サッカー観戦日記

2017年04月29日(土) クラセン関西予選B組 高田−神戸FC プリンス第4節 京都橘−奈良育英 関大一−履正社

クラブユース選手権関西予選B組
ディアブロッサ高田−神戸FC
4月29日 9時15分 堺S7 人工芝 晴


高田           神戸FC
−−−後藤−−岡田−−− −−−−−氣田−−−−−
−−−−−−−−−−−− −−−−−小橋−−−−−
広原−三谷−−大石−西川 中島−栗田−−平井−島田
大村−佐藤−−高橋−藤田 滝本−篠藤−−近藤−佐藤
−−−−−金田−−−−− −−−−−喜多−−−−−



高田
GK  1 金田侑斗
DF 16 大村歩
   29 高橋章
   27 藤田澪
    2 佐藤遊也
MF 18 三谷蒼太
   25 広原利赳
   35 西川嵐太
   37 大石哲平
FW 42 後藤泰聖
   26 岡田悠利

神戸FC
GK 81 喜多亮介
DF 42 佐藤也於
   84 篠藤遼治
   85 近藤勇磨
   87 滝本大輔
MF 43 平井達也
   72 栗田哲也
   83 島田直也
FW 64 小橋陸
   11 氣田奎一
   79 中島涼太



高田は立ち上がりからバックラインを押し上げ、ドリブルとショートパスで狭いスペースをこじ開けるサッカーを見せる。サイドバックも上がり、2CBだけ残っていることが多い。㉟西川は素晴らしいドリブル。㉕広原もなかなか。そしてこの二人のドリブラーだけでなく、全員にドリブルがあり、ポジションチェンジを多用して崩しにかかる。㊷後藤はエース格だが、ボールを求めて下がりすぎ、下がりすぎる傾向にある。ターンが鋭いだけに前線に張っていれば脅威なのに。音庵は堅実に捌く。安臑爾蝋況發世韻任覆守備力も高い。㉖岡田はイマイチ機能せず。㊷後藤が下がるだけに前線でスペースを突いてほしいのだが。
神戸FCが最初守備のチームだと思った。84篠藤は長身でヘッド強いが、ボールのないところでマークを見失いがちで、高さと左足フィードはいいけど、守備力はイマイチ。85近藤は対人マークもカバーもよく、立ち上がり左からの攻めが多い高田に上手く対応している。カバーもいい。㊸平井は攻守のキーマンで、CB陣といい距離感でスペースを埋めつつ、正確なパスで組み立て、隙を見て飛び出す。64小橋は変化をつける選手。氣田はスピード豊かに突っ込む迫力があるエースで、こちらも何もかもしようとあらゆる局面に顔を出す。
7分、神戸FC、83島田の右クロスにファーで79中島トラップも大きい。決定機。高田はFKを㉕広原が蹴る。15分、高田、左クロスにニアに突っ込むFWの前で神戸FC85近藤が先に触りオウンゴール。観戦ノートにもきっちりオウンゴールと書いているが、距離が遠くて自信がなかったので、公式記録を出してくれるのはありがたい。1−0。15分、神戸FC、左FK。79中島のキックは壁。決定機。更に㊸平井が拾いループはパンチ。決定機。16分、神戸FC氣田の右CK、アウトにかけて狙うがパンチ。25分、高田、右パスに㊷後藤GKと1対1も当てる。決定機。27分、神戸FC、右60度27mFK、84篠藤(左足)、氣田(右足)、㊸平井(ロング)が構え、平井のシュートは左に外れる。29分、神戸FC氣田のキックに72栗田ヘッドは上に外れる。32分、高田、㊷後藤左からカットインミドルが左上に決まる。2−0。直後にも㊷後藤突っ込みシュートは左ポストを叩く。決定機。高田㉖岡田→60石橋昴也。石橋はスペースを狙う意識の高い選手。ベンチから「トップ下」と指示が出る。42分、高田FKの跳ね返りを60石橋拾い持ち込んでシュート、決まって3−0。前半終了。

