Felixの日記

2005年04月30日(土) さて今日は/行ってきた

桃太郎でユースVSグレミオを観てこよう。
1日はビッグアーチ、
3日か4日でもみじカップ、柏ユースかベルマーレユースを観て、
5日は広域公園で順位決定戦、
という感じに。

広島ユース0-3グレミオ
グレミオは強い。テクニックがある上にフィジカルが段違い。サンフも決定機を作り出してよく戦ったけれど、力どおりの結果になったというところ。ブラジルにはこういうのがゴロゴロしてるなら、そらU-20日本代表もなかなか勝てんわ。ブラジルは奥が深いぜ、と再認識。8番のレドンドみたいなボランチ、ルコスくんは素敵だと思った。

カープVS読売
新井の同点ホムーランには思わず
「アララララ―――イ!」
とマケドニア風に叫んだ。TVの前で。
中継が終わったあと9回に江藤のヤローに突き放されたがその裏今度は前田のホムーランで追いついて、最後は10回裏、代打・浅井の犠牲フライでサヨナラ勝ち。読売に勝つのは大変気持ちがよい。

スパサカ
サンフは珍ゴールの宝庫。
1.南が手でバウンドさせたボールを上村がさらってゴール
2.小村のクリアを上村がチンゴール
3.南の伝説オウンゴール
あと、ディドさんの恥ずかしいとこ二連発(味方のクリアが顔面直撃はね返ってゴール&バックパスをチョロキック、目の前のプロタソフが受けてゴール)も面白かった。

もうひとつ、アウェイ北朝鮮戦がFIFAの裁定により第三国で無観客試合になった件で何人かのコメントが流れたが、
「残念です」のヨンハッ、
「ブーイングがあったほうがやる気が出るんですけどね」のガチャピン、
「どんな状況であろうと勝点3を取るだけです」のオサレさん、
といった中で、

「平壌じゃなくなってよかったですよう」

と一人弱気な発言だった加地さんに萌え。



2005年04月28日(木) CD棚移動。

 しかしサンフ、ロスタイムにPKで追いつかれるとは。
 また後半ペースを失ってボコボコ攻められたらしいし、そういうところの修正ができていないようだ。新潟戦ではそういうことがないように!

 試合中はちょっと部屋の大CD棚の移動作業を行っていた。この棚を支配しているのは、ヘンデル、大バッハ、メンデルスゾーン。バッハとヘンデルが各二列半を占拠し、メンデルスゾーンが二列占拠。余った場所へオペラと主にロマン派以降の声楽曲が突っ込まれている。同曲異盤が多く、作品の種類はあんまり多くない。いかんな。
 別の棚は「古典派・バロック以前の作品棚」、「モーツァルト声楽作品棚」、「声楽曲以外の作品総合棚」のみっつ。どれも飽和状態に達しており、当分は新しいのをむやみに買わずに今あるものをのんびり聴いていくのが吉のようだ。TVやラジオをまめにチェックするか。

 とか言ってるけど、先日の神戸戦快勝後に広島パルコのタワーで大バッハの無伴奏チェロ組曲(ソニー)とミヒャエル・ハイドンのレクイエム&シンフォニア集(MD+G)を買ってしまった。ポイントカードの期限が切れそうだったし。
 無伴奏チェロ組曲は、ストラディヴァリウスのチェロを用いたアンナー・ビルスマ二度目の録音。知人がカザルス盤を持っており、ロストロ先生かビルスマか、ビルスマ盤は一度目・二度目の録音どっちも並んでいたがどうすべえとしばらく悩んだ末、一番安いやつにした。といってもビルスマは好きなアーティストなので、問題はない。
 以前無伴奏チェロ聴こう〜と思って棚見たら一枚もなく、アホか自分はと思って今度買うぞ、と思っていた。夜かけると、安らかに眠れます。
 ミヒャエル・ハイドンのレクイエムその他はスイス室内合唱団、ローザンヌ室内管弦楽団による。演奏団体から想像できるような、トゲのない暖かい演奏。モーツァルトのレクイエムの元ネタのひとつとされるが、ざっと聴いた限りでははっきりとはわからない。ヘンデルの「キャロライン王妃の葬送アンセム」冒頭合唱(イントロイトゥスに使用)や「デッティンゲン・アンセム」あるいは「ヨセフとその兄弟」の終曲合唱「ハレルヤ」(キリエ・フーガに使用)ほどではない。なかなかいい曲。M.ハイドンの宗教曲はけっこうあるが、CDがあんまりないのが残念。

