初日 最新 目次 MAIL


タマモクロスの日記
タマモクロス
MAIL
掲示板

My追加

2014年07月19日(土)
南侵2014

7月19(曇り)風2m 波1m 小潮 満潮22:03(169cm)干潮04:26(65.8cm) 月輝 49.8% 月出23:48 釣行時間23:30〜翌04:00



久しぶりに強引な釣りへ行ってきました〜
あらかじめ買っておいた生オキアミ6キロとクッサイ“( ̄*) (* ̄)”にんにく入りグレパワーを台所で混ぜてGO!GO!
本日、すでに帰宅後の魚処理どころか、行く前の段階から臭いのクレームが来ております(笑)
そんなクレームはほっといて、





潮汐はこんな感じ


到着したころから釣りが開始できるでしょうか?
現地に着くと、ザザ〜と大きな波の音がしまんな・・・
支度をして海岸に出ると、沖の背が一面真っ白
おかしい・・・天気予報では波1mのはずじゃがの〜

ポイントに向かうと、何も持たない二人組登場
安全ポイントまでいくも、全く無理な潮位
今行くとブーツ浸水確実ですな
ついてくる二人組の「何が釣れるか」とか質問に答えつつ、しばらくは潮が引くまでぼ〜っと星空の鑑賞
そんなええ一時を楽しんでいると、「ここって伊勢海老いますか?」だと





密漁かい!!





帰っていく二人をよそに、もう少し進軍するもトンネル前が渡れない・・・
30分後にようやく渡礁し、海水噴火ポイント前へ♪
着いたはエエが、サラシがすごいぞ〜(@_@;)
む・・・命の危機を感じるぞ

穴の前まで行くと、バッカンどころかワシすら持っていかれそうな波がたまに来る
少し高台で仕掛けを作ろうとしたその時!!、一際大きな波が







ザザ〜






ヤバイ!!





と咄嗟におニューの尺でバッカンを押さえ、大事には至らんかった(お茶は持っていかれました)
さぁ〜始めるべと撒餌を撒こうとするも上手く撒けまへん??
なんでだろう〜?と先っちょを見ると




めちゃブルーな光景が目に入りますわ


おいおい・・・
まだ全く何の活躍もしてへんのに戦死>しおりましたがな
やむを終えず釣り太郎へ尺を買いに・・・
確か
前にもこんなんありましたな(笑)
それも全く同じ場所で
学習能力ないんかい!!
いえいえ・・・
今回は撒餌は無事やから、ホンマちょっと進歩してますわ(笑)

気を取り直し、仕掛けを作ろうとすると、今度はドングリ浮の上にガイドが乗ってます・・・
以前穂先が折れ、強引にアロンアルファで接着した2番ガイドが外れてますな
修理せんのかと?思われるでしょう
はいしません
コロダイ狙い3号竿ですが、硬いだけが取り柄の安モンで、安モンはおニューで買うと安いが、修理に出すと高いんですな
中国とかインドネシアで作り、買うと安いが修理はmade in japan で高い・・・
ワシはサラにしたらエエねん!というのが嫌いですわ

ところが釣りを再開するためのアロンアルファは車の中・・・
釣る前から2往復半はしんどいぞ
湿度90%以上の中、汗びっしょりの中、改めて釣り開始♪

ゆらゆらと潮に乗り、時折止まるともう餌がない
エサ取りの活性はええようだ

浮はぴょこぴょこし、すぅ〜と入って




ウリボウ兄


最初に釣れるとアブレを考えキープしてしまいますな(笑)
続いてこましな浮入れで、ピラピラ〜と上がってきたのはイトフエ
おや?もう大物来襲のリーチ目イトフエがおいでなすったか!?
アカジャコ飛ばしてイトフエとは


もしかしてだけど〜





もしかしてだけど〜





デカいのが






ウロウロしてるんじゃないのぉ〜








はい。いてました




さらに15分後






35、40cmぐらいと釣りごろサイズが連荘
幸先ええ〜
さらに30分ぐらいして、浮き入れ合わしの後激走し、久しぶりにドラグを鳴らす奴に遭遇
突っ込みを強引にねじ伏せたのは、体高のある



45ぐらいの顔デカへ


あとは赤いのとか、50アップのコロとか、ジャンボイサキでも釣れたら帰ってええねんけど(強欲)
不埒な考えとともに、エサ取りが復活・・・
神はいつも傲慢な者へ天誅を食らわすようだ

1時間ぐらい掛からん当たりに翻弄されイヤキチに・・・
油断してると、突如として来るんやよね〜

チョンの後、一気に浮が視界から消え、合わす暇なく応戦
先手を取られつつも竿を立て直しましたが、テンション消失(-_-)
先手を取られると、合してないので針外れか、根ずれでプチになんのよね・・・
本日で一番エエ引きやったのぉ(無念)

チャンスよもう一度カモ〜ンと撒餌が底をつく4時前まで頑張りましたが、完全に潮も引き切り底が丸見えのワンドでは無理!!
エサ取りのあたりも散発になり撤収

久しぶりの南部はおもろかった
さぁ夏魚本番ですな







コロダイカルパッチョでぐびぐびっとな♪




楽しんでいただけましたらポチっとよろぴく〜



2014年07月07日(月)
団子対エビ撒き@堂浦

7月6日(日)長潮 曇り後猛烈な雨 風静穏から5mへ 波1m 干潮09:01(57cm)満潮16:18(98cm)釣行時間05:00〜15:00


前回から約2か月の徳島釣行
今回は学生時代のツレにも声をかけ久々の釣り
正直潮の良さげな先週に行きたかったが都合が悪く今週に
その結果は潮汐はこんなん


ついていきなり下がりまくりで夕方に向けあがりますが、恒例のいのたにで中華そばを食うためMAXは15:00なので、最初が勝負でイマイチ期待が持てんかも?

ちゃっちゃと用意して仕掛けを入れると、浮は左から右へ結構なスピードで流れます
おお!これはエビ撒いたら、広範囲に撒き餌が利いて鳴門のマダイカモ〜ンとちゃう?
速攻で撒き餌籠にシラサをたっぷり入れ、×2の撒き餌投下!!

刺し餌を付け仕掛けを入れると、浮がなじみ3m程潮に乗って流れ






コン!








キタ─(゚д゚(゚д゚(゚д゚(゚д゚(゚д゚)
 





過去のテメエに都合の良い記憶は人間疑わないものだ
当然このまま消込み、合わせてHITを思い描く
事実、浮は沈んでいったが再浮上やんけ・・・・
もう一発来ないかと10秒ほど待つがなんも

仕掛けを上げてみると、シラサが潰され頭だけ残っておりますな
む・・・
これは根魚系ではなく、鯛系、フグ、ハゲのいずれかでしょうね
しかし後者2者は、10mも下の棚で殆ど浮きには当たりを出さんよね?
とすると犯人はチャリコ
その答えは3投後に返ってきた

こっから連れと2人空振りの連発(笑)
チャリコ時々鯵あるいはトラハゼ時たまハオコゼ
久々に団子釣りをする連れは





当たりがあってオモロイそうな






釣り人は我儘なもので、当たりが無い時はエサ取りを欲し、エサ取りだらけの時はウザがる
コヤツ一つの境地を開いているかも

この時期マダイも棚は上がっているのであろうか?
ハネ狙いでしたらせいぜい4ヒロ迄なんでしょうが、団子釣果情報でマダイが釣れているのを見ると、棚は底のような気がします
ということで、愚直なまでの底狙いに徹した結果、チャリコばっかりでエビ撒き終了〜

キスも釣れるらしいので持参した青虫で探るも、最初の1投目にピンギスが釣れただけで、ひたすらトラハゼのみ・・・・
後で参戦した連れ2号も目立った釣果はカレイのみ
よって3人の中華そばいのたにレースは、10年ぶりぐらいに堂浦でチヌ(25儖漫砲鯆爐辰刃△(爆)がトップで、チャリコはカレイに負け、何とワシがケツでおごる羽目に・・・

む・・・
不完全燃焼どころか屈辱です(笑)
これから暑くなるので、
ア〜チチ♪ア〜チ燃えてるんだろうか?の夏の堂浦杯は来たくない・・・
再び訪れるのは、サヨリの足音が聞こえだす秋でしょうかね?



楽しんでいただけましたらポチっとよろぴく〜