DiaryINDEX過去の日記未来の日記
2017年10月31日(火) 長男のスポーツテストの結果

長男のスポーツテストの結果を見ました。結果はCでした。全国的に見て体力と運動能力は平均という事です。私の小学校時代の結果とあまりにも似ていて不思議な感じがしました。しかし体力や運動能力など、将来の事には、何も関係ないと言えば関係ないと思います。長男が何かに興味を持ち、夢と目標を定め、一念発起して情熱を持って一生懸命に取り組めば、その道で必ずそれなりの結果を残し、何かを得る事が出来ると思います。


2017年10月30日(月) 情熱

毎日、稽古をする中で、今まで感じる事が出来なかった事を感じる事が出来たり、見る事が出来なかった事が見えて来たりする事があります。それには、柔軟体操、基本稽古、移動稽古、型、組手、どんな稽古も選り好みをせずに一生懸命に取り組む事が大切です。そして情熱を持って稽古する事が大切です。適当な気持ちや惰性で稽古していたら、ただ気持ちの良い汗を流して終わりになってしまいます。そして自分が得た物を後生大事に持っていても、自分の人生にはあまり役に立ちません。自分の得た物を人の役に立つ事に使えたら、自分の人生も楽しくなりますし、自分の人生も自ずと輝いてきます。それを最近強く感じます。昨年と今年はその気持ちをしっかり持って稽古に指導にあたって来ました。凄く良い風が自分の周りで吹いている感じがします。来年も初心を忘れず情熱を持って一生懸命に稽古に指導に取り組んでいきたいと思います。


2017年10月29日(日) お酒

私は26歳から34歳のクリスマスまでお酒をやめていました。やめる時は一生やめるつもりでした。もう一生お酒を飲みたくはならないだろうと思っていました。でも妻と出会い、この人と一緒にお酒を飲めたら楽しいだろうなと思い、またお酒を飲む事にしました。たぶん妻と出会わなければ今でもお酒は飲んでいないと思います。はじめてお酒を飲んだのは、福島で妻が行きつけだった天麩羅屋さんででした。はじめて飲んだのはキリンの一番搾りでした。はじめの一杯を飲むのは凄く怖かったです。でも凄く美味しかったです。それから妻と一緒に飲むのが私の楽しみになりました。子供がいない頃は2人で朝まで飲み明かしました。2人でいると飲んでも飲んでも飲み足りない、話しても話しても話し足りない感じでした。本当に楽しい時間でした。今でも週末に妻と一緒飲むのが私の楽しみです。


2017年10月28日(土) あれから10年

本日、妻に告白した日からちょうど10年が経ちました。告白したのは、妻が運転する車の中でした。次の信号で止まったら告白しようと決めて告白しました。私は中途半端は嫌いなので、もしダメなら今までと同じ状態で会う事や連絡をする事はないだろうと覚悟を決めて告白しました。なので手が冷たくなるような緊張感を味わいました。あの日から10年間、毎日が楽しかったし、幸せな瞬間をたくさんもらいました。妻には本当に「ありがとう!」と言いたいです。


2017年10月27日(金) この時期に

もう来週の今日は全日本空手道選手権大会なんだなと思い、少し寂しい気持ちになりました。何が寂しいかと言うと、今この時期に緊張していない事に寂しさを感じます。私は第28回、32回、33回、34回、36回、37回、38回の全日本に出場しました。その頃はこの時期は本当に緊張していました。全日本のために自分の生活の全てがありました。引退したあとは中村が40回全日本に出場し、中山が44回、45回、46回全日本に出場しました。自分の生徒が出場していたので、やはりその時期も緊張していました。ここ2年、城南京浜支部から全日本に選手を出場させる事が出来ずにいるので、私自身も緊張感がありません。その事を寂しく思いますし悔しくもあります。52回全日本には必ず選手を出場させたいと思います。


2017年10月26日(木) 武士のなかの武士

多摩川を8キロ、ランニングしました。今日は走る時に、「その時歴史が動いた 二〇三高地の悲劇はなぜ起きたのか 新史料が明かす激戦の真相」を聴きながら走りました。陸軍大将の乃木希典の苦悩の決断をしなければならなかったのか?が語られています。乃木希典は戦いに勝ちましたが、たくさんの部下が亡くなったのに、日本に生きて帰った事を恥じたと言います。そして乃木希典は明治天皇に自刃する事を話します。自刃するならば私が亡くなったあとにと、明治天皇に言われ思いとどまりますが、明治天皇崩御のあと自刃します。乃木希典の評価は賛否両論ありますが、私は乃木希典は武士のなかの武士だったと思いますし、男の中の男だったと思います。


2017年10月25日(水) 城塞

司馬遼太郎の「城塞」を読んでいます。この作品もおそらく読むのは6〜7回目だと思います。関ヶ原の戦いで天下を取った家康が、征夷大将軍の座を秀忠に譲る事で、豊臣に天下を戻す気がない事を世に主張します。家康は長生きをしたから最後に天下を取れたと言えます。しかし自分が亡くなったあとには豊臣秀頼がいます。徳川の天下を確実にする為には秀頼を倒さなくてはなりません。徳川と豊臣の最後の戦いが始まるなか、利を重んじる人、義を重んじる人、名声を重んじる人、家名を残す事を重んじる人、いろいろな考えが交錯して戦いが始まります。自分をいろいろな人物に置き換えて、自分ならどのような決断をするのだろう?などと思いながら読んでいます。


2017年10月24日(火) 長男のマウスピース

長男は歯科医に歯並びを治すためのマウスピースを作りに行きました。夜寝る時も頑張ってマウスピースをして寝たそうです。頑張って欲しいと思います。


2017年10月23日(月) 長男と次男の好きなもの

長男と次男は「危険生物」の図鑑を見るのが好きです。私は蛇が嫌いなのですが、2人は喜んで蛇のページを見ています。サソリやクモなどのページも喜んで見ています。あとクレイジージャーニーという番組の虫を食べるのが好きな方が出ていた回を喜んで見ています。


2017年10月22日(日) 長男の4回目の型競技試合

私の運営する極真会館城南京浜支部の第8回型競技支部内交流試合でした。長男も小学生初級の部に出場しました。長男が型競技の試合に出場するのは今回で4回目です。結果は準優勝でした。長男は型競技の試合で勝った事がありませんでしたし、1年以上組手の試合でも勝つ事が出来ていなかったので、久しぶりに試合でメダルをもらえて自信になったのではないかと思います。夕食の時にみんなで長男の試合のビデオを見て、みんなでいろいろ話をしました。本当に楽しい時間でした。


2017年10月21日(土) 次男の寝顔

次男が寝ながら笑っていました。寝言というのか?寝笑というのか?「何の夢をみているのかな?」と思いながら少しの間、次男の寝顔を見ていました。自分の子ですから当たり前かもしれませんが「可愛いな」と思いました。


2017年10月20日(金) ドラマ

「コウノトリ」というドラマを妻に勧められて見るようになりました。前橋さんも入院されている時にこのドラマを楽しみに見ていると言っていたのを思い出しました。第2話まで見たのですが毎回泣きながら見ています。


2017年10月19日(木) もう来年が

もう2018年が見えて来ました。「来年の事を言えば、鬼も笑う」とは言いますが、もう来年の事を考えない訳には行きません。来年の1月4日から1月6日に三峰神社で行なわれる総本部の冬合宿に参加するのか?1月7日と8日に行なわれる城南京浜支部の冬合宿のメニューや準備、来年の自分の目標、道場の経営、指導、運営の目標や家族の事など、いろいろな事に対して明確なコンセプトを持って目標を立て1年を始めないと、ダラーっと時間に流され流だけの毎日になってしまいます。2018年で私は45歳になります。何か思い出に残るやような事を1つやりたいと思います。


2017年10月18日(水) ランニングとラーメン二郎と健康

やっと晴れました。多摩川の土手を8キロランニングしました。暖かい日差しを浴びながら好きな音楽を聴いて走りました。とても気持ちが良かったです。頑張ったご褒美にラーメン二郎の品川店に行きました。品川店の二郎は初めて食べましたが、凄く美味しかったです。20代の頃や30代半ばぐらいまでは、楽勝で二郎の大ブタをスープまで完食できましたが、今は小ブタで十分です。そして30代の後半からは、健康を考えてスープは飲まないよう我慢しています。特にここ1年はラーメンのスープは飲まないようにしています。さすがに身体に気を使うようにしています。健康じゃないと人生を楽しく生きる事が出来ないので、最後まで健康で生きる事が出来るよう気を付けたいと思います。


2017年10月17日(火) 挑戦

何歳になっても挑戦する事の大切さを忘れずにいたいです。失敗する事を恐れたり、失敗したら努力した事も努力した時間も無駄になると考えたり、どうせやっても無理だなどと思ってはいけないと思います。努力して成功する事は素晴らしい事です。でも成功する事ばかりを考えてはいけないと思います。挑戦する事が大切な事です。私はそれを極真空手から学びました。「やる前に、出来るか?出来ないか?を考えるな!男なら押忍と言ってやるんだ!」それは成功や失敗を考える前に挑戦しろ!と言う事なのだと思います。この精神を自分の生き方で、息子達や生徒達に伝えていきたいと思います。


2017年10月16日(月) 感動して

日曜日の夜はいつも「鉄腕ダッシュ」を見ています。い草で作った船で川を下るというのをやっていたのですが、最後にゴールに着いた時に、長男は感動して泣いていました。「長男は泣いていないよ」と言ったのですが、妻は「感動した時は、恥ずかしがらずに泣いていいんだよ!」と言っていました。私もそう思います。感動した時には思いっきり泣ける人になって欲しいです。そして一生懸命に生きて感動して思いっきり泣ける場面を自分で、たくさん作っていって欲しいと思います。


2017年10月15日(日) どうやら長男は

先週の木曜日、矢口渡道場が休みなので、夕方に家にいると女の子が長男を遊びに誘いに来ました。その日は長男は、用事があり遊べない事をその子に長男が言うと、その子は泣いてしまいました。「明日は絶対遊ぼうね!」と長男が言うとその子は凄く嬉しそうに笑っていました。長男も凄く嬉しそうにしていました。どうやら長男は、女の子のほうが気があうようです。


2017年10月14日(土) 新しいことを

今日は全日本空手道連盟の58回目の講習会でした。全日本空手道連盟の講習会では、剛柔流、松濤館流、糸東流、和道流、の四大流派の指定形1を習って来ました。その流派その流派で形に特色があり、とても勉強になります。形を習いながらいろいろな気づきがあります。新しいことを学ぶ事は本当に楽しいです。本流を大切にしつつ、常に新しい事を取り入れて前に進んで行きたいと思います。


2017年10月13日(金) 兄弟は良いものだ

兄弟は良いものだなと思う。この前、私と長男が山梨県大会で甲府に一泊した時のことですが、私が妻に電話をし話したあと、長男に変わると次男が出て「マシロー!運動会頑張ってねー!」「コハクも空手の試合頑張ってねー!帰って来たらガンダムごっこしようねー!」「うん!ネコごっこもしようねー!」と話していました。そんな会話を聞いていると本当に幸せを感じます。でもこんなのもあと何年間の事なんだろうなと思うと寂しくもなります。


2017年10月12日(木) 長男の悪さ

長男もなかなかの悪さをするようになって来ました。妻に小学校の担任の先生から電話が来たそうです。長男は他に2人の子と道路に画鋲を並べているところを担任の先生が偶然通りかかり叱られたそうです。その場は先生も急いでいたので注意程度だったそうですが、次の日にしっかり長男と話したいと言う事だったそうです。私は長男に何故やったのか?を聞いたら、どうやら画鋲を並べて罠を仕掛けていたそうです。私はその罠にかかった人がいたらどうなるか?を話しました。例えば、裸足の人が歩いて来てその画鋲を踏んだら「イタ〜っ!」と飛び上がるよね。犬は靴を履いていないから画鋲を踏んだら「イタ〜っ!」ってなるよね。長男は私の話を聞いていて笑う場面もありました。たぶんドッキリ感覚なのだと思います。ドッキリ感覚とはドッキリを仕掛ける側の感覚です。またドッキリを仕掛けられてビックリしてる人を見て笑う感覚です。私が長男にどうしてやったのかを聞くと「楽しくてやった」と答えました。私もドッキリの番組を見て笑う事もありますから気持ちは分かります。ですが私は今度はやられた側の立場に長男を立たせて話をしました。自分の足に画鋲が刺さったらどのぐらい痛いか?自転車に乗って習い事や仕事など行く時に、自転車に画鋲が刺さってパンクをして遅刻をしたら?もしくは行けなくなったら?長男は話を聞いて、自分がした事を理解したようでした。見つかったからこそ未遂で終わったので担任の先生には本当に感謝しています。まあ先生に叱られ、妻に叱られ、私に叱られたのだから、もう同じ事はしないと思いますが、子供ですから似たような悪さはこれからも100回も200回もやるのだろうと思います。その時その時しっかり子供と向き合っていろいろ話して行きたいと思います。やった事によっては自分で責任を取らせます。子供では責任が取れない事は親が責任を取ってあげたいと思います。そのかわり私は自分が頭をさげるところもしっかり子供に見せようと思います。子供は身の丈にあった悪さをします。その身の丈にあった悪さをするたびに叱って教えて行きたいと思います。そうすれば大きくなってから大きな失敗をしないのではと思います。息子達には大人になるまでには、自分で考えて決断できる人、自分で考えて行動ができる人、自分で自分を叱れる人、自分で自分のした事に責任を取れる人になって欲しいと思います。


2017年10月11日(水) 自分の生き方

私の今までの人生を考えた時に、私にとっての近道は遠回りです。自分の中では遠回りしたと思う事確実に自分をゴールに導いてくれます。逆に近道をしようとした時に限って自分が目指していた場所を見失ないゴールとは程遠い場所に行く事になってしまいます。交渉事では恋愛でも試合でも上手くやってやろうなどと思った時ほど空回りして失敗します。逆に格好つけずに自分の全てを包み隠さず相手にぶつけた時はわりかし成就します。私は頭もよくありませんし不器用です。でもその欠点も自分にとって良い方向に働く事があります。これからもそんな風に生きて行きたいと思います。


2017年10月10日(火) 次男との時間、長男との思い出

木曜日は自転車の後ろに次男を乗せて矢口渡道場に行きます。その間、2人でスターウォーズごっこをします。私はXウイングを運転するルークの役、次男はR2D2の役になり自転車で道場まで行きます。なかなか楽しい時間です。長男が小さい頃も一緒にこの遊びをやりました。12月は家族全員でスターウォーズを観に行きたいと思います。


2017年10月09日(月) 人生最大のピンチ

今回の山梨県大会で光栄にも表彰状を読む役を仰せつかりました。表彰状を代表して読むなんて初めての事でしたし、表彰式で突然の指名だったので、読めない字があったらどうしよう!と本当に焦りました。表彰状を読む瞬間に冷や汗が出てきました。人生最大のピンチでした。表彰状は「東方古伝日本空手道修行に心魂を尽くし」と始まりますが、私は学校時代に勉強をしなかったので、漢字には自信がありません。なんとか読めたのは、私も空手を始めて30年で何度も表彰状を貰っていたのと、表彰式でいつも聴く文言なので覚えていたのだと思います。何とか最後まで表彰状を読み上げる事が出来て本当にホッとしました。心底からもっと勉強しておけば良かったと思いました。この話を妻にしたら爆笑してくれました。子供達に勉強をしなさいと教訓になる話と、飲みの席でのすべらない話のネタが1つ増えました。


2017年10月08日(日) 長男と

山梨県空手道選手権大会の前日入りで、甲府市のホテルに長男と泊まりました。久しぶりに2人で風呂に入り、2人で寝ました。2人でいろんな話が出来ました。最近、長男は学校の帰りなどに石を拾って帰って来ます。今日も武田神社に行った時に、私が「何か一つ買ってイイよ」と言うと、長男は石を買っていました。


2017年10月07日(土) 幸せを感じた瞬間を忘れない

私が夜中にケイタイを見ていると、次男がふっと起きて「パパ」と言うので、「どうしたの起きちゃったの?」と次男に顔を近づけて言うと、次男は私の頬に両手を当ててはさみ、私の顔を見て「パパねんねしないの?」と言いました。その時の次男がとても可愛くて、手がとても温かかったです。私はその時にとても幸せだなと感じました。この先、私の人生にどんなに悲しい事が起ころうと、どんなに辛い事が起ころうと、この事があった事を忘れないよう日記に書きました。こんな幸せを感じた瞬間があった事がいつか私を励ましてくれると思います。


2017年10月06日(金) 身体の冷えに弱い

だいぶ寒くなって来ました。身体が冷えないように気おつけないといけない季節になりました。私は冷えるのには本当に弱いです。身体が冷えてしまうと首、肩、肘、腰、股関節、膝、足首などの古傷が痛くなってしまいます。自分で書いていてビックリするこ事に全身悪い所だらけです。15歳から空手を始めて34歳まで試合をして、約130戦もしました。でも1番体にダメージを受けたのは試合より稽古ででした。城南支部での朝練では八巻先輩、数見先輩、岩先輩、高久先輩という100キロ以上ある化物みたいな破壊力のある先輩方に週5回もガチで叩かれて蹴られていたのだから仕方ないですね。この前も右肘が原因不明で痛くなったので病院でレントゲンを撮ったら以前に2回折れた跡があるそうです。右肘は何も痛めた記憶はありますが、もちろん私は病院にも行っていませんし、その間も出来る稽古は継続していたはずです。まあ私は20歳で親元を離れていましたので「病院に行きなさい」と言ってくれる人も周りにいませんでしたし、我慢が出来ないような痛みじゃなければ病院にも行かず稽古しながら治していました。そのツケが来たのか?今は身体の冷えには以上に敏感です。なので寒くなると私は、上下のインナーをしっかり着て身体を冷やさないようにし、お風呂にも長めに入り、ストレッチを良くするようにしています。今44歳ですので、人間50年と言う敦盛の歌から考えれば、あと6年生きれば十分という事になりますが、私には私より10歳若い妻とまだ6歳と3歳の息子がいるので、人間50年で満足しているわけにはいきません。目標は100歳まで健康に生きる事です。


2017年10月05日(木) 次男の指摘

次男は本当に人をよく見ています。私がテレビを見ていると、次男が私に突然「パパ、なんで怒ってるの?」と言いました。私は本当に怒っていないですし、テレビを見ていただけなので「パパ、怒ってないよ」と答えると、次男は眉間にしわを寄せ、目を鋭くし「じゃあ、なんでこの顔になってるの?」と言いました。ああそうか気付かずにそんな顔になっていたのか?と反省しました。


2017年10月04日(水) 十五夜

今日は十五夜でしたね!道場の帰りに、雲の合間からまん丸のお月様が見えました。昔の人は月の満ち欠けで種を植えたりとかをしたそうです。なので豊作をお月様に感謝してお月見をしたそうです。日本人は感謝の気持ちがあり風情がありますね!そんな心を忘れずに無くさずにいたいものですね。


2017年10月03日(火) 3人で買い物

休みの日に、長男と次男と私で近くのコンビニに買い物に行ったりすることがあります。長男は仕切り屋で「俺が隊長だから!パパはリーダー!マシロは隊員ね!」言って3人で整列して買い物に行きます。「隊長とリーダーは同じじゃないか?」と思うのですが、このモードに入っている時の長男にツッコミを入れとややこしくなるのでやめます。長男は先頭を歩き、危ないとこで止まったり、少し走ったり、車が来ると止まったりと、私と次男に指示を出してきます。次男は「隊長!大丈夫ですか?!」と言って、隊長の長男に指示をあおいだりします。その様が凄く可愛いです。長男はたまに後ろを振り向き、私に「リーダー以上はないか?!」と確認してきたりします。私が「以上ありません!」と言うと、また歩き始めます。次男はその間、ずっと忍者のような感じで歩いたり走ったりしています。まあ、あと何年もこんなことは出来ないのだろうから、私も楽しんで自分の役をやっています。ただこれだけのことですが、私にとってはとても楽しい大切な時間です。


2017年10月02日(月) 座右の銘と宣言

「身心一如」私の座右の銘の一つです。身体と心は一体で、身体があるから心が存在しています。身体が健康じゃないと精神活動も健康じゃなくなってしまいます。朝起きて食事をして仕事をしてという日々の日常を規則正しく行わないと、自分の心も正しくなくなってしまいます。私も今、この日記を書きながら、ここ最近の自分の生活を反省しているところです。自分の生活の甘さは身体に現れ、顔に現れてしまいます。今日から私は12月24日まで禁酒をしてダイエットして行きたいと思います。身体に悪いダイエットコーラを飲むのもやめたいと思います。思い立ったら吉日という事で今から頑張ります。今の私の体重は93キロです。12月23日までに必ず77キロにして見せます。なぜ77キロかと言うのはキリが良いしツキがありそうだからです。明日、少し後悔することになるかもしれませんが宣言したからには絶対にやります!


2017年10月01日(日) 生きる

私は谷川俊太郎の詩が好きです。なかでも「生きる」という詩が好きです。もしかしたらというか、たぶんこの詩のことは前にこの日記に書いたことがあると思うのですが、あえてもう一度書きたいと思います。たぶんその頃より歳を重ね考え方も感じ方も多少変化していると思いますので、もう一度書くことで、自分を見つめ直すことにもなります。その詩は「生きているということ、いま生きているということ、それはのどがかわくということ、木もれ陽がまぶしいということ、ふっと或るメロディを思い出すということ、くしゃみをすること、あなたと手をつなぐこと」もっと長い詩ですが、こんな感じで始まる詩です。この詩は生きているからできる素晴らしいことや、生きていると普通すぎて感じることができないけど、それも生きているからできる素晴らしさが書かれています。あるテレビ番組で、友達を亡くした方がこの詩を反対に読むとどうなるか?というのを見ました。「生きていないということ、いま生きていないということ、それはのどがかわかないということ、木もれ陽がまぶしいと感じることができないということ、ふっと或るメロディを思い出すことができないということ、くしゃみをしないこと、あなたと手をつなげないこと」なぜか私は反対に読んだ方が、心に響きました。そして今、歳を重ねいろいろな大切なものを得たり、いろいろな大切なものを失ったりして、さらにそう感じるようになりました。あなたと手をつなぐことも、すべての美しいものに出会うことも、泣くことも、笑うことも、怒ることも、人を愛するということも、全ては生きているからできるのだということをこの歳になり強く思います。だから私はそれを生きているうちに一生懸命やりたいと思います。一生懸命あなたと手をつなぎ、一生懸命にすべての美しいものに出会い、一生懸命に泣き、一生懸命に笑い、一生懸命に怒り、一生懸命に人を愛したいと思います。


kanno

My追加