鷁里辰突戮譴觴臧悗淵轡Д嫺記鵝前藥録〜...カロリィ

 

 

パワハラ社長を完全攻略。 - 2023年02月17日(金)

ベイエリアのイタリアンに勤め始めたころ、社長が随分とパワハラ気質で
怖くてイヤだという話を何度か書いたと思う。

しかし昨日出勤したときに確信したんですけどね。
あ、あたし社長にうまいことハマッてるわ
って思いました。

ついでにご報告いたしますと、遅刻魔の女の子は辞めました(笑)
スタッフ全会一致で
「でしょうね」
だったので、遅刻魔が入社してくる前の人手不足状態に戻りました(笑)

ということは、私のポジションに全ての仕事が戻ってくるということで。
昨日なんかはすっごく忙しかったわけです。

遅刻魔ちゃん、スローなりに居たら居たで、仕事してたんだなって感じ。
ただ、別に私は困らないwww

ランチタイムシフトの終了時刻は15時なので、14時過ぎるともう時間との
戦い。

それが、昨日はまたホールの子も若くて不慣れな子だったというのもあって
仕事がうまく流れなかったのよね。

そうすると影響が大きく出てくるのは洗い場。
優先順位の高い食器以外は全部ただただ積み重ねていくしかなくて、ラスト
1時間は、ただひたすら食器を洗い続けました…。

そんな私を見て、です。

誰彼かまわずパワハラを撒き散らしている社長が

「いやあの、カロリィさん。15時過ぎてやってもらっても、助かりますから」

と言われまして。
ガツガツ洗ってる最中に言われた言葉だったんでちょっと意味を取りかねて
しまい、

「えっとあの、洗い物残ってても15時で帰った方が良いということですか?
それとも15時過ぎても全部片づけるまで残ってても平気ということですか?」

と聞きましたところ。
わりとニコニコしながら

「ああ、うん。15時過ぎても大丈夫なら、残ってくれると有難いですよ」

と言うではないですか。
なるほど、私の動きがあまりに必死のパッチで悲壮感あふれ出てたんかなと
思い、

「あ、私そんな必死に見えましたかね😅でも自分と戦ってるだけなんで
平気です。」

と言うと、ホントおかしそうに肩振るわせてクックック🤫と笑うのです。

ちなみに昨日、結果的にタイムカードが切れたのは15:30を大幅に過ぎて
から。

自分で言うのも何だけど、私のスピードで食器を洗ってあんだけかかるって、
相当なもんよ、と思う(笑)

いつもだったらこっちの仕事に絶対に手出ししてこない社長が、後半に入って
きたオーダーは全部一手に引き受けてくれましたからね。
私が洗い物に集中できるように。

基本的には社長が機嫌良さそうに笑顔振り撒くことなんてまずなくて、いつも
仏頂面で、近寄り難い雰囲気。

でもそれにビクビクして、分からないことを分からないままにしてミスして
また怒られて怖がって…ってなると悪循環なので、私のパワハラ攻略法と
しては、どんなに怖そうな人であっても、他の人に接するのと変わらない
頻度と態度で質問したり疑問を投げかけたりすることを心がけてます。

パワハラ気質の人は、ビクビクされるのが嫌い。
というか、余計イライラすんじゃないかな。

それは多分私がそっち側の人間だからこそ、理解もできるし攻略できるって
ことなんでしょうねw

あ、これは自虐です。

パワハラ相手には、ハキハキとした対応をして、さらにYES No とか白黒を
ハッキリさせた返事をすること。
あと、相手が怖いからといってビクついた態度を見せないことが大事な
ような気がする。

どっちかというと(どっちかと言わなくても)私はメンタルガチツヨ系
人間だけれど、だからといって慣れない職場で社長から睨みつけられたり
舌打ちされたりしても全くの平常心かというと、全然そんなことはない。

じゃあどうやって立ち直るかというと、どうやったらパワハラ人間から文句
言われない仕事ぶりを見せられるかっていうのをゲーム感覚で攻略して
いくのです。

あんなに舌打ちされていた1年前がウソのように、社長が私の言うことに
耳を傾けてくれていることが見て取れるし、私のことをきちんと評価して
くれていることも分かるほどの、態度の変化です。

でもいまだに、他のスタッフは過呼吸なるんちゃうかというほど社長に
ビビッてるし、アタフタ焦って余計なミスをかまして余計にイライラされて
るように見える。

前回社長に指摘されたところ、舌打ちされたところを、何故舌打ちされた
のかを追求して、次回は同じミスを犯さないように気を付けて、1回出勤
するたびにそれを1個1個積み重ねていく…の繰り返し。

でもそれはパワハラ上司に対してだけではなく、全ての人に対して、全ての
仕事に対しても同じことだと思う。

その日いる古参のスタッフに合わせて自分が動くんです。
今日のキッチンの長(おさ)は主任だから、主任のときはこう動こう。
主任は、人にオーダー読み上げて欲しいタイプの人だから読み上げよう。
でも社長は読み上げる時間すら無駄だと感じるタイプだから、読み上げは
最低限にしてあとは社長に任せよう、とか。

社長はタイマーの音が嫌いだから、一刻も早くタイマー止めよう、とか(笑)
社長はホールの都合お構いなしでじゃんじゃか料理出しちゃう人だから、
それに倣おう、とか。
むしろホール大変そうだなと思って料理出しのスピードを遅らせたりすると、
むっちゃ煽ってくるしイライラを全面に押し出してくるので、ホールには
申し訳ないけれど、社長とペアのときはじゃんじゃかお料理出しちゃいます。

そして、今日はホールに店長がいるからこういう順番で食器を洗ってココに
置こう、とか。
いや今日は契約社員のあの方だから、コッチの食器を先に洗ってアッチに
並べて置いておこう、とか。

全てにおいて、相手に合わせるスタイルで仕事を進めていくと、たいてい
どこの職場に行っても煙たがられないし、やりやすいって言ってもらえるし、
もっとシフト入ってって言われるし、パワハラからも解放されました(笑)

私の場合は、人に合わせることが自分軸です。
仕事の場合はね。

でも!!
古巣の職場は、合わせる相手が平気で腐ったものをお客様に提供する輩
ばかりなので、もう合わせられないなと判断し、今は月3回ペースでしか
行ってません。

月3くらいなら、気の短い私でも目をつぶって合わせることも何とか可能だから。

ベイエリアは、入社1年4ヶ月経った今もなお、ゲームを攻略するように
色々な条件を俯瞰で見て当てはめて…という作業を繰り返しつつ、楽しく
取り組めてる。

そして、パズルをはめ込むようにバチッと終わらせられると、この上ない
達成感✨

目の前の小さな目標を、ひとつひとつクリアしていく。
パワハラすらもですよ。


...

- 2023年02月15日(水)

さて。
本日なんですけれども。
次男が入学する中学校の新入生保護者説明会となっております。

次男が入学する、と言っても長男もおりますし、私もPTAの役員を務めて
2年ですので、何だったら聞きに行かなくていいかなあ…体育館寒いしなあ…
と思っていたのですが。

その手の説明会には必ずPTAの説明も簡単に行われると思うのですが、
今日は会長が仕事で来られないとのこと、副会長の私が説明会の場でマイクを
持つ役割になってしまいました。

「PTAの活動は任意ですから」

と言わなくちゃならない、という例のアレです。(どれや)

*****

そしてたまたまなんですが、現在副会長を務めている3人の子どもたちが全員
6年生でして。

とりあえずうちの息子ともう1人の副会長の娘は、入学することが決定して
います。
さらにもう1人の、ちょっとアレな副会長の息子は、私立中学受験の結果が
どうなったのかは知らんです。


そのちょっとアレな副会長はですね。
いちばん最初、アレな方が副会長を希望した瞬間に
「いや、なんでwwwちょ、おまwww」
て、文字通りそう思いました。

なぜならアレな副会長は、数年前に小学校の役員で会計を担当していた時も
相当アレな感じがしていたからなのです。

アレな人は、小学校PTAの本部で会計を1年やった後、「ちょっとアレ過ぎ
るなアイツ」と思ったんで、私がそういうアレな人が推薦枠に入ってこない
ようなシステムを構築しまして、その後2年ほどは本部に上がってこなかった
時期がありました。

別に私が何かズルをしたわけでは全くなくて、運良くその世代は数年連続
して役員を務めてくれる人が多くいたおかげで空席が少なかったというのも
あったりして、他人様から推薦されにくいタイプの人は、そもそも本部役員
推薦の場に名前が挙がってきにくかった、というのも大いにあるのです。

まあでも自分が退任した後のことはハッキリ申し上げて知ったこっちゃない
ので、アレな人の名前が挙がっているのを知っても「ふーん」という感想しか
ありませんでした(笑)

「アレ」ってどう「アレ」なのかというと、とにかく何もしない、何も
できない人なので、機能しないんですな。

数字にも弱い、日本語にも弱い、情報共有もできない、そうなってくると
当然まともなコミュニケーションもとれない、伝えたはずのことを忘れる、
毎回理由不明の遅刻をする、欠席をする等々、等々、とてもじゃないけど
PTAの役員は務まらないタイプの方だったのでございます。

なのに、アレな人本人はものっすごく『PTA役員の肩書き』が欲しい人
なんですね…。

欲しがる意味分からんのですけども。
『PTA副会長』というネームホルダーを首から提げて校内を闊歩したい
とか、特別視されたいとか、そういう願望なんでしょうかね。

そんな彼女が今年度、中学校の本部にまで名前が挙がってきてしまいました。
それを知った瞬間「うわ!!!」と思いましたが、当時の既存の役員たちは
彼女の人となりなど知るわけもありません。
私の個人の感情で
「アイツはアカン
」とか言える立場でもありませんでしたので、そのまま本部役員になって
しまったのです。

しかも、事もあろうに副会長を希望。

なので私、役職を決める場で、「他に副会長をやりたい方がいるなら、私は
下りる」と表明したのですが、さすがにそれは全員がかりで止められた。

なぜなら私以外のベテラン勢が全員卒業してしまうタイミングの年でもあり、
前年のことが分かっている人間が副会長を務めないとどうにもなんないと
いう状況だったから。

いや分かってたけどさ。
自分が副会長やんないと、にっちもさっちもいかなくなることぐらい分かって
いたんだけどさ!!

でもアイツと同じ役職やるの、イヤだったんだもん!!(゚д゚)!

しかしながら。
アレな人はPCが全く扱えないということで、PCを触らなくても良い
ポジションにしか就けなかったというのもあり、結果的には1年間そこまで
密なコミュニケーションをとる必要がないままここまで来ることができました。

てことは、彼女のポジションでやっていることをこちらに共有はしてもらわ
ないといけないわけなんですが、コレが、ない!!

全く、無い!!

で、「アレどうなりました?」「進捗どうですか?」とこちらから投げかけて
初めて

「これから送ろうと思ってました」
「今からやろうと思ってました」

と、枕詞のように必ず言い訳を前置きしてからやる、ていう。
この1年間、このやり取り何回繰り返しただろうかって思う。

普通ね、何か動きがあったらそれを報連相、定例会は2ヶ月に1回しかない
んだから、動きが無いなら無いという現状報告はするもんだと思うんですね。

普通はね。

私副会長なんで、定例会前には必ず各役職から議題を集めるんですよね。
レジュメに載せるから。

でもそういうことを聞いても、「特にありません」と答えるわけだアレな人は。

ありませんじゃなくて、「私には見えません」「分かりません」「気付きません」
の間違いじゃねえのと思ったりするわけですが、そのポジションを担当して
いる本人が「無い」って言ってるわけだからと思って、定例会ではスルーして
きたことも多いです。

そうするといざ彼女のポジションが動くべきタイミングが来た時、むちゃくちゃ
大変そうにしてました(笑)

でも、手伝ってくれとか、助けてくれとか、彼女発信の連絡は一切何も無い
状況で。

まあ多分だけれど、何をどうやっていいのか、どこまで人に振っていいのか
何をどう言えば自分が楽になるのかが、全然分からないタイプの人なんだ
ろうなと思いながら見ていました。

私全然優しい人間じゃないんで、助けてくれって言われなければ助けません。
そんな義理無いんで。

しかも私がアシストしたら、結局私がメインでやることになるであろうことが
明白なのでね。
私忙しいんで。
自分のことは自分でやってくださいって感じで放置しました。

「カロリィさん、コレコレこういうことでこうなってるから、カロリィさんに
ここを助けてもらいたいんだけど」

って言われたら、指示通りに動くけれど。
それがありませんのでね。

指示って、出される側より出す側のほうが頭使うんですぜ。

私もその役割、得意じゃないのにむっちゃ頑張ってやってるんで、やらなくて
良い指示係まで買って出てやりたくはないんですよ。

何でもかんでも首突っ込んでやりたがりの人間ではない。
恐ろしくドライに線引きして、自分のやるべきことしかやらない人間です。

そしたらまあ多分、「コイツに任せちゃおけない」って学校側が判断した
んでしょうね。
副校長がかなり頑張って動いてました。
でもそこら辺も、悪いけど見て見ぬふりです。

多分見て見ぬふりしてるのも気付いてたと思うけどw
でもそんなん知らん。

線引きできない人間がやるPTAほど深い沼無いぞ。

結局来年度からは、今年3人でやっていた量の仕事を、2人でこなすことに
なりそうです。
アレな人があっぷあっぷして担当していたポジションは、軽々吸収できます。

アレな副会長が結局遅刻も欠席もせずにきちんと出席した集まりは、1年間で
1.2回あるか無いかでした。

いつも途中参加なので、定例会前にちょこっと打ち合わせみたいなタイミング
にも不在ですし、かといって定例会の最中の話もほとんど聞いてもいないし
メモもとっていないので、ホントに内容の共有ができないんですね。

いわゆる「一斉指示が通らない」タイプの人なんだと思います。
会議中に、1人の人が全員に向かって
「Aに該当する人はこの作業を、Bの条件に当てはまる人はあちらに集まって」

みたいなことを言っても、多分彼女は自分がどれに該当するか判別できない
んだと思います。

個人的に
「あなたはAだから、あのグループに入って、,鉢△虜邏箸鬚笋襪痢
と目を見て話さないと、理解できないタイプ。

で、「理解できてる?」みたいな確認をすると、ものすごく分かったフリを
する。
色んな言い訳を並べ立てて
「やろうと思ってたけどこういう理由があってできなかった」って言う、
というのが続いた1年だったわ(笑)

何度も言うけど私優しくないんで、定例会中に自分が発言することは大方の
人が理解できるようにお伝えし、でも九分九厘アレな人には理解できてない
だろうなというのは分かるわけですが、個別の説明は致しておりません。

個別支援級の先生じゃないんで私。
皆の顔を見て話して、目を見れば理解できたことがこちらにも伝わってくる
人、一所懸命メモをとってくれる人、いろいろいるわけですが、アレな人は
視線が宙に浮いたまま「そこに座ってる」だけの状態なのは明らか。

私は、普通の大人なら理解できる内容の報連相を発信している。
個別のケアはしません。

*****

しかし毎回思うけど、古巣の職場といいベイエリアといいPTAといい、
アレなタイプの人間は、1人いるとむちゃくちゃ引っ搔き回す!!

ものっすごいパワーを持ち合わせている。
そのパワー、周りが幸せになる方向に使ってもらえないもんかな。


...

髪の老化、続編。 - 2023年02月14日(火)

あれから数日経ちました。
何日か頑張って、重曹とクエン酸での洗髪を続けましたが、未だ完全に
整髪料汚れは落ち切っていません。

昨日初めて、牛乳石鹸で髪を洗ってみました。
要するにアルカリ性で洗って、その後髪を少し酸性寄りに戻すという作業が
必要なのだそうで。

石鹸で洗うと良いよと言われていたものの、しかも自宅に固形石鹸があった
のを認識はしていたものの、一旦開けたら使い切らなければならないのが
イヤで、重曹とクエン酸に頼っていたのですが。

結局、昨日石鹸を使ってみたらかなり落ちていたことが分かりました。
最初から石鹸使えば良かったな〜と思ったり思わなかったり。

だって重曹とクエン酸なら普段からお掃除で使ってるから、使いかけが
あったんだもの。
わざわざ新品の固形石鹸を開封するよりお手軽だったんだもの。

てことで、まだ少し白いポロポロが付着した状態ではありますが、重曹より
はるかに落ちました。

あれ以来、ヘアスプレーは使っていません。
髪に何もつけずに仕事行ってる。
そしてよりによって最近強風なもんだから、後れ毛ボッサボサで行ってる。

前にも書いたけど私の髪は、束ねたときにゴムに届かない長さの髪は
全てバサバサと落ちてくるので、整髪料がないとなかなかピシッとまとめ髪が
できないんですよね。

なので、落ち武者状態で電車乗ってる(笑)
おシャンティなベイエリアに出勤してる(笑)
今日なんて、ボッサボサで小学校のPTA作業してきた。

あと数日の我慢。

そしたら、石鹸シャンプーに乗り換えようかな。


...




My追加

 

 

 

 

INDEX
past  will

Mail