白馬鹿日記

2016年09月29日(木) Dan Tobacco・Da Vinci

というワケで開缶。
飽きもせずハッキリしない天気が続いております。台風も次々と出来ておりますしね。こういう事ではボートの船底をいつまでたっても塗れませんよ困ったモンだ。などと困りつつ新しく発注をいただいた仕事をする日々であります。ワシが個人的に知っている人の中で明らかにワシより上と思っている数少ない人のひとりが作ったアプリの改修なのでありますが。ええ数少ないんですよ。まあ知人そのものが少ないという事もありますけどね。でもそういう人が作ったにしてはヤケに作りの荒いコードとなっておりまして電話で質問をした時に「作ったのアナタじゃないでしょ」などと言ってしまったりしたワケでありましてやや気まずいながらも何か変だよなあという思いを拭えないままの作業となっております。ストレスでも溜まってるのかしらん。ロジックにやる気が全然感じられないのでありますよ。妙な物言いではありますが同業者なら分かってくれると思いたいところであります。

変じゃ妙じゃと思いつつ新しい着香系を開缶いたします。Autumn Eveningが終了したモンで。とても美味しいのでありますが同じのが続くと飽きるのでありますよね着香系は。ワシだけかも知れませんが。と言うワケで次に選んだのは雰囲気からするとモナ・リザだろうけど顔だけ見たのでは何だか絶対に分かるまいというド下手な絵が特徴のDa Vinciであります。レオナルドさんに怒られますよ。えっもう死んだ。知らんかった。テレビを観ないとそういう情報に疎くなってイカンですな。テレビといえば台風で宙ぶらりんになっていたアンテナを撤去いたしましたが当然ながら手前でやったワケではありません。誰がンな高いところに上がるモンですか。電気屋さんに頼んでおいたのでありますが漸く雨が止んだという事で作業に来ていただけました。2人来て1時間弱で計9500円でありましたが高所作業という事を鑑みると安いと言って良いかな、と。お陰ですっきりいたしましたです。風が吹いてもガタガタ言わなくなりましたしご近所の目もきっと。いいからさっさと開けろ馬鹿ッ!

プシュとコジって出て来たのは茶黒が4:6くらいでありましょうか、やや黒が優勢と思われるリボンカットでありました。フルーティな香りに加えてごく僅かにお酒っぽい風味がいたします。トスカーナ・ワインだそうでありますが残念ながらワシは飲んだ事がありませんので尤もらしく成程まさにその通りなどと言う事は出来ません。でも良い香りでありますよ。程好いか気持ち乾燥気味かという葉っぱを安物ながら付き合いの長いChacomのPokerに詰め込みます。点火一発。ううむ。軽いのう。吸い口はライトといたします。タバコ感ほぼ無し。着香もあまり強い方ではありませんでフルーティな甘さに控えめな酸味と何から来てるのかは分かりませんが弱いながら良いコクが混ざります。もちっとタバコ感があればなあ。着香部分は良いですがタバコ的にはかなり物足りないというのが第一印象でありました。まあでも仕事中のながらパイプには良さそうでありますよ。ブラック・コーヒーとも合いそうですし。紅茶の方がいいかしらん砂糖抜きで。分かりませんがひと缶吸い終える頃にはどう思っている事でありましょうか。

バージニア系はバルクのKendal Goldを開封。こちらはリピートであります。カットがとても細かいので少々吸い難い感はありますが味はとても良いです。若いバージニアの割にヘイっぽい香りが無く甘みが強くて少々変わり者と言って良いのかも知れませんが美味しければど〜でもええですなンなカテゴリー分けは。どうも最近はリピートが増えてまいりましたがまあ仕方無いッスよね。ちょと守りに入ってる感もあるし。やっぱねえ、口に合わないブレンドをひと缶吸うのは辛いですよ。不味いまずいと思いながら吸ったのではタバコにも気の毒ですし。タバコがンな事を気にするかどうかは知りませんけどね。でも食べ物と一緒で無駄にせず美味しくいただくという方針でおりますのでどうしてもそういう事になってしまうワケであります。ケチャップ風味レイクランド風味アニス風味強すぎ弱すぎブラキャベたっぷり等々を避けているとかなり選択肢が限られてしまうのでありますよ。ま、そのうち好みが変わるかも知れませんけどね。その時になったらまた挑戦すれば良いかな、と。



