毎天ミーハー哈哈哈日記

2010年11月26日(金) 韓国ドラマ「外科医ポン・ダルヒ」

もうずいぶん前に見たんだけど、
最近ボムちゃんの作品を立て続けに見たせいか、
気持ちがちょっとボムちゃんモードになっていて、
まだこの感想を書いていなかったので、
書きます〜。

と言っても、ドラマというか、
ボムちゃんの感想になると思います(笑)。
実は、最近感じてるのですが、
このドラマでボムちゃん(イ・ボムスssi)の
演技が変わったと思うのです。
それまでのボムちゃんの演技、
役に入り込める素晴らしい演技ではありましたが、
なんとなく「身体で表現する」、
身体を動かして感情を表現すると言う感じでした。

でも、この「外科医ポン・ダルヒ」では、
身体を動かさずして感情を表現するようになったと思うのです。
座ってるだけで、立ってるだけで、
なんかこうその佇まいだけで、
見事に感情表現出来る役者になったと思うのです。
ファンの皆さま、どう思いますでしょうか。

このドラマ以降の作品、
ドラマ「オンエアー」しかり
最終回に向かうにつれ言葉少なげだけど
その態度だけで十分気持ち伝わりました。
映画「ブラッディ・ミッション」、
この役どころなら従来の跳んだりはねたり演技でもおかしくないのに、
非常にどっしりと落ちついた演技でした。
「悲しみよりもっと悲しい物語」、
前述しましたが、座ってるだけで思いがこみ上げる演技、
映画はどーしょもなかったけど、
ボムちゃんの演技は素晴らしかったです。
「キングコングを持ち上げる」、
もうこれは絶品でしょう、
何も言う必要はない満点です!

(「チョン・スンピル失踪事件」と「ホン・ギルドンの後裔」は、
日本公開まだなので何とも言えませんが、
期待大です。)

と、勝手な判断とは思いますが(笑)、
このドラマはボムちゃんが変化した作品と思っております。
また、このドラマで、多くのボムちゃんファンが誕生したことは
言うまでもありません。

↓こんな髪型なのに↓、まず見た目はイケテないのに、
ちょっと不器用なキャラを面白く優しく演じて
母性本能直撃でした。(爆)





あと、このドラマ、私的には
マンちゃん(オ・マンソクssi)ご出演!!にキュンです。
実はこのドラマを見たときには、
まだマンちゃんファンではありませんでしたし、
マンちゃんのことも知りませんでした。
ただ、ドラマ見て↓「カッコいい人」↓という印象はありました。
これが、マンちゃんと分かったのは、
マンちゃんファンになってから(苦笑)。
でも、あの「カッコいい人」がマンちゃんだったんだ〜と
分かった瞬間は、嬉しかったです。
ミュージカルスターの役です、そのままです。







2010年11月25日(木) 韓国映画「スーパースターカムサヨン」

ボムちゃん(イ・ボムスssi)の主演作品。
この作品、すごーく見たかったのに、
近所のレンタル店に(何店かみたけど)無かったんだ。
で、ちょっと迷ったけどDVD買ってしまいました。
買って良かったよ。
買って損はない映画だし、
ボムちゃんファンならもうその魅力に
一段と惚れ込みます。

と、言っても、バリバリ2枚目キャラとかじゃないです。
韓国プロ野球創生期に実在した敗戦処理投手の役ですモノ。
でもね、夢を追い続け、
日々一生懸命に打ち込む姿というのは、
文句なく拍手喝采の格好良さです。
ボムちゃんは、こういう役を演じるのが本当に上手い。
最後は感動と言うより、
私には爽快感でいっぱいという感じでした。

また、本当のスーパースター(!?)を
演じているコン・ユ。
雰囲気ありましたね、
「コーヒープリンス1号店」より、
この映画の方が断然コン・ユの演技が良いです。

それから、ボムちゃんの弟役にチョ・ヒボンというのが、
私的にはよりこの映画を楽しめました(笑)。

それと、オ・スミンの演じてる役どころも
わりと好き。

そうそう、2006年に日本で公開されて
その時にボムちゃんは舞台挨拶を行ったんですよね。
当時の画像を見ると、
「花嫁はギャングスター3」の風貌でした。
この頃に会いたかった〜〜(爆)。