前半シュート数6(4)対4(2)、CK数1対2、GK数2対4、ファウル数4対7。決定力の差としか言いようがない。神戸FCも悪くなかった。しかし3点目が入ったことで高田は選手を入れ替え、次の試合に向けて体力を温存できるかと思った。というのも翌日には奈良県1部リーグの一条戦が控えているので。

ハーフタイム、高田㉙高橋→Тナ睫粥音庵→㉞中川優斗。㉟西川→ツ皇一輝。神戸FC、83島田→94吉城勇吾。高田は要するに3バックに変更だ。


高田
−−−後藤−−石橋−−− 
−−−−−大石−−−−− 
長町−広原−−中川−乾− 
−−佐藤−大村−石橋−− 
−−−−−喜多−−−−− 

高田は2バックになりがちだし、3点リードで落ち着くべく後ろに3枚残しておく、という意味で、戦術変更というより、カウンターに備える意識の徹底だと思ったのだが、変わらずストッパーがドリブルを仕掛ける。47分(後半7分)、高田、カットから㉞中川、左シュート、左ポストを叩く。超決定機。51分、神戸FC㊸平井に警告。ラフ。神戸FC64小橋→67酒井仁野。56分、高田GKゞ眦帳藤本俊哉。余裕のGK交代で逃げ切り狙いか。しかし神戸FC67酒井が突っ込み藤本が故意に倒し警告&PK。これを右隅に叩き込む。GKも読んでいたが。62分、高田の左FK、㉕広原の右足は逸機。63分、神戸FC、カウンターから79中島左シュート、そのままでも入ったと思うが高田㉗藤田のオウンゴール扱い。高田㊷後藤→ぢ臉照司紂㉕広原→㉔前田檀。エースを下げて逃げ切る狙いにしては中盤でプレスをかけず、ドリブルが多いし、相変わらずストッパーもドリブルする。楽しいサッカーをしたいのは分かるが、あまりに勝負に淡泊ではないか?77分、左で仕掛け、右に展開60石橋突っ込むがカット。この時間帯、神戸FC㊸平井の攻守に渡る圧倒的な存在感が光る。そしてロスタイム、左クロスに氣田の後ろからマーク外された∈監が頭からぶつかり、警告&PK。これを㊸平井が今度は左に決めて3−3。結局引き分けに終わった。

前半とは決定力が逆に出た。つまり高田が外しまくり、神戸FCはPK2回を含め、少ないチャンスを決めて追いついた。高田としては引き分けではダメな展開。攻撃ばかりではなく、守ることを覚えなければ。強豪と言われるチームは如何に攻撃的でも耐える時間帯に耐えたり、個人が局面で激しく潰したりと、守備にも執念を燃やす。プレーが軽くないのだ。そのあたりを何とかしなければ、高田がなかなか全国に行けないだろう。逆に何かの勢いで1回ポンと全国に行けば化けることもあるのだが。マン・オブ・ザ・マッチは神戸FC氣田だろう。凄い執念で走り、攻撃にも力を残した。スピードもあるし意外に強い。


公式記録





プリンスリーグ関西第4節
京都橘高校−奈良育英高校
4月29日 11時 S5 ピッチ良 晴


京都橘          奈良育英   
−−−輪木−−相馬−−− −−−奥村−−山川◆檗
−−−−−−−−−−−− −−−−−−−−−−−−
土井−梅津−−篠永−山中 瀧本−塩貝◆飮嚇牒白澤
河合−古川−−松下−松本 稲本−中根−−橘−−徳本
−−−−−松田−−−−− −−−−−古橋−−−−−



京都橘 監督:米澤一成
GK 21 松田龍之介
DF  5 松本永遠  
    3 松下簾  191.3/67.1 99/09/26 3年 木津中
   17 古川隆輝 171.8/55.9 99/07/07 3年 宇治FC
    7 河合航希 166.4/60.8 99/07/31 3年 京都サンガFC
MF 13 篠永雄大 161/52.7  04/09  2年 FUT6
   10 梅津凌岳 172.6/61.1 99/05/05 3年 ガンバ大阪
    8 山中啓生 173.1/67.3 99/08/23 3年 FC長岡京
   16 相馬唯人 172.5/61.7 99/06/04 3年 京都サンガFC
   14 土井翔太 164.7/53.5 99/12/19 3年 京都J−マルカFC
FW 11 輪木豪太 166/57.7  99/12/21 3年 Mioびわこ滋賀


奈良育英 監督:上間政彦
GK  1 古橋和馬  172/64 00/01/06 3年 大住中
DF  2 橘功太   178/63 99/07/11 3年 奈良YMCAサッカークラブジュニアユース
    4 中根祐也  179/64 99/04/12 3年 富雄南中
   15 稲本旭   175/60 99/05/15 3年 奈良YMCAサッカークラブジュニアユース
   20 白澤幸志郎 182/77 00/08/04 2年 YF NARATESORO
MF  3 塩貝泰盛  170/62 00/09/09 2年 宇治FC
    6 徳本郁登  170/58 99/06/05 3年 奈良YMCAサッカークラブジュニアユース
21 山田峻輔  176/60 00/12/03 2年 SOLESTRELLA NARA 2002
FW  7 瀧本秀介  163/60 99/11/26 3年 法隆寺FC 
9 山川智也  172/65 00/06/30 2年 ガンバ大阪堺ジュニアユース
   10 奥村空   180/68 99/07/24 3年 奈良クラブジュニアユース



2分、いきなり京都橘、左シュートはセーブ。ナイスキーパー。決定機。すぐに目立ったのは京都橘の左サイドの速さ。Р蝋腓楼掬歸な加速力でオーバーラップに迫力があるし、
土井もスピード十分なレフティ。松下はデータ通りの圧倒的な高さがあるし、肩幅もあるので筋肉がつけばパワー負けしないだろう。篠永はいいターンを見せ、前を向いて仕掛ける。エース梅津は下がり気味で捌き屋を担う。バランスを考えたプレーをしているが、元々トップ下タイプの技巧派なので、上がれば脅威だ。輪木は突っ込んでいく迫力が魅力な点取り屋。7分、土井がワイドに開いてР蝋腓中に突っ込み奈良育英橘倒し、左60度30mFK、土井(左足)とР蝋隋扮β)が構え、河合狙うも上に外れる。18分、奈良育英㉑山田から奪った京都橘篠永から袷蠻呂縫僖垢通るがタッチが大きい。19分、京都橘土井がいいドリブルからラストパスはオフサイド。21分、京都橘右CK、松下のヘッドは外れる。奈良育英は力そのものは劣勢ながらもギリギリで寄せたりブロックに行ったりと身体を張るので京都橘のシュートが枠内に飛ばない。一方で奈良育英はシュートが全く撃てず、普段なら奥村が攻撃の軸なのだろうが、松下に大苦戦し、高さでは勝てない。32分、奈良育英看鰡訓Εロスに京都橘Р蝋腑屮蹈奪、GKキャッチ。39分、京都橘左パスを梅津シュートも奈良育英ライン上ブロック。超決定機。奈良育英らしい執念だ。直後にも輪木左カットインからインフロントにかけたシュート、右上に外れる。決定機。36分、京都橘篠永が奈良育英の選手を故意に倒し警告。左45度27mFK。瀧本の巻いたシュートは左上バー。惜しい。39分には奈良育英のコーナーに対し、京都橘が例年通りゾーンで守り、全く危なげない。44分、京都橘ゾ硝椶離ットインはスライディングタックルで止める。前半0−0。