 29日は部屋の中をまた少し動かして、30日は岡山へユースとグレミオの試合を観に行こうか。



2005年04月27日(水) 錨キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 ユース昇格五人の中で唯一ベンチ入りのなかった錨弔長居遠征メンバーに加わった!サテライトでは冷静沈着なボールさばきで中盤を支え、また前線への飛び出しでPKをもぎ取ったりとコンスタントに活躍。昨年からサテライトに出ては観衆を唸らせていたクレバーな彼は、実用度という面においては俊介や一誠より勝る。アウェイ戦ということで出番はあるかどうかわからないが、出たらいっちょかましてほしい。
 心配なことがひとつ。昨年のJユース杯決勝では、長居のオーロラビジョンが「鼻廚了を表示できなかったのか、彼だけ「クワダ シンイチロウ」と半角カタカナで表記されていた。明日もそうなってしまうのだろうか。用意しとけ長居。

 しかしシェフチェンコは速い。カカもいい仕事した。こっちはミランで決まりか。



2005年04月25日(月) calamitatis et miseriae

 JR福知山線の大惨事。日本でこんなことが起きるとは信じられないほどのひどい事故。大学のときは阪急を主に使っていたので、宝塚線を使ったのは城崎へ行ったときと、阪神・淡路大震災のあといったん実家へ帰るときに使ったくらいだけど…しかしJRのあの快速電車がどうやって脱線するのか。TVで流れた負傷者・死者の中に知っている名前はなかったけど、ひょっとしたら…と思ってしまう。あの時間にあの電車に乗っていそうな知り合いはいないけれど。亡くなられた方には心からご冥福をお祈りします。負傷された方は早く心身ともに回復してほしい。そして警察と国土交通省、JRは事故の一刻も早く全容を解明して今後に活かしてほしい。置き石をした奴がいるのなら、とっ捕まえて車裂きにせにゃならん。心情的には。

 関東学生リーグ、ユース卒の中野・松岡のいる法政大が頑張っている。筑波大のDF川端は4節で3ゴールと攻撃面でも大活躍。2部・青山学院大の田坂は2アシスト、対馬1ゴールと活躍中。現在下位に沈んでいるが、1部目指せ。



2005年04月24日(日) やっと直った

 9時過ぎ、ウイルスバスター不具合をやっと克服した。CPU負荷100%状態で動作が極端に遅いが何とかギリギリ動くので、根性でウイルスバスター起動してネットにつなぎ、最新ファイルダウンロードから再起動。セーフモードでパターンファイルを手動削除すればよかったのか。でも直ったからいいや。ここもゆるゆると更新していこう。

 元気のゴールは見事なヘッドでございました。それまでに決定機を外していたようだが、何とか最後に帳尻を合わせたか。前線からのチェイスとスペースへの動きは相変わらずいいようなので、突破力と決定力上げていけ。勝点3をもたらすのだ。そして西嶋、ついに中盤起用おめでとう。卓人はあとどれくらいで復帰できるのか。
 松浦もそろそろゴールしろ。練習試合やサテでゴールしても意味ないぞ。自分を評価してくれた都並監督を助けてやれ。

それはともかく、暫定3位キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

3位確定キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!桜井ナイス。
それにしても人間力はものの役に立たぬことよ。現在においてそこそこの選手をそれなりに使いはするが、一流の選手を輝かせることができぬ。まずJ2かJFLの監督やってはいかがか。



2005年04月22日(金) GWのサンフは

4/28
19:00 J1第8節 VSセレッソ大阪(長居)
19:00 広島トップリーグ・広島ユースVS国体成年選抜

4/29
11:00 プリンスリーグ1次ラウンド第5節 VS多々良学園(多々良G)
*吉田ではAブロック・国泰寺VS県工が11:00より、
Bブロック・観音VS皆実が13:30より。
国泰寺は勝利すれば上位リーグ進出濃厚、
そしてBブロックは文句なしの好カード。

 日本クラブユース選手権U-15広島県予選?

4/30
11:00 親善試合・広島ユースVS岡山選抜(?岡山市内)
15:00 親善試合・広島ユースVSグレミオFCユース(桃太郎)

5/01
16:00 J1第9節 VSアルビレックス新潟(広島ビ)

5/02
16:30 練習試合・広島ユースVSベルマーレユース(吉田)
16:30 練習試合・広島ユースVS高知中央高校(吉田)

5/03
11:45 もみじカップ・VS広島皆実(吉田人工芝)
13:45 VS開星
*対抗戦の部のBチームは、皆実Bと13:30、16:15の2試合。

5/04
10:45 もみじカップ・VS徳島商(吉田人工芝)
*Bチームは、13:15よりもいっちょ皆実Bと試合。
16:00 J1第10節 VSジェフユナイテッド千葉(市原臨海)

5/05
もみじカップ・順位決定戦(おそらく広域公園)
Bチームは、吉田運動公園にて10:00より高知小津高と試合。

  
5/08
10:00 練習試合・広島ユースVS長崎日大高(吉田)
15:00 J1第11節 VS横浜F・マリノス(広島ビ)


というところか。ユースはほとんど休みなし。
もみじカップは、関東からベルマーレユースと柏ユースが参加。柏の柳澤くんはまだ見たことがないので、観てみよう。
*柏ユース
5月3日 16:15 VS県工(揚倉山上G)
5月4日 10:45 VS作陽(東広島運動公園)
    14:30 VS奈良育英(同上)
*ベルマーレユース
5月3日 13:45 VS各務原(みよし運動公園)
5月4日 10:45 VS国泰寺(マツダ健保郷原G)
    14:30 VS香川西(同上)

ユース出身者が多くなった関西学生リーグの日程はこちら
関大に行った大屋翼、先日の大体大戦で早くも先発しとる!桃山学院へ行った田中祐樹も16番というかなり若いナンバーをもらって、ベンチ入り・途中出場しているようだ。

今週驚いたこと:
*武装錬金打ち切り
確かにバトルシーンが淡白で武装錬金のギミックもアレだったが、パピヨンは最近出色のキャラだっただけに残念。最近のジャンプ読者はどういう感性してるんだ。ていうかジャンプ向きの作品ではなかったが。

*新教皇決定した日のNHK19:00からのニュース
サン・ピエトロ大聖堂のでっけーミニチュアが出てきて、「新教皇が決まったときにはこの煙突から白い煙が出ます」と畠山智之アナウンサーが言って「いいですか?」と何やら操作すると、煙突から白い綿がムニムニと出てきた。そんなことのためにこんな大掛かりかつおチープなもん作った、NHKの妙な力の入れように笑った。CG制作費用なかったのか。

*「あおいきば」再登場
モンゴルの民はもっと遠くに住んでるんじゃないのか。北方騎馬民族とはわけが違うぞ。だんだん何でもありになってきた。でももうすぐ終わりだし、ハデに盛り上げてほしい。史実ではのちに蜀と戦うことになる牛金も殺しちゃったし。関羽の額の矢が抜けちゃったのは少し残念。成何も矢に手をかけて押し込もうとしていたのだが…あとちょっとで脳組織をかきまわして破壊できたのにな。

*フレッツ・フォン・シュトロハイム登場
フレッツじゃNTTだろ、フリッツじゃないのか!と思ったが、シュトロハイムキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!…でもあっという間に…!それはともかく、合衆国大統領まで登場して怪しい話の展開に。「アリマタヤのヨセフ」「古地図」「死体捜索」「ジョニィの左腕」…アリマタヤのヨセフはイエスの遺体・ロンギヌスの槍・聖杯・アーサー王伝説などに関わる人物だけに、これからはオカルト・ファンタジー色を強めていきそう。あとノリスケ・ヒガシカタはいつ出てくる?

*PS2のロマサガ・ミンストレルソング
「ころしてでも うばいとる」の選択肢が消滅らしい。

*紅の豚見忘れた。



2005年04月20日(水) 俊介左WB。

 U-20日本代表候補合宿、千葉との練習試合で俊介は左WBだったようだ。そんなアホウな使い方するのなら、もう呼ばないでほしい。サンフでレギュラー出場しているほうがいい。チームの主力を本来と違うポジションで招集して無為に使い潰すのはやめてほしい。
 試合は、マリオ・ハースが物凄かったらしい。



2005年04月17日(日) 勝った勝った

 かなり久しぶりの「スッキリする勝利」だった。

 それはそうと、帰る前に水曜日のヴェルディ戦(スカパー録画)を観たのだが、ヴェルディのユニの肩の所のラインを見て、

「ゴーズ騎士団・・・」

と思った。



2005年04月14日(木) ゴシカァン

 そういえばこの前の日曜日散髪に行った時、待ち時間中にやっとジャンプの「ドーピングコンソメスープ」のところ読んだ。面白すぎて笑いをこらえるのに苦労した。

 所属している合唱団の演奏会が来月に迫り、時間もないので水曜日に臨時の練習が入ったため、緑戦の間はずーっと歌っていた。休憩もないので、今どうなってるかなーと思いつつもとりあえず練習に集中。
 花粉症だと、息が鼻に抜けないので非常に歌いづらい。高音を出すのが非常に苦痛。ヘトヘトになりながらも21時ちょっと前に練習終了、すぐにTSS携帯を確認すると、予想もしていないスコアが。速報トラブルで前半の状況が全くわからんが、とりあえずカズが2ゴールにガウボンが決めているのか、前半の先制点は誰だ、とJ'sゴールを開いて、

俊介キトァ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

速攻で家に帰り速報J見て、orz。以後のスポーツニュースも見て、使えんTV局どもはとっとと買収されてしまえと思った。
 今年はアウェイでばかりゴールしてホームではまだ1点も取っていないのだが、緑戦よりも鋭いサッカーを展開して神戸からもがっつり大量点を獲ってほしい。俊介、頼むぜ。U-20はどうでもいいから。

 神戸戦ではK-1の武蔵とチェ・ホンマンがやってくるらしい。ミスター判定の武蔵はドローの多いサンフにとってはあまりありがたくない気もしないではないが、チェ・ホンマンにあやかれれば。


 3点目ガウボンのゴールの前、カズの完全にパスコースを読んでの飛び出しインターセプトからそのままトップスピードでのドリブル突破に蝶燃え。その前のミドルも、昨年ホーム市原戦での浩司のミドルにそっくりな一撃。4点目のヘッドも、スパイクの紐直すふりしながらFKキッカー俊介と密かにアイコンタクトを取り不意をついてニア完全フリー飛び込んで合わせてる。今週はカズがヤバい!



2005年04月12日(火) 頭が痛い

鹿島戦の負けでむかむかしていたが、「ズゴックズゴック!」とか「ランセの奸雄」とか見て(わからん人はぐぐれ)やっと気分が落ち着いた。しかしあれから頭痛がするので、どうやら風邪をひいてしまったのかもしれない。花粉症だと、風邪ひいているのかそうでないのかわからない。

明日は味スタで緑戦。
開幕からいまいちうまくいっていないサンフだが、サンフにとって「桜井のいない緑」というのは実にやりやすい相手(栗鼠戦では桜井にやられそうな気がする)。集中力を保って戦えば、アウェイとはいえ勝てるだろう。しかし関東では近年アチャーな試合ばかりやっているので、とりあえず土曜のことは考えずにガンガンぶっ飛ばしてほしい。特にガウボン、この一戦にかけろ。昔の大木さんなみに。
変にカドがとれて丸くなったサッカーは御免。少々荒削りでもいいから、触れれば切れるような危険なサッカーをやってほしい。「危険なチームをつくる」とは、オシムさんの市原就任時の言葉だったか。今度こそ点を取りまくれ。3点取ったら、たとえ負けても許す。嘘。勝て。

遅くなったけど、木村監督、Lリーグ初勝利おめでとうございます。



2005年04月09日(土) モーニング読んだ

関さんの額に矢がァァァ―――ッ!
いやいくら正史に「令明さんが関さんの額に矢を当てた」と書いてあるからって、モロぐっっさりと突き刺さっとるゥ―――!しかもその状態で激流の中騎馬仁王立ちで文則さんに降伏勧告―――ッ!
ヤッベ!マジヤッベ!矢で射られても死なないということはすなわちスタンド能力発現ということ…さすが関さん、どんどん神に近づいていくぜ…
で、その矢、抜くのか?まさかそのまま?某名医さんはすでに獄死しとりますが…まさか魏王が医者を派遣したりしないだろうな。
「わしが治してやろうか」
とか言って魏王がひとりで(許どのはついてくるかもしれないが)関さん訪ねてきたらスゲー燃える展開になるが…魏王に残された時間も短いし、ぶっ飛んだ展開希望。



 今のトップチームにぶっとんだ展開はない。本やんのスルーパスに野沢抜け出してゴール!なんて芸当は、今のサンフには絶対にできない。FWのほうにはジョルジーニョや大木、茂木、寿人、俊介などできそうな人間がゴロゴロいるけど、パス出す人間がいない、そういう状況にならない、そういう状況にしない。スルーパス禁止令でも出てるのか。カウンターのときもなんかみんなの上がりを待ってノロ〜っとしてるし。カウンターなんぞ最低2人でできるだろ。まったく、機械的な作業でゴールが奪えるか。フットボールの神は芸術を好むのだ。観ていて爽快なサッカーしてくれ。今のは苦行サッカーだ。



2005年04月08日(金) 新しいメンバーズカードきたー

 昨日も書いたチャンピオンズリーグ讃歌、作曲は誰なんだろう。最初聴いた時はヘンデル《戴冠式アンセム》の「祭司ザドク」の編曲かと思った。弦の動きとか、まんま。
 にしてもランパードはグレイツ。錨弔魯薀鵐僉璽匹里茲Δ柄手になりたいと言っていたけど、ぜひなれ。

 土曜日は倉敷行ってプリンス見てビッグアーチへ行かむと思ふ。しかしガソリン代が…自分の軽四は燃費そこそこいいからちょっとは助かるが…ユース1年生は吉田高校の新入生研修で江田島行くらしいので横竹くんや中野くんは見られないが、2・3年生でベストの試合をやってほしい。相手も強豪・玉野光南だし、面白い試合になってほしい。

 メンデルスゾーンの《讃歌》ベリンガー指揮ヴィンズバッハ児童合唱団のCDをネット注文していたが、取り寄せに時間かかるとのメールが来た。この前関西遠征したときに足を伸ばした京都のJEUGIAにもなかったし、待ちますーと返送しといた。

 
 金曜ロードショウ


セガール最強

相手のナイフを歯で受け止めて奪い取ってエエエエ
左手親指を相手の右目に突っ込んで抉り抜けるッ!
しかる後脳天にさっくりとナイフを突き立ててッ
最後は頭から計器に突っ込ませて爆発ゥゥゥ!

返す返すも残酷容赦無し。


 『夢幻紳士・幻想篇』(高橋葉介、早川書房)を買った。昨年『ミステリ・マガジン』に連載されていたもの。ミステリアスで激しく良い。サブタイトルどおりに夢と現の境界も定かでない幻想の極みの話が続くが、最後はきれいに締めているのはさすが高橋葉介、というところ。

 さて、鹿島戦。ついにジョルジーニョがメンバー入りのようだ。猛犬メランポスがアクタイオンを噛み殺したように、広島の小犬が赤い鹿を仕留めるか。



2005年04月06日(水) でぃー・まいすたー!

 週刊少年ジャンプは最近SBRが載っている時しか読んでいなかったが、SBRもUJに行ってしまって本格的に興味の域外に行っていた。しかし最近「ドーピングコンソメスープ」とかいう面白いネタがあったそうなので、今度読んでみようと思う。

 UEFAチャンピオンズリーグ・アンセム(正確にはanthemでなくてhymn)は、オケがロイヤル・フィル、合唱はアカデミー・オヴ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ合唱団で演奏しているのか。ひょっとしてサー・ネヴィル・マリナー指揮とか?

 カープ、東京ドームで燃え尽きたのか。
「そろそろ限界みてえだ・・・」
なんてキャシャリン気味?
次あたり広島県の運気はサンフに割り当てられたりするか。
ジョルジーニョを駆り立てて鹿狩りですよ。
にしても、ニューヨークのゴジラおっかねー。マッセナ級。



2005年04月02日(土) アワーズ5月号。

 ナポレオン、ツーロン戦終結。でぶ野郎生きてたー!素晴らしい。フーシェ本格的に登場。ラストのデュゴミエ将軍の笑みとセリフがいい締め。次回からは「史上最強の童貞」が復活!どうなる。ナブリオはとりあえずイタリアへ行くのか。
 トライガン・マキシマムも終幕近し。リヴィオ突撃。次回あたりエレンディラと再び対峙するか?
 エクセル・サーガは濃いネタ連発で笑った。
 ヘルシング、マクスウェルはアンデルセン神父の教え子だったとは。自ら神罰を下したとはいえ、彼の亡骸を膝枕し、その目を閉じてやるアンデルセンの姿は一個の人間だった。そして十字軍解散を通達してアーカードとの決戦にイッタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!そしてこのマンガ、最近メガネよりもヒゲ度高し。
 そしてこの雑誌、今度から平とじになって価格アップになるだと!採算取れるのか。「超人ロックの呪い」が発動したりするのか。風雲急を告げる。

サンフレッチェ招待サッカー、今日のユース結果。

広島ユース 0-1 熊本国府
  圧倒しながらもシュートを決められず、一発くらって敗れたようだ。
広島ユースB 0-4 清水ユースB
  組織力に勝る清水Bが広島Bを圧倒、きれいな崩しから次々にゴール。
広島ユース 3-2 清水ユース
  ガチンコの肉弾戦。
  広島2点先制、清水追いついてまた広島が突き放した。
  得点は広島:野田・平繁・古本、清水:18渥美?・20町田。

午前中、みよし運動公園で見た試合は、

吉田VS奈良育英B
  途中から見たのでスコアは知らない。
  吉田高は意図のはっきりしたダイレクトパス多用のサッカーで、
  見ていて気持ちがいい。もう一回り皆のフィジカルが強くなれば、
  県内でも相当の力を持つことになるだろう。

横浜F・マリノスユース 2-1 広島皆実
  前半は互角。皆実先制、鞠が追いつき1-1で折り返し。
  後半もせめぎ合い。ボールつなぎの丁寧さでは鞠、
  カウンターの鋭さでは皆実。森重のパワーは圧倒的。
  しかし終了間際、途中出場ハーフナー・マイクのクロスを
  これも途中出場の小兵MF森谷がヘッドで決めて決勝点。
  珍しいマイクのビューティフルクロスには本人も困惑気味。



2005年04月01日(金) 黒田、ラロッカ、緒方

今日は久しぶりにカープの試合で燃えた。今年こそはやるか?
サンフも続け。


 < 過去  INDEX  未来 >


Felix