2010年11月23日(火) 中国・韓国映画「ソフィーの復讐」

こういうチャン・ツィイー、大好きだあ。
「初恋の来た道」以来、
久方ぶりにチャン・ツィイーに好感持ったよ。
ヘンテコだけど、かわいらしい!
正直、「初恋の来た道」以降の
ツィイー姐さんの気の強い役どころには、
拒否反応でしたから、私(苦笑)。
ご自分で制作したとのことで、
ツィイー姐さんはもしかして
こういう役や作品に出演したかったのかもね。

でも、この映画の登場人物、
みんな割とヘンテコ。
だから、嫌な役を演じてる俳優さんにも、
なんだか親しみわきましたよ。

久しぶりに見たルビー・リン(林心如)ちゃん、
化粧濃い!って大人になったのね、いつのまにか。

ソ・ジソプ、簡単に心変わりする男の役だけど、
嫌みなく返って優しい笑顔がナイス。

ピーター・ホー(何潤東)、
この映画のピーターくんってピーターの魅力とか
あまり出てなかった気がするのです。
確かに優しい男性でしたけど、
こういう役どころなら、
もっとキュン〜っとさせてくれると思うのです。
なのになんだか魅力中途半端な気がしたのは、
私だけでしょうか???

監督は、エヴァ・ジンという新進女性監督。
色遣いが、ロビン・リー(李芸嬋)監督に似ている。
が、エヴァ・ジン監督は空を飛んでるような感じだが、
ロビン・リー監督は地をスキップしてる感じの作風かな。
(抽象的な感想だ、自分で笑)

まっ、この映画は楽しいよ!



2010年11月14日(日) 韓国映画「悲しみよりもっと悲しい物語」

見てもイマイチなドラマや映画の感想は、
よほど何かないかぎりは書かないンですが、
というより書けないのです。

で、この「悲しみよりもっと悲しい物語」も、
どーしょーもない映画だったので
書かないでおこうかと思ったのですが、
あまりに主人公カップルの
自分たちだけの世界観、価値観の身勝手さが
目に余ったので、
「いい加減にしいやあ」と言いたいために(笑)
日記に書きました。

まあ、恋愛って結構周りが見えない
自分ら中心という世界ではありますが、
この映画はひどい。
特に、ボムちゃん演じる歯医者の人生はどうなのよ、
彼の人生踏み踏みして、
自分らの恋愛全うですか??という内容にプンプンです。

監督のウォン・テヨンssiは詩人らしいですが、
今後、監督としてはどうなんでしょう。

でも、そんな歯医者を演じてる
ボムちゃん(イ・ボムスssi)の演技が、
特に無言の表情で語る演技なんかピカピカ上手いんだな。
ボムちゃんのこの演技見られたのは、良かったです。
特に最後のエンドロール入る前の
ボムちゃんの表情、最高でした。

それから、しょっぱなから、
チョン・ジュノssiがご登場です。
イイ男オーラはないのですが、
そのオーラを見せない淡々とした演技も良かったです。





2010年11月13日(土) 最近の張學友さん

私ごとですが、仕事決まりました。
月曜から出勤です。
なんか、雰囲気は良いところだと思う。

で、先日前いた仕事場の同僚らと寿司ランチしました。
おしゃべり上手な彼女らの話に大笑いして、
(おかげで支店長とトラブっても楽しい職場でした)
彼女たちとはずっと友達でいたいなと
心から思ったのでした。


というとこで(笑)、
學友の次回ツアーのポスターも、
すごーくイケていて嬉しい私です。

最近ビジュアル的にちーともイケてない學友だっただけに、
今度のコンサート行くのを
実は止めようかなとさえ思っていたのです。

私は學友の歌も人柄も好きだけど、
ビジュアルも大好きだからね。
あの(髪型)で腰ふられても、
どうなのよって思ってたから(笑)。

でも↓今回のポスター↓、カッコイイ、
學友大好きだよン〜〜。




2010年11月11日(木) 台湾映画「海角七號」

遅ればせながら、
やっとDVDで見ました(汗〜)。

登場人物の個性的で濃いキャラ、
最高ですね〜。
みんな面白い、こんな街、楽しそうだ。
ストーリーにはちょっとキュンとするところもあって
しかも、墾丁の海の風景が綺麗〜

