My life as a cat
My life as a cat
DiaryINDEXpastwill


2019年12月28日(土) A Plastic Ocean

イギリスのドキュメンタリー映画。海に浮遊するプラスティック(バッグやペットボトル)が動物に危害を与えて死に至らしめている、という話は知っていたけど、実際に映像で見たら辛くて辛くて涙が止まらなくなった。人間が海に捨てていくものはもとより、風でゴミ箱から飛んで流されていくものまで、地球上の海にはあらゆるゴミが浮いている。すぐに自然に還元されるものはいいがプラスティックはそうはいかない。大きなものが分解されてマイクロプラスティックとなって小さな魚の口にまで入り込む。人が食べる貝類などにはこのマイクロプラスティックが入り込んでいることが多いらしいから結局人間のお腹にも入っているのだが。オーストラリアの世界遺産に指定されているロード・ハウ島で海鳥の研究をしている博士がいる。博士といっても若くて綺麗な女性。彼女が浜辺で死んでいる海鳥を拾い上げてお腹を切り裂く。お腹の中にパンパンに詰まっていたものは大量のプラスティックの破片だった。わたしにはこの綺麗な博士が鳥のお腹の物を取り出すときにもビニールの手袋など着用せず素手で行っていることが自然への愛情みたいに感じられて、それはとても健気に映った。

自然豊かなフィジーの庶民の開け放たれたキッチンからココナッツの香りと共に漂う鼻につく奇妙な匂い。着火にプラスティックを燃やすのだという。

「これならタダだし」

この発がん性のある煙を吸い続けて、その代償はあまりにも高いということまで考える余裕(あるいは教養)のない人々。自分の母親なら泣いて止める。

イタリアのサルディーニャ島で保護された海亀は大量のプラスチックバッグを呑み込んでいた。クラゲと間違えて食べてしまうのだという。それにしても、イタリアという国は、2012年に既に買い物に使用されるプラスチックバッグを禁止している。イタリアで買い物をすると一見プラスチックバッグのような袋に入れられることがあるのだが、このバッグはコーンからできていて、コンポストに入れてもいいらしい(ただ知人の話では、これも完璧でなくて、うまく自然に還らないこともあるらしいのだが)。フランスでも同様に使い捨てのスプーンやフォークがプラスティックではなくコンポストに入れられる素材でできているものを目にする。

映画の中でプラスティックを多く排出している国として挙げられたのは中国、ヴェトナム、フィリピン・・・ってアジアばかり。日本は入っていなかったけれど、ただの比較に過ぎなくて、わたしの実感ではフランスのスーパーで一つ物を購入すると一つプラスティックのゴミが付いてくるとしたら、日本は一つ物を購入すると三つ付いてくるといったところだ。プラスティック製品にはいつもリサイカブルマークが付いている。しかし実際リサイクルされるのはたった7%。あとはひたすら地中に埋められている。そもそもリサイクルにも大きなエネルギーを必要とするからエコなのかどうかわからない。プラスティックは作り出さないということがいちばん重要だ。自分で好んで買うものは自然の素材でできたものだが、好み云々に関わらずパッケージングに使われたプラスティックを家に持ち帰ってきてしまうことはなかなか避けられない。それでももっとプラスティックを避けることを来年の一つの目標にしてみようと思う。


2019年12月24日(火) 病み上がりのノエル

先週は夫婦そろって風邪をひいてた。子供の頃は40度近くも熱を出すと、死ぬぅと思うくらい苦しかったのに、いつからこんなに強くなったのか。このごろでは頭がぼんやりして、関節がちょっと痛むくらいで、普通に買い物へ行き、食事をして、いつも通り暮らせる。同じくらい熱を出したリュカはベッドからでてこられなかった。わたしは食欲もいつも通りだったが、リュカが食べられないというんで、あまり何も作らなかった。夜はさすがに早くベッドに入るのだが、空腹で夜中に起きてしまったりした。

そんなこんなでふたりして体重が落ちてひとまわり小さくなった。そして胃も小さくなったんで、あまりたくさん食べられない。クリスマスは何を食べようか、と度々話していたが、結局、あるもので済まそうということに。頂きもののお菓子もたんまりある。暖かい部屋と十分な食料に感謝して、少しずつ食べることにしよう。


2019年12月09日(月) Granada Mollar de Elche













スペインのアリカンテから柘榴(Granada)が届く。宣伝のため5圓糧△150人に無料で送るというキャンペーンに申し込んだら本当に送られてきたのだった。"Granada Mollar de Elche"という品種だそう。柘榴、見たことはあったけど、食べるのははじめて。半分に割って、手のひらでちょっと揉みしだいて、こん棒で殻をこんこんっと叩くと身がぽろぽろと落ちてくる。ひとくち。これちょっとフルーティーなとうもろこしみたい。甘さもさっぱりでいくらでも食べられてしまいそう。サラダに添えるとそれだけでぐっと華やかになる。味は控え目でも存在意義のある脇役。まずは適当に、冷蔵庫にあったオレンジと混ぜてサラダにする。切ったオレンジと、グラナーダ、少しのチリ、パセリを赤ワインヴィネガー、オリーブオイル、塩でマリネする。次は細川亜衣さんの"果実"という本にあったレシピを試す。赤パプリカ、搾ったグラナーダの果汁、塩、オリーブオイルをフライパンに入れて蓋をして火にかける。パプリカがくってんくってんになるまで加熱する。身の厚いのを使ったから30分ほどかかった。パプリカから出た汁とグラナーダの果汁が最後はとろりとシロップのようになった。フレッシュなグラナーダを振りかけてサーブする。これ、とびきり美味い。皿に残った煮汁を拭うのに沢山バゲットを食べた。フランス人には皿のソースを拭うのは行儀が悪いという人もいるけど、そんなのどうでもいいや(皿にあれこれ残すほうが余程行儀が悪いように感じるけどな・・・)。


2019年12月06日(金) 年末の仕事

はじめて長芋を見かけたので買ってきた。アフリカからの輸入品らしい。里芋、さつまいも、長芋、オクラとかフランス人が食べなくても日本人が好んで食べるものはアフリカ系のお店で買える。卸してとろろにしてごはんにかけてリュカに出す。食べきったけど、あまり好きじゃなかったみたい。

「鼻水食べてるみたい」

原産地アフリカではどうやって食べられているんだろう。日本で売られてるのと違って、確かに生ではいまいち。今度お好み焼きに混ぜてしまおう。

年末の仕事をちょこちょこはじめた。来年のモレスキンを買い、写真のバックアップをとる。不要な物を捨てる。。。高かったのに大して着てない服なんかは迷う。でも違う町に引っ越せば気候も風土も違ってくるから仕方ない。買い物はすごく慎重に検討するけど、それでも時には失敗する。でも失敗と思うと辛いから、こうやって肯定して自分を納得させる。

「その時は確かに必要だったんだ」

本人にその意識はないが、リュカはホンモノのミニマリストだ。こんな物を持ってない人初めて見た。それにいつも自分の決めた場所にその物がないと気になる性質でなんでも使ったらちゃんと元に戻す癖がある。おかげで家の掃除は楽なものだ。


2019年12月01日(日) 冬の朝、体に熱をくれるもの

起きがけにフライパンの上にビアレッティのコーヒーメーカー(IHなせいか、小さすぎるせいか、こうしないと使えない)、陶器に入れた水、パンを一切れ置き、加熱する。陶器に入れた水が人肌に温まったら、クロちゃんの口の前まで持って行く。こうするとよく水を飲んでくれる。たったスプーン3杯程度の水を3分くらいかけて飲んでいる。もう要らない、と顔を背けられたら、自分のカフェの時間。メールなどをチェックしながらこれまたスプーン3杯程度のエスプレッソを一切れのパンを齧りながら30分くらいかけておなかに入れる。寒くてベッドから出るのが辛くて、やっと抜け出て熱いシャワーを浴びたら、今度はシャワーから出るのが辛い。それでも冬の朝、愛猫とのんびり水やらカフェをすする時間が愛おしい。

町に設置されたコンポストに生ごみを捨てに行く。蓋を開けると、沢山の鼠が生活を営んでいる。たまに子供が鼠を見るために蓋を開けて覗き込んでたりする。食料を求めて必死に冬を生き延びようとする小さな生命。小さいのになんてたくましいのだろう。

凍えるような冬の朝、小さな生の営みに、大きな力をもらう。


Michelina |MAIL