2016年09月24日(土) C&D・Cavendish Cut Burley

というワケで開封。
バーレイ付いている今日この頃であります。いや何かワシの口に合うのが無いかなと。GrangerとかCarter Hallとかでも充分美味しいのでありますがもう少しほんの少しだけ強いのがいいかなと思ったりもするモノで。などと思いつつ本日のパイプを取り出すとマウスピースの継ぎ目辺りに何やら白いモノが。ホコリかしらん。それにしては綺麗に生え揃って。うわぁカビじゃ何事じゃこれは。庫内の湿度計を見ると90%近いところを指しておりましてそりゃまあカビも生えますわな。他のは大丈夫かしらんと普段あまり使わないヤツを取り出すと見事に真っ白になって。うへぇ。これは一大事。

全てのパイプを取り出し被害を調べるとローテーションに入っていない連中はほぼ全部やられている事が判明いたしました。いたしましたじゃねえ馬鹿ッ!とりあえず乾いた布で拭きビニール袋に入れてシリカゲルを投入いたします。割れたりしないだろうね。急に乾かすと反ったり割れたりしますからね木は。楽器では時々聞く話だったりいたします。しかし不思議とボウル内には生えて無いのでありますよね。むしろそっちが危なそうな気がするのでありますが。不思議なモンですな。パイプ棚はアルコールで拭いて暫く扇風機で乾燥させます。扉を付けたのは失敗だったのかも知れませんですな。開けておきましょうかね。その方が少しはマシな気がいたしますですよ。クモとか虫とか入りそうですけどカビよりはマシでありましょう。

一段落したところで一服いたします。モノはCavendish Cut Burleyであります。バーレイにバージニアと軽い着香という事で選んでみたのでありますがジップロック・バッグを開けても全然着香っぽい香りはいたしません。茶色一色の短いリボンカットと呼んでも差し支え無さそうな葉っぱから薫るのは弱いバーレイの香りのみであります。気持ち乾燥気味でありますがまあこのまま試してみましょうね。やや硬めに詰めて点火。う〜ん、シンプル。

かなりあっさり目のバーレイであります。バージニアっぽさは、とりあえず分からんです。そのうち分かる様になるかも知れませんが今はワシでは言われなきゃ分からないレベルであります。吸い口は程好いくらい。ミディアム・ライト+といたします。口当たりは柔らかいし燃え方も速過ぎず遅過ぎず、煙量豊かで湿りにくいと大変に取っ付き易い葉っぱの様であります。これで味がしっかりしてたらなあと思ってしまうワケでありますが味コク香り共控えめとなっておりまして所謂ブレンド用かしらん、みたいな。いやちゃんと味はあるんですよ。薄いだけで。と言うワケでこれをGrangerに混ぜてみたら良いのかも知れませんですな。Grangerは美味しいけれどちょと軽過ぎ燃え過ぎの気があるモノですから。明日にでも試してみましょうかね。明日もどうせ雨みたいですから時間はたっぷりありそうでありますし。

調べてみたら9月に入ってから全然雨が降らなかった日というのが2日しか無かったそうであります。どうなっておるのでありますかね一体。異常気象というヤツなのかも知れませんが例えば百寮萓犬瞭記などを読んでみると70年前にもう異常気象なりなどと書かれていたりしますので昨日今日にはじまった事では無いワケでありましてむしろ定常的だと思い込んでいるのが間違いなのでありましょう。だからと言って認識を新たにしたら洗濯物が減るかというとそういう事もありませんのでまあどうでも良いですなンな事は。あ〜早く夏にならねえかなあ。どうせジメジメしてるんだったら暑い方がまだマシでありますよ。



2016年09月23日(金) C&D・Haunted Bookshop

というワケで開封。
湿った暗い日々が続いております。どうなっちまったんですかね。ワシが若かった頃は太陽というモノがあって昼間はけっこう明るかった記憶があるのでありますが最近はもう使わないのでありますかねそういう古いデバイスは。時代遅れになってしまったのかも知れませんね。とは言え部屋はカビ臭くなるし洗濯物は溜まるしバイクには乗れないしと良い事がワシ的にはひとつも無いワケでありますればさっさと晴れてくれませんかね。晴れるどころかまた台風が出来ている様でありますのでこれが北東に向かったりすると更なる雨続きの日々が。部屋がジメジメしてかなわんですよ全く。アメスピ黴ちゃったしナイフの皮シースも真っ白だし。勘弁してくれや。

