明日香の日記

2006年05月31日(水) 本日のリハビリ

ごろんと仰向けに寝て片膝を立てる。
そして伸ばした方の足をゆっくりUP!
ナント! 今日のリハビリで左足を、
上げることが出来たので〜す!
おおおおぉぉ〜嬉しい〜!
うぅ…感激ダ。
だってサ、
前回の右股関節の時ってば
12/14に手術して、
12/27にやっと上がるようになったの。
13日後ってコトかナ?
それに比べて今回は術後一週間だから
結局、7日後ってコトになる。
この足上げのコト、
専門用語で“SLR”と書かれている。
何の略かお聞きしたら
リハビリの土井先生が、スラスラと
『Straight Leg Risingだったかな』
と、教えて下さった。
いいねえ〜、そのまんまダ(笑)。
最後の、Risingっていう単語が
日の出みたいで(笑)妙に…いい。
SLR 明日も上げれるかなぁ〜。

このリハビリ室に来るのは
昨日お会いした消防士さんのように
『治す!』という強い意志で
取り組むヒトばかりじゃないの。
車椅子の上で居眠りしてるお爺ちゃんや、
『おジイさんが一緒に居なきゃ、やらない!』
と言い張るお婆ちゃんや…色々(笑)。
リハビリの先生方も
なかなか大変なんですネ〜(苦笑)。


〈追記〉

後日、SLR の Risingの正しい綴りが分かりました〜!
正しくは Raising  です!
日が昇る訳じゃなかったのね〜(恥!!)
アタシったら、良い耳してる(苦笑)。
土井先生御免なさい。



2006年05月30日(火) スゴイ人

先月、この辺りで大きな火事が
あったそうです。
その時、駆けつけた消防士サンがお一人
屋根から落下して重体になったとのコト。
今日…
ワタシ、その人と話したの!
明日もう、退院しちゃうって…
オメデトウゴザイマス!と言いながら、
もっと話が聞きたかったナ…と
残念に感じたり(苦笑)。
話していると、
あまりにも爽やかな笑顔に
『本当に重体だったのだろうか?』
とつい、疑ってしまうホドだ。
治るコトに前向きで明るい!
背骨と足を骨折して、足の方は、
粉砕骨折で切断するか否かの瀬戸際だったと言うから
どれだけ大変な事態だったか…!
でも、
今、目の前にいる男性が
そんな苦しみをくぐり抜けて来た
同じ人とは、到底思えないほど
抜けるように明るいのでした。
“重体”だったんだぁ…。
“重体”なんて、テレビのニュースでしか
見たこと無かったなぁ(笑)。

明日から『痛い』って言うの
や〜めようっと。



2006年05月29日(月) マジックハンド

入院…なんてしちゃうとサ、
時間の流れる早さが、急にパッと変わって
戸惑います。
特にあの、手術直後の数日間は
完全なる時差ボケ状態でしたナ。
時間の経過が 異常に長い。
……‥でも。
ただ寝て過ごすだけの時間が
いくら長く感じても
それは、嬉しくないのら。

さて、今回の入院でもあの、
スーパーお助けグッズ!
THE マジックハンド君が大活躍!
というか、看護師サン達ってば
アタシの顔より、マジックハンドの方を見て
『あぁ〜ん!懐かし〜い!』
と声を掛けてくれました(笑)。
一日中、出番が多過ぎるので
いちいち書き出しませんが
ありとあらゆる瞬間に
助けられています。
たまたま今日、看護師長サンにお話したら、
『チョットお借りしていいかしら』
と言うなり、わざわざ売店まで持って行って
『こういう商品を置いてもらえませんか』
と、掛け合っていらっしゃいました(驚)。
す…すごい実行力だ…。
でももしホントにマジックハンドが
病院の売店で売られるようになったら
感激だな〜!

今日からリハビリ室へ行って
簡単なリハビリをやり始めました(^^。



2006年05月28日(日) 虫よ…あぁ虫よ

5月…やっぱり出た(笑)!蚊や蝿や、そして今までに見たことの無い大きな虫!その黒い虫は、のそのそ〜っと床を散歩中に、看護士さんの殺虫スプレーで、退治されました(苦笑)が…。でもどうなんだろう?いくら窓を開けたとしても、安静に手術後の経過を見守っている患者の部屋で、殺虫剤を使う…かぁ…(複雑)。当然私の状態を見ての行為なのだろうけど。さっきはサ、小さな蝿を追い払おうと、タオルを振ったらあれま!手を擦り抜けて床へ…つい『うそっ』と叫んだつもりが『クソッ』になっちゃった〜!負けまへんで〜(笑)



2006年05月27日(土) 術後3日目…興奮!

本日、身体に刺さっていた全ての管が抜けました!パチパチめでたや(^0^)/~。 天井の模様が、五線譜の四分休譜に見えてきたワァ〜!ところが中には、気分を急降下させられる若い看護士さんも居る。ま、どの現場でも同じでしょうが、結局年長者が伝えてないっていうコトに最近気付いた。団塊の世代の人達は、なにやらソコの塊だけで世の中を回している気になっているようだけど、渡すバトンにきちんと、肝心なコトを詰め込んで渡して貰わないと困ります!今の若いのがダメなのは、元を正せば、団塊の世代のせいだー!はぁはぁ…あぁスッキリした(笑)



2006年05月26日(金) まだ熱が…

今日は午前中の回診で、傷口のガーゼ交換と、ドレーンという傷の中の余分なモノを排出する管を2本抜き取ってもらえたのと、それから、背中に刺さっていた硬膜外麻酔のチューブも抜いてもらえ、身体が喜んでいるカンジがする〜(^O^)!午後はサッパリと洗髪も(嬉)!明日からは車椅子に乗れるのでトイレの管も抜ける予定でおましゅ(恥)。まだ熱が高くて39度くらいある。なので一つの作業が続けられず休みながらになっちゃいます(苦笑)。結構このブログ書くのも、はぁはぁしてたりするのだよ…好きで書いてるんでしょ!ってね…座薬…たのもぅっかなf^_^;



2006年05月25日(木) 2日目…立ちました!

血圧が低いので初め、立つのは止めましょう!と言われました。でも結局…立っちゃった〜!全身麻酔の後なので食欲が無いの…ハハずっとこうだと、痩せるよネ〜!でもすぐに戻っちゃうんでしょうけど(笑)。今はもう、ギャッジアップフリーといって、直角までベッドを起こしてもいいのですが、それも、かなり苦しい状態ではあります。昨日よりは今日、少しずつ“まし”になっている感じです!また明日〜。



2006年05月24日(水) 無事、終わりました

痛いけれど、あとは回復を待つのみです。手術前に、担当医のK先生に、どんな気持ちか?尋ねてみました。麻酔のかかった患者さんの身体にメスを入れる瞬間、ナニか、スイッチが入って別人のように集中出来ます!というようなコトをおっしゃってました。ライブと同じ感じなんだね。はぁ〜苦しいなぁ…熱が高くて辛い!頑張るネ〜!



2006年05月23日(火)

どうもPCの具合が悪くて携帯電話でちまちま打ってます(笑)。仕方ないネ。さて今、整形外科の患者間では、みのもんたサンと同じ手術をした人達が、とても盛り上がっています(笑)!勇気づけられた人が何人いることやら。私の横の人もそうらしい…ホントか〜!? 明日はどうやら、私の手術が一番最初のようで、朝の8時半からです。先生も大変だなぁ〜。どうぞ宜しくお願いしますm(._.)m!



2006年05月22日(月) 入院しました

ほら案の定、接続出来な〜い。
と言いつつも、結果こうして書いているのだから
文句を言うコトもないのですが…。
ホントに繋がりにくくて、いやん!

さて、前回は手探りだった部分も、
今回は2回目というコトもあって、
落ち着いて対応出来ます。
結婚もさぁ、2回くらいした方が
落ち着いて対応出来るようになるのかもよ。
アハハッ!な〜んちゃってネ。
でも、らく飲み忘れたヨ〜。
おかしいなぁ〜。
入院セットで、全部揃ってたハズなのにナ…。
ま、それが無きゃ手術受けられないモノじゃ
ないけれど、でも失敗。

書きづらい話ですが、
女性の場合、生理というややこしい(笑)
状況もあるわけでして、
ギリギリまでナンダカンダと
心配や不安がありました。
でももう明後日はいよいよ手術ダ。

看護師さん達の見慣れた顔に
会えたのも嬉しかったナ。

頑張る ネ!




2006年05月21日(日) 明日から入院

いつもブログを覗いてくれ、
有り難うございます!
いよいよ明日から入院です。
すでに終わっている方の右足は
股関節からくる痛みは無くなったケド
坐骨神経?なのでしょうか、
後ろ側が痛いです(苦笑)。
しかし痛みなんていうのは
誰しもナニかしら抱えているモノ。
上手に付き合いながら
治そうと思っています。

約1ヶ月。
時間がたくさん出来ました。
貧乏性のワタシはつい、
その時間をがつがつと使ってしまいそうですが(苦笑)
あえて余白を楽しみながら、
過ごしましょう。
ま、前半は痛みで何も
出来ないでしょうが(笑)。
紀斗が繰り返し、
執拗にしがみついて離れません。
すぐに過ぎるよ、1ヶ月なんて。

引き続き、ブログは病室から
書き続けたいと思います…。
出来るでしょうか(笑)。
なかなか接続出来ない部屋もあったもん。
気負わないで頑張りますネ。
では、
行ってきま〜す。



2006年05月20日(土) 5月20日

ペットの飼い方にも色々ある。
ペットの種類にもよるし…。
中でも…
ネコは気ままでいいなぁ〜と、
その、あまりの呑気さ加減に(笑)
羨ましさ さえ覚える。
ま、当人が呑気なのは仕方ないとして。
その飼いネコが、
他所の家でウンチをするっていうのは
どんなモンだろう(苦笑)?
それだけじゃない。
春先からずっと うぎゃ〜むうぇ〜みゃおぉ〜!って
発情し続けて(笑)、コレがかなり強烈。
もし立場が逆だったとしたら、
タダじゃ済まされないだろう。
何て言われるか…
思わず身震い…アハハ(苦笑)。
他人にされると腹が立つのに、
自分でやっていても気付かないって。
よくありがちな話しだなぁ〜。
しかし、
よっぱど居心地良いんだろう…ウチの庭。
足跡だけならまだしも、
ホントにココで寛いで盛り上がってる形跡が
アチコチに残されている。
なんと申しましょうか…。
子猫を産み捨てるのだけは
頼むから勘弁してネ!と
祈るのみ…ダ。
管理され過ぎたペットも気の毒だけど、
こんなに野放しにされても…。
飼い主が気付いてないトコロに
問題があるようにも思う…。
アハハ!…でもコレって、
子育てともダブっちゃうナ〜(苦笑)。
親の知らないトコロで
子供達が迷惑かけるコトは
きっとあるだろう。
皆さん、ごめんなさ〜い!
先に謝っておこうっと(笑)。



2006年05月19日(金) 今日も自己血

今日の自己血採取の時には、
主任サンが登場しました(笑)。
そう。
先週は、針を抜く時にチョット失敗。
で、肘の辺りにアザと痛み。
来週いよいよ手術だし、
また失敗されたら悲しいので…。

おや、前回の看護士サン発見…。
なんでアタシ、萎縮してんだろう(笑)。
その看護士サン、
『この前、急がれてましたよねェ〜』
とワタシの顔みて一言。
先週、自己血を採るその日。
手術の説明を受ける為、
夫が来れない代わりに
母が紀斗を連れて来てくれていた。
その日は特別混み合っていて
奈央が学校から帰るまでに
帰宅できるかどうか、
やきもき していたから。
それを『急がれてましたよねェ〜』と
言われたらしい。
で…、ワタシの右腕のアザを見て
『採血したの、ワタシでしたっけ?』
とも…。
はぁ〜。
コッチが急いでいたコトは覚えていて
自分が針を刺したかどうかは
忘れちゃったんだネ。

最終的には『ごめんなさいね』と
謝られたんだケド。
謝りっぷりが悪くって、
なんだか煮え切らない気持ちダ(苦笑)。
失敗はホントに誰にでもある。
でも、その次に取る行動が
とても大切なコトを
今回ワタシも学んだな〜。

さて今日採血してくれた主任サン。
蚊がさした程度の跡しか残っていない。
これもスゴイ…ネ!
プロとは、安心感…なのかも。



2006年05月18日(木) どんぐりころころ

『どんぐりころころ』っていう歌、
どの本を見ても二番の歌詞までしか
載ってない。でも…、
三番の歌詞が 可愛いの!
♪〜どんぐりころころ 泣いてたら
  仲よし子リスが 飛んできて
  落ち葉にくるんで おんぶして
  急いでお山へ つれてった♪〜

母が教えてくれました。
それをワタシが子供に教え、
こうして歌い継がれていく。
なんだか…いいな。



2006年05月17日(水) 5月17日

夕方、奈央と二人きりで
運動靴を買いに行ってきた。
小学校2年生で、早くも21cmなの。
ウチの姉は小足なので、
先日遊びに行った時、
玄関にある奈央の靴に足を入れて、
『履けた履けた〜!』と、
やけに はしゃいでいた…(苦笑)。
“バカの大足 間抜けの小足”
でしたっけ…(ゴメンゴメン!)。
それにしても、大きな足だ。
まだ7才なのに…。
10才になったら30cmくらいに
…なるワケないか。
(単純に7で割って10かけちゃいましたアハハ)

夜、やはり奈央と二人きりの時に、
『ねェママ、どうして赤ちゃんは
 親が結婚したコトを知ってるの?』
と聞かれて笑えるやらホッとするやら。
通常では、たいてい結婚した夫婦に
赤ちゃんが出来るので、
赤ちゃんがタイミングを見計らって
お腹に出てくる! と思っているようだ。
足のサイズは21cmでも、
まだ、7才なのだものネ。
そう、赤ちゃんって、不思議だよネ!
…親の結婚を知らないで
出て来ちゃう赤ちゃんも居るケド(笑)。
言わないってば。
そんなコトは(笑)…。
こういう話しを、子供に対して
冗談交じりに話したくは
ないなぁ〜…と思う。


 



2006年05月16日(火) 脂肪のかたまり

『今度の股関節手術の時、実は、
 ついでに、首に出来た脂肪のかたまりも
 取り除いてもらう予定なの』
そんな話しを友達にしたら…
『どこどこ?〜』って心配そうに見て、
そのポコっと膨れた脂肪を見てから、
彼女はこう言った。
『アタシなんか、カラダ全部脂肪だから
 かたまりがあっても分かりゃしない』
・……。
ゴメン!
久々に、ウケた。
言った本人は、サラリと出た言葉が
こんなに笑わせるコトになるとは
きっと思わなかっただろう。
ココに書いても多分、
コレを読んだヒトに、このニュアンスって
伝わらないかもしれない。
とにかく、泣けるほど笑った。
ありがとう!
おかげで、不安材料がひとつ
吹き飛びました。
手術に向けて、
こんな明るい気持ちにさせてくれた彼女に
感謝!です。



2006年05月15日(月) 5月15日

最近…結婚式、減ったよネ。
そうだね…。
で代わりに何が増えたの?
がははははははは。
まて!
多くは語るでない。
…。
でも、この先増えるのは
年齢的に考えてもやはり
チーン___。
お葬式かぁ…。

あくまで、ワタシ個人の周りの
話しでありますが。
なんだか淋しいねェ(苦笑)
結婚するって
それだけで、ウキウキさせてくれる
希望あふれるパワーを
分けてくれるモノなのかもネ。
誰か いないかなぁ、結婚する人。
う〜む。
30歳過ぎの従弟が居るケド…。
そんな晴れやかな話しは
まだ当分、無さそうだし(苦笑)。
昨日18歳になった甥っ子は
…結婚するにはまだ
未熟か(笑)。




2006年05月14日(日) 5月14日

今日は母の日。
おっと!…夫のお母さんに、
何もしてな〜い!(焦!)
チョットこればかりは反省…。
ワタシが出来るコトなんて
笑い飛ばされるような、
ほんのささやかなコトしか
無いけれど…(苦笑)。
でも、手紙一枚でも、
気持ちを伝えるべきだよナ〜。
とほほ…ごめんなさい。

今日はたまたま、
甥の誕生日でもありました。
高3というコトもあり、
『もしかしたら来年は、一緒に誕生日を
 過ごすなんて無理かもネ…』
そう思うと淋しくて。
ワタシも、せっかく犬山に居るのだし、
『行っちまえ〜!』ってネ(笑)。
奈央と作ったデコレーションケーキや
お昼、一緒に食べようと、こさえた
おにぎり持って、
押し掛けたのでした。

自分が晩婚だったせいか、
姉の子育ての頃は
まるで乳母のように
甥っ子たちに関った。
だから、誰にナント言われようと、
2人の甥っ子は、ワタシにとって
特別な存在だ。
それにしても大きくなったネ。
18歳ですか…。
すぐに紀斗も、こんなに大きく
なっちゃうのかなぁ〜。
…。



2006年05月13日(土) 包丁

奈央に、包丁を買った。
デザインが可愛い!
何が基準か分からないけど、
『3才以上向き』と
カバーに書いてある(笑)。
『3才以下…』と比べて、
ほんの少し長いだけのコトで、
結構大きな包丁なのに…ん?3才以下?
ナヌ!? 3才以下でも
こんな大きな包丁を使うの〜ぉ!?
驚きのあまりフガフガ興奮しながら
『3才以下向き』の包丁も
手にとって見てしまった(苦笑)。
どう無理しても、
3才の紀斗が、この包丁を
握っている図が想像できない…(黙)
でも“やらせてみたい想い”も
半分あるケド…(笑)。
結局、奈央の包丁だけを買った。

自分専用の包丁ができて、
ホントに嬉しそうな奈央!
さっそく胡瓜を切ってもらい
使用後の包丁を、すぐに洗って、
キッチンペーパーで拭いていた時…。
『痛っ!切っちゃった!』
…たいした傷ではないけれど
小指の腹から血が出てる。
しばらく押さえて止血してから
キズテープを巻く。
昨日の注射じゃないけれど、
切っている時よりも、
切り終わった時に怪我をするコトの方が
意外と多いのかもしれない。

初めて使ったその日に
さっそく切りキズかぁ〜。
いい勉強になったかもネ。
奈央も苦笑い。
良かった。
包丁…怖がってる様子は無い。






2006年05月12日(金) きょうは自己血400cc!

痛い…痛いよぉ(悲)。
右腕を曲げると、まるでボールを
間に挟んでいるようなカンジで、
ボッコリ腫れている。
採血室という、
血を採る専門集団のハズなのにィ〜!

これがもしも“自己血”じゃなくて
“献血”だったら、どないすねん!
『もう二度と献血なんてするもんか―!』
…って思わせてしまうやないけェ〜
な〜んちゃってネ(笑)。

注射針って、
“刺す時”よりも“抜く時”の方が
もしかしたら難しいのかもしれないネ。
今日、ミスされたのは、
自己血用の太い針を抜き取る時だった。
止血バンドで押さえた脇が
内出血してズンズン腫れちゃってサ(苦笑)。
ベテランの方が申し訳なさそうに
保冷材を当てて下さったケド
もう遅し…トホホ。
『さっきの看護士サンは、まだ、新人さんですよネ』
聞くまでもないコトをついポロリ(笑)。

だれにとっても“初めて”がある。
そこで受ける試練もあるし
喜びもあるだろう。
新人看護士さん!アタシが代わりに
試練を受けちゃったヨ(苦笑)。



2006年05月11日(木) Poohさん

今日は奈央と二人っきりで
Disney LIVE!『くまのプーさん』を
観に行って来たのダ―!!
紀斗を置いて
こんな風に奈央と2人だけで
デートをするなんて…初めて。
名鉄電車で名古屋に出て
地下鉄で池下の厚生年金会館まで。
母と娘。
揃いも揃ってうっきうき〜(笑)。
我が子の楽しそうな顔を見ていると
ただそれだけで、幸せになる。
奈央は椅子に座っていられず(苦笑)
Poohやティガーやラビットと
一緒に踊ったり歌ったり。
紙テープや紙ふぶきまで拾っちゃうから
帰りはバッグの中が
ゴミだらけ(苦笑)。

地下鉄の行き帰り。
自分の前に立ってる人に
『どうぞ座ってください』と
席を譲る奈央。
よしよし、いいぞ!
内心…拍手。
行きはお年寄りの男性だった。
しかし…帰りは…、
若い女性だったので、
いきなり子供に席を譲られて
かなり戸惑っただろう…(笑)。
“譲る”という、そのコトに一生懸命で
相手を見ないで、声をかける…。
でもまぁ、第一歩としては
エライなぁと感心。

駅まで迎えに来てくれた紀斗。
全然、イジケてなくて、
とっても明るくワタシ達を
迎えてくれた。
お留守番、ありがとう紀クン。
母にも感謝。



2006年05月10日(水) 草取り

なんだか、雨模様の天気が
続きますねぇ〜。
こうゆう時は…ムフフ
草がよく抜けるのダ!(笑)
雑草は、ホントにたくましい!
種をまいて育てたワケじゃないのに
次から次へと
どんどんどんどん・……芽が出て
ズンズンズンズン……伸びる。

地面が乾いていると
草の種類によっては
根っこから抜けないので。
今日みたいな日はありがたい。
土の中。
見たことの無いような
幼虫達が、突然の屋根崩壊に
ビックリだ(苦笑)。
慌てて這い出すムカデの子は
石で撃退…(ゴメンネ)
アチコチに穴の開いたサナギも発見。
春から夏、そして秋に向かって
虫たちが活発に動き回る。
狭いけれど(苦笑)
自分が育った実家の庭って
いいもんだなぁ〜。
うぅぅ…そろそろ終わろう。
股関節をかばっているせいか、
腰痛が、結構キツイのです(苦笑)。
2週間後には、
いよいよ左側の股関節手術です。



2006年05月09日(火) 家庭訪問

ピンポーン!
『ママぁー!先生来た―!』
…“先生来た”…かぁ(苦笑)。
『いらっしゃった』とか
『お見えになった』とか
教えてなかったっけ(恥)ブツブツ。
今日は奈央の担任の先生が
家庭訪問に見えた。
当初の予定では、5/24だったのだケド
その日がピッタリ手術の日なので…(笑)
変更してもらったのでした。
おかげで、通常の家庭訪問よりも
ゆっくりお話しできてヨカッタかも。

それにしても、奈央さん。
『玄関口で結構です』と
遠慮される先生に対して、
『え〜っ! せっかくお部屋、
 キレイにしたのに〜!』
などとバラすのは、やめんか〜!
…ママは
恥ずかしかった〜〜〜(笑)!





2006年05月08日(月) メタボリック

メタボリック シンドローム…
内臓に溜まった脂肪が引きがねとなり、
高脂血症・高血圧・高血糖などを
重複して発症した状態。
その状態を指す、
新しい疾患なんですって!

まっさきに夫の“顔”…じゃなくて
身体が目に浮かんだ(爆)。
心配だ。
心配すぎて、胸が痛い感じ…。
女性よりも男性に多いって…。
年齢的にも中年(苦笑)だしナ〜。
男性の場合、2人に1人は
有病者か予備軍だそうだ。
コワイ〜!
夫がドッチなのかは
悲しいかな、明白だ…。
車に乗り、運動も、多分してない。
仕事の合間をぬって急いで食事を摂る。
放っておけば、いずれは
脳卒中・心筋梗塞・糖尿病etc.に…。
このままじゃマズイなぁ〜。
皮下脂肪よりも内臓脂肪の方が
落としやすいって、
ニュースで言っていた。
本人の意識次第で、
充分、改善されるのだろう。
カワイイ子供達の為にも
愛する妻の為にも…(笑)
頑張って欲しい!
健康でいてもらいたい。

モノが有り過ぎるって
不幸なコトなのかもネ。



2006年05月07日(日) 横井庄一さん

ゴールデンウイークを利用して
海外へ旅した人も多いみたいネ。
空港でインタビューを受けた子供が
『グアムに行ってきた』
と嬉しそうに答えていた。

ちょうど今日の新聞に
グアムのジャングルで28年間、
身を潜(ヒソ)めて暮した、故 横井庄一サンの
記念館が出来る話が
載ってたネ…。
ご本人も語った『生き地獄』とは
一体、どれくらい苦しいモノなのか。
今となっては想像もつかない。
その記念館は、来月
名古屋市中川区富田町千音寺の自宅に
開館するらしい。
入館料は無料。
退院後に是非、行ってみたい!
行って、少しでもこの目で見て
想像して感じてみたい!
一人の日本人が本当に経験した
生き地獄を…。
その地獄を、
どう乗り切ったかを…。

新聞の記事の文中に、
奥様の美保子サンが、
夫の遺志を継いで
いかに尽力されたかが伺える。
そのパワーも、
この目で見たいと思う…。



2006年05月06日(土) 身の回り

ここ最近ず〜っと、
家の大掃除に通っている。
何処に“通う”のか?と言うと、
それは亡くなった祖母の家。
色々と事情があり、
血のつながりは無い。
でも、放っておけない性格で(苦笑)
母や叔母達を手伝っている。

祖母が入院中。
思考回路が、徐々に寸断されていき、
自慢の入れ歯も外されて、
手足の動きも鈍くなり、
そして言葉も出なくなるサマを
順序立てて見てしまった…。
そう。
あの世には何も持って行けない。
残るのは、
生きていた時の足跡だけ。
正直言って、
あまり良い足跡じゃなかった(悲)。

祖母が家に残した品々を
片付けながら…
あまりにもクズのような物ばかりだったので、
普段は明るい叔母達ですら
『こんなモノまで取ってある…』
と、心底 呆れ果てて
溜め息ばかりついていた。
血縁のある家族の方々が
既に金目の物は持ち出したようだケド…。
それにしても、ヒドイ(笑)。
かろうじて出てきたのは
昔の壱百円札一枚(苦笑)…。
後は衣類やバッグや雑貨類。
山のような靴や食器類。
どれもこれも、
手入れがされてなくてボロボロ…。

私欲中心に立ち回って
生きたヒトのなれの果ては、
あまり素敵じゃない…。
自分の残した足跡が
ヒトに迷惑をかけないよう、
ワタシも気をつけよう(苦笑)。
祖母の家を片付けながら
母も叔母達も、
同じ教訓を得たようだった…。



2006年05月05日(金) 歩いた!子供の日

今日は子供の日。
多治見の友人達と一緒に
子連れでワイワイ!遊びました。
最近のパターンは、
映画を観てから食事をして、
元気があったら、仲間のお店で乾杯!
…ってカンジだったのですが、
今日はチョット違ったのダ。
『リトルワールドって、行ったコトある?』
『ワタシはあるけど、でも…
 もう、何年も前のコトだなぁ〜』
『私達は行ったこと無い〜』
それじゃぁ!と言うコトで
結局、リトルワールドに決定!

