毎天ミーハー哈哈哈日記

2016年10月10日(月) 「ヘリオス 赤い諜報戦(赤道)」

25年ぶりに見た、
張學友(ジャッキー・チュンorチョン)の怪演!!

物語中盤過ぎまで、
「やっぱり學友は良い人役ぴったりだな」
なんて気持ちハートになっていたら、

なんと、

えっ?えっ?それホントですか!?まさかーxxxxx

ぎょへぇ〜〜〜〜〜と驚いて、

次に

「怖い!學友!!」と演技力に恐怖心を感じ、

でもでも最後は、
「やっぱり學友の演技力はスゴイなあ〜」と
その怪演に脱帽したのでありました。


25年前、「ワイルド・ブリット(喋血街頭)」で見た
學友の演技に「この人、スゴイ!」と思ったのが
學友ファンになったきっかけ。

あれ以来、すっかり學友は歌神様が定着したせいか、
良い人役が多っかたので、
何十年ぶりかに見た學友の怪演には
心ふるえました。

好きだー、學友の怪演、もっと演じてほしいー。

続編がありそうな終わり方でしたが、
また學友が怪演してくれると嬉しいな。

あと、個人的には
大好きな張家輝 (ニック・チョン)とチ・ジニの
それぞれの學友との2ショットは
私的にはお宝ショットで御座いました。

學友は主題歌も歌ってます。



2016年10月06日(木) 「黒衣の刺客(刺客聶隱娘)」

侯孝賢監督作品です。

行間(画間)を読むのが苦手な私には、
毎回監督の作品は???というのが正直なところ。
すみません!!

風景描写に拘る映像などはただもう「綺麗〜〜」と
うっとり見てるんですが‥

でも、やっぱり???感はぬぐえず‥

その中で、舒淇(スー・チー)演じる隠娘を助けてくれる青年、
「いやあ〜〜この俳優さん良いな〜〜誰だろう」と思っていて、
エンドクレジットで
妻夫木聡さんの名前を見て、
「ええ〜〜あれ、妻夫木聡さんなの!?」って、驚き!
全然分からなかった私‥
でもこの映画で一番良かったんだな、彼の演技。

しかも、そのエンドクレジットで
阮經天(イーサン・ルァン)の名前発見。
「えっ、出てたの?どこに?何の役で??」って
こちらも全然分からなかった私‥

ということで、映画を見終わった後は、
たくさんの???を理解すべくネット検索して
解決するというありさま。

たとえば↓
妻夫木さんって遣唐使船でやってきた日本人の役だったのか
(映画を見る限り分からなかった)

それで奥さんが忽那汐里さん、回想シーン??
(ああ、あの唐突なシーン、すごく綺麗なんだけど、
あれが日本にいる妻を回想しているシーンとは分からなかった)

阮經天(イーサン・ルァン)は張震(チャン・チェン)の側近の役とかで、
DVDで見直して「ああ、いた!」と再確認

なんて書きましたが、でもやっぱり侯孝賢監督作品というだけで、
見ずにはいられないのです。
日本で見れる作品は全部見てます、
毎回???なんですけどね。(笑)
それでも「非情城市」以前の80年代の作品は
私にとっては案外分かりやすく、
「恋恋風塵(戀戀風塵)」が一番好きです。


 < 過去  INDEX  未来 >


美香 [MAIL] [HOMEPAGE]