ジメジメしながら新しいバルクを開封いたします。モノはHaunted Bookshopでありまして妙な名前だと思ったら元は小説のタイトルの様でありますな。読んだ事無いので中身は知りません。和訳があるなら読んでみたい気もいたしますがざっくり調べた限りでは見つかりませんでした。残念。残念がりつつジップロック・バッグを開くと出て来たのは明暗混ざった茶色いコースカットでありました。でもこういう感じでリボンって呼んじゃうケースもありますよね、と思わなくも無いカットであります。あんまり香りはありません。気持ち乾燥気味でありますが部屋の湿度が80%近い状態でありますのでそのうち勝手に加湿されますでしょう。お気に入りのOttendahlにたっぷり詰めます。点火一発。乾いてるから火点きが良いですわ。

ううむ。バーレイじゃ。当たり前だ馬鹿ッ!やや強めの口当たりのナッティなバーレイであります。強く吹かすと舌が痛いです。FBのグループでもsipしろよと言われましたが何となく言葉のイメージが分かるアドバイスでありますな。そっと味わうと濃厚なバーレイに仄かな甘みが混ざっているのが分かります。中々に奥深い味わいでありますよ。吸い口はやや強め、ミディアムといたします。ここのところバーレイはGrangerばかりでしたので余計に強く感じるのかも知れませんが。強めながら丸い味わいでありまして例えばSolaniのABFみたいに主張しまくる感じではありません。ワシ的には夕食後の一服用でありますねこれは。お酒を飲んでいた頃だったらちょと甘めのバーボンかシングル・モルトと合わせたいところでありましょうか。ワシの様な素人では1日中燻らせておくにはやや重いですが夜のしっかり一服したい頃合いには良いのでは無いかと思います。美味しいです。やや強めのバーレイがお好みの方は是非お試しを。

民進党の蓮舫さんの。あっ蓮舫って一発で変換した凄げえ。蓮舫さんの二重国籍問題で騒ぎになっている様であります。ゴタクを並べられる程二重国籍に詳しいワケではありませんのではぁそうですかと言うに留めておきますが隠していたというのは如何なモノかと。えっ知らなかった。自分の国籍を知らない。麻生さんがカップ麺の値段を知らんって文句を言ってた人たちはどこへ行ってしまったのでありましょうか。カップ麺の値段よりは少しは重要な事柄では無いかと思うのでありますが最近は違うんですかね。しかも国会議員って法律を作る人たちだった様な気が。自分に関係のある法律すら知らん人でも出来る商売なのでありましょうか。だったらワシでも出来そうですよ。しかも首相を目指しちゃうとか言ってらっしゃるワケでしょう。紛争とか起きたらどうするんですかね。ええあるんですよ細かいゴタゴタは。某日本最西端の島に行った時に漁師さんたちから色々と経験談を聞かせていただきましたし。これが尖閣で一触即発とまでは行かなくても偶発的な云々となった時に自衛隊を統括する首相としてどういう態度を取っていただけるのか不確定なのは少々困るのでは無いのかな、と思ったりもいたします。素人の思い過ごしなら良いのでありますけどね。思い過ごしだという確証をいただければ納得いたしますですよワシは。とは言えワシが納得しても仕方がありませんし手ぐすね引いて国会の開会を待っている与党議員の方などもいらっしゃいますでしょうからそれはそちらにお任せをいたしましょうか。でも国会ではやはり政治や経済の話を優先していただきたいワケでありますれば出来ればその前に民進党的に片を付けていただければなあと思ったりもいたします。蓮舫さんの悪口を言うだけで金を貰ってるヤツらがいるのかと思うと業腹でありますしね。何とかしましょうよ。ダメかしらん・・・?



