にゃんことごはん
ごはん



 台風の夜に思うは、猫のこと わが身ひとつで避難はできぬ

集合住宅2階に住まう私は、とりあえず籠城です。
先日、防災用品を購入しました。もし2階が危ないとなれば、一階上の通路に避難です。

とにかく練ちゃんを伴い、防災用具と練ちゃんのご飯(と、余裕があれば、カセットコンロ)を持って、移動できるように準備をしました。

そもそも、我が家の2階が浸水するとしたら、近隣の避難所は全滅でしょう、という位置です。それに、風雨激しい中、避難所に移動するのに、車の免許も自家用車ももたない私は、移動そのものが難しい、という事情もあります。
移動中に転びでもしたら、もし移動中に河川の氾濫に遭遇したら、いずれにせよ猫を伴っている以上、練ちゃんと私も致命傷です。

ならば、籠城しかなかろう。
結果、籠城せずにすみませいたが、近隣ではかなりの被害があったようです。
早く、日常が戻るようにと祈るしかありません。

ときどき見かけていた外猫さんたちは無事だったのだろうかと、思いつつ、通勤路を行き来する今日この頃です。


2019年10月16日(水)
初日 最新 目次 MAIL HOME