後半は奈良育英が5バックに。

奈良育英   
−−−−−奥村−−−−−
−−−−−−−−−−−−
瀧本−塩貝◆飮嚇牒∋垣遶
稲本−中根徳本−橘−白澤
−−−−−古橋−−−−−

という5−4−1である。京都橘もハーフタイムに┿鈎罌乙氾捗‖析此↓袷蠻連今田温稀。吉田はそのまま右ハーフ、今田は左ハーフに入り、土井がFW。戦術変更後も京都橘はしっかりシュートまで行き、しかもすべて枠内である。両足蹴れるР蝋腓両紊りなど武器が多い上に梅津のポジションが上がり、いよいよ奈良育英が厳しくなってきた。しかし橘が再三いい守備を見せ、相変わらずギリギリのブロックなどで封じ、勝ち点ゲットへ執念を見せる。71分には京都橘、左右の揺さぶりから正面輪木のヘッドは正面。直後にも梅津が中央突破からシュートはDFまたもブロック。73分、京都橘Ь紊ってきた河合の左スルーパスに乙氾槌梢箸納け、左隅に決める。1−0。77分、瀧本→丸西陽也。キャプテンの交代。必死に走っていたが、攻撃面で力を発揮できず。丸西もいい選手だから。77分、奈良育英奥村、必死に体を張ったポストから丸西左クロスはキャッチ。これが交代の意図なのだろう。しかし全体的に消耗しきった感じは否めず。しかも交代できないのだから、やはり今年の奈良育英は層が薄いのだろう。81分、梅津のスルーパスに乙氾陳戮譴海椶譴鬮輪木右隅に流し込む。2−0。83分、京都橘ゾ硝棧ζ眦跳鯊澄F猯桧蕷僉↓稲本→暇銘羶知鼻87分、京都橘Р蝋隋∈献ットイン、加速してドリブルで叩き込む。3−0。結局3−0で京都橘が勝利した。

後半シュート数は京都橘7(7)対2。シュート7本が全て枠内というところに京都橘の精度の高さが伺える。強かったです。今年の京都橘はスピードのチーム。梅津がタクトを振るうが、基本的にはパス回しで1対1を作り、スピードで突破し、点を取ればカウンターの威力のあるチーム。奈良育英はやはり粘り強い。守備のギリギリでの耐えるところが伝統校らしい。とは言え戦力差があるので、かなり頑張らないと、プリンス残留は厳しいだろう。奥村をいかに活かすか。サイドの選手はいるけど、守備に労力を割きすぎる。何とか中盤の守備が良くなればいいが。

公式記録




プリンスリーグ関西第4節
関西大学第一高校‐履正社高校
4月29日 13時30分  堺S2 ピッチ良 晴のち雨

関大一          履正社
−−−−−百田−−−−− −−−−−町野−−−−−
−大平◆歟翕隋檗歹0罅檗 飮村◆欅騨紂檗殘邯
−−−前田◆歉彰檗檗檗檗 檗檗欹篷棔檗毯性◆檗檗
三宅∈拇帖檗歛湿紂盜田 坂東−坂元−−水口塩谷
−−−−−近藤−−−−− −−−−−季−−−−−−



関大一 監督:芝中信雄
GK  1 近藤史也  184/78 99/05/07 3年 大庄北中
DF 21 黒田翔太  
    4 村上佑磨 
    5 細田一希  174/64 99/11/26 3年 RESC
    6 三宅克弥  174/64 00/05/24 2年 八尾東中
MF  8 藤井陽大  171/58 99/04/25 3年 長野FC
   14 松丸宏熙  
    7 前田篤志  170/62 00/04/05 2年 ヴィッセル神戸伊丹
    9 大平武人  158/58 01/01/31 2年 VOLANTE大阪
FW 10 中島遼馬  170/56 99/10/12 3年 伊丹FC
   18 百田真登

履正社 監督:平野直樹
GK  1 李泰昌   181/75 99/05/14 3年 東大阪朝鮮中級
DF 24 水口湧斗  183/74 00/06/16 2年 千里丘FC
   22 坂元耀介  174/66 99/09/16 3年 城南中
    2 坂東隼   180/70 99/06/25 3年 千里丘FC
   19 塩谷周造  167/62 00/04/04 2年 ヴィッセル神戸U15
MF  6 坂本樹   174/67 99/12/17 3年 千里丘FC
   18 靂涜澄  173/63 00/04/18 2年 千里丘FC
   17 寺村浩平  179/64 00/09/20 2年 ガンバ大阪ジュニアユース
    9 野口天葵  165/61 00/10/18 2年 千里丘FC
FW 11 町野修斗  184/75 99/09/30 3年 FC.Avenidasol
   10 安羅修雅  173/67 99/10/07 3年 ガンバ大阪ジュニアユース



