初日 最新 目次 MAIL


タマモクロスの日記
タマモクロス
MAIL
掲示板

My追加

2006年06月21日(水)
期待してないもんね

6月20日(火)晴れ 長潮↓若潮 
干潮19:48 満潮翌01:39 風南南西3m
波1m 月出01:06 釣行時間22:30〜3:30


さーて、ワシの「ゴールデン月間」に続いて、明日は娘の誕生日だ。
娘の為に娘が食わん魚をしこたま釣って帰ろう。。。嫌がらせか?
ワシ的には仕事後、現場到着してじき満潮を迎える時間帯で申し分ない・・・
しかし、潮があんまり期待できませんな(^_^;)
最近通い詰め、少しずつ目の前のもや晴れてきた「峠」だが、8月中旬で車での釣行は不可能になる(ToT)
走り屋ゴミの不法投棄による近隣苦情が原因らしい(○`ε´○)
役所に「一狩人」として問い合わせたところ、非常に閉鎖を惜しむ声が多いとのこと・・・

なんとかならんもんだろうか?


[実釣]
誰も居ない海・・・
天空には満天の星・・・は居ない
心霊ポイント方面沖に闇に紛れるように漁火が一つ
他の船が来ると電球消灯ジーッ(¬_¬) 

密漁船ですな(−−〆)


さーて、こっちは降り口近所より開店
時は22:30
潮島&バイオマスター浅溝&タマモクロスの最強トリオ??
これから満潮爆釣タイム♪(^O^)♪☆
トトトトトト・・・・トトトトトト・・・・


#突入せよ#ゴロタ浜


第1投
ハトライトロングキャストが大きく放物線を描き、50メートル沖の潮目へ重力に引きずられ落下する・・・
当たりを鮮明にするために、余分な糸ふけを取るが、沖の浮きは左、ラインは大きく右へ流れるΣ(・д・)

「いつもそうじゃが、ここの潮はほんに複雑じゃけーのー」


しかし!複雑な潮流の中、流石PE!されどPE!
魚信が50メートル沖から伝播する!

コツ!コツ!グググゥ〜


ビシッとな♪と合わすが大量の糸ふけ・・・


乗りません(≧m≦)ぶっ!


浮きは合わしたにもかかわらず、あまり場所移動していないので、そのまま様子を見るが浮きは微動だにしない。
諦めて、少しずつずり寄せてくる・・・
餌は丸々残っており、ギザギザ等はない・・・
先ほどの当たりはメバルか?

扇型に引きずり、移動を繰り返したいが、沖へ投げ引ずるために、いつも潮上の手前はお留守になり「7の字、またはリバース7の字」の引きずり形になる・・
もっと早く巻くのであろうか?それとも近投も混ぜるのだろうか?・・
ムラなく探る方法は??
まぁ良い。できることをやろうo(^-^)o

移動しつつ、探りを入れると40メートルラインでコツン!合わすとこ気味良い引き( ̄∀ ̄*)ニヤり☆
手前で一気に重量が増し25センチ級?かと思ったら海草が巻きついてただけ・・☆ミo(《≧▽≦》)oミ☆ぶははははっ!!!


初物18センチ


沖でスカ針をかまされつつも、追加ないまま反応がなくなる_| ̄|○
近投で攻めると、浮きがボヨ〜ンと滲み合わすと、僅かな抵抗の後、潔く上がってきたのは、


ガシラ弟

何か沖の密漁船が嫌な雰囲気をかもし出す中、すまんガシラ死んでくれ!グサッ!
5分ほどするとガシラの呪いか?密漁船が見る見る近づいてくる・・・
ワンド中央40メートル沖に停船!えんや〜とっと♪作業開始!!
せんでよろしい(−−〆)



終わったな(ToT)


これからそっちを探ろうと思ってたのに・・・
密漁船は潮に乗り東へどんどん流されていく
海の果てまで流されていきなさい☆彡
中世では海の果ては滝になっており、地球を中心に天が回っていたらしい・・

その滝に飲まれよ!密漁船(−−〆)


しばらく入り口周辺を攻め、ワンド中央よりを休めよう(^^ゞ

機が熟したので、徐々に奥へ進撃するが、当然のように全く当たりがない
丁寧に潮に乗りながら、ゴロタ奥シモリ近辺も荒らしていきおったもんねFUCK!
あれからどの位のが流れたであろう・・
激しかったの流れも緩んだ01:00頃
手前15メートル当たりで、オレンジ色の電飾漆黒の海にその姿を没していく(^O^)
糸ふけを取ると遠慮がちな魚信が伝わって来た。
十分に食い込まし、ラインが直線になったと同時に合わすとブルブルッとした感触共に


メバル20センチ・・・は絶対に無い。

から揚げにちょうどエエやんとキープ。次いでミニガシラもすまんがキープ

沖の潮が完全に止まったその時は始まる・・・
浮きがぴょこぴょこした後に、今日一番の

「ゴツンとハンマーで頭を殴られたような感触」


が襲う(ちなみに頭をハンマーで殴られたことは一度も無い・・)

ちょうど海草ラインΣ(゜ロ゜;)のため逃してなるものか!
有無を言わさずバイオを巻く!巻く!!
強引な巻きに激しく抵抗し、ドラグが悲鳴を上げる。
残り5Mここが正念場!命のやり取りほど楽しいゲームは無い!!

生か?死か?


それは終わってみるまで分からない・・・


竿が折れよとばかりに弧を描き、


ドサッ!金メバ24センチ


地合い到来と急いだ次投、味方に被害が発生!
真っ暗な中、かすかに仕掛けが目の前に落ちたのが分かる。
糸を巻くがその質量は感じず??


ポッキン!被害額1200円


む〜・・・飛びゴンといいハトライトといいよー折れるわい(ノ゚д゚)ノ オオォォ
本日T○ートで購入した予備のハトライトを装着。
心配したは続行!コツコツと魚信が来るが乗らない当たりが続く・・・
何とかもう一匹追加したところで、T34のようなディーゼルエンジン音を奏でながら密漁船アゲイン!
あっち行けと意思表示をすべく遠投するが、敵はハトライト射程外。

好地合いの中、宴は終了・・・ああ無常
折角これからというときに無念というかなんちゅうか本中華。
あたりが明るくなりだした

マルヨンサンマル
04:30撤収





本日の釣果

しばし惰眠をむさぼり、10:00から
から揚げ上げてます・・・


怒りのグビグビ


ガシラの骨が歯茎に突き刺さり、思い出したように密漁船への怒りがこみ上げる
一方の密漁船もワシの歯茎のことまで知らんとのこと

もう一品は


薄造り

更にグビグビ再度お休み12:30ZZZZ〜
起きたのは17:00
無駄な一日過ごしちゃったよ・・・





2006年06月18日(日)
father's day

6月17日(土)小潮 干潮16:55 満潮翌00:31 風北北東2m 
波1m→1.5m 月出23:40 釣行21:30〜02:30


[お買い物]
昔、私の好きなGEORGE A ROMEO監督の映画にオムニバス形式「クリープショー」という映画があった。
その中にfather’sdayという話がある。
信じられないぐらい我侭で嫌われ者の親父がおり、いつも父の日には

 「父の日のケーキをもってこい(−−〆)」 


と相手の都合も考えず怒鳴り散らしていた。

この傲慢さが災いして、父の日に家族にぶち殺されるが、没後7年目の父の日によみがえるという話だ。
世の親父たちよ!こんな結末を迎えないように慎ましく、良い父を目指そうではないか(なんか後ろめたいことでも有るんか?)
今月はbirthday&father's dayのゴールデン月間だ!
ニューロッド「潮島1.5号」に続いて、



ニューリール*バイオマスター2500浅溝*


も買うてもうた(^_^;)



そして、小物類もなくなってきたため、小粒シモリ、ゴム張りガン玉、リチウム、フロロリーダー、


電気浮きと思っていた




PEにシュ
などを購入
もし見てたらVARIVASさん何本か送ってね♪m(_ _)m
おかげでワシの財政は火の車どころか



火達磨


からになった(ToT)


おおそうだ!これは父の日のプレゼントということにして家計で落としてもらおう( ̄∀ ̄*)ニヤり☆

「父の日の釣具を買え!父の日の釣りに行かせろ!」


「いっつも買ーて行っとるやろ!」ゴツン!ドカッ!・・・


[道中]
今日こそは「霊」ポイントへ行きたい・・・
ずっと前から某日記の記事が気になっていたのだ。
都合良く本日釣行開始が、ほぼ満潮ちょっと前のビックチャンス!



神はワシと戦いたがっている・・・目指すは天↑


いや待て!

天気予報を見ると波1M→1.5Mうねりそうだ・・・
タイトルからするとこれ以上のチャンスは無いのかと思えるが、あそこの波止は満潮プラスうねりで足元を洗いそうだ。
その波が人の手となってワシの足をつかむ・・!( ̄_ ̄|||)
・・寂しい・・お前も一緒に・・などと)

そして、この
アカン時に転進する気力も無い・・・
ということは


ゴロタですな



小島をスルーし横道へ逸れると、旧道は行く手を阻むかのような真っ白な霧に包まれる・・
バックミラーに移る路面は、にかき消され、今しがた来た道はすぐ後ろで途切れている!!


帰る道は無いのか?



エエ雰囲気ですな♪


道中がいつもより長く感じる・・
先ほど曲がったはずのコーナーが再度フロントガラス越しに見えると思ったら無事到着
先客は2台
カッコだけで防水性の悪い派手な合羽に着替え、ドロドロにぬかるんだ山道を下りる。
ここも霧が濃く、ほとんど目の前しか見えない・・・
泥沼ジャングル?ブービートラップ??、あの地獄を思い出す???ハァ????
泥濘と湿度に翻弄されつつも、ようやく浜に到着
真ん中当たりにアジ狙いの電気浮き二つ。
ワシは手前で店開き
潮島は2戦目。バイオマスターは初陣だ!
はたして、浅溝スプールの威力は?

[実釣]
まずはウォーミングアップに軽くポイッ(*・_・)ノ⌒*
PEラインが滑らかに放たれて、軽く投げたのに40Mラインに着水した。

エエ感じやん。。。


渓流のような流れが、あっ!ちゅう間に20Mほど電気浮きを運び去る・・・(; ̄Д ̄)!
仕掛けを回収しようとしたとき

「キュン♪」


いきなりでっか??


竿を立てると反応が無い





再度ひ弱な魚信が・・・


ピラピラピラ〜と上がってきたのは18センチほどのアジ実はアジのタタキが食いたかったんよ。キープ♪
この調子で行くと10匹ぐらいはちょろいちょろいと自惚れるとアジから交信途絶・・・(ToT)

真っ暗闇の中一人黙々と仕掛けを投げ続ける父がいる。
妻と娘に旨い魚を食わしてやろうとにも負けず竿を振る。
こういう父の背中を見て娘は育つのだ。
ちなみにワシの釣った魚をほとんど食わんのが切ないが。
父の直向さが通じたのか、
23:00頃・・・

「ゴツ!ゴツ!ギュン!」


やや抵抗を見せあがってきたのは20センチほど。。
それも。む〜そこかーー
思ったとおり、確変突入か??
同じラインを流すが反応が無い・・はぐれモンか?
引きずりに切り替えるとギュ〜ンとくるが乗らない。
この後ぱったりと反応が無くなる・・



早っ!


相変わらず流れも激早(ノ\/)ノ~┻━┻)


本日同行の最奥に陣取るS氏も釣れてなさそう

少々、当たりの無さ釣りにくさに退屈しだしたが、釣れ頃と思われる時間に
KATさん登場
うねりゴロタ上段まで打ち上げられているワカメを見て心配そうだ・・
闇夜の満潮前にもかかわらず、すこぶる反応が悪い!
01:00過ぎ・・
沖へ投げずりずりと底を引っ張ってきた仕掛けに

ゴツン!キュ〜ン


強めに締めたドラグからジリジリと引き出されます
気のせいかおにゅ〜のバイオ君のドラグの音がエエぞ
暴れたくるメバやん潮島を大きくしならせ

ドサッ!25センチ!


お次は右へ流して、浮きがみょ〜な動き?
聞き合わすと一気に走ります。
先ほどより強く締めたドラグから容赦なく糸が引き出されますΣ(゜ロ゜;)
根に潜られまいと巻きますが、反対にキンキン言わせながら糸が出る一方です。

やば!と思った瞬間かすかに魚信は感じますが・・・
右へ行っても左へ行っても緩めたり張ったりしても

無駄無駄無駄〜

巻き込まれました(/-\)

逃がした魚は大きいといいますが、もはや浮きの高切れが心配です・・・
もう一度大きくあおると、先ほどまでの負荷が一気になくなりガン玉ごと針飛びました_| ̄|○
この後は、20足らずのを一匹追加し、バラシ1回で終了〜


本日の釣果

マルサンマルマル
03:00撤収


04:10帰宅
朝日で明るみ始めた部屋で、一人自らに「父の日ご苦労さん」と労い


アジの刺身でグビグビっとな♪



2006年06月11日(日)
11回目

6月10日(日)曇りのち雨のち曇り 大潮 干潮23:54 満潮04:56
波2M 風東3M 月入03:45 釣行時間23:30〜03:30


本日で峠もはや11回目である。
なんか回数を重ねるごとに釣果が下がってきているような気がする・・・気のせいか?
ポイント、攻め方、ヒットポイントなどは少しずつわかってきたが、装備と腕のミスマッチ??により苦戦を強いられている・・
最近使用のPEというものは腕、竿、リール、浮き、波、風とのベストマッチを見出せば、ゴロタ浜において最強になるが,どれか一つ狂うとJOKERになりさがり、目下イライラは募るばかり(−−〆)
初回はビギナーズラックによりエエ目をしたが、現在ババ引きまくり(ToT)そして、一つの結論として、少なくとも遠投が必要なゴロタではロッドに関しては外ガイドと結論付けている(^^ゞ
浮きは光輝愛用だが、本日は初陣波止ライトに期待したい・・・

[実釣]
浜に下りると西風が強く、岬の左から右へかけて音を立てて吹き抜ける(; ̄Д ̄)!

いきなりでっか?PEには最もアカンがな(/-\)


インナーロッドと違い、全てのラインがむき出しのため非常に絡みやすく、そのしなやかさが仇になり風に流されること夥しい・・・
第一投は切れても良い飛ばないトビゴンで軽く投げる。
風に煽られ20Mほど・・・
次投も同じぐらい(−−〆)
ぱぴゅ〜んと気持ちエエのがない(>_<)のが切なく寂しい・・
ここで本日購入「期待の波止ライト」。
体が震えるほど全身に力がみなぎっているのがわかる・・・
横風に負けぬよう渾身の力を込めて



ファイアー



「ミシッ!」(; ̄Д ̄)!




という



とともに目の前に仕掛けが落ちるΣ(゜ロ゜;)


一方通行のように秩序よく巻かれていたはずのラインが


かた焼きそば状態(−−〆)

一気に不快指数という数字が沸点まで上昇・・
しかし!ここは大人o(^-^)o
もう1人のという名の自分が「まぁまぁo(^-^)o」となだめる

気を取り直し仕掛けを組みなおす。
今度はいつもの光輝
光輝といえど横風は厳しく20Mラインが精一杯だ(○`ε´○)
時が来るまでは20M=藻ラインを丹念に探る・・
これが今のワシの出来る全てだ。
何回かコツ!ググ〜という当たりがあるが針掛りしない(>_<)
アジとも河豚とも違うあたりだがフッキングせず。


スカ針を引かされつつ、十二分に食い込ませ、ようやくヒットした


金メバル


このあたりで、Kさんが探りつつこちらへ・・・
ここで一発、かっとび波止ライトに変更o(^-^)o
そして力んで一発


ビュン!バチ!?



バチって何や??




20M沖を飄々と漂う1300円・・・



つ、つ、つ、辛い・・・


自称グリーンピースの私としては、母なる海に石油製品を破棄した(*・_・)ノ⌒*自分に・・激しい嫌悪感
更に雨脚が強まりつつ、忍の一字で暗闇を彷徨うが、雨が本降りになってきた・・
背中まで雨が流れて無念の撤収

マルサンサンマル
03:30



貧果続きに頬を流れる涙・・
バカ野郎!泣いてなんていねぞ・・・
涙は心の汗だ・・・


次回ほんまに泣かしたるからな!!
メバルども



2006年06月09日(金)
新兵器

6月7日(水)中潮 干潮21:28 満潮翌02:51
波1m 風忘れた 月入02:01 釣行時間22:30〜03;00


[火曜日]
久しぶりに釣友チャンコノフより入電

「釣り行かんか」チ
「仕事につき今晩か明日の深夜なら」
「では明日」チ
「21:00頃来たまえ」タ

のわずか35文字で釣行決定(^_^;)
奴は4連休、わしはまだ4日仕事
まぁ良い。奴は全く休みがないので、行ける時に行っておこうo(^-^)o
ついでに新兵器?も実践投入しておこう・・・
そいつがこれ!


トビコン

本当は波止ライトを買おうと思ったが、号数が大きいのしか無くやむを得ずトビコン

そして、遂に


外ガイド潮島1.5号

シマノカタログを見まくった挙句に決断した・・・
まぁ中の下というところか・・
さーて、新兵器結果は如何に??

[道中]
久しぶりの再会に積もるバカ話も尽きることなくへ進撃する・・
餌も抜かりなく、TとKにて300円ずつ青虫購入
餌についてのチョイスは完璧だ!
後は変更した竿浮きがどうでるか?
駐車場に到着し、ちょっと恐怖の雰囲気に飲まれているチャンコに更に輪をかけるべく怖げな話を連発する・・・
「女子を連れて蛍鑑賞にええぞ」などといいつつゴロタ到着(*^-^*)

[実釣]
すばやく釣りができるように仕掛けは完成済みだ( ̄∇+ ̄)v
おっつきさんは45度の角度で煌々とあたりを照らす・・・
彼のモチベーションをキープするため勝負は01::00頃からであり、今は慣れない浮き釣りの練習に勤しむように進言(彼はルアーマンなのだ)
早速竿を伸ばし餌をつけ彼に渡す・・・(もちろんおにゅーの外ガイドを渡すが、本当はワシが使いたい)
第一投後、なにやらこちらに背を向けて怪しげな行動・・・
あんたまさか?来て10秒でワシのおにゅーロッド未使用を折ったんじゃあるまいな??とおもったら
「切れました(ノ\/)ノ~┻━┻)」チ
「・・・・・」タ
「まぁ、慣れんからドンマイドンマイ(−−〆)」タ
もう一本のインナーロッドを渡し、ワシは外ガイドの仕掛けを作り実釣・・・

ワシ第1投
後ろに落ちた??・・・何?
「浮き折れてますよ(ノ\/)ノ~┻━┻)」チ
「・・・・・・」タ
開始してその実力を発揮するまでもなく、僅か2分ほどで2本の新兵器は幕を下ろした・・・
一本は30メートル沖の波間に漂い



MISSINNG IN ACTION



もう一本は手元で



傷痍軍人




となった・・・


やられキャラか?_| ̄|○


ここでオレが動揺するのはマズイ・・・
チャンコが不安がるではないかジーッ(¬_¬) 
眉一つ動かさず続行!
気分新たに釣るが、外ガイド潮島もインナーロッドと同じく1.5号なのに、腰が無く何かぺらぺらで大して飛ばん(; ̄Д ̄)!
6月9日のマイバースデー(プレゼント、求む!)のプレゼントで買った期待の新星が・・・

何故じゃ??


糸にボナンザをし100%糸巻き巻きなのに・・・




当たりはたまにあるが、殆どアジのあたり(^_^;)
この際お土産を確保したいが、針掛りしない・・・
ワシは少しずつ移動を開始するが、静寂を破ったのはチャンコであるΣ(゜ロ゜;)

HIT!!


あ!バレタ(ToT)でもなんか居るような・・・

アジですな♪


ワシを差し置いて釣る奴をほっておき慣れない浮きもだいぶん様になってきているのでにでる・・
反応はまるで無い(ToT)
あの月がめっちゃ邪魔!
この間ワシはアジ当たりのみで、ベースキャンプへ戻ると奴がアナゴを追加していた(/-\)
時は02:00過ぎ・・
そろそろ本番5秒前!


HIT!!



をほざいたのはまたもやチャンコ


今度はメバルじゃ〜とのお声!


奴が釣れてワシも嬉しい・・・
でも少し殺意( ̄_ ̄|||) が芽生えてきた

さーてワシも集中集中!!
ラスト30分!




・・・・・




あれれ???



暗闇満潮後期待はずれ・・・(ToT)
下げのチャンスタイムは浅マズメだったか?
本日仕事のためそこまでは粘れまい・・・



マルサンマルマル
03:00悲劇の撤収


2重の新兵器が全くの期待はずれ・・・せめて潮島は何とか実践に耐えれるようにしなければいけない・・・

久々の再会、そして別れを惜しみそれぞれの道に旅立つ・・・
彼はこのあと武庫一へ行った・・・
徹夜明け、全長4キロ以上の武庫一死の行軍「テクトロへ」
何かスルメイカは爆釣したらしい・・・

ワシはな〜んもなし☆ミo(《≧▽≦》)oミ☆ぶははははっ!!!
メンツ丸つぶれ・・・








2006年06月05日(月)
いざ!

[到着]前回の続き・・・
駐車場に来てビックラこいた。
なんと!先客が8台もあるじゃないですか・・・
1人一台としても流す釣りもするため、かなり窮屈なんでないの?
この時点で移動しようかと思ったが、初志貫徹!

すると、まず二人組みがリタイヤですれ違う。
情報収集開始!
「どないですか」タ
「あきまへん」釣り人1
次にいつも男の子が座ってるイス( ̄_ ̄|||) に更に二人発見・・・途中休憩のようだ。
「釣れましたかな?」タ
「豆アジのみ」釣り人2

ふむふむ、人が減ることは良いことじゃ\(^O^)/
海辺までに赤い蛍?やケミ色の蛍が歓迎してくれる・・・
ゴロタまで来ると拍子抜け!先客は二人のみ??
やはり多数の車は魔界よりこられてるのか・・・

[検証]
第1投は軽くふんわり♪餌は通し刺
ポチャンと40m付近に着水。

ええ感じじゃ( ̄∇+ ̄)v


ゆっくり×2巻いてくると
反応なし(>_<)餌は付いている・・

第二投
今度は強めでパピュ〜ンと50m付近に着水!飛距離はノープロブレム
ゆっくり×2巻いてくると
反応なし(>_<)餌は通したところのみ残り、お後はチョンパ
反応ナシでもええねんo(^-^)o
いまは餌のチェックやから・・・
ほんでもって満潮4時間前で、三日月が目の前にぶらついてるから期待してへんねん


いや、もしかしたらチヌなんか・・・
ひょっとしたらグレなんかも・・・
あるいはハネなんかも・・・
最低でもアジなんかは・・・


って、かなり厚かましいか?


[餌編]
沈黙の中、仕入先を換え、付け方を換え実験を続けると、やはり動きのエエ餌の方に軍配が上がりそうだ。
付け方も通し刺し&垂らしを針に巻くことも効果がありそうだ・・・
気のせいちゃうか??ボソッ

次回石粉も買ってみよう

[飛距離編]
1-〃訛部から竿外に垂らすもかなり効果があり、竿内に巻き込むと3割は飛距離が落ちる。
しかし、これは頻繁に打ち上げられたワカメゴロタを釣るが(−−〆)、インナーロッドの宿命か?
カタログで調べると高級品でもトップガイド内径はあまり変わらんのでやむを得ないであろう・・・

2-,呂笋呂蟆嫉絽果は確認されたo(^-^)o
前回と風はあまり変わらんが、飛距離は雲泥の差がある。

3-.僖Ε澄璽好廛譟爾發泙△泙△里茲Δ澄
フルスイングについては終盤ではあまり変わらんようだ。尻栓を開けると水が出てくるヽ(´・`)ノ フッ

[結論]
PEのわりにそんなに巻き方を気にしなくとも、糸団子、穂先がらみがないところはインナーロッドならではの快適さがある。
しかし、飛距離の落ちる短所を補うには、追い風のような条件が要りそうだ・・
とすれば、やはり外ガイドですかな・・・

[実釣]
開始して3時間近くな〜んもなし(−−〆)
沖にほろうが、底を掻こうが、水面探ろうが豆アジ、ミニガシラすらなし(ToT)
目の前にぶら下がる三日月を打ち落とさん限り・・・・


月に向かってファイヤー


そして、あたりが薄暗くなった12時ごろ・・・


その時!メバルが動いた!!


私司会の 松平タマモ 定知 です


光輝がピョコジワーン

手元にゴツ!

竿を立てるとドキュン!!
すぐに抵抗を辞めるのは


19センチほどo(^-^)o



辺りは暗闇。さーて地合いが始まるぞ!!



・・・・・


おや?もう終わり??

満潮を向かえようやく、竿をひったくる当たり!
激しく抵抗する\(^O^)/
近くに来ても暴れる!暴れる!


ドサッ!


このあとは超期待はずれのガシラとメバルのみ
本日の釣果


微妙〜

まさに狙った時間から当たりだし釣れたが、結果が・・・・
また、考えて行った釣りも・・・・
やはり、ゴロタは外ガイドなのか?
安物インナーロッドの同士よ!意見求む・・・・



2006年06月04日(日)
悩み・・・・(?_?)

6月3日(晴)干潮17:42 満潮翌01:07 風北東2m 波1.5m
月入り0:26 釣行時間21:30〜3:30



木曜日は、まさかのボ・・・(ToT)
そして、一旦成功しかけたPE改の崩壊(ノ゚д゚)ノ オオォォ
対照的な翌日のTTEAM&Kさんの賑やかな五目達成ジーッ(¬_¬) 
その内容は「お魚天国」に出てきたかは忘れたが、メバルガシラハネアジ年無しだったそうじゃ・・・

リベンジじゃ!ゴロタがワシを呼んでいる!!



親孝行はどないしたんじゃ?などという質問はナシにして(^_^;)

母者を泊りで慰安に連れて行く予定は、
「泊りはいやじゃ!或いはママ(ワシの妻)が行かないやじゃ!」娘談
により中止



予定も無くなったので、ゴロタへ向けてレッツゴー( ̄∀ ̄*)ニヤり☆


メ 敵はゴロタ浜に有り メ


[検討材料]
前回のの最大の理由は、飛距離不足餌切れに尽きる・・
まぁ時が来れば近くでも釣れるが、やはり本流を直撃できた方がエエわな。
餌切れはもっと根本的で、餌の無い針って釣れんし時間の無駄ですな。
達人の皆様からすれば、こいつアホや何悩んどんねんと思われるでしょう・・・
紆余曲折、一歩一歩釣果アップに向けて精進しまっさ♪


飛距離不足の原因(ちなみに我が愛機はシ○ノインナーロッドIG HI-SPEED最下級品ですな)
1 リーダー結束部のトップガイド引っかかり
2 深溝スプール
3 ロッド内の水

1についてはリーダーをフロロ2M取っており、ハリスが約1M。
竿内に巻き込むと(内径1.6mm)すっと出ないためかなりのブレーキになると思われる。
[対応]
々膩廝械佑鮨發蕕祁訛部をロッドの中に入らないようにする。
∈本的に外ガイドに変更する


2について初回はパピューンと飛んでいたため、糸が放出するときにPEのしなやかさがより仇となってスプールに巻きつくため、よりブレーキが掛かる。
[対応]
_嫉紊鯀やしスプールの限界までPEを巻く
∪溝リールに交換


3について少しずつラインに付いた水がロッド内に溜まり、水がブレーキになる。
[対応]
.僖Ε澄璽好廛譟爾鯆犢塰茲砲垢
⊃綫擇譴領匹ぅΕ麕円の竿を購入(却下_| ̄|○)
MYロッドの説明書にあるように10回に1回フルスイング

飛距離の対応については
1−
2−
3−´
になりますな・・・



餌切れの原因
1 あんたつよ投げすぎ
2 餌が悪い
3 刺し方悪い
4 まとめると腕が悪いの一言

1については「ここはゴロタ浜!遠く投げたモン勝ち」のため力むが
[対応]
,笋錣蕕い竿に替えて竿の弾力を生かし衝撃を減らす
△笋辰儚哀イドで軽く行ってや

2については確かに持っただけで切れる青虫もある
[対応]
(数件の店で分けて買う
太く長い餌は使わない

3について
[対応]
…未兄鼻∨イせ鼻椰發蕕靴録砲亡く
▲▲泪竿哨好譴録棒茲鋭角過ぎて刺しにくい。ゴロタのみ針種変更
石粉など使い丁寧に刺す

4について
・・・・・・わかりゃ苦労せん

餌切れの対応は
1−選択肢なし
2−。佑韮械娃葦漾。砲韮械娃葦濆愼
  ∪擇貶の違いを良く見とく
3−,里澆笋辰騰↓は帰って気付いた(笑)
4 ララァよ導いてくれ


↑こーゆのって、芸能人のデビュー当時の写真みたいに何年かして見るとこっぱずかしいこと書いてるんよね・・・
さ-て、素人なりの研究は成果を見せるのか?

いざ出陣



2006年06月02日(金)
何でじゃ〜?

6月1日(晴)中潮 満潮23:32 干潮04:29 風北東1m
波1m 月入23:32 釣行21:30〜01:00


本日は第2回PE改のテストである。
これで成功を収めれば、ワシ的には本物である。
いや既に完成したとうぬぼれているかもしれない・・

最近泉南で知り合った皆々様は、金晩に出撃なさるがワシはちょっと無理・・
闘病中の父の面倒を一身に背負う母者の慰労を週末に行うため、やむを得ず一日繰り上げた。
フムフム親孝行な息子じゃてo(^-^)o

19:00丁度、職場を去る
満潮寸前の時間を大事にするため泉佐野まで高速ブ〜ン#
途中餌屋にて青虫600円購入
先客は軽トラが一台
サクッサクッと用意を整え、ジャングルの中に突入
ロープ場を越えると海面にケミホタルが見える。
50M級の距離だ。彼らもPEを使っているのであろう・・・

[店開き]
まずは軽く第1投・・・
おや?イマイチ飛ばんな(^_^;) 30Mラインか?
誘いを掛けつつ巻き、ちょっと気合を入れ第二投・・

ゲッ!ほんまに飛ばん!!

丁度先客の半分くらいの飛距離だ!( ̄_ ̄|||)
これじゃ話になりまへんがな(; ̄Д ̄)!
思いっきり投げると謎の餌切れ連発・・・

餌切れについて考えてみよう・・・
まず餌だ
前回の初陣と同じ餌屋にて購入。
仕入先は同じだ。針の刺し方も同じ。
違うとするとその鮮度?だが・・

仕掛けについて考えよう・・・
前回と同じPEである。
竿も同じ1.5号インナーロッドだ。
そして、竿は3日前に洗い、よく乾し、パウダースプレーもした。
ラインにPEコートもした。
浮きも光輝3Bを使用。リーダーもフロロ3号2Mと全て一緒。
思い当たる違いは、PEがおにゅ〜であったこととスプール一杯に糸が巻いてあったが
今回は前回絡まり20Mほど切って捨てたためスプールの外周より糸がへこんでいる点だ。

これらを検証すると
1 餌切れについて
餌の鮮度は、目に見えてそれほど違わないようだ。活きも良し。
但し、飛距離が落ちているので必要以上に振るスイングしている可能性はある・・
1.5号の竿が硬いのか?いや前回は餌切れナシ・・

2仕掛けについて
今回も糸が絡みさらに20Mほどカットしたあと、更に飛距離が落ちた。
なんかサミングのようにかなりのブレーキが掛かっているような感じがする。
とすればPE&インナーロッドではリールの限界ぐらいまで糸を巻いておかなければならないことになる。カットした分約40メートルぐらいの下糸を巻き足すということか・・・

[釣りに戻る]
さ〜て、釣りのほうは距離が出んのもあるが全く当たりナシ。
仰角30度ぐらいの方向に三日月がでてる・・
あと一時間ぐらいで居らんようになるじゃろo(^-^)o
少〜しずつワシは左へ移動して行き、手前への潮は右へ流れ、二時の方向へ浮きが漂うそのとき

クン!ビビッときたが掛からず(>_<)河豚臭い
もう一度同じコースをトレースするも生命反応はない・・

お次は真正面で左へ潮が流れているとき電気浮きが


ジワ〜ン


と滲み


コツン!ググッときたが
またもやスカ(−−〆)今度はメバル臭い・・チッ!
針を変えるも乗らない当たりに翻弄される・・・・
今度は右でピュン!で


15センチほどのアジ(>_<)


まぁ良い。コイツも10匹ほど釣ればタタキぐらいできるであろう・・キープ(´,_ゝ`)プププッ )



しかし、




この後、アジが姿を見せることはなかった・・・
真剣に本命狙いに切り替える(今までも真剣だった)
月もどっかへ行き、さあ本番!
30M沖真正面で、浮きが滲む( ̄∇+ ̄)v
ゴツゴツとの感触とともに、心臓もドクッ!ドクッ!と脈打つのがわかる。
慎重に食い込ましたのが間違い・・
速攻で海草に突っ込まれます(>_<)
強引に引くとヌルリと海草を引っぺがしたのがわかります。
ちょうど着物の女性のを引っ張り回転させ「あれ〜♪」と叫んでるようです。
気分は悪代官ですな((┗┓( ̄∀ ̄)┏┛))
海草を抜けたのはエエが、今日はサバもあるんちゃうん?などと邪なことを考えており、ドラグを緩めておりました・・
めばやんは操を守るため、再度帯び海草を纏おうとします。
もう一度突っ込まれましたが、めばやんの抵抗もむなしく波打ち際にその姿をさらけ出します・・( ̄∀ ̄*)ニヤり☆


うひょ〜デカイ!



贔屓目に見ると30センチほどありそうですドモ O('∀'o)(o'∀')O ドモ


キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!!!!


新記録です







ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ・_・)┘



・・・・・・・




☆ミo(《≧▽≦》)oミ☆ぶははははっ!!!

逃した獲物は大きいというが、
このあとはめっきり当たりもなくなり、飛距離も20Mぐらいに落ち込み




マルヒトマルマル
01:00まさかの?玉砕


こういう心の弱った人に憑いてくるのよね・・・

[帰宅]
クーラーーバックの中にはアジが一匹
眠い、メンドクサイ、いっそのこと捨てたい・・・
しかし、それでは死んでいったアジに申し訳がない


理科の解剖




コイツでグビグビ


たらん・・・





釣り行ってこんなん食いたないぞ


焼酎のお湯割り焼酎4、お湯1の割合で3杯飲んでふて寝ZZZZ〜