江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2002年11月24日(日) まじめなクルマになど乗りたくねえよ        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 まじめまじめまじめ、三菱が発売した新型コルトの基本コンセプトは「まじめ」だそうだ。マーチ、ヴィッツ、フィットと各メーカーの人気車種がひしめく激戦区にこのコルトを投入して三菱は勝負を賭けてきたわけである。しかし、人の命を預けているクルマというものをまじめに作るのはそもそも当たり前のことじゃないか。そんなことは今更いうまでもないだろう。それともこれまで三菱のクルマ造りはふまじめだったというのか。いくらリコール隠し問題でユーザーの信頼を失ったからと言って、そこまで卑下することもないだろう。全く不思議なメーカーだよ、いったい何なんだこのコンセプトは。
 「まじめ」ということは、一方で面白味のなさを意味する。そういうクルマ造りはトヨタや日産という大手メーカーにまかせておけばいい。大多数のユーザーはそちらを買って満足するだろうから。逆に三菱のようなすきま産業的メーカーは個性的で少し不良っぽいクルマ造りを目指すべき、と言えばそれは偏見に過ぎるだろうか。
 かつて三菱には個性的なクルマがたくさんあった。映画『バックトゥーザフューチャー』のデロリアンを思わせたスタリオン、押し出しの強いでかいクルマで自分をアピールしたい馬鹿の要望に応えたディアマンテ、うまく入れずに日本中の立体駐車場で事故続出だったらしい。子供の頃に見たアニメ『マッハGOGOGO』を彷彿とさせたが車体が重すぎて満足に走れずやむなく4WDにしたGTO、重戦車のような走りが魅力的だったなぁ。なぜ屋根が開くのか意味不明のRV車、オープンギヤというのもあった。そういうカルトなクルマに乗りたいという少数のオタクたちの希望に応えたクルマ造りこそが三菱の信条じゃなかったのか。
 日本では走る場所のない本格的なクロカン四駆のパジェロもそうだ。オーストラリア人が「どうだ、こんなクルマ日本にはないだろう」と語った雑誌の記事を昔読んだことがある。その後無節操な各メーカが次々とパジェロもどきの街乗りRV車を売り出したっけ。
 がんばってまじめに造られた結果、コルトは奇しくも2002年度に日本で一番よく売れたクルマ、フィットと大変よく似たスタイルとなった。そのまじめさを市場はどのように評価するのか、今後の売れ行きが楽しみでもある。


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン