江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2003年01月21日(火) 一寸の虫にも十分な怒り        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 世界遺産に登録されているオーストラリアの離島・ロードハウ島で、日本人二人組が貴重なクワガタなど千匹余りを捕まえてこっそり持ち帰ろうとしたところをシドニー税関で発覚するという事件が昨年暮れに起きていた。犯人は奈良県の私立高校生物教諭とペットショップ経営者で、現在シドニーで裁判にかけられているという。罪状は環境・生物保護法違反だそうだ。世界でも刑罰の軽いことで有名な日本の裁判所なら、たかが虫を殺しただけということで罰金5万円くらいの罰しか与えないと思われるが、シドニーの法廷はもっとまっとうな罰を下してくれることだろう。環境・生物保護法違反の最高刑は禁固10年、罰金11万豪州ドル(日本円で770万円)となっている。

 この教諭らが大量に捕まえたキンイロクワガタの一種「ランプリマ・インスラリス」は、世界でもこの島にしか棲息していない希少種で、豪当局は70年代以降このクワガタを保全種に指定している。捕獲されたクワガタのうち607匹は生きていたが315匹はすでに死んでいたという。日本では約400種の外国産である生きたクワガタやカブトムシの輸入が認められていて、ペットショップで高値で取引されている。日本の業者に売るためにフィリピンやラオスでは現地住民による乱獲も起きているらしい。この二人組もあわよくば一攫千金のつもりだったのだろう。そんな希少種なら一匹10万円くらいになるかも知れない。うまく千匹生きたまま持ち帰れれば一億円だ。

 しかし、生きた成虫の輸入を認めていること自体がそもそも間違いではないのか。飼われている虫は屋外に逃げることもあるだろうし、中にはわざと日本産のクワガタやカブトムシとの混血を作ろうとする飼い主もいるはずだ。地球温暖化の進行を思えば、熱帯の昆虫が日本の森林で棲息不可能とは言えないだろう。日本固有種との雑種が進めば、いつのまにか固有種が駆逐されてしまうということも起きるだろう。長い年月を経て形成された生態系にとって大きな打撃を与える行為を、自分たちの趣味のために平気でやってしまう馬鹿が日本には多すぎる。琵琶湖にブラックバスやブルーギルを放すヤツ、またそれを擁護している馬鹿タレント。ただの趣味のために環境破壊を正当化しようとする馬鹿が、日本の経済力をバックにして世界中で迷惑をばらまいてるんだ。同じ日本人として恥ずかしい限りだぜ。


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン