黒ラブ日記








.

 


TOP / / 管理人日記/べろー帝国
 1こ前へ  目次へ  1こ後へ

2005年01月31日(月) 第419話 市民農園の小松菜

昨日の朝、ノアと車で市民農園に行きました。

古利根という池の周りに、大地主さんが貸し出してる農園があるんですよ。
細かく区切られたたくさんの畑には、冬野菜が青々と育っていました。

めったに行かない場所なので、ノアちんは鼻息荒く歩いていました。
池の周りに作られた歩道を歩いていると、土の道のあちらこちらに新鮮そのものの小松菜が落ちてるんですよ。

それも、ヘンゼルとグレーテルよろしくぽつりぽつりと道に落ちてる。
収穫した人が落としながら歩いた感じ。

ノアがねぇ、歩きながら当然のようにくわえあげまして。
もしゃもしゃと食べながら歩くんですよ。
もうね、後ろめたさ0パーセント。

落ちてるパンやソーセージを見つけると、
(これ食べたら怒るよね?)
っていうように私を見上げるんですが、小松菜だと何の遠慮もなし。
なんでだろ???
道端の草はおとがめなしで食べてるからかな。


で、次々と小松菜をのんびりもしゃもしゃ食べながら歩いてたらね、向こうからポメラニアンを連れた男の人が来たんですよ。

そしたらねぇ、ノアがねえ。。。。


もしゃもしゃもしゃもしゃもしゃっっ!!!



あわてて小松菜を口の中に収めたんですよ。

(とられちゃう!とられちゃう!たいへん!たいへん!)みたいな。


(テディベア・カットのポメラニアン、どうやっても描けないわー)

おっかしくってねえ。

「いや誰も小松菜を取らないし。」
「あの子、小松菜いらないと思うよ?」
って話しかけたんだけど。

ポメつれてたおじさん、小松菜を食べてるノアをやや不審の目で見ながら通り過ぎていきました。




おじさーん、ノアちん、畑からは盗み食いしてませんから〜!
小松菜、落ちてたんですから〜!

(小心なので心で念じておきました。)



2005年01月28日(金) 第418話 ねぇねぇ遊ぼうよぉ

近所の小さい公園の向かい側にはゴールデンのララちゃんがいます。

ノアは8歳の女の子のララちゃんが大好き。
歩く気がないときは、昼休憩で抜け出して公園に連れて行っても、ララちゃんがち見える場所に座り込んでじーっと、じーっとララちゃんちを見つめます。
(かなりのストーカーぶりなんで3分ほどでやめさせるけどね 笑)

この前は、ララちゃんのお母さんが気がついて出てきてくれました。
ララちゃんも一緒に。

(うほほーうほほー!)
大喜びのノア。

でももう熟年のララちゃんは、たいして遊ぶ気がないらしい。
やさしいからノアの相手はしてくれるんだけど。
一通りノアに挨拶をさせた後は、私の脚にぺったりとくっついて私を見上げます。

「いいこねえ。ああ、可愛い。」
私が頭をなでると静かに尻尾を振ります。

一方のノアは・・・・
くんくんくんくんくんくん耳やお尻の匂いを嗅ぎまくり。

知らん顔のララちゃんのわき腹あたりを前足でガリガリとひっかいて
(ねぇねぇ遊んでよぉぉ)とやります。



ララちゃんはカッ!!と口を開けて(痛いって!)と指導してくれるんですが、ノアは一瞬ひるむもののまたしてもガリガリ、とやります。
かならず2回。

ララちゃんのお母さんが大笑いして
「面白いことやるわねえ。人間の子供みたい。」と。

えー。
これ、みんなやるんじゃないの?
ラブやゴールデンはみんなやるのかと思ってたわ。

ノアちん、ララちゃんに遊んでもらえず、ちょびっとしょんぼり。
ララちゃん、ごめんよ、しつこくて。



2005年01月26日(水) 第417話 雪だ。。。

暖冬とも言われてたけど、雪だー。

ノア、鼻息荒くスタスタ歩いてきました。
公園に着いたら我慢できずに走り出しました。

さすがに誰もいないのでリードを離してみたよ。

走る走る。
ウガーウガーってうなりながら走ってたわ。

途中からリードに噛み付いて引張りっこに誘ってきたよ。
こんなことするの2年ぶりぐらいかも。

久しぶりにノアが陽気にはしゃぐ姿を見たような。


大回りして田んぼにも行ってみた。
意気揚々と歩くノア。

尻尾のあたりにやる気がみなぎってるね。


ああ、やっぱり犬は雪が好きだねー。

あ、そうそう、ノアちんからのお知らせがあるんですわ。
よろしくですわー。



2005年01月24日(月) 第416話 ノア日記ノア

同じ名前の黒ラブのすなる日記といふものをまねっこして私も日記を書くノア。
(↑ここはわかる人だけわかってくれればいいノア。)


今日はおかあーさんがお仕事お休みノア。
いっぱい遊んでもらうノア。

映画には行かせないノア。
ノアとキリキリ遊んで散歩もするノアよ!


あ、そうそう朝のお仕事があったノア。
大事なお仕事ノア。



ちびた「ひー」


これをしてやらないとちびたは元気出ないノア。
人気者はつらいノア。
胸元首元を押さえて動けないようにしてから挨拶するのがポイントノア。
ちなみにおかーさんはこれをしてくれなくていいというノア。

遠慮深いおかーさんノア。
遠慮は無用ノア。





そう言えばおかーさんは散歩中に大恥かいてたノア。

誰もいないと思って散歩しながら歌ってたノア。
♪盗んだバイクではしりだすー♪とか言ってたノア。

。。。歌のタイトルがわかった人はいい年大人ノア。


誰もいないと思ったら、後ろに高校生がいたノア。
くすくす笑われてたノア。
おかーさんは「あぁ、穴があったら入りたい」とつぶやいてたノア。


穴を掘るときは手伝ってやるノア。


帰ったらおやつの時間だったノア。


砂肝だったノア。

これはまだ生ノア。
茹でてもらってから食べるノア。
おかーさんはいつもちょこっとしかくれないノア。
いつか腹いっぱい砂肝を食べてみたいノア。

散歩もおやつも終わったんでもう寝るノア。

またノア。






2005年01月22日(土) 第415話 旅行の計画

前回の沖縄行きから、ずいぶん月日がたちました。
次男が「ああ、沖縄行きたい。。。」とつぶやくことが多くなりました。

そりゃ行きたいけどさ。
ノアが一緒だとすごく大変なんだよ。

私が小銭を溜め込んでる貯金箱を眺めては
「このお金で沖縄行ける?座間味で泳げる?」と聞くのです。

。。。いや、行けないだろ。これ多分2万円ぐらいしか入ってないし。


んー。。。


んー。。。


でも行くなら今年かなあ。
来年になっちゃうと長男が高校3年生になっちゃって気持ちの上で落ち着かないし。
お金もすごくかかるし。

んー。。。


「ノア、お前は沖縄行きたい?」と聞いてみる。

『行く』という言葉に反応してがばっっ!と起き上がり、はふはふはふと鼻息が荒くなる。

(そりゃ どこでも行きたいですよ)

そうだよね、どこでも一緒に行きたいよね。


行くのなら、今回は沖縄本島がいいなあ。
琉球ガラスとか見たいし、でっかい水族館でジンベイザメも見たいし、美味しいタコスの店も行ってみたいし、沖縄のお城も見てみたい。

前回はひたすら座間味島の海だけで、本島は国際通りでお土産を買ったぐらいだしね。

でもなあ。。。。

んー・・・。

疲れるんだよなあ。。。


悩んでる私をよそに、話は進み、どうやら春休み中に沖縄旅行決行の気配。
計画、私が立てないといけないんだよねえ。。
(夫はこういうのが苦手)

飛行機予約して犬オッケーの宿泊施設を調べてレンタカー借りて地図を確認して。
地図で場所を調べて行動の順番を立てないとねえ。。。

むうううう。

気力がわかないなあ。。
ほんとに行くのかなあ。。。


行くなら4月の頭ぐらいか。。。うーん。。。



2005年01月20日(木) 第414話 野鳥を眺めながら

この前の休業日は掃除と散歩とレンタルビデオ「24」で終わりました。

ノアは私が掃除していればフガフガと後にくっつき、拭き掃除してれば覗き込んで私の手に冷たい鼻をピトっと押し当てて鼻水だらけにする。
ビデオを見ているとひざの間に座り込む。

「どうしたの?」と声をかけるとそれだけでなにやら嬉しそうだった。
ああ、かわいい。

日中は家で仕事してることが多い夫が、それを見ていて、
「こいつ、普段はずっと寝てるんだよ。俺がちょっかい出すとうるさそうにため息ついて知らん顔してるのになあ。」と。


そりゃそうでしょう。うんうん。
赤ん坊のときから私がこの子にかけてる時間と手間と愛情、いったいどれだけとお思いか。

そんな愛しいノアちんと昼間もたっぷり散歩してきました。
歩いて10分の農道。
ここは昔にタイムスリップしたみたいな景色。



小川が流れていて、きれいとは言いがたい水の中にはでっかい鯉がうじゃうじゃいます。
(前回の話の川とは別の川)

そして運がいいとカワセミに会えます。
この小川はカワセミの縄張りらしいです。
この日はとても運がよくて、初めて2羽のカワセミを見ました。
1羽がもう1羽を追い出してるように見えました。
速すぎて写真撮れず。

この道をしばらく歩くと沼に出ます。
川と沼のぶつかるところにはいつも白鳥が。
このあたりは白鳥の縄張り。

ここの白鳥は渡りをしないので、1年中このあたりで人間からパン耳を貰っています。
私を見ると寄って来ました。


(この人間はパンをくれるのかな?)


しかし、フガフガと鼻息荒くノアが覗き込むやいなや
「ジャーッ!」とか「シャーッ!」と威嚇音を出しながら体を膨らませます。
ビビるノアちん。
一息ついて水を飲む白鳥。


ノア(ずいぶんでかくて怖い鳥ですな)


白鳥が本気で怒る前にノアを引き離してそのまま沼沿いの歩道を歩きました。

冷たい風に体が冷え切ってきたので帰ろうとしたら、さっきの場所でカワセミが日向ぼっこ。


杭の上の金属的な青緑色がカワセミ。
近寄ると逃げるので私のカメラじゃこれが精一杯。

ズーム最大でもピンボケだったわ。





私の住む町は、都心まで1時間かからないところなんだけど、こんな自然がてんこ盛り。犬と暮らすにはいいところです。

お休みの日は私もノアもしあわせだー。



2005年01月17日(月) 第413話 新しい散歩道

今朝、いつもは行かない新興住宅街の中を歩いてみました。
今帰ってきたところ。

住宅街の脇を入ると田んぼや休耕田、古そうな森がところどころに残されていて、細い道の奥まで行くと、角が丸くなった古いお墓がぽつんとあったりして、なかなか素敵な散歩道でした。

「これはいい場所を見つけたねえ。」
ノアに話しかけると笑顔で見上げてすこしジャンプして同意してくれた(ような気がする 笑)。

いい散歩道であるから、いろんなワンコが歩いていた。

年配のご主人と歩く老齢らしい柴犬。
若い奥さんを引っ張るようにして張り切ってる紀州犬。

途中で出会った大きな白いミックスのワンコは、ノアのことがとても気になるらしく寄ってこようとしていた。

チラっと見てあとは知らん顔のノア。
やがて思いがけず草むらに出現した川を挟んで並行して歩く黒犬と白犬。

「こんなところに川があったんだねえ。知らなかったねえ。きっと、うちのそばでは蓋をされてるのねえ。」
声に出して話しかけると、その都度ノアが目を細めて見上げるのが可愛い。


ノアと暮らさなかったら、こんな近所に川があるなんて、気づかなかったなあ。


白い犬は振り返り振り返りノアを見つめていて、なにやらずいぶんとノアにご執心のようだった。


明日カメラを持って、またあそこに行ってみようっと。
なかなか素敵な散歩道だった。
あのワンコと仲良しになれるかもしれないね。



「犬と話しながら歩いてる変な人」と思われてなければ、の話だけど。ふっ。





2005年01月14日(金) 第412話 犬の力量 主の力量

椎名誠さんの「風の道 雲の旅」というエッセイ集にはいろいろな国の犬の写真が載っている。(犬のことがメインではないんだけどね。)

椎名さんはこの本の中だけでなく、繰り返しいろいろな場で「犬をつなぐ」ことに対して書いてらっしゃっていて、それは

「犬はつなぐと言うのが日本の常識だけど、そんな幼稚な思考はヨソの国では通用しない」

(ヨソの国では)
「つなぐもつながないも、その犬の力量と飼い主の判断にまかされる。」

その一例として、
「パリの高級ホテルにアフガンハウンド系の巨大な犬が一匹、堂々と絨毯の上を歩いてロビーの中央まで来る」様子、
「そこに居合わせた人間がそれを見ても誰も眉ひとつ動かさない」様子、

「犬がロビー中央に腰を下ろすのと同時ぐらいに犬の主である老夫婦がホテルに入ってくる」様子が書かれている。

椎名さんは
「きちんとしつけられた犬はこんなふうに自立して堂々と思うままに行動しているのだった」と書いてらっしゃる。


犬ラーとしては美しい光景だなあと思う。
そんな犬であってほしいと思う。
そんな犬のリーダーでありたいと思う。
そんな社会だったらうれしいと思う。


ノアはびびりやなので、知らない場所(公共の建物内)に行くと騒ぐことはない。
どっちかというと尻尾をたらし気味におとなしくしてる。
以前利用した羽田空港の中でも那覇空港の中でも最後まで声を出さないでおとなしくしていてくれた。

せっかくおとなしく座ってるノアに向かって、珍しがっていろんな人が口笛を吹いたり「ジョン!」とか「ぽち!」とか「クロ!」とか呼びかけてくるのには困ったけれど。

だけど初めての場所が外だと(知らない公園とか)こうはいかない。
興奮して引っ張る。
猫を見ればダッシュする。
 

「うちの犬は猫を見かけても追いかけて道路に出たりはしない」と言う自信が私にない。

犬嫌いの人もいるだろうから、というのもあるが、最後の不安は猫。
街中や住宅街の公園など猫がいるかもしれない場所では怖くてノーリードにできない。




私にもノアにもそこら辺までしか力量がついてないと言うことだねえ・・・。



2005年01月12日(水) 第411話 仲間にいれて?

私が夕方帰宅すると、ノアがひとりでリビングにいたりする。

子供たちは家の中にいるはずなのに、なぜか二人とも子供部屋にこもって遊んでることが多い。

私「ノアは昼間留守番してるんだから、母さんが帰るまでは同じ部屋にいてあげて。」
息子1「あー・・はい。」
息子2「えー・・・」(不満そう)

私「なに?」
息2「だってノアちゃん、僕たちが遊んでると邪魔ばっかりするんだもん!」

私「一緒に遊びたいんでしょうが。仲間に入れてやってよ。」
息1「いやー、トランプだからねえ。それは無理かなあ。」

怒る私の勢いに負けて仕方なくリビングで遊びだす息子たち。
座布団の上でトランプを始めると・・・

チャカチャカチャカ・・・・

ノアがやってきて、「ぱふっ!」
並べたトランプの上に前足を置く。

息2「ほらああ!!出来ないでしょうがあ!」
私「あははは」

息1「あははじゃないでしょう。もー。」

ノアは場所を変えても必ずやってきて、子供たちがトランプを並べたところを見計らって「ぱふっ!」をやる。
長男が言うには、囲碁をやってても同じらしい。

ある程度まで並べたところで「ザスッ!」
と長い顔を盤の上に乗っけたり、いきなり盤にお手をしたりして台無しにするらしい。

「勝負が終わったらノアと一緒の部屋にいる」と長男が約束するので仕方なくそれまではノアはリビングで待たせることにした。

それにしてもノア。。。
仲間はずれはいやなんだねえ。
一緒に遊びたいんだねえ。

今度は囲碁を邪魔してる画像も撮ってみたいものだわ。



2005年01月09日(日) 第410話 4駆の底力


結構な雪が降った3年前の冬のこと。

元気盛りだったノア。もう大喜びでした。

雪が降れば当然のこと、テンションは上がって足元がおぼつかない私を引っ張りまくって叱られ、何度も道路でお座りをさせられ注意されるのだが、肝に銘じていられるのは2分ほど。
また引っ張ってしまい、私を嘆かせていた。

やっとのことで公園にたどり着くと、いつもなら顔をあわせない黒ラブ仲間が勢ぞろいしていた。
みんな雪が降って大喜びして早く家を出たらしい。


(あっちに○○くんが!!)ハヒハヒハヒ!

(こっちは○○ちゃんが!!)ハヒハヒハヒ!


リードで首が苦しくなっても引っ張りまくっておりました。
残念なことに広い公園には小学生の子供たちが数人いたのでリードははずしてもらえず。

ハヒハヒ興奮している黒犬軍団は、仕方なくリードの範囲でじゃれ付いておりました。
広い雪野原が広がっているのに思いっきり走れないことにじれたのか、1頭の若者犬が飼い主を振り切って駆け出してしまいました。

それに気づかずに近くの飼い主さんと話が弾んでいた私。
まさかいきなりノアがダッシュするとは思わず、油断しておりました。
それまでおとなしくリードの範囲で女友達と遊んでいる姿に安心していたのです。


どしゃっ!!!


最初は何が起きたのかわからなかったのですが、雪の上に思いっきりうつ伏せに倒れたんだと気づいたときには、もうノアに引っ張られて雪の上を引きずられる有様。
ほんとに体がすっ飛ぶ勢いで倒れたんですよ。(^^;)



だめ!だめ!こらあああ!


私の怒りの声ではっ!と我に返るノア。
(ごめんなさい、ごめんなさい。。。)
恐縮して謝るノアの姿と雪まみれで怒ってる私の姿が可笑しいといって、ほかの人たちは大笑い。


しみじみ思いましたね。4駆の底力はすごいなあって。
瞬間的に出せる力はものすごいものがありますよね。
二本足で立ってる私たちには出せない力。


このあと、起きてきた子供たち二人も参加してノアがどのくらい引っ張る力があるのか試したんですけどね。
小学2年生だった次男をスノーボート載せてノアのリードに縛りつけると、猛烈な勢いで引っ張って走れることがわかりました。

しかも。。。

スタートとカーブのときにしっかりボートに摑まらせていないと、次男はポーンと外に放り出されてしまう勢い。
中学生だった長男を乗せたときは、動き出すまでを助けてやれば、一旦動き出したボートを楽々引っ張ってすごい速さで走っていましたっけ。


大雪だったからこそできたあのボート引き、ノアも楽しそうだったなぁ。
(もう1回!もう1回!)って催促してたっけ。


今年も雪が降らないかな。
今では引っ張ることも少なくなり、むやみに走りたがることもあまりなくなったんだけど。
4歳半になっても4駆の底力は変わってないかしら。



2005年01月07日(金) 第409話 ミミちゃんを探して

先月、なんだかノアはボロボロぬいぐるみのミミちゃんに固執していました。
ミミちゃんはもう3年以上もノアの心の友でした。

普段でも、寝るときはくわえて来てひととおりマウントして振り回し、あちこち齧ってみたりしていたのですが、12月中、やたら食いちぎっては布切れのかけらを飲み込んでしまうことがありました。

ぐえっ!とかおえっ!とか食道のあたりに張り付いた繊維を出そうとしてる様子を見て、これは危ないな、と。
消化管に繊維が張り付くと、そこから潰瘍になり、手術になると以前病院で言われていたのです。

今までも、あまりのボロボロさに捨てようとしたのですが、そのたびにノアは我が子がさらわれた母犬のように
「ピィピィピィ・・・」
と目を細めて頭を下げつつ悲しげに鳴きながらゴミ箱の周りを離れなかったんですよ。

まさに「哀れを誘う」様子で。
そのたびに見張りつきで渡していたんですが、今回はさすがにだめ。
かじったかけらを飲み込むならミミちゃんを渡すわけには行きません。


ノアの散歩中にミミちゃんをゴミ袋に入れて匂いが漏れないようにして密封し、処分しました。

その日の夜から・・・・

ノアはそれこそ家中を探しった挙句、以前なんどかミミちゃんをしまったことのある押入れのふすまの前に座り込み、

きゅうぅぅぅぅん・・・・・

それはそれは切ない声で鳴くようになりました。
「ミミちゃんいないよ。」
そういって押入れを開けて見せても、前を動かず、しばらくあとにあちこちうろうろと歩き回ります。

不憫に思って代わりのぬいぐるみを手渡すも、まったく興味を示さず。
「きゅぅぅぅん・・・」
昼寝・夜寝の前になると、悲しげに鳴きつつ探していました。


1ヶ月たった今、やっとミミちゃんのことを探さなくなりました。


昼間、何時間か留守番しているノアは、一人でいる時どう思ってるんでしょうねえ。
(私のミミちゃん、いなくなっちゃった)って、まだ覚えてたりするのかなあ。




2005年01月05日(水) 第408話 「よーく肥えてるねぇ」

年末にのんびりと森林公園にでかけたとき。

近所の農家の奥さんとおぼしき人が2人、公園の掃除をしていた。
そのうちの一人がノアを笑顔でじーっと見つめるので、私も笑顔で
「おはようございます。」と挨拶をした。

ノアもしっぽぷりぷりで目を細めて顔を上げてご挨拶。

そしたらね、その奥さんが竹箒の手を止めて
「よーく肥えてるねえ。はー、よーく肥えてることぉ。」
と笑顔でおっしゃった。





…( ̄ロ ̄;)





確かにノアは痩せてはいない。
でもそう太ってもいないんだよー。
なのにときどき言われちゃうんだなあ。

ずんぐりむっくりの短足だから?

2歳になる頃だったか、公園で痩せたフレンチブル?を連れた女性に、こんこんと犬の体重管理がどれだけ大事かを話され、それはつまり
「あなたの犬は太りすぎよ!」
ってことだと思い、動物病院に行ったときに先生に見てもらったことがあったっけ。

先生はノアの体をあちこち触って
「ちょうどいい感じだよ。ラブラドールは、わき腹にアバラが浮かず、触ったときに肋骨に触れられるぐらいの肉付きを良しとするんだよ。」
とお話してくれた。

そのときの体重が25キロ。

今は25.5キロ。

初対面の人に言われるほどじゃないと思うんだけどなー。
まあ、私と医者がおっけーならおっけーなんだが。

いまいち悔しいかも(笑)




2005年01月03日(月) 第407話 甘えん坊炸裂

私たちが帰省するかわりに実家の母がお年玉を携えて上京。

ノアちん嬉しさ爆発。
飛びつき、抱きつき、チュー攻撃。

いつもきちんとお化粧している母の顔、娘の私でさえすっぴんをあまり見たことないのに、ノアが一瞬にしてすっぴんにしてくれてました。


見詰め合う二人♪


母を見つめ、母に寄り添い、母のあとをくっついて回るノア。
母が布団に入るや否や尻尾をぷりぷり♪と振りながらいそいそあとに続く。

母が『ノアちゃんもお布団に入るかい?』と聞けば
ふんがっ!ふんがっ!と鼻息荒く布団に入り込み、足元で団子状態になる。

『最近足先が冷たくて、朝方は30分おきに目が覚めるのよ』
と嘆いていた母、朝までぐっすり朝寝てました。

『よく眠れたみたいだねー。』と私が言うと
『それがねえ、夜中に目が覚めて足先があったかいなぁと思ってさぐると、やわらかいような硬いようなものがあって、それがノアちゃんだったの。』
と、笑ってました。

湯たんぽノアちん、お役に立てたようでよかったです。

こんなに母を愛しているノアなのに、散歩のときは私の前に正座します。
熱い眼差しでじーーーーっと私を見つめます。

「はいはい、お散歩だけは私なんだね。」と笑うと
(よっしゃ!)とばかりにジャンプして喜んでましたっけ。

「ラブラドールってこんなにおっきくて怖いような感じがしてたけど、性格は穏やかなんだねえ・・・」と母。

んー・・・。

生後半年までのものすごいときを、母は知らないからねえ。(笑)
すっかり大人になって『遊んで!』とか『噛ませろ!』とか言わなくなったからねえ。


 1こ前へ  日記の目次へ  1こ後へ
  如月 [HOMEPAGE]

My追加