監督は魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)先生、
初メガホンでしょうか!?、
楽しみな監督さんがまた台湾に登場ですね。


そして、私、またまた惚れました〜〜

馬先念(マ・ニェンシェン)さんが演じた馬拉桑(マラサン)!(ハート)
もう一生懸命お酒売り込んでる姿と、
商魂逞しいだけじゃない
ちょっとウィットにとんだ感じに惹かれました。
こんな人が身近にいたら、毎日楽しそう。
演じてる馬先念(マ・ニェンシェン)さんって、
糯米糰(スティッキーライス)の方だったんですね、
知らなかった。
で、彼の歌とか聞いてMVも見てみたけど、
私、馬先念というよりかはやはり馬拉桑が好きだわ(笑)。
あの、映画の馬拉桑キャラが好き!





あとね、エンディングで流れた
梁文音(レイチェル・リャン)の「風光明媚」も
すごく気に入った。
OSTに入ってるかと思ったら入ってないのね。
なぜ〜〜〜??版権??すごく残念だわ。
レイチェルのCDにも今のところ収録されてないし、
↓こちらで↓楽しんでます。



2010年11月09日(火) 韓国ドラマ「白雪姫」

ヨン・ジョンフンssiを第一の目当てで見ました。
で、第二の目当ては、イ・ワンくん。
実は「天国の階段」を見て、イ・ワンくんファンになりました。
職場の女の子が「天国の階段」を見て、
寝ても覚めてもクォン・サンウLOVEになったらしく、
「是非見て〜〜」と推薦があったのですが、
私はイ・ワンくんに惚れました(笑)。

それで、この「白雪姫」、
主人公の女の子キム・ジョンファが
周星馳(チャウ・シンチー)のファンで、
部屋にポスターや切り抜きを貼っていて、
そのポスターや切り抜きが、
全部私が持っているモノで(笑)、
しかも「喜劇王」で感動する箇所も私と一緒で、
なんか親近感バリバリで見ちゃいましたよ〜(爆)。

ドラマは、キム・ジョンファが
3枚目キャラだった前半〜中盤が面白かった。
キム・ジョンファ自体も勢いのある演技だったし、
泣けるし笑えるし共感できるところがたくさんあった。
でも、後半、イ・ワンくんのおかげで綺麗な女性に変身したあたりから、
勢いもなく大人しくなっちゃうし、
元気もないしで、つまらなくなった。

前半、嫌な女キャラだったオ・スンヒョンの方が、
最後はものすごく率直な直球キャラで、
好感もてちゃったくらい。

ヨン・ジョンフンssiも後半が良いなあ、
イイ男キャラですよ。
イ・ワンくんは、ちょっと太りすぎ??
でも彼もイイ男キャラでしたよ。

で、で、で、もう一人、
このドラマのイイ男キャラ、
ケーキ屋の店長を演じた、シム・ヒョンタクssiだ!!
このドラマの中で、
彼が一番光り輝くイイ男キャラだと思いましたよ。
このドラマの登場人物の中で惚れるなら、
ヨン・ジョンフンssiよりも
イ・ワンくんよりも
↓シム・ヒョンタクssi↓でしょう!?と思うんだけど(笑)









2010年11月08日(月) 韓国ドラマ「カインとアベル」

実は私は、ソ・ジソプって
あまり好きではなかったの。
なんかこう「暗〜〜い」って感じがして。

でも、パク・ヨンハssiの葬儀でのソ・ジソプを見て、
また葬儀での行動などをニュースで知って、
ソ・ジソプの「心」と「気持ち」に泣けました。

芸能人って、どこまでが真実の姿かは、
よく分からないけど、
あのパク・ヨンハssiの葬儀でのソ・ジソプは
紛れもなく「真」だったと思ったのです。

あれ以来、私はソ・ジソプに対する見方が変わりました。

そして、主演ドラマ「カインとアベル」。
全体にわたり、ソ・ジソプの悲しげな憂いのある表情が多いためか、
どうしてもパク・ヨンハssiの葬儀での姿と重なり、
余計にドラマに気持ちが入り込んでしまいました。
それに裏切られても、良い人なんです、ソ・ジソプ演じる役が。

ドラマはなかなか面白い展開でした。
脇を固める俳優さんたちも個性的で、
ここではパク・スンヒョンssiが、
精神的に怖かったです(汗)。
そうそう、キム次長(クウォン・ヘヒョssi)、
相変わらずのキャラで嬉しかったです。



2010年11月07日(日) 「PLAYBOYS(プレイボーイズ)」のメンツの中に

チ・ジニssiのサイトで以前知ったのですが、
2011年1月2日(日)東京ドームで行われる
韓国スターさん所属する「PLAYBOYS(プレイボーイズ)」と、
日本プロ野球界のOB選手たちで結成された「ドリームチーム」との
球宴チャリティーイベント。

なんと、この「ドリームゲーム2011 in TOKYO DOME」の
公式HP見たら、
メンバーに
チ・ジニssiの他に
チュ・ジンモさま
マンちゃん(オ・マンソク)の名前が!!

私にとってもある意味、
夢の球宴だあ〜〜。
でも野球場は広いし、豆つぶだしなあ。

しかも1月2日って、お正月か、微妙〜。

他にこのメンツで壮行会とか
ファンミとかないかしら。
それだったら行きたいなあ。

「ドリームゲーム2011 in TOKYO DOME」



2010年11月06日(土) デリカシーなさすぎ

ということで、
新しい仕事探しなど始めてみました。

が、電話して「おいくつですか?」と聞かれ、
年齢を言うと
「うちは年齢制限あるんですよ」と言われ、
断られるパターンがあって、
「そうか、もうこの年齢というのは
好きな仕事も選べないのね〜」と、ちょっと落胆。

それでも、「面接に来てください」と言ってくれたところがあるので、
行ってみたら、
50代くらいの女性店長さん。
私の履歴書見ながら
「あら、○○(有名人の名)と同じ学校じゃない、
頭いいのね」と言われ、
一瞬「???」。
(○○さんは頭が良いかもしれないけど、
だからといって、同じ学校出身の私も良いとは限らないんだけど)
と、心の中で思うも「はあ(苦笑)」しか言えず。

で、問題はそのあと、
「配偶者いないのね、離婚したの?」
「なんで?浮気?イイ女にはしったとか?それともお金?」
「子どもに罪はないのにね」
「バツイチなのね」と、
すごくいやらしい感じで言われて聞かれて、
ものすごく不快感。
デリカシーなさすぎ。
今まで、こんな面接されたことない。

(そりゃ、離婚したけど、
いろんな理由があるし、
元旦那とは友達だし、子どもとも仲良しだし、
しかも×2ですから、私)
と、ぶち切れそうでした(爆)。

「いつから来れる?」と聞かれるも、
(こんな店長のところで働きたくないよ)と思い、
明日電話することになってますが、
「他決まった」(決まってないけどね)
って言おうかと思ってます。

それにしても、どうしてあんな人が店長!?



2010年11月02日(火) 水嶋ヒロ、受賞おめでとう

水嶋ヒロが『第5回ポプラ社小説大賞』で大賞受賞

すごいなあ〜

ペンネーム・齋藤智として素性を隠して応募

わお、やるじゃん

大賞賞金2000万円を辞退し寄付

かっこいいなあ〜


って、受賞記事に一人感動していたら

世間では、
出来レースとか、批判する人もいて驚き。

でも、私は、水嶋ヒロのファンじゃないけど、
絢香さんとの結婚のときも
結構な男気を感じて、好感を持ったよ。


私は素直に受賞おめでとう!と言いたいね!!


 < 過去  INDEX  未来 >


美香 [MAIL] [HOMEPAGE]