天使のたまご☆足跡

2004年11月18日(木) まいった〜

結局 坊ちゃんの世話をしながら私もダウン。
動けないほどになったので 少し実家へ戻らせてもらいました。

もちろんすんなりと戻れるわけもなく旦那様とは
かなりもめました。
昨夜は涙の大喧嘩。
決着はつかず 今日旦那様が帰ってくるまで恐怖です。

ちなみに昨日は完全無視!に近い状況でした。
かなり居心地の悪い日でした。
でも・・好きで寝込んだわけじゃないのにな〜

〜〜〜〜〜((((((ノ゜゜)ノあぁ辛い。

坊ちゃんは鼻水は出ていますが咳はかなりおさまりいい感じ。
いたずらはさらにパワーアップ。
ママは元気になったからまたいっぱい遊ぼうね。

頑張ってパパと仲直りしてまた仲良しになるからね!



2004年11月05日(金) ストレス?

坊ちゃんは病院でもらう薬が増えてしまいました。
お風呂もまだまだ禁止中。
しかしひたすら イス登りに励んでいます。

止めるべきでしょうか??

まさに山がそこにあるから登ると同じ心理だと思う。
毎日 せっせとイスによじ登っています。
たまに転落しています。
最近では落ち方もうまい!!(*゜▽゜ノノ゛☆パチパチ

しかし疲れると咳が倍増。
やっぱり止めるべきでしょうか??
無理〜〜〜〜〜〜これ以上パワーがこっちに向くと私が危険。
機嫌がかなり悪く 毎日しばかれる毎日。
口は切れて 目は叩かれ  まるで家庭内暴力。

やられる度に悲しくなって布団に隠れて我慢。
少し時間を置くとまた優しいママ(?)に戻って頑張る。
男の子は1歳を超えてからが大変と聞いたけど

         ☆  正解!!  ☆


でも!でも!,,,,,,,,,,,,(((((*T-T)ノノ ママァー!!
と泣きながら抱きついてくる亮ちゃんにメロメロ・・・

明日はパパがお休み。今日一日頑張るぞ〜!



2004年11月02日(火) 母来る

家で大人しく過ごしていると母が来た。
もれなく送ってきた父も付いてきた。
いや〜結婚して数えるほどしか来た事ないのに飛んできたよ。

そして坊ちゃんとお家で遊んでいました。
その間に用事が出来たので良かった♪と言う事にしておきます。
なんなら外に連れて行って遊びたいくらいの勢いで
さすがにそれは止めました (^^;;

そんな中でのふとした会話。
「お姉ちゃんは卒乳したらすぐ次作るって言ってたよ。」
そーですか〜・・・・・・・・・
私が不妊治療をしていた事を知っていてそんな発言を
何故わざわざするかは不明。
我が家がどうするつもりか聞きたいのでしょうか?

「そうなんだ。うちは出来れば欲しいけどもう病院には行かない
 って話はしているから亮ちゃんだけかもしれないよ。」

と話しておきました。
なるべく普通にさらっと話したつもりです。

「一人出来たんだからきっと出来るよ。」

この言葉に引っかかるのは私が不妊だったから??
どうしても引っかかってしまう・・・でも聞き流した。
今更 

「このままでは子供が出来る確立はほとんどないって言われた
 気持ちがわかるの?」
なんて言ってもめたくなんかはない。
きっと母も悪気があって言ったのではなく励ましたつもりだろうから。

もう少し素直に人の言葉を受け取らないとね。
少しは成長したかしら?



2004年11月01日(月) コンコン

病院へ行きました。
いつも通りに診察室へ入ったとたんに

「ばいばい」 

今日は注射じゃないのよ〜と看護士さんなだめられ診察。
大泣き 大泣き 。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。

喉がかなり赤くなっているらしくこれから熱が出ると
言われてしまいました。
比較的元気に遊んでいるのでびっくり。

お風呂禁止ですって・・・可哀想な亮ちゃん。

しかし家に帰ってもかなり元気。
いつもと違うと言えば機嫌が悪い所。
元気なくせに機嫌が悪いのは最悪。
その辺の物を投げる叩くそして泣く。
 
ママはグッタリです・・・*o_ _)oバタッ

旦那様が帰ってきて少し(´▽`) ホッ と思いきや
坊ちゃんは私に張り付いています。
体調悪いとこのパターンですね。
旦那様が片付けをしてくれると言うことで2人で就寝。
さすがに私も疲れていたので すぐ爆睡。

今の所は熱はなし。
このまま乗り越えられるといいな♪


 < 過去  INDEX  未来 >


るり [MAIL]

My追加