サッカー観戦日記

2017年01月21日(土) 大阪府一部リーグ第1節 興國−摂津 G大阪B−C大阪B 桃山学院−東大阪大柏原 阪南大高B−関大北陽

まず断っておくと秋以降目を悪くしていたので、観戦自体はしても双眼鏡観戦となり、観戦に支障もきたしていたし、観戦ノートもあまり取れなかった。そのため観戦記の更新も滞り気味だったが先日、目を手術して復活し、その第1戦がこのゲームである。観戦を楽しむことを第1に考えつつ、ノートもとり、観戦感覚も鈍っていなかったと思う。

興国はグァルディオラ式バルサの4−3−3で技巧派を揃え、圧倒的なポゼッションが売り物のチームである。対する摂津は昇格組で一部唯一の公立高校だが、近畿大会優勝歴があり、体育科や人工芝ピッチを持ち、単なる指導者の能力だけのチームではない。守備力は高い。


大阪府一部リーグ
興國高校−摂津高校
堺S8 晴 人工芝


興國           摂津
十四−−−十番−−−九番 −−−十番−−十一−−−
−−−十一−−八番−−− −−−−−−−−−−−−
−−−−−四番−−−−− 九番−七番−−六番−八番
五番−六番−−三番−二番 三番−五番−−四番−二番
−−−−−一番−−−−− −−−−−一番−−−−−

立ち上がりから支配にかかる興國に対し、摂津は素晴らしい集散で攻守の切り替えが早く守備を固めつつカウンターを狙う。しかし新チームの悲しさでカウンターのパターンとか連携が固まっておらず、タテに蹴るだけという感が強い。8番は徹底的に裏を狙うウインガータイプ。対する興國はフォメ図と違ってやや左右非対称で8番が上がり目で力強いプレーを見せ、11番が開いてサイドバックのカバーにも積極的。4番は展開力があり、14番はタメて中に切れ込むこともできる。10番(大垣勇樹)は圧倒的な技巧で魅せるが足元でもらいたがり、いい体勢で受けられない為突破できず、裏もとる動きがない。11番は左足FKあり。14分、興國、左から崩し、こぼれを唐突に10番ミドル、左隅に突き刺さり興國先制!1−0。その後も回す興國とカウンター狙いの摂津という構図は変わらず、興國はフリーになりがちな4番からスルーパスなども出るが、前線は摂津に厳しくマークされ、シュート数ではむしろ摂津が上回る。4番や8番がパス狙っても3トップの動きにイマイチ受ける工夫がないのだ。ベンチからも10番の受け方について指示が繰り返し飛ぶ。前半1−0で終了。

後半も構図は変わらず。摂津のCKに対し興國はゾーンで守る。摂津はFWが追うところと無理に行かなくてもいいところについて的確なコーチングが入り、スタミナを保てている。興國もしびれを切らしCFに19番を入れるなどして打開を図る。10番はインサイドハーフに。19番はFWらしいFWで裏を積極的に狙い流れが変わるも、摂津のDF陣の秩序も素晴らしい。守備については現段階である程度完成している。興國もバランスを崩さず時計を進めた後半45分、右を破りクロスにニアに突っ込んだ10番がポストにぶつかりながら押し込み、2−0として勝利をつかんだ。

未完成のチーム同士、個性が出て面白かった。興國はサイドチェンジを意識してはいたが決まらず、ゆっくりしたパスになっていたが、今後パススピードが速くなるだろうし、摂津はカウンターが鋭くなるだろうから今後が楽しみ。久しぶりに観戦を満喫できたのがこのカードで本当に楽しかった。



大阪府1部リーグ
ガンバ大阪ユースB−セレッソ大阪U−18B
堺S11 ピッチ人工芝 晴




G大阪B         C大阪B
−−−永山−−原田−−− −−−船津−−中川−−−
コルドバ−−−−−−食野 −−−−−−−−−−−−
−−−丹羽−−岩本−−− 谷本−松本−−判田−根木
吉木−西村−−奥野−奥田 山口−西尾−−下川−中島
−−−−−桑原−−−−− −−−−−林−−−−−−

G大阪B
GK  1 桑原瑠真
DF 19 奥田勇斗
    7 奥野耕平
    3 西村翔
   15 吉木大喜
MF 26 食野壮磨
    4 岩本翔
   12 丹羽匠
   10 コルドバ・キヨシ
FW 13 原田烈志
   11 永山周平
コルドバ→中野
左CBはメモでは25番になっているが、信頼度は低い。

C大阪B
GK 31 林祥太郎
DF 47 山口和樹
3 西尾隆矢(中学生)
23 下川大輝
43 中島稜斗
MF 40 谷本駿介
10 松本凪生
45 判田直也
44 根木洸希
FW 41 中川裕仁
18 船津直輝

