世瞭記...

 

 

最近、(すごいブラック思考) - 2005年05月26日(木)

幸せになりたいと思えない。
むしろ幸せが怖い。
もう、この手に負えない。
わたしがいなくても、せかいはうごいていく。
かんたんにおきざりにする。

もう自分がどうなってんのかさえわかんないし、
鏡を見ればいつだって、ぶさいくな女がそこに立っていて
なんかその顔をみるとすごく悲しくなる。

疲れ過ぎて動けないのか、
怖いから動けないのか、
動きたくないから動かないのか、
また裏切られるだろうから動けないのか。

そもそもここから動く必要なんてあるのか、と疑問に思う。


何に疲れてるのかな。
何に怯えてるのかな。


ただ、よく分かってる事は、
【現実に救いなんて一切ない】とゆうこと。


非現実に逃げ込むことのみが私を、救ってくれる。
なんでだ、言葉にすると、悲しい

痛みは癒しなのだろうか。
だから私は痛みを抱えたまま放せないのだろうか。

自分のこころが見れたらいいのに。
こころの傷がみえたらいいのに。
見えないから、自分でもわからないんだよ。
わかりたくもないのかも。


こんな暗い日記書くこと自体、
幸せな人がやることではないし、
でもわたしが贅沢だったからいけないのかも。
全部失ってやっとわかったかもしれないこと。

怖いというか、うまくできないというか、ひとりのほうがいいというか。

だけど時折、不意に襲ってくる寂しさはなんなの。
だれのせいなの。




今日、すごく楽しくて幸せで嬉しい夢を見た。
(´ー`).。oO(もうこうなったら、今の楽しみは現実逃避と寝る事だけなんだよ)

あの人と自転車に乗っていた。
世界が明るくて、光がきらきらしていた。
いい夢だった、もうどうしていいかわかんないぐらいに。
夢のなかの私は、はしゃいでいて、まさかこれが夢だなんて思ってもいなかった。
ここが、現実だと信じきっていた。

目が覚めないまま、あのままもう二度と起きる事がなくても特に悔いはありませんでした。
そっちの方が幸せだった。

目を明けたら、明るい世界がいっきになくなった。
きらきらした光や、青い綺麗な空や、彼の綺麗な髪は何処にも見当たらなかった。
なんなんだ、と、胸がドクドクいう。
見慣れた天井が見えたけど、認めたくないよ。
もうほんとは気付いてる。
意識の底で気付いてる。
夢の中の光は、現実の、白っぽくて安っぽい、
わたしにとっては残酷な朝の光にどうやっても勝てないのに。
私はこんな世界で呼吸を繰り返さなければならないなんて。

涙が出た。
止まらなかった。
また電車に閉じ込められて、強制的に生かされて。
いや、死ぬことだってできるけど多分それは許されない。


あんなに幸せな夢を見て、
こんなに辛い現実にかえされて、
手をのばすことすら叶わない距離が。

きみは、どこに いるの?




一瞬で消える、儚いしあわせ。
確かにわたしはそこにいたのに。
ゆめなんて、みえなければよかった。





...

混沌(ちょっと電波) - 2005年05月23日(月)



…さいのう、ない。
しってるよ。

やるまえから だめだって いって にげるのは ひきょう ですか 。

だって むだな どりょく は したく ないの 。

むだ  ?


たった ひとり で ちいさく わらう。

あの じかん ぜんぶ むだ だったのかな。

あたしの うまれたこと ぜんぶ むだ なのかな。

さいごに はなを さかせて 、

むだ じゃなかったと わらえたら よかったのに。


むだ になっちゃった  。

どうすれば い い の  ?


はな は さく まえに ちってしまったんだ 。



ノイズ が うるさくて 、 

ひどい めまい  と

吐き気 が  する 。

もう  ここ に たてない 。

おせん された くうき と

でんせん に つながれた ざんこく な 。





きれいな そら に かえりたい。 








...

すごく久々に日記を書いてみる - 2005年05月16日(月)


私は未だ、生きています。(´∇`)ケラケラ

今日は寂しいことがあった。

傍観者で、友達とは呼べない友達((゚Д゚ )ハァ?)に、

「あなたのことを友達と思ったことは一度もない。

唯、一緒にいて楽だから一緒にいるだけだよ。」

って言おうとしていた。

私は彼女が憎かった。

でも今の私には一番近かった。

なんでこんなことを言おうとしてたんだろう。

とにかく、脳内で何度も言った。



彼女は新しいHPを作ったらしい。

私にはURLを教えてくれませーん。゚(゚´Д`゚)゚。

まぁ、聞かなかったの自分なんだけど…

でもすごく疎外された気がした。

今日、他の友達じゃないけど(ry な人にURL教えて貰ってひっそり

覗いてやったさ!!ハ−ッハッハッ!!(・∀・)(変態ですか…)


意外に色んなことを考えていた。

わたしはそんなことさえ、しらなかった。

そして一昨日、彼女の誕生日だった。

すっかり忘れてた。

もう私は人として終わってると思う。

なんでこんなになっちゃったんだろう。




そしてHPには彼女の友達がたくさん遊びに来ていた。

あぁ、そうか、「友達だと思ったことは〜」って、私が言う前に、

彼女はそういう想いを私に抱いている。

消えてもどうでもいい、みたいな。

あぁ、言わなくてよかった(´ヘ`;)

身のほど知らずだ…○| ̄|_

彼女には必要とされる人や、必要とする人がいて、

もうそれは、とても自分には入りこめない世界だと思った。

思い上がっていた自分が恥ずかしい。

私には何も無い。

彼女と私を比べても、ないものねだりにしか過ぎない。

「人は人、自分は自分」って、なんて前向きな諦め方なんでしょうか。

いつか、前みたいに戻れるかな。

それとももう、無理かも。

今まで失くしたものや、

煩わしいから、と自分で捨ててしまったものを

思い出すと涙がでそうになった。




きっと、私がもっと本気で彼女と仲良くなりたいと思ったなら、

心を全部開いて信じようと思ったなら、

きっと彼女はそれに答えてくれるだろう。


あの時からそういうことは止めた。

だって傷つくんだもん。

本気で信じてた人に裏切られるぐらいなら、

もう人なんか本気で信じないでおこうって。

それで裏切られても痛くはないからね。


いつからか捻くれて、もう真っ直ぐならないぐらい曲がってた。

そもそもあたしは、あの時、

本気であの人を信じていただろうか。

心の底から信じていただろうか。




過失を責めても遅いのは知ってる。

冷たさには同じだけの冷たさがかえってくることだって知ってる。

どうしたらいいんだろうなぁ。

もうあたしは無理なんだろうか。

いつも悩んでる。




素直じゃないから。

素直になれないばかりにどんどん傷を抱えて

自分の壁を厚くしてしまうんだ。

これからのことを

人の所為にしないで

ちゃんと考えなあかんなぁと深く思った。




...



 

 

 

 

INDEX
past