毎天ミーハー哈哈哈日記

2016年11月10日(木) 「浮城」

久方ぶりに香港映画を見ました。
本当の香港映画です、中国資本が入っていない、
香港で作られた本当の香港映画です。

しかも久方ぶりに日本で公開された
すごく良質なヒューマン香港映画です。
日本で公開される香港映画といえば
アクションが主流の昨今、
その中でよくぞ日本で
このような良質な香港映画を公開&DVD化してくれたなあと、
配給元にひたすら感謝です。

しかもしかも久方ぶりの厳浩(イム・ホー)監督作品です。
7年ぶりの映画だそうです、
監督〜〜〜、待ってましたよ〜〜

映画は郭富城(アーロン・クォック)演じる主人公の
サクセスストーリーなのですが、
私は鮑起静(パウ・ヘイチン)演じる母親の心に
もう胸が熱くなりました。

お金で買った息子ではあるけれど、
その後子沢山になってもっと生活が貧しくなっても
自分の子と分け隔てなく愛情を注ぎ、
「あなたは宝」とまで言える深き母性。
特に、晩年、息子の本当の母親を探してるシーンで
息子を売る時に本当の母親が自分のイヤリングを
息子に持たせるのですが、
そのイヤリングを何十年も大切に持っていて、
錆びかかったイヤリングだけど、
それを持って本当の母親探しをしている鮑起静の姿に
もう泣いてしまいました。
母としてのさまざまな想いに、
その真心に包まれた映画でした。

また、香港の観光風景になにげなく写りこんでいる
水上生活者の生活が、
50年代から描かれていて、
とても興味深かったです。

たくさんの人に見てもらいたい香港映画です。


 < 過去  INDEX  未来 >


美香 [MAIL] [HOMEPAGE]