初日 最新 目次 MAIL HOME


ひめいわ総支配人の1日。
姫路家いわし
MAIL
HOME

My追加

2001年07月31日(火)
職場復帰

 これ、私の話であります。父も入院から1ヶ月経ち、
とりあえず体も起こせますし、車椅子に乗せても問題ない
(本人は嫌がるが)状態までになったので、ここらで
教科書代稼ぎのためにも、週2、3回は通うようにしたわけです。
バイトに行かない生活もおいしいんですけどね、1日が
何にも拘束されないフリーな生活・・・。

 ま、私の居ない間にいろいろとゴタゴタがあったらしく、
そのせいで規制が厳しくなりましたが(今までが緩すぎた)、
でも私はそれに迎合しながらも今まで通り、店内巡回・他部署
の応援(自主的)で楽しく仕事をしたいと思います。その方が
店のためになると私が個人的に自負しておりますので。
それにしても今日会った社員氏の半数が、うちの父が怪我入院
したことを知っているのにはびっくり。確かにお中元時にいきなり
消えましたけどね・・・。けっこうワイドショー的な店だと思いました。

 バイトの後、ひょんな思いつきで病院を覗いたら、鼾をかいて
寝ておりました。こりゃ治るわ(笑)。

 6/30から今日までに、マイカー(化したもの)で走った距離は
実に1686Kmであります。これは走りすぎだと自重することにします、来月は。





2001年07月30日(月)
祝!1ヶ月


 今日であの忌々しい日から満1ヶ月であります。思えば
先月の今頃は国立名古屋病院3階の家族控室(family waitingroom)
と書かれた部屋の長椅子で、満足に眠れない夜を過ごしていました。
あれから早4週間とちょっと。今では一般病棟だし、
自分で起きることも出来るし(しんどそうだが)、骨も付き始めている
し、本当に早いものです。あの時は本当に、オレが葬儀専用貸しホールで
親戚や会社関係者や知り合いに向かって黒いネクタイをしてお辞儀を
しなくちゃ・・・と、本気で思ったものです。もちろん、今では
損なことみじんも考えちゃいませんけど。

 ただ、最近迷惑に思うのが「親切の押し売り」。親戚が面会をしたがって
しょうがないんです。何か、ダンナをたてて、「ウチが一番に面会に来た」
という既成事実を作りたいというのが見え見えなのです。父はまだ歩けないし
大人用オムツをしているのできっと、合わせる顔がないのだと思いますが、
それでも会いに来たがる。断るのが大変です。また、花の差し入れもしたがるの
ですが、これも本人が嫌っているので断りましたが、なんともバツの悪い
返事だったようです。コレを読んでる皆様、親切はほどほどに、
病人・怪我人への面会は時期を見計らってするようにしてください。
それが本人のたっての願いであることが多々ありますから。

 で、今日はもう1件最後に一言。
 夕方、エンジンルームがくたびれている愛車に給油をしたあと、隣町の
制限時速30Kmの道路を走行していると、前方にパトカーがいました。仕方が
ないので、減点されない程度に減速すると、今度はこれに引き離されました。
その時点で私の車は45km/h。じゃあといって同じ車間を保とうとすると、
車速は55km/hになりました。これは規則を25km/hも超過しており
充分に減点対象であります。こんな自ら交通法規を破る警官を、警邏(ら)隊に
配備して良いのでしょうか?!T島警察署!!



2001年07月29日(日)
ネブライザー


 久々に「タイトル医療機器」シリーズでした。

 朝起きて、投票をして参りました。政治学専攻なので棄権するのはいかがなものかと思ったからでありますが、結局選挙区は誰もいい人がいませんでした。ので白票。比例は誰が出ているのかを眺めていると、いろいろヘンな方が出て居るなあ(タレントしかり、お名前しかり)。しかし昔の参院選は、スポーツ平和党とか、女性党とか、年金党とかマイナー政党もちゃんと生きていたのに、寂しい限りだなあと思いながら、中小政党に比例を入れ退席しようとしたら、最後、出口にいる立会人が私の小・中の同級生だったのにはびっくりしました。いろいろ話したかったけど向こうは仕事中だし、他の人の目もあるのでそそくさと帰って来ちゃいましたけど、けっこう投票所の近所の人には声がかかるみたいですね。日給いくらなんでしょう?

 その後若干のお出かけとお見舞いのあと、栄へ先週購入した安物スーツ(カジュアルにも使えて1万円!安い!!)を引き取りに。涼しいのにプールへでも出かけたのでしょうか、街は空いていました。
 それにしても、プールなんて、小5のときに行った以来だなあ。きっと華やかなんでしょうなあ・・・。はあ、行ってみたいけど、野郎1人ではむなしすぎるわぁ・・・。



2001年07月28日(土)
日記3連休の言い訳


 一昨日・試験終了の達成感から、掲示板のレスだけつけて、睡眠。

 昨日・日記を書いたのに、送信する前に力つき、気づいたら朝だった・・・。

 ということで今日こそは書きます、日記。

 とりあえず昨日、腰骨もなんとか立てるようには付くでしょう、という担当Drのお墨付きが出ましたので、今日は私のバイト先へその旨の報告と、週に2日くらいから、出勤を再開する旨の説明に赴きました。まずは我々の控え室。見ると色々管理係の社員氏にとっちめられた形跡のあるプリントが散財。ははぁん、オイラが居ない隙にポカしまくったな。少しはオイラのしんどさが分かっただろ。
 案の定口から出てくる言葉は、「しんどい」「えらい」「試験勉強やレポートが出来ん」。・・・あのねえ、私去年、あなたの我が儘のせいで、試験勉強休みなんて取れなかったのよ。偉そうな事言う前に仕事してください。こりゃ、もう少し父に入院して貰っていてもいいかもしれないです。
 ・・・はっきりいって、このまま辞めたいですね。ものはついでと申しますし、このままなら大問題も発生しないだろうし。はっきり言って、こっちだって休みたくて休んでいる訳じゃないのに、都合のいい愚痴なんか聞きたくないってゆーの。ちょっと怒れましたけど、我慢。
 その後、私の直属の上司の社員氏にお逢いし、その旨を話す。答えは「週1回の入れ替えだけでも良いからね」。お言葉に甘えようかなあ・・・。

 今日の話を聞いて思ったこと。 

 いい加減 仕事覚えろ 30歳



2001年07月24日(火)
試験・・・上編


 私の前期の試験は今日・明日・あさっての3日。
したがって上・中・下編なんですね(笑)。

 今日は持ち込み可だったので、非常にやりやすかったのですが、
問題はあさって。私、政治とか自治とかは非常に好きですし
興味があるのですが、それに法律がからむととたんに苦手になるの
であります。法律が出てくると、文章の書き方が途端に堅苦しい
書き方になり、またその書き方を破ると単位をくれない教授までいる始末。
普通、試験というのは判例そっくりな文章を書けばいいというものでも
あるまいし、と思うのですが。

 はてさて、そのあとで父の見舞いに行ってみると、昨日までは
2人部屋に1人でいたはずなのに、今日は隣におじいさんが寝ているでは
ありませんか。なんでも今日部屋を変更になったとかいうことで、
3部屋西隣の2人部屋に以前の父のように1人で入っている方が
いらっしゃいました。どうやらこの病院、ひょっとすると危ないという
重症患者は、2人部屋を1人で使う(空いているスペースは家族が泊まり
込む際に使用)というルールがあるみたいです。で、今日うちの父の
「泊まり込みスペース」がなくなった以上、父は「重症患者」とは呼べなく
なったわけですね。少なくとも部屋割的には。
 ということで非常にホッとしました。病院から試験に通うという事態にも
ならなかったので・・・。
 はてさて次は、骨盤(腰の骨ですね)骨折の具合ですな。
母親が「歩けないノイローゼ」にかかっていますので・・・。
個人的には腰の骨が砕けている訳じゃないし、歩けると思うのですが、
皆様どう思われます?



2001年07月23日(月)
大暑

 大暑ということで、今日は半日大人しく家で試験勉強。
 午後になって車の窓を開けて、カップラーメンを昼食にし、
再び勉強をしてから、病院へ。病室では寝てなきゃ行けない人が
ベッドの上でぴょんぴょんしておりました。ただでさえ細い人が
食べてない・動いてないで肉が落ち骨だらけになったもので、ベッドの
マットに骨が刺さって痛いらしいのですが、そのせいで再び腹部の
メス入れた部分から出血しているらしいのです。担当Dr.がその
ように病室に来たときに云っておりましたが、顔が笑っていたので
そう深刻なものではないようです。これをダシに、「大人しくしと
らんと、いつまで経ってもお腹がくっつかんで歩けんよ!」と脅す。
しまいにはふて寝しちゃいましたけどね。
 ちなみにこの傷口をDrはほじくるようにして消毒していく
らしいのです。ちょっとやそっとじゃ弱音を吐かない父親が
「痛いでイヤだ」とゴネるのだから、相当痛いのでしょうね。

教訓;怪我などするものではない。

 ということで、早く腹の傷口がふさがって欲しいなあ。
神様仏様!!僕に安息な夏休みを下さい!



2001年07月22日(日)
廃液パッド


 廃液パッド・・・いわゆる「お通じ」をカテーテルで排出させるときに溜め込むパッドです。寝たきりの父は2つも付けられております。

 さて、日記を書くときにはなぜか「書こう!」と思っていることを忘れてしまう今日この頃、書きたいことは手にでもメモっておかなければなりませぬな(笑)。ということで今日は「なし!」と言うことで勘弁してください。



2001年07月21日(土)
・・・夏ですねえ


 今日は常々お参りしていた覚王山日泰寺の命日でございました。車で行って来ましたが、参道の暑いこと!ちょっと歩くだけで噴き出す汗!そのせいか、いつもよりお年寄りの姿が少なかったです。やはり暑いときに出歩いて、体調を崩してはしょうがないですからね。
 今年の夏も、例年に習ってなんとか旅行を適当にしたいところ。来年の今頃はどうなっているか分からないし(今の父の状況を見ると、そう思えるようになった)、何とかスキを見付けては楽しむようにしないと・・・。でも母親にしっかりマークされてるからなあ、これを交わしつつとなると、結構厳しいものがあるしなあ。実際、鈴鹿市への卒業レポートの取材に出かけるのも大変そうだし。

注;今日の日記に対する反論は受け付けません(笑)。



2001年07月20日(金)
再び脱走


 今日は「大学で連れからコピーを貰ってくる」ということにして、午前中脱走していました。
 大須観音−東別院−笠寺観音というおきまりの参拝パターン。ただ今日はガソリンがなかったので、その後、木陰で睡眠不足の解消と喫煙でリラックスをし、大須で壊れたマウスの代替品を購入し、帰宅しました。
 それにしても暑くなってきました。病院というところは病人のためか、病室のある階は冷房が効かないので、汗だくで面会して参りました。父は寒いと言っておりましたが、寝たきりだし、薄い着物1枚だし、仮にも病人(けが人)だし幾分かはしょうがないのかも。
 こんな事を書いている日でも、救急車はちょくちょくやってきました。貧血かな?熱中症かな?それとも事故?とにかく忙しそうです。
うちの父が担送された病院は、救命救急センターはあるけど、「救急部」はないので、結局持ち回りみたいなところがあるのですが、それにしても忙しいでしょうね。子供も来るでしょうし。



2001年07月19日(木)
手指消毒器


 病院ネタの時、名前がなくて非常にコマってしまったので、
適当に知っている器具の名前を付けることにしてみました。

 今日も着替えを持って行って来ました。病院に。で、行くと
なにやら処置があるとのこと。結局1時間待たされました。
面会室(要は面会客用の応接室)でボーっとしているのもイヤなので、
病棟の廊下を散歩(何せ最近運動不足)していると、丁度
担当Drが病室から出てくるところ。今日はお話を頂けまして、

「検査結果は随分いいんだけど、OP時に開いたお腹が閉じないから、
これが閉じるのにだいぶ時間がかかる」

とのことでした。
 うーん、ということは、お腹が閉じれば問題はないと言うことか?
・・・ようやく生命の危機からは遠ざかった訳ね。

ということでようやく今日からは枕を高くして寝られそうです。
まあ、大腸から出た「お通じ」を掃除するために、おそらくぱっくり
開かれただろう口だから、そう簡単には閉じないと思うけど・・・。

 ちなみにその後、父は病室で開腹部を縫い直されており、処置終了後
病室を覗いたときには放心状態でした。局部麻酔、効かなかったのね。
ま、術後塩モヒ(多分塩化モルヒネ・・生食+モルヒネ)常駐だったから、
多少は抜かないとね。
 早く病院食が食べられるようになって、歩行訓練をしていただきたいものです。
寝たきりが長くなると床ずれや病人特有の「わがまま症候群」が
発生するので・・・。




2001年07月18日(水)
書くことなし


 試験中だが、自分の受ける科目がない→父入院・見舞いに行く。

 毎日が決まったパターン化しているため、書くことがありません。
何とも寂しいことで。



2001年07月17日(火)
脱走

 今日も「学校に行く」といって脱走し、市内ドライブに
出かけました。大須観音さまでは、線香を焚くのに世間話をし、
東別院では一方通行をバックで逆走すること20mして、
パーキングチケットの駐車枠に無理矢理インチキ停車。
笠寺観音さまでは今まで気づかなかった水かけ地蔵様を発見し、
八事山興正寺では駐車場が満員で苦労して、覚王山日泰寺では
ハトが道を空けてくれずに苦労し、初めて訪れた笠寺観音様では
入り口が分からず通用門を通り抜けたりと、結構な息抜き兼参拝
をしてまいりました。
 午後の面会に行って来たのですが、担当Drはまたもや顔を見ても
カンファレンスなし。相変わらず経過観察のようです。
早くお墨付き出ないかなあ。ちょっと体力の危機かも。
・・・試験勉強もしないとなあ。



2001年07月16日(月)
同窓会報

 私のもとに2通の郵便物が届きました。

1通は、高校3年の時のクラス会の案内。
私の嫌いな人間が来る(しかも「合同」クラス会
のせいで恩師としてやってくる)のがシャクだが、
こういう会は1人でも多く参加した方がいいに
決まっている(←実感)なので、出席で返事を
出すことに。
もう1通は、同じく高校の年1回の同窓会報。
色々興味深い文章もあったし、反論を書きたい
事もあったけど、これはまあ、呈茶コーナーが
最終回を迎えたときにまとめて書きます。
こちらは後輩ともの凄く年上しか参加しない
ので、欠席ではがきを出す。この会報を読んで
あまりにOB名簿が売れていないので、可哀想
になり、3000円で購入してあげることに」する。赤字じゃ可哀想だしね。
まあ、今日はこんな事しか書くことがありません。



2001年07月15日(日)
魔の面会時間

 どうも最近、面会に行きたくない症候群が勃発しており、自分自身困惑しております。
 何か面会に行くと、相変わらず静かな部屋でラジオもテレビも付けずに寝ていて、まだ訳の分からない言葉がたまに出てくるせいで、きちんとした会話が成立しない・・・。先生に会うとある(かもしれない)カンファレンスが怖い。などなど。
 でも面会に行かないと寂しがるだろうし、カンファレンスを受けるのだって大事だし(ちなみに今日はなし・・・担当Drが当直だったようで傷口の消毒にいらっしゃったが、なにもなかった)。
 本当に一時でも早く安心させていただきたいものです。取るもの手に付かずとはまさしくこの事か。



2001年07月14日(土)
健康がいかに大事か

 病院に行く度、健康がいかに大切なモノかを痛切に
考えてしまいます。うちの親は相変わらずのため、
病棟唯一の重症患者扱いになっていますが(ま、傷が
キズだけにしょうがないが)、おかげさまで元気に話し
が出来るまでに回復しております。早く大腸のクチが
閉じて欲しい物です(てゆーか、心配がなくなると
なにも言わなくなる担当Drなので、この先その事を
言われなくなるでもよし)。
 そんな父の話によれば、最近はDrが3人ついてくれて
いるそうです。1人は外科の担当医、1人は人工血管を入れた
心臓血管外科医、もう1人、けっこう歳のいったDrらしい
んだけど、どこの担当かが今ひとつわかりません。
整形外科の先生だと嬉しいんですけど・・・。
 まあ、早く仕事がしたいだの、看護婦さんの善し悪しを
はなしたりしているから、ずいぶん状態はいいんでしょうが。

・・・それにしても早く内臓の心配がなくなって、我々家族を
安堵させていただきたいものです。

大腸の「はじけた」部位が1日も早く閉じてくれますように。
「はじけた」部位から汚い物質が漏れずに下からちゃんと出ますように。

自分の試験単位が通ることより、こっちのお願いの方が切実です。ハイ。



2001年07月13日(金)
コインランドリー

 父の病院着やタオルは、コインランドリーというもので洗っているのですが、これがなかなかどうして、面白いですねえ。最近のお店は業務用の洗濯機・乾燥機で、多量に突っ込んで回すという、便利なものです。うちの洗濯物など、ドラムに対して少なすぎるくらいです。
しかし、毛布だろうが何だろうが丸洗いできるなんて、クリーニング屋さんも大変でしょうねえ。

 



2001年07月12日(木)
起伏の激しいことで。

 さて、昨日再び恐ろしいヤマ場宣告をされた父の状況
ですが、今日のカンファレンスによれば、今のところ裂け目から
便が出ている様子はないとのこと。このまま何もなければ、
自然に裂け目も閉じていくので、放置プレイと言うことらしい
のですが、万が一にもそこから便が出る自体になれば、再び
開腹→洗浄ということで、回復を遅らせるから、出来るだけ
なすがままでいく、という話でした。とりあえず一安心。
そんなわけで昨日の日記も落ち着いた今日に書いたわけです。

 まあ、何事もなくこのまま大腸のお口が閉じてくれれば
言うこともないし、9月になったら私の大事な夏休みを返して
もらえそう(どこか旅行に行く・・・バイトが休めるかが問題だが)
だけど、何とも。医師から貰った「インフォームドコンセプト用紙
(私命名。要は所見と完治予想期間、治療方針を書いたもの)
によれば、退院までの所用期間は2ヶ月らしい。なんとかこれくらいで
出てくれないと、私たちも身が持ちません。
というよりなにより、大腸の穴が、今週中に閉じてくれると、
枕を高くして寝られるんだけど・・・。

最近のドライブ日誌。

おとつい;矢合観音・国府宮神社・甚目寺観音
きのう;建中寺・八事山興正寺・覚王山日泰寺
きょう;笠寺観音・大須観音・名古屋東別院・成田山名古屋別院
・・・御利益がございます。父もよくなるし、私のドライブテクも
上手くなる(今日車庫入れで左後部バンパーをこすったけど)。



2001年07月11日(水)
一難去ってまた一難

 昨晩云われたように、今日で父は一般病棟(外科)に
転床しました。が。

 昨晩遅くに、処置しておいた大腸の縫い目が裂けて
(医師は「はじけた」と言った)、また大腸で生成した
便が体に回ってしまうおそれがある、で、最大限回らないように
措置をとるが、回ってしまうと腹膜炎などで命に関わる
事になるかもしれない。だから、転床したからといって、
まだ予断は許せない・・・。と言われました。

血が止まらない→黄疸→大腸の再破裂

一筋縄ではいかないようで。とりあえず今は、大腸の便が
裂け目から全身へ回らないよう、速やかに下から出てくれるように
祈るだけです。



2001年07月09日(月)
運動不足

 ここ10日、歩いていません。歩くには歩きますが、
なにせ車で移動しまくっているので、快適すぎて、
歩かなくなってしまっております。太っちゃうかなあ。

 さて、うちの父親ですが、なんとか「ICU症候群」
から脱しつつあるようです。会話が成立するようになったので。
「車に乗って毎日学校行くんだよ」「オコボレだなあ」
(注:我が家には車は1台しかなく、これは平素は父の通勤車である)
とかね。その他、妙に仕事を気にしていたようで、父が怪我して
入院しているせいで、自分が受け持っていた現場がどうなっているかが
気になっていたようでした。会話が成立しているので、現状を
教えてあげたら、ホッとしたのか、寝てしまいましたけど。
 とにかく、今は傷口と人工血管への感染症防止が最優先ですね。
できれば早いところ一般病棟に移してあげて、ホネをくっつけることに
全力を向けさせてあげたいけどねぇ・・・。

 しかし今日、ICU内に転がっていたストレッチャー、
低体温療法用のシートみたいなのが転がっていたなあ。
頭部損傷がないだけ、うちの父は幸せだったのかも。



2001年07月08日(日)
興味のあるなし

 どうも、ICU勤務の看護婦さんや看護士さんに、私は薬学部生だと思われているらしい。オレはそんな理系のおつむがないから文系にいるんだっちゅうのに。確かに医療機器に興味あるし、VITALとかいう隠語使うけどねえ。

 昨日の夜、高校の時の親友からメール。私の心配をしてくれていたけど、大学の先輩とちがって、オレの心配をしてくれたのはキミが初めてだよ。嬉しかったなあ。友人ってのはカネを出しても買えない、といったうちの母の言葉は真なり。

 うちのホームページ、「大浴場」だけにアクセス解析機能があるのですが、見てると本当に色々なところから来ていただいているようで。光栄です。本当は本家にも付けたい機能なんですけど、対応していないのが玉に瑕。
 たまにこの機能を使って、アクセス解析の名のもとに身元調査みたく使っている企業や個人がいるらしいけど、誰がどこのサイトに、どういう経緯で来ていようが、関係ないじゃん。なにをどうして気にする必要があるの?あほくさい。
 などと、思いに任せたことを書きたかった1日でした。



2001年07月07日(土)
ドライブ+お参り

 最近、ガソリン代が自腹になったため、ついに
メーターをリセットし、うちの車の市街地の、1
当たりの走行距離を割り出してみようと格作中です。
 今日で親父が入院して1週間。すさまじい回復力です。
黄疸のほうも、処置をするとやはりいい数字が出るらしく、
本人も楽だとのたもうておりました。(ICUシンド
ロームにつき、信憑性の程は定かではない。)
 日中は、1人になる時間が出来たので、その隙に、
車でご近所の神社・仏閣巡りをしました。甚目寺さま
(参拝はこれで生涯4度目)と、国府宮神社(厄払いで
有名・・・こちらも生涯で4度目の参拝)を回り、親の
1日も早い回復を祈願して参りました。
 ホントはついでにデジカメのスマートメディアが
欲しかったんだけどなあ・・・時間の都合で却下。
 このように、毎日車に乗っているせいで、バックの
入庫が非常に上達している今日この頃なのでした。



2001年07月06日(金)
雨天?順延

 特に書くことがないので、自分のことでもないのに
「病院日記」になってしまいますが、あらかじめご了承下さい。
今頃お中元は忙しいから、色々ネタ仕込みになったんだけどね。

 今日予定されていた一般病棟への転室は、延期になりました。
担当の先生方(2名)が協議した結果、黄疸への対応(なんでも
血液を濾過するそうな・・・人工透析とはちょっと違うらしい)を
先にすることにしたそうです。メカ的には透析と何ら変わらないみたい
だけど・・・。医療品機器メーカーの営業でもすればわかるんでしょうが。

 そんなわけで、大学の前期最後の講義は、部室で語っているうちに
終わってしまいました。いけないなあ、オレ。



2001年07月05日(木)
まあ、間違い

 うちの親父ですが、黄疸がでちゃいました。
まあ、先生のカンファレンスでも特に重大な発表は
なかったから、いいとは思いますが。
 そんなわけで最近、私はワンマン運転をする機会が
増えたわけですが、おかげさまで昼間のルールとやらも
だんだん分かるようになりました。ついでに図々しさも。
 車があることをよしとして、全快祈願のついでに
ちょっと違ったところで昼食を摂り、新古書店で本を買い込み
したり、それなりに気晴らししながらやれるようになってきました。
でも私、あの「救命救急センター」の前の雰囲気(同じフロアに
OP室があるんですよね)が何とも言えずに慣れないんですよね。
はあ、今日も看護婦(士)さんやお医者さんに、尊敬の念を
抱きました。

 こういう話なので、1日おきくらいの掲載とします。
出来れば違うネタがあればいいけど、病院の行き来が一番多いんで。



2001年07月04日(水)
そういうわけで

 試験間近 克つ 父のお見舞い

という事情のため、日記が大変不規則になりますが、かんにん
してやってください。どうにかこうにか、人工呼吸器も抜管され、酸素マスクだけになりました。骨折が多い
からか、それとも腹部の切開部分のためか、塩酸モルヒネ(痛み止め)
はあいかわらず常駐しておりますが、なんとか話も少しだけ
出来るようになりました。ただ、「ICUシンドローム」に
かかってしまったため、(半ば)無理矢理病棟を変わることになりました。
あさってには一般病棟に転室です。ということで皆様には大変ご心配をお掛けしました。

 



2001年07月02日(月)
ここ数日日記が休載だったわけ

 平素は「電子温泉『姫路や』」をご利用いただきまして、
誠に有り難うございます。
 さて、下の書き込み(注:入院→緊急手術をして、泊まり込んだ夜の事を書いた日)
に関しまして、関係各位に大変なご心配をお掛けいたしました事を
お詫び申し上げます。現在父はICUにおりますが、なんとか出血もおさまりつつあり、
担当医師にも充分な回復の見込みがある、というお墨付きを先ほど頂きました。相変わらず人工呼吸器を付けているため、
声が出せず、また病室のせいかどうしても病状が悪くみえますが、
このように言われた以上、とりあえず生命の危機だけは
脱したと介しております。

 しかしながら、足の骨折もあり、3ヶ月程の長期入院が予想され、
また私も試験間近なため、7/30のオフ会に関してはやはり無期限の延期とさせていただきます。
皆様のお楽しみイベントを私の一方的な理由により順延したことを重ねてお詫び申し上げます。

 以上の事情により、携帯電話、E−MAIL、掲示板のカキコに関するレスの凍結は
解除いたします。ただし、自宅の電話も、携帯電話も病院との
ホットラインになっているため、長時間の電話やネット接続は
しません。あらかじめご承知おき下さい。また、私の携帯電話番号をご存じの方は、必ず
『番号通知』でお電話下さい。非通知はドキッとしますので、辞めてください(微笑。
 今後とも当グループを、よろしくお願い申し上げます。

と言うわけだったんです。とにかくここまで来たのは、皆様のおかげです。ご心配をお掛けしました。