江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日 エンピツ投票ランキング  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。

2021年02月25日(木) 卒業式と饅頭        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan





 卒業シーズンである。コロナ禍の中で卒業式を中止する学校もあるようだが、工夫して挙行する学校が普通である。卒業式と言えばやはり記念品として配られるまんじゅうがお約束だ。

 この卒業式に配られる紅白のまんじゅうは「上用饅頭」と呼ばれるものの一種であり、婚礼や入学式などによく使われる。昔は砂糖や小豆は高価だったので、「上用」と呼ぶようになったそうである。また、このまんじゅうの起源については、室町時代に禅宗の茶菓子として用いるためにもとは肉入りだった饅頭を小豆入りにしたのが始まりであるとも言われている。肉まんやあんまんの仲間だったということである。

 「上用(じょうよう)」ではなく「薯蕷(じょうよ)饅頭」と呼ばれ、大和芋・山芋を使ったものを指すという分類もあるようだが、今は基本的に贈答用の餡入りの饅頭のことを「上用饅頭」と呼びならわしてるようである。
 オレは甘いものが基本的に好きなのだが、もちろんこの「上用饅頭」」というのも好きである。学校に勤務していると毎年の卒業式のたびに教員もこの饅頭がもらえるので幸せな気分になる。

 しかし不思議なのはその予算はいったいどこから出てるのかということである。オレが働くような私立学校ならそれなりに卒業式関係の予算が確保されてるのかも知れないが、公立の学校はどんどん経費が削られている。大阪府の学校なんて維新の会のせいで悲惨なものである。あの橋下徹が大阪府知事になって「公務員は恵まれすぎだ」と攻撃して票を集めたせいで、どんどん待遇は悪くなり、予算は削減されてるのである。もしかしたら上用饅頭にもその影響が出てるかも知れないのだ。紅白の饅頭ではなく、一つの饅頭に紅白の皮があるというハイブリッド饅頭になってるかも知れないのだ。実際のところはどうなのだろうか。

 京都大学の卒業式の時にももちろん上用饅頭がもらえた。それは京都らしく北野天満宮のところにある老松という老舗の和菓子店のものだった。オレは卒業式を終えてその紅白の饅頭と羊羹の詰め合わせを家に持ち帰った。

 ところがその饅頭はいつのまにか家人に喰われてしまっていたのだ。オレが気づいた時は箱はもう空っぽだったのである。オレの父親は「やっぱり京大のまんじゅうはうまい」と平然と言い放っていたのである。なんということだ。オレの人生の最大の悔いというのは、この饅頭を食えなかった悲しみである。どんなにおいしい饅頭だったのか。それを確かめるすべはもう二度とないのである。もう一度京都大学に入学して4年間の学業を終えないと、卒業式に出ることは叶わないし、饅頭を食うこともできない。

 この世にはさまざまな手に入れにくい美味しいものが存在するが、その多くは長時間並ぶかゼニを出せばなんとかなるのである。もっとも得難いものの一つが、京大の卒業式で配られる老松の紅白上用饅頭であるとオレは思っている。卒業から40年以上たった今、京大の卒業式で配られる饅頭はどうなってるのだろうか。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。
応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています。PVアクセスランキング にほんブログ村


My追加
江草乗の言いたい放題 - にほんブログ村

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP エンピツユニオン