2016年09月10日(土) Captain Black・Black Sea

というワケで開缶。
まだまだ夏の陽射しが続いておりますが風の中にはわずかばかりの秋も含まれはじめた感が。ああ嫌だいやだ。などと嫌がりつついつもの浜に日光浴に行く土曜日であります。甲羅干しとか最近言わんですな。まあ甲羅は無いから言わなくても良いのでありますが。強い陽射しで噴出した汗に当たる風の涼しさに夏の終わりの寂しさを覚えつつも結構気持ちが良かったりいたします。あと、太陽の仰角が低いせいかワシの100均キラキラビーチマットに反射した光の当たる部分が異常に熱く感じてしまったり。真夏だとほぼ真上に反射するせいか感じた事が無かったのでありますけどね。これまた秋ならではという嫌な発見でありました。ああ早く夏にならねえかな。

2時間ほど紫外線とミュオンに身体を晒してからU238を含んだ海水で足を洗います。海水浴は電磁波や放射線浴びまくりですよ放射脳の皆様。もう海には来ない方がいいね。などと思いつつ土曜日なので芦名の即売所に寄って野菜を買い込んでから帰宅。シャワーを浴びて冷たい蕎麦で遅い昼食を済ませてからパイプの用意をいたします。本日開けたのはBlack Seaでありまして着香とラタキア系のハイブリッドな一品だそうであります。正直言いますとですね、何しろCaptain Black以下CB一家でありますればあんまり期待はしていなかったり。ワシはCBは白と金しか試していないのでありますがどちらも悪くは無いものの悪く無いという評価が精一杯でありましたし所謂OTCでありますれば悪く無ければ上等と言って良いワケで。などと大した思い入れも無いままプシュっと開いて出て来たのは茶黒半々くらいの短いリボンカットなんですかねこれ。魚の餌というほどツブツブではありませんがそういう形状をも彷彿とする葉っぱでありました。仄かな薫香を含んだ柔らかな甘い香りがいたします。ええ匂いじゃん。クセの無いあっさりした香りでありまして手触りもCB白みたいなべたっとした感触ではありません。さらっとしつつも湿り具合は程好い感じであります。ぱらぱらっとボウルに落とし込んで軽く押さえて詰め込み完了。点火一発。へえ。美味いじゃん。

やや軽め、ライト+の煙に乗って漂って来たのは大変上品な甘さでありました。そこにラタキア系と呼ぶには弱いですが着香を引き立たせるには充分な薫香が混ざります。ハイブリッドというとワシ的にはローランドのADを思い出してしまうワケでありますがアチラはラタキア系に甘さを加えたというイメージだったのに対してこちらはスモーキーな風味を加えた着香モノという感じでありまして方向性は別であります。またパウチのCBとも全然イメージが違います。上品で上質というか。タバコらしい香りもあり軽めながらしっかり吸った気になる味わいでありますよ。うむ。これは美味しいと言って良いかと。燃えるのが気持ち速めですが舌への刺激はありません。良く出来たブレンドの様であります。Laneの本領発揮、みたいな。これ、輸入しないんですかね。売れると思うですよワシは。CBはグレープ味も出たらしくFBのグループでは割と評判も良かったりいたしましてラインナップが増えると面白いのでは無いかとちょと期待してしまったりするのでありますが。てかCBってどこが輸入してるのでありますかね。気にした事が無かったので知らなかったモンですからググってみたのでありますが出て来なかったり。まあどこでも良いですがちゃんと輸入しろよ缶入りも。美味いぞ。高くなると困るけど。1500円くらいでどうでしょうか。それ以上だと個人輸入しちゃうかな、と。

と言うワケでCBを舐めておりました。反省いたします。力の入れ方が違うのでありましょうね。お金の掛け方かも知れませんが。まあBorkum RiffもLtdはすごく美味しかったりいたしますし汎用品との差別化という事もあるのでありましょう。こうなると他のCB缶入りも試してみたくなりますがCBを作っているLaneはアメリカの会社でありますれば例のFDAの規制で無くなったり値上げしたりしないと良いな、という心配も。McClellandのクリスマス・ブレンドが今年で終わりだとか最近のショップ・オリジナルのブレンドが壊滅とか色々と嫌な話も出はじめておりますからね。中南米のどっかに会社を移しちゃうとかそういうワケにも行かんのかしらん。ワシはパイプ・タバコとシガーは文化だと思っておりますし特にパイプ・タバコはアメリカ発祥のモノでありますれば末長い発展を望みたいモノであります。子供に吸わせない、という目的に関しては無条件で賛成いたしますがそれはシツケでやっとくれ、と。とは言え他国の事でありますれば口出しも出来ませんので冷静な対応をしていただける様に祈るばかりであります。てかFDAにブレンドを登録したり無料サンプルを禁止したりすると何で餓鬼が吸わなくなると思っているのかワシにはさっぱり分からんのでありますが。



