方、会社の負債総額は4千万ユーロ(約53億円)ともいわれ、政府は業者の変更も検討している。

 マラトンの町からパナシナイコ競技場を結ぶコースは、1896年の第1回大会で使用された由緒あるマラソンコースだ。そのまま使用するには前半部分の道幅が狭いため、大規模な拡幅工事を行い、凸凹も目立つため、舗装もやり直している。昨年11月にはプレ大会を兼ねたアテネ・マラソンが片側一車線だけ使用して開かれたが、参加した日本の招待選手からも「舗装が古いところは路面が滑りやすくて危ない」と不満の声が出ていた。

 路面電車や郊外鉄道の建設も遅れているのである。その上こんな間際になって政権交代が起きたりともうてんやわんやなのである。東京五輪に突貫工事で間に合わせた日本とギリシャではどうも時間の感覚が違いすぎるような気もするのだ。未完成の競技施設で選手たちは満足な成績も出せないかも知れない。そんなのんびりした国でオリンピックを開催することに同意したのはいったい誰だ。はじめから施設の十分に整った国でやればよかったのである。いっそのこと10カ所くらいの世界の大都市をぐるぐる回すようにすればいいじゃないか。ただ、その中に大阪は絶対に入れるなよ。あれは見に行くモノであって、自分の家の庭先でなんかやられたら混雑でたまったもんじゃないからなあ。


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン