白馬鹿日記

2003年07月31日(木) 夏よりの使者?

今年の初ゴキが出た。今年は冷夏で活動しにくかろうと思っていたがついに出やがった。しかしこれも、もうすぐ暑くなるという夏の前触れと思えばあの恐ろしくも無気味な姿も少しは愛嬌を感じ・・・ねえよな。やっぱり。ディスプレイの脇だったが迷わずゴ*ジェット・プロ(すごい名前だね)を噴射。メモ用紙とフロッピー数枚が餌食になったが仕方がない。一瞬の照射だったにもかかわらず引っくり返ってもがいていた。トイレットペーパーを折り重ねてつまみ、トイレへ流す。しかしこの殺虫剤、よっぽど毒性が強いんだねえ、きっと。ペットの近くでは使えないな、とあらためて認識。あと、窓の開けっ放しはやっぱり危険だな、とも。侵入口はなるべく減らさねば。



2003年07月21日(月) ツーリング

7時前に起きてしまう。小雨。今日のルートはずっとワインディングなので晴れて欲しかったのだが。大量に朝食を摂って10時に出発。R292で志賀を横切る。雨なのであまり飛ばせないね、などと言いつつもあまりの遅さに耐えかねて車を次々とパス。晴れてりゃ気持ちいいだろうなあ、この道は。信州中野から長野道・中央道とひたすら高速。覆面をブチ抜いて急減速という場面もあったがそれ以外は談合坂周辺の渋滞を除いて至って順調。5時前に帰着。走行距離700Km弱。天気のいい日にもう一度行きたいな。



2003年07月20日(日) ツーリング

今日明日はツーリング。頑張って4時に起きる。寝たのが3時だからかなり頑張らないと起きられない。なにしろいつもはまだ仕事をしている時間だからなあ。集合が滅多に走らない関越道のPAなので時間の予測ができない。ちょっと早めに、と5時に出たら5時半に着いてしまった。他の連中ももう着いており、じゃあのんびり行きますかなどと言いつつとてもここには書けないスピードでぶち飛んで行く。沼田で降りて草津を目指すが時間が余るので野反湖を見物。死ぬほど不味い蕎麦を食わされて皆、怒る。草津を通り過ぎて渋峠まで流し、一服してUターン。ここまで雨に降られていなかったのでカッパを脱いだらやっぱり降ってきた。ズブ濡れで宿に着き、温泉で暖を取って夕食、小雨になったので散歩などもする。猥雑な雰囲気や建物の感じから、ここが「千と千尋」のモデルではないかなどと話すが本当かどうかはわからない。クタクタになって10時就寝。健康的だな。



2003年07月17日(木) エンジン発注

仕事が一段落したのでバイク屋へ。懸案であったエンジンチューニングの話を詰める。腰下メンテ+ボアアップ+ハイカム+バルブ周り一新etcとほぼフルセットで発注。過去の実績では後軸140馬力程度であろうという事で、これはもう文句なし。てかやり過ぎかも。さて、未払金の回収をせねば。



2003年07月15日(火) キハダ28Kg!

宮古から無事帰還。やはり4ヶ月間の引きこもり奴隷労働は体力を極限まで奪い去っていた。到着2日目に28Kgのキハダマグロを釣り上げたまでは良かったが、それから最後の日までずっと筋肉痛に悩まされた。本命のGTはまともに竿も振れずボーズ。もっとも水温が高すぎてコンディションが悪かったせいで、GTをキャッチできたのは3人中1人だけ。それも5〜6Kgのベイビーサイズ。それでも釣れれば嬉しいんだけどね。
早くも日焼けの皮がむけ始めた。いったいどうすりゃ長持ちするんだろう。



2003年07月08日(火) 初遠征!

気がついたら火曜日。明日から宮古で取材だ。あわてて釣り道具を引っ張り出すとこれがかなり悲惨な状態。ラインはボロボロで魚がかかったら切れる事は間違いなく、巻きなおそうにもオイルが切れていて錆っぽい音までする。分解・注油してPE5号を300m巻き込み何とか復活。ルアーの針も錆びているが面倒くさいので現場でやる事に。必要最低限のモノだけに絞込みパッキング完了。それでも14Kgもある。プラスかなりごつい竿ケースなので本当はもっと重いのだがどういうわけかオーバーウエイト料金は取られた事がない。偉いぞ、国内線と言いたいところだがあんなに高くては荷物くらい負けてもらわないとね。やれやれ、久しぶりにプログラムの事を忘れられそうだ。



2003年07月06日(日) ブチ切れました

昨夜遅くにバグレポート。ううん、おかしいなあ、これは直したハズなんだが。テストしても現象が出ない。朝まで調べたが問題はなく、exeのバージョンを調べてくれとメールして寝る。と、間もなく電話がありやはり旧版だと。新版を探してテストしなおせ、と不機嫌に答えてまた寝る。と思ったらまた電話でクドクドクド・・・これを数回繰り返し、夕方になってテストOKでしたとかぬかしやがった。くそ。何を考えていやがる。さすがに今回はブチ切れ、今後二度とこういう事がないようにして頂きたい、それができないなら契約打ち切りと宣言。手際の悪いのにもホドがあるぞ。



2003年07月05日(土) エンジン購入

例によってバイク屋へ。今乗っているのと同じモデルで高年式のバイクが廃車扱いで入荷していた。足回りだけ再利用するという。見れば走行距離も少なく、クラッチが変更された後期型だ。ちなみにエンジンだけ売ってくれ、といったら幾らになる?と聞くと2万円との答え。これはいよいよエンジンをやれ、という神のお告げか、などと思う間もなく押さえてしまう。ガスケット全交換、パーツ組み込みetcをやってから積み替える算段。値段は改造の程度によるが、ハンパは嫌いだからなあ。さて、どうなる事やら。


 < 過去  もくじ  未来 >


うるま [MAIL]

My追加