白馬鹿日記

2006年08月31日(木) Live Cam

いやあ、ハマったはまった。といっても音楽ライブではないしH系でもチャットの覗き見とかでもない。アメリカはスミソニアン動物園のパンダの生息エリアのライブ。ここにいるTai Shanという名の今年生まれた仔パンダがもう、犯罪的に可愛い。まあ、40過ぎてパンダ見ながらキャーキャー言ってるというのもどんなモンかと思わぬでもないのだがこれはもうパンダが可愛い過ぎるせいであって俺の問題ではない。と思う。何しろこいつ、木に登ろうとすればあっという間に転げ落ちるし黙々と餌を食べている母親に構ってもらおうとしてちょっかいを出しまくり挙句の果てに足蹴にされて押さえつけられてもがいたりと動作のひとつひとつが計算されつくされているかのように可愛い。なんだ、それだけかいなどと思うヤツは5月に生まれたばかりの三つ子のトラに食われて死ぬが良い。こればっかりは見なければわからん。

というワケでパンダやトラ以外にもチータータコワニゾウサル等々各種ライブがあるらしいのだが実はあんまり見ていない。相手は動物、動き回るしひと昔前の日本のセコ動物園(今は違います、ハイ)みたいなオリにいるワケでもないのでクリックすればいつでも見られるとは限らない。いつ出でてくるかわからん動物をひたすら待つのはやはり気力と根気と情熱とヒマが必要であり、それを捧げるに値すると思えるのは今のところパンダ母仔だけなのだ。

まあ、仔パンダの可愛らしさは俺のような魯鈍の筆舌に尽くし難いどころか断片すら表現できるシロモノではないので、興味のある方は是非ご自分でご覧下さいまし。早く見ないとオトナになるのもすぐだろうし、何でもそのうち中国に拉致される運命だそうなので見られるのは今のうち。ああ可哀想だねえ。せっかく自由の国に生まれたのにねえ。何でこんなに可愛い仔が共産主義者の手に。それを思うと実に心が痛むんだよねえ。というワケで見るなら今のうちであります。ストレス抱えてる人には特にオススメです。
http://nationalzoo.si.edu/default.cfm



2006年08月29日(火) この記事は100%思いつきです。表示しますか?

爆睡10時間。いやあ寝た寝た。今週始めて頭痛なしの1日を過ごす。おかげで昨日、2週間で見積りを出した仕事が今日1日で終わってしまった。ま、たまにはいいよね。前の仕事は予定より大幅に工数が増えたのに金額一緒だったんだし。ここで帳尻合わせないと。

総務省がネットの記載内容の信頼性を判定するシステムを作るという。技術屋のハシクレとしてこのニュースをどう受け止めたかと言うと、笑い転げてヘソで茶を3杯くらい沸かしてしまったというのが正直な感想。せいぜいが同系統の記事を検索して肯定否定の比率を出したり数値を平均化したりというのが関の山だろうからねえ。それだってこみ入った書き方をしてたりアイロニーを含めて書いていたりしたらまず判別はできないだろうし、それこそ2chあたりでつるんで人海戦術であちこちに出鱈目を書きなぐったら手も足も出るまいと思うんだが。いやあ、どこの馬鹿が言い出したのか知らんがまさか本気じゃないんだろうなあ。これぞ時間とお金の無駄。恥かく前にやめといた方がいいと思うんだけどねえ。

ただ、最悪なのはこれが情報操作に使われた場合。都合の悪い記事の信憑性を低く評価する、なんて事になったらこれはもう立派な情報統制。判定ロジックを公開すればいいけど、非公開となったらもう何を言われても仕方ないだろうからね。どうしてもやるというのなら、そういうキナ臭い風が吹かないようにやって欲しいモンであります。

ちなみにネタ元はこちら。
http://www.asahi.com/national/update/0826/TKY200608260179.html



2006年08月28日(月) 何でもかんでもWinnyのせいにするんじゃねえ

相変わらず頭痛が止まない。風邪の残りと今日からまた別口の急ぎの仕事があるのとそれがスペックの割りに安かったのが原因。日雇いプログラマは辛いのう。おまけに最近、夜になると目までオカシクなるようになった。ピントフリーズ現象というのか知らんがどこにもピントが合わずに大変気持ちが悪い。他人の目みたいである。もっとも他人の目で物を見た事はないワケだが。スマイル40などという目薬を点すと最初は効くのだが何度も点すうちにだんだん効かなくなってくる。もう無理はできんトシなんだなあと改めて知る次第。ああ。情けねえなあ。もう。

今日も興味深いニュースを見つけた。

※停戦継続の支持表明 ヒズボラ指導者
【ベイルート28日共同】レバノンのイスラム教シーア派民兵組織ヒズボラの指導者ナスララ師は27日放映された地元テレビとのインタビューで、現状ではイスラエルとの戦闘が「第2ラウンドに向かうことはないだろう」と指摘、当面は戦闘停止継続を支持する姿勢を鮮明にした。ヒズボラが拉致したイスラエル兵2人の解放交渉に向けた接触が始まったことも明らかにした。
 また、イスラエルとの今回の大規模な戦闘は想定外だったとし、分かっていれば戦闘のきっかけとなった7月12日の越境攻撃と兵士の拉致は「絶対に行わなかった」と語った。
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=DLT&PG=STORY&NGID=intl&NWID=2006082801000590

特に最後のセンテンス。これが平和を勝ち取るって事なんじゃないッスかね。ヒズボラも次からは慎重にならざるを得んでしょ。日本政府にイスラエルの半分でも国民を大事に思う気持ちがあれば、北朝鮮の拉致問題なんてとっくに解決してると思うんだけどね。戦争は惨めだ、でも戦争をしてでも守らねばならないものを何も持っていないとしたら、そんな人生はもっと惨めだと言ったのは誰だったかな。落合信彦さんの著作で読んだ気がするんだけど。日本国民である事を惨めだと思わせないで下さいね、政治屋の先生様方。

もひとつ。

※交換ソフトでの情報流出阻止=新技術開発に着手へ−総務省

総務省は28日、「Winny(ウィニー)」などのファイル交換ソフトを通じて重要情報がインターネット上に漏えいする被害を防ぐため、新技術の開発に着手する方針を明らかにした。民間の通信事業者やソフトメーカーに協力を呼び掛け、2007年度から3年計画で技術の確立を目指す。来年度予算の概算要求に研究開発費を盛り込む。
http://www.jiji.com/cgi-bin/content.cgi?content=060828160624X711&genre=pol

遊びと仕事をごっちゃにするんじゃねえ、のひと言で済むハズの事に何でまた馬鹿無駄な金と時間をかけるのかねえ。いっそ、これからは公務員は出身校や学科試験でなくモラルで選んだらどうでしょう。ハタチそこらの餓鬼の時の通信簿とテスト一発の結果で一生食っていこうなんていう夢も希望もない生き物にモラルを問うのがそも無理な気がするんですけどね。頼むからもう、馬鹿の尻拭いに無駄金使うのはやめて頂きたい、と思うんですがそれって無理なお願いでしょうか?



2006年08月27日(日) 怒りのモドキ

頭痛腹痛クシャミ鼻水。それぞれの症状はごく軽いが全部いっぺんに来るときびしいモノがある。というワケで仕事をする気にもならず、久々にペットのケージの掃除。ケージは温度計湿度計などを外して低刺激性の石鹸で丸洗い。シェルターも洗ってヤシガラ土を交換。水気を拭って新しいペットシーツを敷いて完了。この間約10分、普段は寝てばかりいるトカゲモドキだが外に出すと俄然、元気になって歩き回るので当然放置はできない。といって予備のケージがあるワケではないのでその辺のダンボールに入れておいたらどうもそれが気に入らなかったらしい。ケージに戻すと出せ出せと暴れまわるし、出そうと思って手を入れると避けて通る。ううん、こいつ怒ってる。そういえば前回の大掃除の後もそうだった気が。ま、だとすると1日で忘れてくれるだろうからねえ、しばらく放っておきますか。ホントは感謝して欲しいくらいなんだぞ。ワガママな娘じゃ。

そうそう、何だか変なニュースを2つ発見。

※国の訴訟体制強化へ、相次ぐ敗訴で専門スタッフ増員
政府は2007年度から、国が被告となる裁判に対応する体制の強化に乗り出す。
今年に入って、薬害C型肝炎、原爆症認定訴訟など、国の政策判断などが問われる裁判で、国の敗訴が相次いでいるためだ。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20060827it01.htm

敗訴の理由が訴訟の体制のせいだとは知らんかった。俺はまた悪いほうが負けるのかと思ってたがそうでもないんだな。アメリカあたりじゃ嘘かホントか人を殺したギャングでも無罪にしちまう弁護士がいるなんて話も聞くが、何となくそれに通ずるモノを感じるのは俺だけだろうか。弁護士の質で訴訟の行方が決まってしまうとしたら問題は司法のありかたであり正すべきは担当職員の数ではないと思うし、そうでないなら問題は国の方策施策ではないのかね。それを力技でねじ伏せようとは国民を馬鹿にするにも程があると思うんだがどうよ。

※天下り規制:政府 撤廃検討 代わりに刑事罰で規制強化
政府は、国家公務員制度改革の一環として官民間の人事交流を促進するため、公務員の民間への天下りを事前規制している現行制度を撤廃する検討に入った。その代わりに、再就職した公務員OBが出身官庁に便宜供与を求めることなどを禁止行為として明示し、違反には罰則を設けるなどして事後規制を強める方針だが、OBの口利きなどを防止できるか否かは不透明だ。天下りの受け入れ自体が便宜供与との指摘もあり、事前規制の撤廃は「天下りの拡大につながるだけ」との批判も出ている。
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/gyousei/news/20060827k0000m010115000c.html

人事「交流」って事は民から官への登用も天下りと同じくらいあるんだろうか。それに公務員OBが出身官庁に便宜を求めるのは今は禁止されていないのだろうか。いやあ、世の中、知らん事ばかりだなあ。(笑

しかしさあ、この国はいったいどうなっちゃたの?こういうのって、何だかアフリカあたりでクーデターで政権つかんで国を家族経営してるつもりの土人が出すようなアイディアに見えるんですけどね。その程度の国なのかね。日本ってのは。もう、外国行って日本は民主主義国家ですとか言わないでね。恥ずかしいから。



2006年08月25日(金) オミヤゲは米

越後へ出張。仕事で客先に行くのはあまり好きではないし遠距離となればなおさらだ。最近はその傾向がバレたのか受注させてから納品先を言うパターンが出始めた。作業中ずっとイヤな予感がしていたのだが昨日・今日はそれが実現してしまった。
朝8時出発。受注元のハード屋さんから車でいくのだがそこまでで既に2時間かかる。さらに車で2時間ちょっと。ただでさえ移動で疲れるのに早朝(当社比)なのでまともに寝たら起きられるハズもなく徹夜したので着いた頃には疲れと眠気でズタボロ。さっさと終わらせて近くの温泉宿でパーッと、とか思っていたら客先ではこれから作業を始めるという。おまけにこれまでの打ち合わせの内容を覚えておらず細かく確認しながらの作業。さっさと済むワケがない。こちらの仕事を始められた時はすでに夕方、終業時刻を過ぎて社内には関係者しか残っていない有り様。メシも食えずに作業は深夜に及ぶ。予約してある宿に何度も電話を入れて必ず行くのでもう少し待ってくれと念を押す。ホントに行けるのか?こういう色んなメーカーが入り乱れているプロジェクトはどうしても詰めが甘くなるんだよな。ようやくシステムがヨタヨタと動き出したのが午前4時前、デバッグを重ねてどうにか見られるようになった頃にはすっかり夜が明けてしまった。意地だけで宿に移動し米どころの温泉宿で飯風呂抜きの素泊まり状態しかも睡眠時間4時間。前夜の徹夜を考えると40代半ばのオッサンはひとり新幹線で帰ってもバチは当たらないであろう状況だが律儀に作業場へ戻る。今日が終わらんと金が貰えんのよ。ま、今日は相変わらず不審な動作をしている制御系のデバッグの手伝いでもしてりゃいいんだろうと思っていたらエンドユーザーが製品を見に来るという。ううん、それは止めた方がいいな。万が一の時の修復手段を整え見た目を良くして密かに発見した小バグなどを潰しつつその時を待つ。眠い。ダルい。背中と膝がいっぺんに痛いが座っていると寝てしまいそうだ。仕方がないので意味なく動き回り他人のテストの手伝いなぞもする。俺の仕事じゃないぞこれは。金寄越せ金。
陽が傾き始めた頃になってようやくデモが始まった。てか始められた。無理な注文だった事は分かっているらしく評価は高かったがそれくらいなら無理言うなっての。小さな変更要求をいくつか済ませ作業用ノートの電源を落としたのが5時。本日2度目の5時上がり。やれやれ、40過ぎたら徹夜はひと晩だけだよな、やっぱり。



2006年08月22日(火) 心房細動その後

MotoGPチェコグランプリは、う〜んこういう展開だったのか。3rdグループのオシリにくっついて10位を走っていたのを最後の最後にヒョロっと7位に抜けたというパターン。セコく7位を稼いだ、というよりは3rdグループにしっかり喰らいついて最後に抜ける余裕があった、というあたりがいい展開だったんだろう。なあ。きっと。ま、次に繋がるならそれも良し、と。

いうワケで先週の検査の結果を聞きに病院へ。と外に出たらバイクのシートにアイスだか何だかの棒が刺さっていた。ううん、何なんだろうねこれは。腹が立つのはもちろんだが、どうにも呆れてしまう。これ見てヘラヘラ喜んでたら白痴じゃん。それにこういう馬鹿が野放しになっているというのは実に気持ちが悪い。ひとまとめにして北朝鮮にでも送りつけてやりゃいいんだよ。馬鹿生物兵器として。などと怒っているうちに病院到着。15分ほど待つ間に血圧測定。110/80で前とあまり変わらん。さらに少々待って、といってもさほど長い時間ではないが診察室に呼ばれて結果を聞く。尿検血液X線すべて異常なし。コレステロールと中性脂肪がやや高いが治療を必要とする値ではない。等々。つまり単なる心臓の不具合というワケで心房細動においてはこれはほぼ心配しなくて良いという事になる。我慢しちゃえと言う医者もいるんだけどね、などと言われつつも試しに抗不整脈剤を出してもらい、これでダメだったらまた来てくれと言われて本日は終了。状況さえわかればあとはこっちの気分だけなのでとりあえず安心。やっぱりトシを取ったと言うことなのかねえ。これは。ハァ。



2006年08月20日(日) 仕事する気にならん・・・

起きたら昼。昨夜の快眠のせいか病院へ行った安心感か不整脈は自覚できない程度に減っている。ま、ストレスなんだろうね、きっと。症状の始まりがいつだったかは覚えていないがひどくなったのは間違いなく前の馬鹿会社の最後の仕事の時だ。謝罪と賠償を要求してやりたいがもうツブれてしまったらしいからなあ。死んだ犬を鞭打っても仕方がないからねえ。

少しだけ仕事をしてあとは読書。浜辺祐一さんの本を読み返す。これも病院へ行ったせいかね。よく考えると実にヘビーな内容なのだが面白いとしか表現できない。不埒かつ不謹慎と思いつつもどんどん読んでしまう。といっても文庫3冊だけだが。健康とは実にありがたい事だと思いつつ今日1日完璧に不健康な生活をしていた事に気がつきあわてて散歩に出る。隅田川沿いを1時間ほど歩き回る。屋形船というよりはパーティーボートという感じの船が次々と通って行く。風情のあるようなないような。帰ってから越前土産のへしこの残りを焼く。たっぷり1時間塩抜きしたがまだ辛い。軽いとはいえ心臓疾患が見つかった次の日にこんなモンを食って良いのかどうか知らんが冷蔵庫が狭いので仕方がない。これで水飲み過ぎてお腹壊したら前回の繰り返しだ。次に病院へ行ったら馬鹿につける薬を処方してもらおう。
さて、明日からまた忙しくなるぞ・・・

久々のMotoGPはホプキンス7位バーミューレン12位。結果はイマイチだがレース展開は良かったらしい。早く観たいぞ。



2006年08月19日(土) 心房細動

早起き。といってもホントの早起きで起床6時。寝たのが3時半くらいだからイマイチ寝足りないが久々にバイクで遠出する気なので無理矢理起きる。どっかの海岸に昼寝でもしに行こうかね、などと思いながら起き上がると眩暈が。久々にハードな不整脈。それでも脈拍数は80程度と低いのでひと安心。しかし、眩暈と吐き気と脱力感がひどい。これではバイクでお出かけどころではない。仕方がないので検査を受ける事にする。いや、前から受けようとは思っていたんだけどね。不整脈ももう20年以上になるし。病院嫌いとヒマな時になかなか症状が出なかった事でほったらかしになっていたのだ。近所の循環器科の病院をネットで探すと徒歩5分以内に2軒、しかもほぼ隣り合っている事が判明。どちらも土曜日が診察日になっていたのもラッキー。これはもう、行けというお告げだな。

まずは院長は心臓が専門と書いてあった方に行く。9時5分前に到着。いくら医療費の個人負担が増えたとはいえ、やはり混んでいるのだろうという読み。何と賢いんじゃワシは、と思いつつドアに手を掛けると夏季休業と書いた紙が貼ってあった。くそ。そう来たか。不安を抱きつつもう1軒に向かう。向かうと言ってもすぐ裏だ。こちらは営業中。営業でいいのかな。良くわからんがどんどん入り込み受付を済ませる。待っている人は2人だけ。これは幸先がよろしい。問診を受け血圧を測る。下がやや高め。測りなおしてもあまり変わらず。15分ほどで呼ばれ診察室へ。既往症、心臓疾患の経験、家族の既往症、糖尿病等々聞かれたが何ひとつ知らん。最後に受けた健康診断はと聞かれて多分中学校の時といったらさすがに呆れておった。自覚症状が20年もあって診療が初めてという患者はけっこう珍しいらしい。ま、そうだよな。今日は検査をしましょうと言い渡される。まずは採血。けっこう美人の看護婦さんが俺的にはかなり太く見える針を手ににっこりと微笑む。実にシュール。そいつをぶっ刺されたが意外にも全く痛くなかったのは腕が良いのか針の精度が高いのか。続いて胸部X線。これは瞬時に終了。え、もう終わりと聞くとシャッター音はしませんからと若いドクターが冗談を返す。建物は古いけどやけにさわやかな病院だな。続いて心電図。とってくれた看護婦さんが何じゃこりゃという顔をしたのが笑えた。最後に採尿して終了。これで終わりかなと思ったらまた診察室に呼ばれた。

「心電図を見る限り心房細動です」
早くも判決いや診断が出た。予想通りといえば予想通り。これで死ぬ事はないとどこのHPを見ても書いてあった事を思い出してひと安心。慢性ではないし早急に治療する必要はないと判断し、投薬は検査結果が出るまでしませんと言う。22日に結果が出るのでその時にまた来いと言われて終了。後で調べると症状自体よりもそれによって起きる血栓などが問題であるらしく、しかも若年性ならまず大丈夫とか。それで血液検査なんだな。軽い感じのオッサンにしか見えんかったが意外としっかりした医者なのかもしれん。ちゃんとこっちの話も聞いてくれるし。近所のヤブとは大違いである。これからは贔屓にしてやるか。



2006年08月18日(金) くそ忙しくて

書く事も無し。じゃあ書くな馬鹿。でもこれもあと1週間の我慢。但し順調に行けばだが、何しろ今の担当は前の会社の連中並に段取りが悪いからなあ。出張先で拘束タコ部屋モードはいやだぞ。明日もやらなきゃイカン事があるんだが、天気良さそうだしサボろうかね。もう。ウンザリ。



2006年08月15日(火) 敗戦の日、もとい

終戦の日である。後は野となれ山となれ方式で参拝の公約を果たした小泉もうすぐ元首相には拍手と大笑いをお贈りしたい。いやもう、実に自民党らしい見事な手際でありました。大の大人がここまでやるか、と。(笑
いやね、WW2に限らず日本のために亡くなった戦没者のために本気で慰霊したいというなら、大臣だろうと天皇だろうとサヨちゃんだろうとどんどん行けばよろしいと思うのよ。公約だ支持母体だアジアへの利権だ顔色伺いだというあたりのカラミで行く行かないという話になるのが胡散臭くて不愉快なのよね。行くなら黙って行きゃいいのよ。別施設だの非宗教法人化だのとセコ技なんぞも使わんで。

だいたいさあ、だらしがないんだよね。WW2直前のアジアの地図なんて、主権独立国といえば日本とタイくらいしか載ってなかったワケで、仮に日本が侵略を企てたのだとしてもケンカ売った相手は宗主国であり今現在のその地の国ではないワケでしょ。主権を奪い去ったヨーロッパの国々に、例えば中国が日本に対するように文句言ってるかといえばそんな事はないワケで、これが何を意味するかといえばもう、ナメ切られてるのひと言に尽きるワケですよ。え?中華民国が独立国?じゃあ何でチベットが独立国じゃないんだっての。日本がやったら侵略で、手前らがやるのは開放ってか。ば〜か。そんな事本気で言ってる白中痴華はチベットアンテロープに食われて死ぬが良い。それでも侵略はイケマセン。謝罪と賠償を要求する。13世紀には元と一緒になって日本に攻めて来やがった朝鮮人が何を吐かす。昔の事だと言うなら60年前だって充分昔じゃ。いい加減にしねえとODA廃止してその金で再軍備&核武装するぞオラッ。

・・・となぜ言えんのかねえ。まあここまでハッキリ言わんでもいいけどさ。そも、日本の海外出兵なんて16世紀の豊臣政権以降わずか2度、しかもどっちも失敗してるんだし、脅威だ脅威だとコジつけられるのもいい加減迷惑。そこにつけ込まれていつまでも愚痴られて小さくなってる、ってのは実に情けなくもミットモナイ話で、そういうのはそろそろヤメにしませんか?というお話でありました。



2006年08月14日(月) 実は寝てて気付かんかったんだが

また停電である。ワシを挑発しとるのか東京電力は。と思ったら船舶による事故だったそうで。パソコンの電源を落せない、って落ちちゃったけどなるべく点けっ放しの我が家としては在宅の時で良かったかな、と。ま、そう頻繁にある事じゃないだろうしね。でももし日本に興味のあるテロリストがいたらいい標的を教えちまったのかもしれないよ。



2006年08月13日(日) めしどこか、たのむ

知り合いの女性と東京都美術館へ。といっても人妻でありダンナも知り合いなのでおかしな真似は出来ない。今年は何だかよく美術館に行くなあ。といっても8ヶ月でたった3回だが、それ以前はというとだいたい20年で3回くらいなので私の人生に於いてはかなりの頻度という事になる。何度か行ってわかったんだが実に面白く内容からすると恐ろしく安上がりな場所だ。自分で言うのも何だが私ほど美術芸術に縁遠い生き物も珍しいというくらいの審美眼的メクラが楽しめるのだから、フツーの人ならもっと楽しめるのではないかと思ったりする。ぜひお試しを。

で、困ったのがメシである。実は上野でこれは美味いという食い物にお目にかかった事がほとんどないのだ。ましてや年に何度もない女性連れで行けてマトモなランチを出してもらえる店となるともう情報皆無である。いいトシこいてハードロックカフェに連れて行くというワケにもイカンしねえ。今あらためてググッてみたけど、やはりどうもピンと来るお店がない。困ったモンだ。



2006年08月12日(土) サボってて良かった

午後から雷雨。一瞬、停電。当然パソコンはリセット。これが仕事中だったら間違いなく東京電力に天誅を下していたであろう。今日のトップニュースはダム破壊か原発の炉心メルトダウンか火力発電所のボイラーにオシッコ流し込もうとして焼け死んだ馬鹿な中年男のどれかであったハズだ。全東京都民はワシがサボっていた事に感謝するように。



2006年08月10日(木) 忙中閑頂き

久々に東雲のライコへ。チェーングリスが切れていたので買出し。平日ではあるが夏休み期間なので混んでいるかなと思いきやけっこうガラガラ。大丈夫かね。バイク止めやすくていいけど。何かのセール期間なのか、夏用グローブが安くなっていたので購入。さらにすぐ鳴らなくなる馬鹿ホーンの調整用に8mmの廉恥。いやレンチ。どんな変換じゃ。すでに余計なモノを買っているのだがレジ横にあったシールドの雨避け剤の誘惑にも負けた。だって霧雨の水滴がすっ飛ぶって言うんだもん。試してみたいじゃん。
そのままR357を下って千葉方面に行くつもりだったがメチャ混んでいたので却下。馴染みのバイク屋にオイル交換に行く事に。実は先週末も千葉へ行き途中でオイルが激減しているのに気付いてその辺のホームセンターで正体不明のオイルを買って突っ込んだ、という事があったのだ。ちなみにその時一緒に買ったフクピカなるシロモノが感動的に素晴らしかったのだが、今ごろそんな事を言ってるのは日本で俺だけだろうから何も書かない。黙って海岸通りを走りそのままR1へ抜け横浜方面に向かう。R15や産業道路だと踏切があるからイヤなのよね。というかバイクがご丁寧に一時停止している脇をこの馬鹿は何で停まっていやがるという顔をしながらわざとギリギリで通っていく白痴四厘がイヤなのだ。そのうち白痴な上に下手糞なヤツが来て突っ込まれるに違いない。というワケでその確率を下げるべく踏切は避けている。ま、面倒臭いのもあるけどね。

というワケで無事到着。こちらは急がしそうで何より。エンジンが冷めるまでボーッと作業を眺める。いつもながら実に丁寧かつ手際が良い人で見ていて飽きない。お客に気を使いすぎるという欠点はあるが、なぜそれが欠点かというとこれがもう見ていて気の毒になるくらい気を使うのだ。レースではけっこうな成績を出している人なので、根は図太いと思うんだが。もっと堂々としてたらいいと思うんだけどねえ。苦労した人なのかな。オイルとフィルターを交換してフロントタイヤを注文し、交換時についでにフォークのメンテを予約。横浜周辺をひと回りして帰宅。いやあ、新しいオイルは気持ちがよろしい。ましてや客先が休みの平日ならなおさら、というモノである。
さて、明日は何して遊ぶかな。



2006年08月08日(火) 台風3連発

くそ。何じゃこりゃ。明日は出かけにゃならんのに。



2006年08月06日(日) 自分でも極論とは思うが(笑

広島原爆の日である。9日には長崎のその日を迎える。61年という、長いようでしかし結果として30万もの方が亡くなった禍根を記念日扱いしてしまうには短いとも思えるその年月の間に起こった、この人類最大に犯罪に対する人道上の罪を問う声はあまりにも小さい。使用国が裁きを受ける事もなく、被爆国はいまだ加害者扱いでそれに関わる内政干渉にすら反論もできずにいる。

って何が言いたいか、ってえとさ、原爆ブチ込んでも罪にはならんという前例を作ってもいいのか、という事なのよ。世界中にはまだまだ、それこそタタミイワシが作れるくらいの核弾頭があるワケで、中にはもう使いたくって仕方がないという馬鹿が所有者だったりもしているのですよ。大将軍様のところはまだ輸送手段が確立してないからもう少しかかるだろうけど、そうじゃないオーナーの方々もいたりするワケです。まあ、そいつらがこれを使えば国連で非難されるから止めておこうなどと考えるようなお人好しではない事は馬鹿な俺でもわかるけど、使ったらタダじゃ済まねえという事を明文化しておく事も大事だと思うのであります。とは言っても唯一の使用国アメリカがうんうんそうだねなどと言うワケもなく、じゃあどうすれば良いのかという事であります。

答えは簡単。簡単かどうかはわからんがシンプル。周辺国の核武装に鑑みて、その防衛上の必要性から我が国でも兵器利用のための核連鎖反応の基礎研究を始める事にしました、とひと言コメントを出せば良いのだ。それこそ、蜂の巣を突っつくどころか両手に持ってマンボNo.5を踊るくらいの大騒ぎになる事間違いなし。何しろこちとら技術はある。転用できるロケットもある。金もある事になっている。やられた恨みもあるし周りが持ってるという大義名分もある。日本が核兵器を持つという事は多分世界で2番目に嫌がられる事(1番はテロリストが持つ事ね)なので、開発にも繋がる基礎研究を始めるというだけで充分すぎるインパクトになるハズだ。非難懐柔説得恫喝入り乱れての大問題になるだろうけど、その辺はもう防衛状の必要性の一点張りでシラを切りつつ非核武装国の世論を中国や北朝鮮が持ってるのがイカンのだ、という方向に向けさせる、と。その辺は外交のお手並み拝見になりますかね。

なに、実際に作る事はない。研究してるフリだけさせて、中身はこの前の防衛的先制攻撃論と同じブラフだけでいいのだ。外交火達磨体面泥だらけになるだろうけど、先の大戦以降何を言われても平身低頭してやってない事まで文句言われて金毟られ続ける情けない姿に比べれば遥かに雄々しくも凛々しくそうでなくても少しはマシである。それが核廃絶の機運を高める役に立つなら尚更だ。それにそろそろ、原爆の犠牲になった方々の墓前に、「ノーモア広島、ノーモア長崎」だけでなく核廃絶に向けての実効ある行動の報告をしたいではないか。


ええと、太閤立志伝垢埜〆して来て下さる方々が多いんですが、ここには何ら有意義な情報はありません。(笑)以下のサイトをご覧頂く事をオススメします。発売以降2年が過ぎてさすがに更新は終了されたようですが、逆に言えばもうこれ以上付け加える事がないくらいの情報の山です。私もずいぶんお世話になりました。
ttp://kipima.hp.infoseek.co.jp/game/taikou5/index.html



2006年08月03日(木) バイク乗りの憂鬱

今日は客先へ。先週に続き「テストの用意ができたから来い」というお沙汰だったのだが、先週に続きあんまり用意できてなかった。テスト及び検証&修正に要した時間約10分、拘束時間5時間という悲しくも無駄な時間を過ごす。やれやれ、同じ会社でも担当が違うとこうも段取りが悪くなるモンかね。結局、来週また行くハメになり、往復及び世間話をあわせて10時間を無駄にした。やれやれ。

帰りに月刊オートバイを買う。今年の6月に漏れ聞いた音量規制の再強化、どうやらマジらしい。業界では比較的優等生のヨシムラのコメントですらかなり悲観的なものであり、「このままではバイクという乗り物がなくなってしまうかもしれない」とまで言っておる。まあ、それは大袈裟(と思いたい)としてもこのままではやはりリプレイスマフラー業界の先行きはかなり暗い。

いったい何でこうなるのか。やはり250のバタバタがイカンと思うんだが。前も、しかも何度か書いたが音量ではなく音質的に耳障りでウルサイのだ。さらに数が多い。おまけに遅いからいつまでもウルサイ。排気量、エンジン形式等々十把一絡げに規制する前に、頼むから250未満の自動二輪の機関部周りの改造車を車検対象にしてくれ。くそウルサイ白痴2輪荷車は一気に減るはずだ。だいたい、馬鹿音を立てて乗っているイナカモノ共で、どうしてもバイク(てかスクーター)に乗りたくて乗ってるというヤツがどれくらいいるのか。何となく便利、車より金がかからん、ちょっと流行ってる、そんな理由ではないのか。取締りが厳しくなれば「ウゼーから車にすっか」とさっさと見切って登録台数がいきなり激減するだろう。そうなったら残るのは経営が苦しくなった業界と楽しみを奪われたバイク乗り、そして無意味に厳しい規制だけだ。さらに魅力を失ってバイクを降りる連中も増えるかも知れん。暗黒時代の再来じゃ。世界トップのバイク生産国がそういう有り様というのは、かなりミットモナイと思うんだがどうよ。

まあ、少数意見にも多数派と同等の主張の場を与えた上で討論・決議を行うという民主主義制度が定着していないこの国では、残念ながらバイク乗り如きの意見が政治の場まで届く事はまずない。駐車場法の改正をみないまま駐車取締りだけ厳しくなったのはその一例である。今回の規制も多分、大きな変更がないまま通ってしまうのではないだろうか。実情を鑑みてそれに即した規制を行う、などという智恵も手間を掛ける気もない官僚や政治屋にはまず、善処など期待できない。馬鹿音バイクがいるからバイクと名のつく乗り物は全部規制、という力技というか大雑把というかいい加減というか、そういう事を平気でやってしまう。そんなアサハカな認識で法律作られたらかなわんのだけどねえ・・・ま、どーでもいいんだろうね。

やれやれ。今の(=古い)バイクを朽ち果てるまで乗る続けるしかないのかね。あ。そのうちバイクも10年目からは毎年車検になったりして。間違いなく販売台数減るワケだし、何かご褒美(買換え需要)がなきゃ業界が納得しないだろうからねえ。ハァ、つまらねえ世の中になりそうだなあ。

てかさあ、やっぱり規制が好きだし必要なんだね。この国を食い物にしてる連中は。


 < 過去  もくじ  未来 >


うるま [MAIL]

My追加