関大一は前監督が他界されても走るサッカーは変わらない。大阪で走るサッカーと言ったら関大一か金光大阪という印象だが、金光大阪が守備的というか、重心後ろ目なのに対し、関大一は前からどんどん行く印象。そのためプレッシングに適した4バックを採用している。金光大阪は最新の3バックによるプレッシングを採用するほど戦術的なチームでもないし。履正社CF町野は日本高校選抜であり、長身でスピードも豊かで決定力もあるという超高校級の選手で、もし関西にJ3クラブがあれば特別指定されてもおかしくない。U−20代表でいえば小川に似ている。しかし関大一CB陣はぢ湿紊鮹羶瓦防死に抵抗し楽をさせない。村上はロングフィードもよくなかなかの好センターバック。ズ拇弔眈綰悗呂覆い覆らも激しい寄せで町田に前を向かせない。Я暗帖↓松丸は寄せられてもあっさりターンする技術と、守備での執念を見せるドイスボランチ。しかし履正社町田は強靭な身体を活かしてキープ力もポストプレーも素晴らしく、身体をガッチリ入れての胸トラップで自在に味方を活かす。安羅は突破力があり判断も素早い中心選手で、もう少し視野を広げて、狭い局面突破にこだわらなければ、スケールがアップすると思うが、この時期中央突破にこだわるのも悪くない。履正社のサッカーはサイドを活かすことにあるが、今年のチームは中から崩せるのだから。GK〕はキックが伸びる好選手。関大一GKゞ疇は反応が素晴らしい。全く対応の違う好ゴールキーパーが双方にいる。履正社坂本は展開力があり、視野が広い。というか履正社のサイド攻撃はこの選手が起点となる。
さて試合の中身だ。立ち上がり履正社が押し込み、右CKを貨世担当。8分、町野が凄まじい加速で右裏を抜けるが、関大一のカバーが間に合う。10分、関大一、左FKに履正社がゾーンで守る。25分、関大一グラウンダー右クロスに寡甘墜佑湛みシュートは右に外れる。超決定機。履正社は高さの自信があるので好判断。28分、履正社左クロスを町野シュート、セーブ。決定機。更に∈篥譴ら町野に当てて坂東へリターン、左クロスはGK〕がナイスキャッチ。坂東はやや攻撃力不足で、CB向きの選手かな?と思うが、左ハーフ瓜村をよくフォローし、厚みを加えていた。それに寺村は技術はあるが、やや不出来というか、突破がなかった。32分、履正社貨世虜牽達法↓町野高いヘッド、上に外れる。この辺りから空に暗雲が立ち込め、風がきつくなり、観戦にも苦労するようになった。雨もパラパラと落ち、ノートとるのが困難に。34分、履正社、ベンチの指示で安羅が左ハーフ、野口がトップ下、瓜村が右に回る。サイドでの仕掛けを意識させるためだと思う。36分、関大一三宅に警告。ラフ。アフター。39分、履正社瓜村に警告。ラフ。結局前半は0−0で終了。44分、瓜村→款松海樹。快速アタッカー。

履正社の町野・安羅は強烈だったが、関大一のCBコンビやドイスボランチが強力で忠実で、履正社はサイドを使わないと攻略できないと思った。

後半はコンディション悪化の為、丘の上から見下ろすスタイルは不可能で、風もきつくノートも取れない。そのため雑感のみ。若干履正社が押すも、関大一も統率されたラインコントロールからのプレッシングで対抗。悪くない内容でスコアレスドローに終わった。

交代選手。
ハーフタイム∈篥譬鮎湘賃拈
58分野口→矢野圭吾
仮松→歓緞楝舁
関大一
90分大平→堤奏一郎


公式記録


 < 過去  INDEX  未来 >


T.K. [MAIL]