読書記録

2011年04月29日(金) あんご愛加那              小石 房子


 あんごとは 薩摩藩の流人の島だった大島で本土から来た役人の身のまわりの世話をする島妻のことである。
そして 愛加那とは島津斉彬死去のあと、大島に流された西郷隆盛の島妻の名である。

西郷の奄美潜居を支え、菊次郎・菊草(菊子)という二人の子をもうけながらも西郷に引き取られた子どもを思いながら、寂しさに耐え一人で死んでいった愛加那の物語だった。

菊次郎は最初こそ シマジンと差別されたがアメリカにも留学して西南の役にも参加して右足膝下を切断という不幸はあったけれど、その後はその頃日本の統治下にあった台湾の宜蘭庁長(県知事)にも京都市長にもなった。

だが 娘の菊草は西郷の従兄弟である大山誠之助と結婚したものの西南の役後、自暴自棄になってしまった夫ゆえに経済的に困窮して結婚生活はあまり幸せではなかったようだ。

そして 愛加那は菊次郎とは島を出ていってから2度ほど逢ったけれど、菊草とはついに逢えぬまま亡くなってしまうのだ。


作者があとがきに書いた言葉が私の胸に残る。

たとえ自立しても、子どもは生涯母親の体内に生き続けるのです。自立は大切ですが、孤立ではないのです。動物は子離れが出来ますが、人間は母子の絆を絶つことが出来ません。人間だから出来ないのです。
















2011年04月20日(水) 白い道             吉村 昭

 
 私はこの作者の小説は『落日の宴』という幕末の勘定奉行川路聖謨を書いたものしか読んでいないが、とても丁寧な小説と感じた。
折りあれば他のものも読んでみたいと思っていたが、今回 このエッセイで作者が戦史小説も書いていたことを知った。
最初はノンフィクション物を書いていたが戦史小説へ、そして歴史小説に変えていった理由が書かれていた。

 あの時代 戦前と戦後では教育も人の考えもイヤでも変らざるを得ない状況で、自身が体験した戦争の姿を見つめ直すことにもなったからだという。
そうして戦史小説を書きつづけるが、話を聞きたい人の数が減っていく。
体験者、経験者、証言者、技術者の話が聞けなければ、作者の小説手法は段々手詰まりになって行く。
だんだんと戦史小説を書かなくなってそして歴史小説を書くようになる。

 その中では歴史小説と称する以上、史実を物語の展開のために改竄してはならないと考えたようだ。さらに歴史資料以上にもっともっと細かい様子、
たとえば天気や風景など、詳しく現地へ行って資料を探し出し、それを元に小説をよりリアルに描こうとする。
 つまり書くものは変わったけれど、戦史小説でも歴史小説でも、事実を動かさず調べることの方法や材料は、生きている人からの証言から、文献や現地調査と変わっただけであり、ともに同じやり方だと言っているのである。

とても正直で実直なお人柄だと感じた。

 そして本書の中で、作者は歴史小説を書くに立っての姿勢を次のように述べる。
「歴史小説にあっては、史実と史実を埋める部分は、創作によらねばならぬが、 その創作も恐らくこうであったにちがいないという確かな根拠から発したものではならない」
作者は、その史実と史実を埋める作業が、作家としての楽しみであるという。

そんな作者のおかげで私たちは小説の世界に飛び込んでいけるのだ。


 作者は旧制中学校を卒業した年の8月15日に浦安の廃業したクリーニング屋の前で玉音放送を聞いた。

私はクリーニング屋の前をはなれ、造船所に通じる入江ぞいの道を歩いた。路面は白い貝殻屑におおわれていた。
空はにぶく光り、白っぽかった。
戦争に負けるということは白いことなのだ、と妙なことを考えながら、私は白い道を歩いていった。













2011年04月11日(月) 平家物語            永井 路子

 平家物語を概要しか理解していない私にはこの本は現地説明つきの導き本のように感じた。

平家物語の数多い登場人物のなかから重盛、維盛、重衡、建礼門院徳子に焦点を当て、辿っている。

そして作者は『平家』は史実を必ずしもそのまま伝えていないと言うのだ。

 『平家』の舞台はかなり広い。
その中で、あえて私が重盛、維盛、重衡、徳子の世界を辿った意図は、もうわかって頂けたと思う。彼らはフィクショナルな要素の大変多い人物である。‥。が、それゆえにこそ、私は彼らが最も重要な部分を受け持つ登場人物だと思うのだ。『平家』の作者は、彼らを実像と違った人物に仕立て上げることに全力を注いでいる。もの書きの一人として、そう思わざるを得ない。そこで『平家』が言いたかったのは何か?
一言でいえば、滅びの中に救いはあるか、ということではないか。
悪人にも救いがあるか、という問題提起は、当時の人の最も知りたいことではなかったか。


いくら小説家とはいえ ここまで『平家』を読みこなせば正に職人だと私なんかは思ってしまうのだ。


<女性作家が古典の舞台を旅して綴る書下ろしエッセイ・古典の旅А








 < 過去  INDEX  未来 >


fuu [MAIL]