umityanの日記
DiaryINDEXpastwill


2021年07月31日(土) 明日から八月。

今日は久しぶりに午後から曇り、先ほどから雷を伴い、小雨が降っている。やれやれだ。ようやく雨が降ってくれた。庭や敷地まわりに撒いていた除草剤がきいてくる。もう、随分前に、除草剤を撒いたが、枯れる気配はなかった。良かった、良かった。

そうそう、玄関横に置いていた月下美人が蕾を二つ、つけた。鎌首をもたげて、いよいよ、今晩、開花しそうな気配。思えば葉っぱ1枚から育てて、今や、天井に届くまで、枝・葉が育った。枝葉が伸びて、玄関の扉や廊下にまで進出している。月下美人君、かわいいいぜ。今日、開花したら、則、写真に収めようと思っている。

ところで、明日から八月。あと、5ヶ月で正月。早いことよ。その間、僕の誕生日もやって来る。「あああつ、歳はとりたくないものよ」と思えど、間違いなく、遅れることなく、時を刻んでくる。

若い頃は誕生日が来ると嬉しかった。「早く大人になりたいなあーー」と思ったものだ。それが社会の荒波にもまれているうちに、「昔の若い頃に戻りたい」と、切に願うようになる。体は不可能だが、心だけは、昔のままでいたい。まあ、それでいいと、しなくちゃなるまい。

相棒の、ネズミ男君と、よく話している。「人生って空しいなあーーー。みんな何を目標に生きているんだっぺ。缶ビールも1人で飲んでも、ちっとも旨くない。テレビもコロナかお笑い番組ばかりだ。見ていてもおもしろくない」

てな訳で、時々、連れだって小料理屋へ赴くわけであります。ひとしきりだべって、二次会のスナックへ。フォークソングを歌って気勢を上げるのであります。昨夜は、「俺たちの旅」を歌って、ネズミ男君が88点を出したのでありました。僕は鳴かず飛ばず。「不愉快だあーーーー」と」思えど、仕方なし。

彼は景品として、カレーライスの箱をもらい、意気揚々と帰ったのであります。


2021年07月28日(水) ワクチンの接種。

先ほど、ラジオのニュースで聞いた。北海道で37度を超し、全国で一番気温が上がったそうな。ええつ?、なんで?、また?。北海道は最も北にあり、気温も低いはずだ。そう思っていた。いまや、あり得ないことが起こる。不確定性の時代だ。

今、書斎で、この日記をしたためている。クーラーを入れていないときは33度。今、30度に下がった。湿度は45%、汗は噴き出ては来ないが、それでも暑い。あと、こういう日が何日、続くのだろうか?。元気があるのはオリンピックくらいか。ソフトボールがアメリカを負かして、金メダルをとった。いやああ、本当におめでとう。思わず涙が出てきた。コロナの災禍の中、選手達や関係者達は、懸命に頑張っている。その姿は美しい。

今日は配偶者のワクチン接種2回目だった。既往症があるので、僕は付き添いで、接種会場に赴いた。幾多の人が椅子に腰掛けて、接種を待っていた。僕は会場の横の椅子に腰掛けて待っていた。程なく先生が注射を打った。注射後、普通は15分、待機していなければならないが、既往症があるため30分の待機となった。

仕切られた膜の外から、「腕は痛くないか?。熱はないか?。気分はどう?」とか聞いたが、配偶者は「なんともない。熱も出ない。気分は上々」と、笑って応えた。そういえば1回目の接種後も、なんともない様子だった。うんんん、人によってまちまちだ。まああ、無事に接種できたから良かった。

帰り際、セブンイレブンに寄って、かき氷や飲み物を買って帰った次第である。
まあ、一両日、様子を見ないと分からないが。おっと、食事の支度が出来たようだ。今日は腹がへったぜ。



2021年07月11日(日) 梅雨空のもと、カラオケで気勢を上げる。

雨が降ったかと思えば、すぐに止み、止んだかと思えばまたすぐ降る。いったい、この梅雨はどうなっているんだ。「さあ、今日は野良仕事をしよう」と、草刈り機械をもって外へ出ると、途端に降り出す。やんなっちまうぜ。

鹿児島、宮、熊本方面は梅雨が上がったとか。それでも、大雨が残した爪痕は甚大だ。いまや、全国的に異常気象だ。この異常気象が収まると、猛暑が待っている。いやはや、日本列島は災難続きだ。

僕は、ネズミ男君と、雨の合間をぬって、雑草刈りにいそしむ。いやああーーー、草が伸びるのって早いのなんのって。僕たちは腰をふりふり、機械を進めていく。ネズミ男君は、実に几帳面で、草の根元から、丁寧に切っていく。僕は大雑把で、根元から数センチ上を切る。

彼曰く。「あんた、全然、切れていないじゃないの」って。かくして、彼は僕の切った後を、再度、切る。うんんん、申し訳ない。

昨日で、ようやく敷地まわりの草を刈りとった。てなわけで、昨夜は一杯、飲みに出た。行きつけの小料理屋で食事をして、さあああ、いざ出陣。カラオケタイムだ。スナックへ移動。ネズミ男君が「22歳の別れ」を熱唱。残念、ぞろ目には至らず。次に僕が山口百恵さんの「コスモス」を熱唱。歌の最後に「百恵ーーー」と、おらぶ。これが結構受けるんだが、ぞろ目には至らず。54点でした。

まあ、こんな案配で、この梅雨空の中、気勢をあげたのでした。


2021年07月04日(日) 最近の動向。

久しぶりに日記らしきものを書いてみたくなった。最近は、コロナとワクチンで、一日が暮れていく。僕はすでに2回のワクチン接種を受けた。2回目は左の腕が少し痛かったが翌日には、なんともなかった。それにしても、とんだウイルスが世界中に蔓延している。ワクチン開発が進んでいるが、まだこれと言った特効薬はないようだ。

 そんな中、僕は、外出することが少なくなった。仕事依頼が少なくなったせいもあるが、ほとんど、机上の仕事が多く、書類作成が完成すると、後は郵送だ。クライアントのところまで、持って行くことがすくなくなった。まあ、これは仕方がないことだ。極力、三密を避けるためだ。

 ところで、ここんところ、地球環境がおかしく感じられる。その最たることが気象の異常だ。梅雨に入っているが、とても、梅雨らしくない。気温は異常に高い。なんでも、外国では50度近くまで、気温が上昇したそうな。もはや、人間の住める環境ではない。日本列島でも、北から南まで、地震が頻繁に起こる。ラジオ番組が、たびたび中断し、地震速報に変わる。いやああーー、震度を聞くのが怖い。

僕は、地球に崩壊の危機が迫っているのではないかと、危惧している。どうも、昔の地球環境とは異なっている気がする。空を見上げても、町中や田んぼや山の風景を見ても、人の動向をみても、なんとなく活気がなく、どんよりと沈んでいる。まず、人には笑顔がない。笑顔はテレビのお笑い番組だけだ。

ネズミ男君とよく話している。「人生って空しいなあーーー」って。「空しいからこそ、楽しく生きなくちゃ、いけないんだ」って。
そんな訳で、相変わらずカラオケで「ぞろ目賞」を狙っている、今日この頃です。





umityan |MAILHomePage

My追加