huukei

往時目譜


 2019年04月25日(木)   スティルライフ still life



ところで、

「静物画」を英訳すると何じゃらほい と思って昨日調べてみたところ、
still life (スティル・ライフ) だった。

静物あるいは静物画

still life


…life って、生活って意味じゃないけ? なのに、なんで静物??
なんでやねん?? なんでですのん?
私、気になりマッスル! (←氷菓)



そのことについて調べてみると…

元々、日本には静物画という概念が無かったそうで、
明治時代に海外から入ってきた still life を 静物 と和訳したのが始まりだそうだ。
正岡子規が base ball を 野球 と訳したように、つまり、still life も直訳では無い。

still life を直訳すると、
 still …しんとした、静かな
 life …生命、生活、人生

つまり、「静かな命」 「静かな生活」 とかになる。

…なんかちょっと印象が違いますね?


静物って言うと、単純に、物体って思ってたけど、
静かな生命って言うと、対象への愛着が込められている感がある。
静かな生活って言うと、生活への愛着を込めている感。
絵を描くことへの作者自身の静かな熱意とも思える。

坂本繁二郎の静物画にはピッタンコな感じがする。



still life

静かな命、生命感、静かな生活、静かな活力、静かな熱意、
しんとした、静かな…
考えてたら、なんだか奥が深いなぁ面白いな、と思った。










 

必殺! スティル・ライフ!!!







watanabe keisuke