江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2003年09月26日(金) ナマ身の患者で手術の練習をするな!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 東京慈恵医大付属青戸病院で昨年、前立腺がん摘出の腹腔鏡手術を受けた千葉県男性(60歳)が死亡した事故で、警視庁捜査1課と亀有署は25日、手術を担当した泌尿器科の医師3人を業務上過失致死容疑で逮捕した。斑目容疑者は執刀医、長谷川、前田両容疑者は助手として昨年11月、男性に前立腺摘出の腹腔鏡手術をした際、止血や輸血が不十分だったため大量出血となり、低酸素脳症による脳死状態にさせ、同年12月8日に死亡させた疑いである。

 なんとこの3人は、この手術を行うのは初めてだったのである。患者を使って手術の練習をしたようなものである。経験のある指導医が立ち会うこともなく、より容易な開腹手術をするという選択肢も彼らにはなかった。それでは練習にならないからである。3人の容疑者らはマニュアルを見たり、医療器具の使い方を業者に聞きながら手術を進めていたという。手術をしながらそこで実地に勉強していたのである。全くひどい話である。

 たとえ手術の練習であっても、うまくいけば誰も練習とは気づかないだろう。しかし、失敗して患者が死んでしまったら取り返しがつかないのである。この手術を許可した診療部長は斑目容疑者らに「腹腔鏡手術をしたい」と相談された際、「熱意にほだされて許可した」と供述しているという。手術って、熱意でやるものかね?そんなものより大事なのは経験と確かな技術だろう。医療費に対する締め付けが厳しくなる中で、より多くの診療報酬をかせぐためにより高度な医療技術を自らの能力も顧みずに駆使しようとして失敗した悲劇がここに存在する。

 1980年、埼玉県所沢市の富士見産婦人科病院で、営利目的のために正常な子宮や卵巣を次々と摘出するというひどい事件があった。健康な女性が医師資格を持たないニセ医師である理事長の診断により次々と子宮ガンや卵巣ガンと診断され、摘出させられていたのである。裁判の結果、被害を受けた患者への損害賠償は認められたものの、医師たちが傷害罪で立件されることはなかった。あれから23年、果たしてこのような悲劇は完全になくなったのだろうか。医療を患者の立場を最優先という原則を忘れた医師がいる限り、オレは安心できないのである。


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン