初日 最新 目次 MAIL


俗物・厭世日記
MACK
MAIL

My追加

2004年12月31日(金)
反省の弁

8時起床。市場で買い物少量。

昼、車で恒例の中野大勝軒へ。雨は雪に変わり、そのうち
豪雪へ。文彦、長野よりすごいとのたまう。

”聖地”茶水の楽器屋をチラ見。SG中心に検証。道も雪が
積もり、マジ、すごかった。

東京駅は混雑。事前にネットで手配していたので我々はスムーズ。
親戚一同からのお年玉先払いを貰うと、まさに現金なもので、
相好を崩す。

今年も1年楽しかったですが、まだまだ十分満足したという
気持ちではないですね。謙虚に今年の反省をして来年も地道に
少しずつ成果が出るように頑張ります。

家で24係ながら年越し。

焼酎お湯割など。



2004年12月30日(木)
ハイカットの謎

朝、寝るときに「12時に起床してどっか行こう」といって
いたにもかかわらず、起きたら14時。それから風呂入り、
メシは何もないので、外出。

足の痛みはそれほどでもなく。ここで、ひとつの仮説が
浮かんだ。前回、初めて痛みに襲われたとき、前日、当日
ともに履いていたのはレッドウイングのエンジニアブーツ。
今回はコンバースのハイカットレザー。ともに足首の自由度
はローカットの靴に比較するとかなり規制される。
これがひょっとして?X線撮影では足首に余分な骨の一部が
あることがわかり、これが原因ではないと思いますけど、
とは言っていたが、一気に疑いが浮上したのである。
痛風だとしたら痛さにムラがありすぎる。

原宿のGAP行き、買い物。

浦安に戻り、蕎麦居酒屋、バルディーニと梯子。
家でワイン。

焼酎お湯割り2、ワイン1本くらい。



2004年12月29日(水)
痛風復活?

仕事納め。18時過ぎまで。

東京駅へ文彦を迎えに行く。
大江戸で寿司10皿ほど食ってキャロルハウス。
3ヶ月ぶりでボトルがぶっとんでいた。

嫁と友人のYちゃん4人。飲み仲間のCちゃん、
YUも来て、2次会はいつもならカチのところ
だが、やってなくて近所の居酒屋へ。

ところが、だんだんに左足首の例の場所がじわじわ
と痛み始めたのである。

しまいには歩くのも、じっとしてるのも痛いくらい。
痛風じゃないと思ってたのにー

ウーロンハイ5杯くらい。



2004年12月28日(火)
連荘

電車はスキスキ。午後より恵比寿の関連会社でミーティングに
でて、ついでに原宿ゲットバックで買い物してやった。

夕方、恵比寿に戻り防災チームウチワの忘年会。

渋く且つ有名な店だそうで、ホッピー、焼酎お湯割など。
ヘベレケである。



2004年12月27日(月)
忘年会

打ち合わせなど数件。既に年末モードで人も少ない。

夕方から五反田で忘年会。あいかわらずカラオケ。
ビールは自粛。

2次会はI部長と恵比寿のバーへ。
バーボン飲む。

焼酎お湯割り4杯くらい
バーボン3杯。



2004年12月25日(土)
痛風なのかよくわからない

AM、サンクリへ。血液検査の結果、尿酸値は7.3と、
成人男子の正常範囲、7.5を若干下回った。先生の診断は
痛風の発作だとしたらもう少し数値が高いはず。
少し様子を見ましょうということで、特に薬など処方されず。

おおお、痛風ではなかったのだ、今までの食生活を反省しなくて
もよいのだと、一人喜び、早速ラーメンを食いに行く。
ラーメンは煮干、かつおぶしなど、干し物系、肉類を大量に
使用してダシをとるので、プリン体の王者なのである。
しかし、食生活はプリン体を増やさぬよう、今後も継続して
摂生に努める。(ように頑張ろ)

嫁は出勤で灯油買いに行き、掃除機をかける。

夜はわかんちのほうにある新規開拓の焼き鳥屋。なかなか渋い
店で、独身だったら毎日行っちゃうようなつまみと価格。

久しぶりにビール1杯、焼酎3杯くらい飲む。(懲りてねーな)



2004年12月22日(水)
ほぼ快気

会社でも普通の靴で過ごせるようになり、周囲の人
からも「もう普通に歩けるね」と言われる。

午前中ミーティング。

事業所からスカタンなクレームが来て、無茶苦茶に
立腹する。

夜、遅くなったので同僚と餃子新規開拓。
ウーロンハイ2、紹興酒1飲む。



2004年12月21日(火)
痛風の日々 その7

それでもなおやや痛みが残り、会社ではサンダル。

午後から中規模のイベントを主催したため、1時間半、
しゃべりっぱなし。

それが終わってほっとして早めに帰宅。じゅん平で
ウーロン割など少々。

iPod のバッテリがいよいよもたなくなってきた。
通勤時に帰りには使えないということもあるのだ。
1日1時間では話にならん。年明けたら修理に出す。



2004年12月20日(月)
痛風の日々 その6

やっと電車で通える程度まで軽減。
会社で履けるようにと片足だけサンダルを持って出る。

乗り換えは若干時間がかかるものの、ほぼ影響なし。
会社では時間がたつにつれて少しだけ痛みが増す。

夕方より役員、偉いさん含めた拡大予算折衝があり、
21時過ぎまで。その後、会議に参加したメンバーと
おでんなど食い、ホッピー、お湯割など焼酎摂取。
ホッピーは麦芽だからビール同じくらいプリン体が
あるのでは?と脅かされ、ビビる。という相変わらず
小心。



2004年12月19日(日)
痛風の日々 その5

これなら普通に靴はいて会社行けるなー
ってなくらい快方に向かっております。

ということで休日出勤。何がということなのか
わからないが、来週の会議資料作成。

邪魔されないので順調に仕事が進む。

夜、ニョーボーを迎えに錦糸町 Queen's ISETAN。

餃子作って食う。飲まないわけには行かないでしょう
と、ワインを半分。

やや違和感の残る左足首を気にしながら。
(って気が小さいワタシ)



2004年12月18日(土)
痛風の日々 その4

朝起きると痛みさらに昨日より軽減。
この調子なら普通に歩けそう、などとも思ってしまう。

昼過ぎにホームドクターである浦安サンクリニックへ。

最初、整形の先生に症状を話し、ちょっと思い当たる
フシがないのでー、などと言っていたら「記憶をなくす
くらい酔っ払ったとかありませんか?」と言われ、少し
ビビる。改めて考え直すオレがいたわけだ。

レントゲンを撮るのに1時間以上も待たされ、血液を
採取され、あれよという間に15時半。

焼酎ならいいでしょうとお気楽に嫁が言い、鍋を食い
ながら焼酎お湯割り1杯。しかし、気が進まずに飲む
というのはおいしくないものだ。

24靴鬘暇膽擇蠅討て計8話まで。



2004年12月17日(金)
痛風の日々 その3

昨日よりやや痛みが引く。とは言え、昨日同様
車で出勤。

ショーもない打ち合わせ、PC関係の片付けや
トラブルで終日邪魔される。

何もしていないときの痛みはかなり緩和したが、
足を着く、動かすと相変わらずの激痛。さらに
夕方になると痛みが増す。

就業後、嫁を迎えに錦糸町。

まだ痛みにビビッて飲酒せず。3日連続。



2004年12月16日(木)
痛風の日々 その2

朝起きると昨日より激痛。

とても電車では行けないので、車で会社へ。

仕事中も左側に椅子を置き、そこへ足を乗せて
置かないと、血が下がって痛いのである。

ところがこういう日に限って遠〜い建物で
プレゼンをしなければならないなどという
ハメである。

医者にも行きたいが、仕事も終わらん。トホホ。

当然のことながら飲酒せず。



2004年12月15日(水)
痛風の日

なぜか会社からの電話で目が覚める。
しかも、起床予定時間の1時間以上を過ぎている!
大遅刻である。

左足首に妙な痛みを感じる。とりあえず少し足を
引きずりながら講習会場へ向かう。

時間が経過するにつれて足首の痛みはじんわりと
増してゆく。講習が終了し早い時間だったが、近所の
整骨院に行く。この時点で通風の予感はするものの、
確証はなく、整骨院の診断に委ねてみようという
感じである。

整骨院では捻挫と診断され、テーピングで固定と圧迫
の処置を施される。

炎症を治すため、飲酒せず。