2016年09月07日(水) Petersen&Sorensen・34th Mixture

というワケで開缶。
週明けから全然仕事をしておりません。いいのかね。いいのかねったってやる事が無いワケでありますれば仕方がありません。先に言っといてくれると有り難いのでありますけどね。時間が取れると分かっていれば買い物行ったり家の修理をしたり出来ますからね。まあそうも行かんのでありましょうが。仕方が無いので掃除をしたり鉢植えの世話をしたりしながら過ごしております。鉢植えと言っても豪華で綺麗なお花とかでは無くうっかり芽の出たサツマイモとゴーヤを水に漬けておいたら育って来たので鉢に移しただけであります。どちらも時期が外れておりますので収穫は出来ないと思いますが芽が出てから捨てるのも何となく気が引けたモノですから。結構な勢いで成長しておりまして眺めていて意外と面白いモノだったりいたしますがやはりジジイになると園芸が楽しくなるモノなのでありますかね。ンな事を考えつつも他にも何か植えてみたくなったりしている今日この頃であります。来年は大葉と島トウガラシでも植えてみようかしらん。食べられるモノの方が楽しそうでありますよねやっぱり。

土イジリの後でのんびりと一服。客先で動きがあると急に忙しくなるハズでありますればのんびり出来る時はのんびりしなければなりません。定番化しているStratfordshireが終わったので何か新しいのを開ける事にいたしまして選んだのは34th Mixtureでありました。どこで買ったんだっけ。全然覚えておりませんが何の予備知識も無いままに見た事が無かったから反射喰いした1品であります。缶を開けると薄茶と黒が半々くらいの結構大雑把なカットの葉っぱが登場。レビューサイトではリボンとなっておりますがリボンには到底見えません。まあ良いですけどね別に。ティン・ノートはラタキアの酸味に加えて何かこうピリっとした感じの香りがいたしまして思い浮かんだのはトウガラシのピクルスでありました。Subwayのホットペッパーとかその手のヤツであります。食い物なら大好物でありますがタバコだとどうなのでありましょうか。カットが大きいので少々揉み込んでからボウルに詰めます。点火一発。良く燃えそうな予感がいたします。Plantaらしいやや硬質なバージニアの甘さにどちらかと言うと控えめなラタキアの香り、そこにやはり酸味を含んだピリっとした風味が混ざります。それが美味しいか不味いかと言われるとどっちなんスかねえ。面白いとしか言えないですわ今のところ。ワシには経験の無い吸い味わいでありますので。但し嫌な味ではありません。ベースの味はとても良いのでこのアクセントが好きかどうかで評価の分かれるブレンドなのでは無いかなという気がいたします。吸い口はやや軽め。ライト+かミディアム・ライト−か。ピリっのせいで吸い応えを感じますがライト+かも知れませんですな。ちょと濃いめの昼食の後とかには良さそうな。少々変わった味わいでありますればマンネリ時の気分転換にも良いかも知れません。トウガラシ好きな方は是非お試しを。

先日、ベランダでバサバサと大きな音がしたのでまたカナブンかクワガタだろうと思いつつ窓を開けると飛び込んできたのはバッタでありました。もう秋なんですかね。秋なんでしょうねえ9月だし。嫌だなあ。いらんよなあ秋とか冬とか春とか。とは言え最近は汗をかくとジジイ臭かったりいたしますので夏は夏で油断が出来ないワケでありますが頻繁にシャワーを浴びるなり外に出るのを諦めるなりすれば良い事でありますのでやはり夏が一番、と。ああ早く夏にならねえかな。待ち遠しいですよ来年が。


 < 過去  もくじ  未来 >


うるま [MAIL]

My追加