MOTOYANの日々題
DiaryINDEXpastwill


2020年05月30日(土) 梅雨入り

九州南部、梅雨入りしました。いつもより早いかと思っていましたが、ほぼ平年通りでした。梅雨といってもこの日からこの日まで雨模様と決まっているわけではないので、宣言をするのは難しいことです。よくある言い方は、「〇月〇日に梅雨入りしたと思われます」です。
週間予報でも傘のマークが毎日入っています。一方、もう梅雨が明けそうな沖縄・奄美は傘マークが消えました。
沖縄といえば、赤道に近くて、暑くて、ほとんど雨も降らずに素晴らしいリゾート地のイメージですが、島と熱帯特有のスコールのような雨やどんよりとした日が多いそうだ。
梅雨の前半はじとじとと降り、後半は毎日は降らないけど降るに日は激しくというパターンが多い。梅雨明けが宣言されてからも危ない。20数年前の86水害にしてもとっくに梅雨は明けていた時期だった。
さあ、今年の梅雨はどんな梅雨になるのか、新型コロナもあるし、避難所が開設されない程度の雨に降り方であってほしい。


2020年05月29日(金) 山口百恵&ブルーインパルス

山口百恵、サブスク解禁!、ブルーインパルス、東京を飛ぶ!
この二つのニュースに久々にときめいた。そもそもサブスクの意味もよくわからなかったけど著作権料について個々の曲にかかっていくのではなく、今回は600曲をまとめて支払うというシステムに変更されたことにより、Amazon music等の音楽配信サイトが山口百恵の曲を配信できるようになり、いつでもどこでも聞けるようになった。
これまでは、オルゴール曲とか別人のカバー曲としてしか聞けなかった。さっそく聞いてみると40年前によく聞いた曲が次々と流れてきて、懐かしく悦に入ることができた。大ファンだったというわけでもないのに歌詞もほとんど覚えているし、いつの頃流行したというイメージも湧いてきて、しばらくははまりそうだ。
サブスク解禁になってほしい聞きたい歌手が他にもいるが、長生きしていれば、そのうちそうなるのだろう。
ブルーインパルスについては、ファンも多くあの飛行を見れば感動する。新型コロナに奮闘する医療従事者に感謝の意を込めてデモ飛行をした。6年ぶりに東京上空を20分間飛んで、写真や動画が公開された。外国の飛行隊がやっていることを真似たものだが、河野防衛大臣の株が上がった。「#みてくれ太郎」
2年前、明治150年フェスティバルの前日に鹿児島上空で飛行して動画におさめたが、空の非日常の姿にときめいた。今日は東京の空は快晴で素晴らしいかった。

2か月ぶりの血液検査の日で病院を訪れた。2か月の巣ごもり生活の悪影響が結果に出るだろうと期待?しながら結果を見るとそれを裏切らずに、尿酸値と中性脂肪値が上がっていた。運動不足とケトン体入り食品の過食が原因だと確信できた。先日オンライン飲み会である参加者が、あたりめを片手に焼酎を飲んでいて、次の日から試してみたらしっかりはまってしまった。これも大きな要因。体がしっかり反応しているうちにいろいろと過ぎないように気をつけよう。


2020年05月28日(木) ピュアホワイトの季節

沖縄の梅雨が、例年より早く明けそうです。それは、梅雨前線が北上してきていることであり、九州は間もなく梅雨入りしそうという予報が出された。
近年、梅雨の時期が7月中旬まで伸びていて地球温暖化の影響かと案じていたが、今年は早くなり、長い地球の歴史から考えると早い、遅いは誤差のうちなのだろう。
この時期を楽しみにしていることがある。それは、トウモロコシの一種であるスイートコーンだ。しかも粒々が白いピュアホワイトという品種がお気に入りになった。
昨年、朝早めのドライブの途中で立ち寄った道の駅で「生でも食べられる、朝取れのスイートコーン」として販売されていたものを購入して食べてみると柔らかく、甘く、それまでのトウモロコシへのイメージを覆された一品だった。
硬い、食べにくい、歯の間に詰まるで鳥のエサに近い食べ物が、子供のころのトウモロコシ、大人になって食べた北海道産の粒の大きいスイートコーンでイメージが少し良くなり、昨年からピュアホワイトのとりこになってしまった次第だ。
トウモロコシは収穫して時間がたつほど甘みがなくなるので、朝の4時ごろから収穫を始めて出荷する(販売する)
ファンクラブの人たちは早朝から列を作って購入するため、田舎の畑の中に行列ができるのも、5月下旬から6月いっぱいだ。
指宿の道の駅で販売が始まったという情報を得た。近くでもないが、10時の開店に合わせてならんでみようかと思う。ソーシャルディスタンスルールが適用されているかは行ってみないとわからないが。


2020年05月27日(水) 先用後利

「えっちゅどん」が来やった。紙風船がもらえる。走ってお出迎え。
子供のころに定期的に巡回してくる、富山の薬売りのおじさんのことです。
今日放送のNHK歴史秘話ヒストリアでとり上げられていた。300年前から続いている配置薬システムで全国展開されている。
薩摩との関係は特別だったことも初めて知った。財政破綻状態だった薩摩藩が巧妙に越中の薬売りと結託して中国との貿易で重要な品である昆布を取り扱い、財政を回復して明治維新に大きな影響を与えた。
その越中の薬売りの基本が「先用後利」で品物を置いて使った分だけの料金を支払うという。「病を治すことが先で利は後でよい」という顧客との信頼関係の上に成り立つ商法に違いない。
信頼関係を構築するためには、サービスが必要で子供がいると紙風船を配り、農家には富山のコメの種もみを配り、知恵とまごころを尽くすことでした。北陸人のもつ勤勉で実直さが功を奏して現在に至っている。
ファッション通販ZOZOTOWNは、「ツケ払いできます」とほしい品はすぐ手に入れて支払いは後でというクレジットカードのようなシステムを作っている。消費者に信頼されているZOZOだからできることかもしれないが、この信頼を得るまでには相当な先行投資が行われたことだろう。
昔はツケ払いとか当たり前だったらしいが、これからお金も信頼も「先用後利」がますます重要な時代になっている。


2020年05月26日(火) 人が焼却炉に転落

名古屋市のごみ焼却場で係員が焼却炉に落ちたというニュースに、あるあるだと思った。15mも落下してごみがクッションになったために腕の骨折で済んだのは、不幸中の幸いだった。
焼却場をを見学するか、実際に車で粗大ごみを捨てに行くかしないと現場を見る機会はない。過去3度ほどごみを捨てに行って見たことがあるので事故が起きても不思議ではないと思っていた。
入口で車の重量を測り、目的の捨て場(大きな建物)まで誘導され、車をバックさせて落とし口まで進む。高さ30僂らいの車止めがあるのでそれ以上は後進できないけど、アクセルとブレーキ―を間違えるとどうなるだろう?と最初の不安が起こる。係員がいるが、毎日見ているから怖さもないだろうが、初めて行くと怖い。下を覗くとかなり深い。今回は15mだった。
次に車を降りて運んできたごみは、自分で投げ込まなければならない。係員は手伝ってくれなかったような記憶がある。そんな決まりがあるのかもしれない。そこでごみと一緒に落ちたらどうしようという二度目の不安が起こる。捨ててはいけないものまで落としてしまってももう取り戻せない。
何とか落ちないでごみを捨て終わり、車を発進させるときに絶対にバックはだめだという緊張感に不安を感じる。
今回の事故はごみを投げ込むときに車止めに乗ってごみ収集車の引っかかって落ちなかったごみを手で落としているときに足が滑って落ちたらしい。一日に何度もやっている作業だから、「慣れ」が事故につながった。
できることなら、自分でごみ捨て場に行くのはやめた方が賢明だ。業者に頼めば、2万円。自分で行けば、基本無料ですが・・・。


2020年05月25日(月) テレビに映りこむもの

今年の大河ドラマ「麒麟がくる」では、武将明智光秀が主人公となって進んでいる。スタジオやロケ地で収録して1回を45分に編集して放送されている。
時代設定は500年前の安土桃山時代であり、現在の景色とは全く様子が違う時代だ。
電気がないので電柱と電線がない、車もないので道路に舗装されず、タイヤの跡、わだちがない、遠くの山も近代的な建物や人工のものがない、空には飛行機雲がないなど屋外のロケ後はチェックと編集が大変だろうと想像できる。
2年前の西郷どんでも錦江湾にはフェリーも船も桜島の建物もすべて消されていた。
リモートで番組を続けているもので気になるのが、救急車の走るサイレンがよく入ってくる。いかに救急車要請が多いかよくわかるがリモートライブのため音を消すことができない。
ポツンと一軒家も最近はマンネリ化してきてつまらなくなった。その理由の一つにやらせ感が見え始めたこともある。たとへば一軒家へ向かう時に車一台しか通れないような山道を紹介し、ガードレールもなく超危険な道としている。そしてやっとの思いで近くまでたどり着いて、車を置いて歩いて家まで向かう。
なぜこんな車で行けないところに住居が?とロケがはじまる。しかし、ロケ中に映してはいけないものが、時々映り込む。それは大型トラックでしか運べないショベルカーなどの重機だ。車では行けない場所と言っておきながら、整合性が失われる。
他にトラックが入れる別の道が(こちらが正規の)あり、ロケ隊はわざわざ裏道を通て来たのでは?とかんぐる。
所詮、バラエティー番組だからそれでもいいのだが、なるべく視聴者の期待を裏切ってほしくない。次に観る時は、初めて会う人の胸にマイクがついていないかもみてみよう。
やらせがあって当然だ、という見方をすれば腹も立つまい。


2020年05月23日(土) 麦秋の頃

麦秋とは、秋という字が入っているのに初夏のころに使われる季節の言葉です。
5月下旬から6月中旬までのころ、麦が実り、収穫するまでの麦畑一面が黄金色に輝くことから言われています。すぐに梅雨がやってくるので短い期間です。
街中で生活しているとほぼ目にすることはなく、郊外に出かけた特にこの景色が見えると感動します。初夏のそよ風に穂が一斉に揺らされると波が立ったようでいつまでも見ていられます。
秋田の八郎潟干拓地一面の水田に米が植えられて、そこに夕日が沈む光景、北海道の富良野でみたラベンダー畑、宮崎の西都原古墳群のひまわり畑、そして大分の中津市一帯の麦畑と見渡す限りの同じ植物が目に入ると非日常の景色として感動します。
そこに風や陽光で色や動きに変化が起これば、感動も倍増です。
ガソリンの価格が下がり、気候もいいし、少し遠出してみたいが、それもかなわず2020年の春から夏は寂しいことになりました。


2020年05月22日(金) 賭けない麻雀で徹マンできる時代に

テンピン、メンツ、ハンチャン、ドラドラなど何のことかさっぱりわからない人が、増えたこの頃、話題の上級国民のお方が賭けマージャンをやって現職を辞任した。
巧妙に仕組まれた筋書き通りとかいろいろなうわさが流れている。
辞めて退職金6,7千万をもらって次の日からは、弁護士としてちゃんとやっていけるところなどさすがに「上級国民」だと羨ましく思う。
高度経済成長期には、接待麻雀や接待ゴルフなど顧客に意図的に勝ちを譲り、機嫌をとり交渉事を有利に進めようという企業や業者がみられた。
時代は移り、そのようなことはやっても無駄な世の中になり、談合の禁止、贈収賄などの汚職が厳密に監視されるようになった。
麻雀を知らない人からすると「賭けマージャン」に大きな反応でとんでもない!となるが、やったことある人からすると「月に数回、テンピンでマージャン」なんて普通ジャン!とならないかな?賭博行為には違いないが、ビンゴゲームで景品をもらう。ゴルフコンペで商品をもらう。当たりそうもないない宝くじを毎回買い続けるのと大差はないではないか。という認識が甘いのだろうか。
1日に10万円ほどの動きがある、パチンコや競馬、競輪、競艇。そしてIR事業に組み込もうとしているカジノなどはギャンブルだから許されるのだろうか。「個人間の賭け」が悪いのだろう。反社会的な方々が雀荘からしめだされてから、スポーツ麻雀的な遊戯に変わってきて、認知症防止によいともいわれている。
以前、漫画家?の蛭子さんが賭けマージャンで逮捕され、「もう二度とギャンブルはしません。賭けてもいいです」とコメントしたして話題になった。
今回のことは、在宅の自粛期間中に4人が集まり、しかも法律に携わる人間が賭けマージャンをやったという事実を仕立てたかったようにみえる。
覚えたてのころテンイチでやっていたころが懐かしい。久しく卓を囲んでいないなぁ。徹夜マージャンなんて体力的にも遊戯的にももう無理だろう。


2020年05月21日(木) 初めてのワードプレス

20年前に自分のホームページを立ち上げてから癖になって、いろいろなサイト作りを行ってきた。20以上は関わってきたと思う。
作成はホームページビルダーという作成ソフトを使用してきた。慣れると数時間あれば、複数ページのサイトが出来上がり、世界中に出ていける。作成ソフトだから簡単なのだが、ソフトが入っているパソコンがないと更新できないという大きなハンディがある。TwitterなどのSNSを組み込んで少しは動かすことができるが、スマホの普及により環境が変わってきた。
その欠点を補うようにネットがつながればいつでも更新が可能なツールが出てきた。それが「Word Press」だ。以前から存在は知っていたけど手をつけてなかった。
多くのテンプレートやテーマが準備され、慣れると操作もとても簡単らしい。多くのブログやホームページがWordPressによって作られている。ホームページビルダーを販売しているジャストシステムの経営を圧迫するほどだろう。
そこで遅ればせながら、数日前からチャレンジしている。簡単、簡単というけど取り組んでみるとなかなかむずかしい。「慣れると」という条件付きだからね。
この日記をブログ形式にしてみることを目指して少し頑張ったら、公開できるまでにはできたが、おそらく醜いページに違いない。これから少しずつカスタマイズできたら変わっていくのだろう。



2020年05月20日(水) 甲子園中止

ついに高野連も夏の甲子園中止を発表した。
理由付けは、それなりに大人の事情でやっていたが、一生のうち一度しかない今年の高校3年生球児は、運が悪かったでは済まされない一生の悪い出来事となるだろう。
野球だけでなく他のスポーツも同じだと言われても、この平成14年(2002年)生まれにとっては、新型コロナよりも大切なものが多くあり、今は気づかなくても今後の人生で節目節目に笑いには代えられない無念さを感じるに違いない。
部活の大会だけでなく、大学入試、就活にも影響が残りそうな不安が残る。夏の甲子園がなければ、大学に進学して神宮を目指す選手が多くなるだろうし、この年代から大学入試センター試験がなくなり、大学入試共通テストへの移行へと計画されていてただでさえ戸惑いがあった。
9月入学とか話題になっているが、先行き不透明でこの点も不安だろう。もし9月になれば、同級生が1.4倍に増え、大学は狭き門となる。就職活動も同様で経済が減退している中での採用数は減るだろうし、踏んだり蹴ったり、泣きっ面に蜂の状況だ。
全国大会は中止であっても、せめて地方大会は実施してはいかがだろうか。代表を決める必要はないので工夫すればいろいろな形態で実施できる。
やめると何も起きないだろうが、やらないがために失うものが多いと思う。大人の事情ではなく、平成14年生まれの事情を汲んで決断する勇気はないものか。
小学校以上は休校になって、保育園や児童保育は通常通りだったこの3ヶ月、保育園がクラスターにはなっていない。


2020年05月19日(火) 久しぶりの明菜

テレビのロケができなくて大河ドラマや朝ドラまでも休止となる。民放も春から始まるドラマはなかなか始まらないし、過去のものを編集して流している。
、素敵な選TAXI、派遣の品格、逃げ恥など数年前のヒット作が再放送されている。
観たような記憶もあれば、全く新しいもの(観ていない)もある。そのころのトレンドが懐かしいし、俳優さんたちが若くて新鮮?な感じがいいかも。
スポーツ中継は無し、ニュースやワイドショーは新型コロナと安倍政権のことだらけ、ネイチャーものと歴史ものはあるが、趣味が合わないとある意味つまらない。
そしてYouTubeの一人勝ち。多くのチャンネルがあり、好きな時間に観たいものを観られるので、おそらくこの新コロナ騒動が終わったとしても人気が続くだろう。
ワーナーミュージックは「中森明菜イーストライブインデックス23」というシングル全曲をライブで1時間半を無料配信し始めてファンでなくても、彼女の歌唱力、表現力、アイドル性、ルックスに魅せられてしまう。
アマゾンなど音楽やビデオを惜しげもなく低料金で配信しているので時間つぶしの選択は難しい。本もスマホやタブレットで読めるし、Zoomなどのオンライン会議ツールも広まった。
今回のコロナが、また新たな便利なツールを人類に持ち込んだことは間違いない。この流れに必死にしがみついて行かないと完全に老いてしまいそうな感がある。
頑張れ、シニア!


2020年05月18日(月) 扇風機の出番です

一日中、雨模様で時折強く降るので窓を開けられずに暑さを感じ始めたので、扇風機が動き始めた。
部屋の数ほど扇風機がある家も珍しいかもしれないが、電気でモーターを回して羽で風を送るという単純な電化製品のために壊れない。
壊れない電化製品は、ある面やっかいだ。なかなか捨てられないのでどんどん増えてしまう。扇風機などの安いものは2,000円ほどで買えるのでゴルフの商品やプレゼントとしてもらうことがある。箱から出すと使った方がまだ邪魔にならない。すると乱立して一部屋一台になる。
扇風機の過熱や故障が、火災の原因でよくある。古くなるとほこりがたまり、熱で発火する。使い始め時の点検と清掃が大事だそうだ。
2年前に直流扇風機(DC)が仲間入りした。風力調整が無段階に近い形でできて、特に微風が得意で省エネになる。交流(AC)は、強・中・弱の三段階がほとんどで弱でもそこそこ強いと感じる年齢?になったのでDCは重宝している。
自然の風に近い、リズム風なる機能があるものがあるけど、その機能は使わない。不規則なリズムに身体と心が反応して落ち着かない。稲光がして音が鳴るまでの間が嫌な雷と似ている。次の風がいつ来るだろうか?などと予測を常にしていくので気疲れして眠れない。


2020年05月16日(土) 夏野菜の出番

夏野菜がスーパーに大量に並び始めているのか、冷蔵庫の野菜室がいっぱいになっている。トマト、キュウリ、ナス、オクラそしてついにあれがやって来た。
野菜だと言われるけれど副食(おかず)にはなれない、食べる側からは果物としか言いようがなく、しかも冷蔵庫で冷やさなければ美味しさが半減し、一度には食べられない縞模様の大きな物体。昨年は小玉にはまってたくさん食べた。
冷蔵庫に入れる必要のない野菜が、出てきたので消費に忙しくなる。野菜のなかでもキュウリは好きなもの一つで生の丸かじりがよい。おやつによく食べていた。食感がよい。ただし、傷みかけたそれは最悪でつまめば、ぐにゅ。口にするとたとえようもない変な味。
キュウリはカロリーが低く、ほぼ水分で栄養価の低い野菜といわれているが、カロリーが低いゆえのダイエット食品としてまたカリウムやビタミンCやkが豊富で食物繊維もそこそこだ。女性はトマト、男性はキュウリへ一票ではないだろうか。
明日からキュウリ、スイカとつる性植物の果実をたくさん食べることになる。高血圧の心配がなければ、お塩をかけるといっそう旨いのだろうが、夏の訪れを感じながらおいしくいただこう。


2020年05月15日(金) 愛鳥週間によせて

暖かくなって窓を開けることが多くなったから外の音が聞こえるようになり、野鳥のさえずりがよく聞こえます。
日本三鳴鳥は、オオルリ、ウグイス、コマドリとされていますが、ウグイス以外は興味を持っていないとよくわかりません。こまどり姉妹は知っていますが・・・。
身近できれいでさえずりのすばらしい鳥を最近になって認識しました。それはイソヒヨドリです。背は青藍色、腹は赤褐色で屋根とかビルの屋上でよくさえずっています。一段低い家の屋根にいる時に窓越しに目が合います。逃げないで興味深くこちらを見つめてきます。程よく人慣れした野鳥です。
山で「オーイ、オーイ」と呼ぶと自然の鳥がやってきて遊んでくれるという珍百景が先日テレビでやっていましたが、今日は長島町のニュースでやっていました。この鳥の名はいずれもヤマドリというキジに似た大型の鳥で縄張り意識が強く自分のテリトリーに入ってくる者に反応して攻撃する習性があり、遊んでくれるというのは人からの勝手な見解です。
また同じニュース番組で30年ほど前の話題を紹介していますが、長崎鼻パーキングガーデンの飛ぶアヒルをやっていました。低空飛行ながら10m以上飛んでいました。
アヒルは、野生のカモを捕らえて飼育し家禽化したもので食用に太らせた鳥で飛ぶには重すぎるそうですが、アヒル競争のために筋力をつけたら飛べるようになったらしいです。
今週は愛鳥週間でコロナに隠れて地味に終わりそうですが、生まれ変わりは「鳥になりたい」という願望を持つのは私だけでしょうか?


2020年05月14日(木) 安全宣言が出るまでは

緊急事態宣言が39県で解除された。安全宣言という意味ではなく、社会経済活動を優先するための苦肉の策に近い。東京では本日も30人の発生がみられた。
最初の発生は、1月16日に武漢から帰国した人だった。ダイヤモンドプリンセス号で一気に有名になり、瞬く間に全国に広がった。都道府県単位で考えると岩手県以外は感染者が出ているが、毎日のように都道府県対抗のように患者数が発表され、記者会見での各知事の出番が多くなり、いつもは地味な役職がクローズアップされた。
国民体育大会のように地元も名誉のために競い合った感もある。
ウイルスが各都道府県を知っているはずはない。ロシアやスペイン、アメリカの発生数を見ると日本の数は少ない。これは、国民性の違いもあるけれど、47の小さなまとまりを一括してコントロールしたからだろうか。
そもそも地域によっては、緊急事態を宣言することも必要なかったかもしれない。毎日のようにウイルスと遭遇している人とまだ一度も見たことのない人がいるはずだ。後者はマスクをしなくても三密になっても感染はしない。
いよいよ、一括管理が解かれて、これからが大変になってくる。感染すると死に至る可能性があることを再認識して自分の健康は自分で守ることに徹しなければならないのは確かだ。


2020年05月13日(水) 台風1号発生

日本上空に大きな高気圧が居座って全国的に初夏の晴れの日だった。5月ゆえに五月晴れと表現したくなります。
ところが、五月晴れの本来の意味は旧暦で5月、つまり6月の梅雨の合間に晴れ渡ることが本来の「さつきばれ」で「ごがつばれ」と読めば五月晴れと使って構わないそうです。
そんな日に南の海で台風1号が発生しました。観測史上7番目に遅いそうで今年も台風情報とのにらめっこが始まるなぁと思います。気象衛星とか観測技術が向上しているので発生から消滅までニュース等で知らされるので延べ10日以上、気になります。
昔は、やってくる2日前くらいに気配を感じてラジオの予報で知らされ、バタバタと養生をしてやり過ごし、通り過ぎたら他人事でその後のことはよくわからない状況で台風は片づけまで入れて5日間という感じでした。
発生が遅いからとその年の発生が少ないという統計はなくて逆に多く発生する傾向だそうです。
ここ数年の経路、上陸を見ると温暖化のせいか近畿から東海に上陸するケースが多く、慣れていない地域では被害が大きくなることが心配です。


2020年05月12日(火) 刃の交換

昨日のトースターの更新に引き続き、生垣バリカン用のシャーブレードが届いたので交換した。2枚のギザギザの刃を組み合わせてそれぞれを動かして枝を挟み切るものだ。
隣の家との境界に植えられている生垣の成長がこのころになると大きくなり、1カ月もすれば四方八方に伸びて薮のようになる。植えられて10年くらいは木の丈も低く手動の刈込ばさみで十分だったが、その後は手に負えなくなってホームセンターで入手した。電動式で怖いほど切れて作業がはかどった。最初のころは電気コードまでを何度も切ったことか。
10年ほど経過して刃こぼれや汚れがついてきて思うように切れなくなっていた。音も大きくなって近所迷惑にもなりそうだった。
冬は木が伸びないので4カ月ぶりくらいに切るための準備でシャーブレードを交換しようとホームセンターをまわってみたが、本体が古くて適合する刃が売っていない。困ったときのネットショッピングということで型番を調べて探してみると見つかったので取り寄せた。本体を買い替える半分の値段がついていて新型に替えることも考えたが年に10回も使わないから刃のみの交換にした。
さっそく使ってみるとさすがによく切れる。作業がはかどり時間も疲れ方も半減した。
古いものもそれなりに思い入れもあるが、更新や交換することで新たな気持ちがわいてくるものだ。修理・補修かと交換かの葛藤もまた楽しい。
作業中に車のタイヤにビスが刺さっているのを発見した。空気は抜けていないがパンク修理に出した。工程を見ていると道具があれば自分でもできそう。


2020年05月11日(月) 18年ぶりにトースター更新

トースターは、長く使える電化製品のひとつだ。最近は数万円もするものすごいものも売り出されているが、目的がパンを焼くという単純なことだから、大きなこだわりを持たない限り、数分で焼ければそれでよい。2,000円程度で買えるものもある。
食パンが高級化する中で日ごろの朝食は、6枚入り150円ほどの食パンが一般的でアレンジでバターやハチミツ、チーズなどをのせて短時間で食べるから「チン」という音を待っている。
昨年の親戚の法事で香典返しに選べるギフトをいただいた。箱からギフトカタログを取り出して商品を選ぼうとしていたら睡魔に襲われて二日がかりになった。次の日の夜、数ある品からトースターに決定して手続きをとIDとパスワードが書かれている書類が箱の中だったので昨日開封した場所に向かった。探せど探せど箱がない。
聞くと「今日はごみの日だったから箱は出した」というではないか。交換のシステムを知らないのか、昨日カタログと同時に保管してあると勘違いしたのか聞くことはしなかったが、17年間使ったトースターが更新されることはなくなったとあきらめた。
半年後、一枚のはがきが来た。お客様はまだ商品を交換されていませんが、期限が切れますので連絡ください。という内容だった。電話でその旨を伝えたらパスワードがなくても名前で大丈夫とのことだった。カタログもすでになかったのでトースターにしてくださいというと、人気商品で配送まで時間がかかると言われたものの、一度はあきらめたことだったので了承した。
それから3カ月がたち、昨日送られてきた。法事から1年以上経過して、今日の朝から18年ぶりに新しいトースターで焼いたパンを食べた。初回だったので、少し異臭がしたけれど、醤油の焦げがなく、窓越しに中が鮮明に見えるトースターに感動した。


2020年05月09日(土) 芯への気配り

一時のトイレットペーパー不足が、ほぼ解消されてきました。あの頃は在庫があったのでじたばたとすることなくやり過ごしていましたが、時が経つと消耗品ゆえに在庫がなくなるわけです。
二人住まいにトイレが2か所あるのでそれぞれが専用で使用している関係で管理も使用者でというルールが自然とできています。トイレットペーパーの芯だけになることが1ロールの使い終わりです。芯をホルダーから外して新しいものに交換する際、芯に文字が書かれていることに気づきました。使い終わらないと絶対に読めない文字です。しかも初めての発見かもしれません。
「毎度有難うございます 21 02 13」
いつも弊社の製品をお使いいただきありがとうございます。このペーパーは2013年2月21日に製造しました。ということと理解しました。
交換する時にしか現れてこない感謝の言葉と賞味期限のないものへの個別製造年月日記載は、丁寧で真面目なモノづくりをしている製造元だなと感心させられました。
実をいうと、このトイレットペーパーはストックが切れたので購入しなければならないと思っていた時に倉庫の奥から出てきたもので、ほこりをかぶって少し変色した、別用途に数メートル使ってある「拾い物」でした。製造元も不明、なぜ中途半端な状態で転がっていたかも不明な品で、使用を少し躊躇したけど、使う場面を考え自分だけが使うものだから特に支障はないだろうと判断したものです。7年間も放置されていたものだったとは。
目的は達成され、貴重な発見をしてありがたい落とし紙でした。
どこの会社の製品なのか気になります。


2020年05月08日(金) 東風吹かば

連休が終わり、気温が高くなって長袖では暑すぎるので半袖に衣替えする必要があります。冬でもたまに半袖が必要な時があるので引き出しに2.3枚を入れてあります。
最初はそれから身に着けます。そのうちにしまい込んであるところから出て来ますので選んで着ます。年齢を重ねるにつれて自分では少し派手かな?と思えるものがよいといわれます。
指宿市の職員が、昨日からアロハシャツ着用宣言を例年通りに出しました。アロハやかりゆしシャツは、派手な色や柄が多いですが、着てみるとかっこいいです。普段着にはもってこいです。今夏はYシャツ・ポロシャツを卒業してそちらに進んでみようと思っています。
暑くなると厄介なものがひとつ増えます。それは、火山灰です。さっそく昨夜はやって来たらしく、車に積もっていました。夏は東風が多くて爆発すれば降ってきます。
窓を開けて寝られる絶好の季節ですが、秋までお預けです。
東風吹かば 匂いおこすな 桜の灰
旅人なしゆえ もてなしいらぬ


2020年05月07日(木) 不慣れな日常

連休が明けて、新型コロナ警戒もわずかに解除された感がある今日は、朝から通常の状態に帰ってしまったような様子でした。
小中学生が、集団で登校してマスクの着用率は、50パーセントほどでじゃれ合って歩いていました。
車の通行量も多くなって信号2回待ちとか普通で週明けの月曜日のようでした。
ホームセンターやスーパーも人出が多く、特に75歳以上のお年寄りの姿が、急に増えたように見えました。買い物かごの中も食料品がいっぱい詰め込まれていて連休中に買い物をしなかったかのようです。「人のいうことをよく聞く高齢者」が自粛から目覚めたのでしょう。
高齢者が街に出ていますので、車の運転にはいつも以上に気をつけました。横断歩道でないところを信号に関係なく渡る。道路の真ん中に近いところを歩く。一回の歩行者信号の青で渡り終わらないスピードで歩く。などかなり見かけました。
自分もいつか行く道と思いながら、自粛警察ならぬ正義警察にならないようにゆっくりと車を走らせました。
子供たちも久しぶりの道路で慣れてないので気をつけて通行しなければなりませんね。大きな事故が起きないことを祈ります。


2020年05月06日(水) ステイホーム週間が終わる

連休最後の日はゴルフが恒例になっていましたが、今年は無理かなと半分あきらめていましたが、お誘いが来てしまって?楽しんできました。
テレビの報道でパチンコ屋さんに入るお客さんへ正義の名のもとに罵声を浴びせていましたが、ゴルフ場ではそのようなこともなくゴルフ場側もお客さんも万全な策を講じていました。
ロッカーやお風呂を使わない。スループレーで食事を挟まない。レストランはテーブルの数を少なくする。バイキング形式をやめる。などいつものゴルフ場とは雰囲気が違いました。ずっとこのままでも構わないのですが。
もう2週間も患者が出ていないということでこれまでの規制を一部緩めて来週からは学校が再開されるようです。保育園や学童保育が休まず開かれているのに発生がないということは、この地域にはウイルスが極端に少ないか存在しないかだと思います。しかし、安心はできません。最大の注意を払って生活しましょう。
ホンマでっかTVで言ってました。「人は、暇になると死ぬ!」そうです。暇を見つけてではなく、多忙を求めて気候の良い5月を過ごしましょう。


2020年05月05日(火) 動かせないHP

息子さんが歯科医院を開業している高校時代の友人から、医院のホームページを更新したいので手伝ってくれという連絡があり、出かけてきました。
3年前の開業に合わせて友人たちと一緒にホームページを立ち上げたが、それ以来更新していないので写真や文章を変更したいとのことでした。
素材さえあれば、更新作業はそれほど難しいことではありません。ところが、話を聞くと作成作業に関わった友人のひとりにSEがいてドメイン取得とレンタルサーバー借用を頼んでやってもらった。だからその人しか知らない情報を持ち合わせていない。そしてその人と連絡が取れない、状況だった。
最も重要な転送設定がわからない。転送先・パスワードが不明なら現在のページ内容をもとに別のサーバーにアップロードすればいいのだが、独自ドメインを利用しているのでそちらに移転もしなければならない。
詳しい専門家ならたやすいことだろうが、今日集合したメンバーでは、力量不足だった。そしてもう少し様子をみて後日再チャレンジとなりました。
かっこいいホームページでも更新しなければ、遺物となってしまいます。世の中には動かないホームページが多いのです。業者に任せたり、詳しい人にやってもらうと様々な理由で更新できないのかもしれません。
SNSに押されてホームページは衰退気味ですが、作成するなら最終的に自分でアップロードしないといけないようです。


2020年05月04日(月) バナナの伝染病

あの優秀フルーツ「バナナ」が店頭から消えているスーパーがあるという。
その理由は、天候不順で生育が悪い、新型コロナの影響で船便が減少している、テレビでの販売促進につながる報道、そして新パナマ病の被害などだ。
昭和の30年代、バナナはおやつのあこがれの品でめったに口にできなかった。甘さに飢えていた時代で」台湾バナナの甘味に多くの日本人が魅了されていた。
その台湾バナナがいつの間にか消えて、フィリピンバナナになり、数年前からエクアドルなどの中南米産に変わってきた。美味しさなら中南米産が上位で最近では産出国をみてエクアドルを選んでいた。
台湾が消えて、フィリピンも消えつつあるのは、バナナの伝染病である新パナマ病によるものらしい。そして近い将来、バナナが食卓からなくなるという噂までも流れている。新パナマ病が中南米にも上陸してしまい、世界のバナナが絶滅するとのことだ。
しかし、バナナの生産量1位は別格でインド、2位は中国、3位フィリピン以下エクアドル、ブラジルと続くので簡単にはなくならないらしい。
おやつにもなり、食事にもなり、万能な食べ物のバナナ。スポーツ時の補給にもなるのでプロゴルファーが試合中に食べている姿をよく見ていた。
バナナも食べたいけど、プロ野球やプロゴルフ中継を早く観たいなぁー。


2020年05月02日(土) SNSは生活の一部に

4大SNSのひとつのFacebookを数年前に始めましたが、最近はめっきり投稿もしなくなってROM状態になってしまいました。
久しぶりにプロフィール写真を変更したら、多くの「お友達」から、いいね!をいただきました。皆様、書き込みはなくてもチェックしていると感心する次第です。
なぜ書か(け)なくなったのか考えると投稿に一貫性がないので続かないのです。
SNSは日常生活の一部にならないと続きません。LINEは、やっていない人を探す方が難しいほど普及しています。これは連絡用だからでしょう。
Facebookを覗いているとお友達の中に二人ほどその日に食べたもの、食べているものを投稿してくれる方がいます。写真付きですのでとても美味しそうです。なかでもラーメンの記事では、いろいろなお店を紹介してくれますので楽しみです。
自分の食生活を知らせて他人を楽しませてくれることが、SNSの神髄とも思われます。今は、自粛の時ですが、旅行に出かけた非日常を投稿してくれたり、お子さんの成長記録を投稿、趣味の記録などそれぞれの得意分野を出してくれると読みやすいです。
それにしても毎日のようにラーメンを食べることのできる体の強さには敬意を表します。二人ともラーメンの記事とランニングやバイクそしてスイムの記事を同じくらい出していますので運動を継続しているからラーメンを継続して食べても誰にも怒られないのでしょうね。


2020年05月01日(金) テレビの時報

今日から5月です。朝夕の気温が上がってきて、日の出が早くなって目覚めもよくなりました。いや、早い時間に目が覚めるようになりました。
パソコンを立ち上げてニュースのチェックやSNSの確認などルーティーンをこなしているうちに7時のニュースが始まります。
以前は、7時前になると画面に時計が出てきて、秒針が進んでピッ、ピッ、ピッ、ピーと7時を画面と音で知らせて画面が変わっていました。
ところが、今は画面の片隅に表示されたデジタル時計がふんわりと変わって画面が切り替わります。デジタル時代になってのことです。
あの秒針付きの時計こそがアナログ時代の遺物であるかのようです。
テレビ視聴の方法が多様化して、地デジアンテナ経由で直接みる、パソコンでみる、スマホでワンセグ視聴、録画視聴、そして光テレビ・ケーブルテレビなど専用のネット回線を使用してみるなどです。
スタジオと現地からの中継やオンライン出演の会話のやり取りで2秒程度の間が空くタイムラグがあります。その間に次の会話を入れると相手方が混乱することがよく起こります。
これは、人工衛星を利用して電波を中継するために起こるものと思われがちですが、電波は光と同じ速さで1秒間に30万キロ進みます。衛星との距離は数百キロだから往復でもそれほど時間を要しません。
電波の送受信に使うデジタル機器の処理速度がタイムラグに関係しています。インターネット経由でテレビを視聴すると実際のテレビよりもかなり遅れています。東京で19秒のタイムラグとの情報がありました。
種子島から打ち上げられるロケットの中継で画面ではまだ発射していないのに空にはロケットの軌跡を示すロケット雲が見えます。
話を戻すとテレビのアナログ時計はタイムラグの関係で今では出せなくなっているのです。デジタル時計もタイムラグを計算して誤差を調整して表示しているようです。
もう何年も使っていないものに電話の117があり、おそらく若者たちは知らないと思います。「鶏肉は何の肉?」にでも出題できるレベルです。電波時計ではない時計の時刻をを正確に合わせるのによく使ったものです。今でも有効な手段であるには違いないのですが・・・。


MOTOYAN |MAILHomePage