下川→29横山
根木→32佐々井

立ち上がり、両者ポゼッションにかかる一方で双方カウンターも鋭くめまぐるしい展開になる。個々の技術が高く、危険な位置でのボールロストが少ないので、押し上げも出来て、攻めが厚い。そのため双方DF陣の能力の高さも目立つ。C大阪は西矢が後方を締め、G大阪はП野がカバーの強さとフィードを見せる。ただしC大阪は攻め気が強すぎてバックラインの手前が空き気味。7分、C大阪、分厚い攻撃から右SB中島が上がり右フリーで左サイドネットに決めて0−1。G大阪は西村の左足フィードやご篷椶留βの展開力やセットプレーにも威力あり。20分、C大阪㉓下川に警告。ラフ?故意?微妙なラインだ。G大阪Bはコルドバを諦め㉔中野を投入。徐々にG大阪Bのカウンターに威力が出てくる。C大阪Bはボランチの戻りが遅い。攻撃意識が高いのはいいが、カウンターをもろに受けているのだから、バランス重視すべきだと思うのだが、育成哲学の問題か?C大阪は㊶中川の動き出しがよくロングカウンターもいい。32分、G大阪B、カウンターから中央で原田が右から左に切り返し左足ミドルを右隅に突き刺し、1−1に。38分にはG大阪B左クロスに㉖食野ヘッド、C大阪B、GK林、好反応で弾き、バーに当たったボールが原田の目の前に、ヘッドで押し込み2−1。G大阪は永山のポストプレーも冴え始め、ペースを握る。結局前半は2−1で終了。

後半も展開自体は同じだが、攻撃時にC大阪Bがバランスを崩していることもあって、カウンターに差が出てくる。51分(後半6分)、G大阪B、左から㉔中野が左裏を突き、角度のないシュートを決める。3−1。C大阪は2枚替えで㉙横山が左CB、西矢が右CBに入る。しかしCB間の連携が落ち、62分、スルーパスが原田に通り4−1。このメモを取っている間にG大阪Bは追加点。5−1。C大阪は攻撃力は高いし、守備も個々の能力は高いのだが、バランスを崩して自滅してしまった。G大阪は攻撃的だが、バランスも意識していてこの時期での完成度の高さが光った。原田と西矢は個人能力では互角だが、原田が優位な状況でバイタルに侵入できた。ここでピッチを後にする。S8へ移動。


大阪府1部リーグ
桃山学院−東大阪大柏原
堺S8 12時 人工芝 晴


桃山学院         東大阪大柏原
−−−十番−−二一−−− −−−七六−−四二−−−
七番−−−−−−−−十四 −−−−−−−−−−−−
−−−四番−−八番−−− 五四−三九−−六六−四四
六番−二番−−五番−九番 七四−四三−−四六−五五
−−−−−十二−−−−− −−−−−八一−−−−−

スコアは分からないが、桃山学院の攻勢が続く。長身で起点になれて足元もしっかりしているCF10番となかなかのドリブラー21番の2トップが強力で、14番もフォローが速く突破も出来るし、DF陣も安定していて8番のバランス感覚も見事だ。東大阪大柏原はCB陣が桃山学院10番に勝てないまでも身体をぶつけて自由を奪うべきだったが、10番が動き方もよかったので致し方なかったかもしれない。桃山学院の攻勢が続くが、東大阪大柏原もバランス重視の守備で対抗し、スコア動かずタイムアップ。双方の様子から引き分けを悟る。最終スコア1−1でした。




阪南大高B        関大北陽
−−−六番−−十四−−− −−−三十−−二六−−−
−−−−−−−−−−−− −−−−−−−−−−−−
七番−十八−−五番−十一 五十−四五−−二九−三二
十番−四番−−三番−二番 十九−二八−−二七−二四
−−−−−一番−−−−− −−−−−二一−−−−−

阪南大高のAチームは少し前の前線からのプレスからのショートカウンターという形を、ポゼッションスタイルに変えた。そこでBチームも注意してみたが、以前と同じプレスからのショートカウンターのチームだった。関大北陽は後方からじっくりつなぎ、確実に回す。阪南大高Bは3番と4番のセンターバックコンビが連動していて寄せもカバーも早く、Bチームレベルには見えなかった。5番の守備力も高い。しかしビルドアップのミスから一気に関大北陽ショートカウンター、50番が飛び出して決めて0−1。更に関大北陽のペースが続き、追加点を挙げたところで帰路に就く。阪南大高は関西の高体連Bチームでは最強の印象だったが、そろそろレベルの高い大阪1部では厳しくなってきたか?しかしここで勝てるようなら選手たちにとって大きな自信になるだろう。


 < 過去  INDEX  未来 >


T.K. [MAIL]