/ 目次 /
やさしさの欠けら 2007年09月19日(水)

さようならを言うために
ぼくらは、今、明日を走っている
すこし遠い未来は
きっとまっ白なんだ

やさしさの欠けらは
泣いて、いってしまった
うしろ姿はちっぽけなもので
ぼくらはすぐに見失ってしまった
やさしさの大きさを、忘れてしまった

だれともたたかいたくないな
だれともおこりあいたくないな
だれともいがみあいたくないな
だけど、こすれていっちゃう感情が
ぼくらを縛りつける
人間どうしだから、ときに睨みあう

だれかと生きていきたいな
ただ、そう思ったんだ
見失ってしまったものの大きさを
ぼくらは取りもどしたいだけで
必死にもがいて、抱きあうんだ

ぼくらだって、ちっぽけなものだ
だからたたかうのかな
だからおこるのかな
だから嫌いになるのかな
ちっぽけでも、だけど
あのうしろ姿は、そんなことしない

ぼくら、生きていけるかな
せかいはまっ黒だって、教えられたけど
ぼくら、生きていきたいだけだよな
まだ、空は青いし

メリークリスマスメリークリスマス
やさしさが、降ればいいな




まどぎわ 2007年09月08日(土)

青い空を見て
生きよう
と思った

それは簡単なことで
ひどく難しい
いつでもしていることなのに

こっそりと深呼吸
ここの空気はとても薄いよ
だけど、まだ生きられる
空気が循環していく

風が吹く、明日と戦うために
人間と人間が憎み合っている
人間と人間が愛し合っている
簡単なことでひどく難しい

ひとりぼっちは慣れたんだ
ひとりぼっちは嫌なんだ

誰も優しい言葉を持っていない
誰も冷たい言葉を持っていない
ただただ生きている言葉で
みんな溶けていく

つらくても
苦しくても
呼吸を、涙ながらに、呼吸を

青い空は遠いけど
でも、生きよう
と思った





↑エンピツ投票ボタン
My追加

感想等、お願いします。




熊野ポーラ
mail home