晴れて良かったね〜と言うか、
暑すぎだよ!暑すぎ!
声が大きくなっちゃった(ゼーハー)。
それにしても今日は、
よく歩けたなぁ〜!
【ぐるっと一周2.5繊見て食べて、
 パスポートの要らない世界旅行!】
…ってパンフに書いてある…(笑)
歩いた実感としては、
たったの2.5舛个辰じゃ
無かったよぉ…ブツブツ。
山だしサ(起伏がある)。
くねくね してるしサ。
それぞれ、建物に入っては、
階段を上ったり下りたり。
健脚のヒト達すら、
『ここはパス!』な〜んてネ。
ホント、“歩くレジャー”だった(笑)
ワニの肉を食べるトコロがあったり、
ドリアンの飴を売っていたり…
ド…ド…ドリアンの…飴って、
なめてるヒトの吐く息は、
そうとう匂いそうだネ〜アハハ!
リトルワールドかぁ。
世界がココのように
平和だったなら…いいね。




2006年05月04日(木) 5月4日

今日…つまり5月4日は、
来年から“みどりの日”に
変わるんですってネ。
今まで“みどりの日”だった4月29日は
来年から“昭和の日”に…。
ふ〜ん。
“昭和の日”があるなら、
いずれは“平成の日”も出来るのかな?
ならば“明治”や“大正の日”も
出来なきゃオカシイ。
こうして次々と祝日が増えていき、
さりとて誰も国旗は掲げず(苦笑)。
そうそう、
こいのぼりも数少なくなったネ〜(淋)。
子供も減っているし、
マンション住まいが増えたし、
親達も昔からの風習に
従わなくなっている…
お金もかかるしネ(苦笑)。

過去がぜ〜んぶが
良いワケじゃないだろう。
でも…過去の良かった面も、
忘れないでいたいです。
最近やたら、アチコチで
“昭和”を再認識させるような
動きが見られる。
“昭和”という時代背景には、何か、
日本人の心を なでなで(笑)するような
不思議な力が、あるのだろうか?



2006年05月03日(水) 紙…

我が家のトイレットペーパーは最近、
3枚重ねのモノに変わった。
…いきなりトイレの話で
しゅみましぇ〜ん!
スーパーで棚の商品をアレコレ見て、
柄付きのモノやら香り付きのモノやら
一人暮しのお年寄りに親切な、
2個入りのトイレットペーパーやら。
色々ある中で、
この3枚重ねのモノを発見!
紀斗は、『ピンク色がいい!』
と言っていたので、
最初は、え〜っと、ピンクね…って、
探していたんだけど。
3枚重ねを見つけたら、どうしても
使いたくなって、買っちゃった(笑)。
実際、使ってみると、この
3枚重ねの紙はとてもGOOD!
短い長さで効率よく拭ける。
あはは…すごい話だネ。
光景を決して思い浮かべないで
読んでください(笑)…てね。
だってサ、
公衆トイレでも、
これでもか!っていうくらい
カラカラカラカラカラ・……
紙を沢山使う人っていますが(苦笑)、
紙自体が、高吸収ならば、
そんなコトにはならない…
と思う。
奈央も、紙の使い方が
上手になった気がします。
たかが紙。
されど紙。
大切に使いたい…。



2006年05月02日(火) 5月2日

昨日とはまたカクンと変わって
今日は過ごしやすかったナ。
アレは一体、
何だったんだろう?
夏の…予行練習だったのかなぁ(笑)?

それにしても、
子供の身体を見ると、
アチコチ、蚊に刺された跡がヒドイ!
可哀想…ダ。
大きく腫れ上がって、
見るも無残だぁ〜。
特に紀斗の方がひどい…。
腫れてシコリになっちゃって、
コレって皮膚科にかかった方が
いいんんだろうか?
蚊をなめてかかると
危険かもね〜。
これからは、
早目に予防をしよう…。



2006年05月01日(月) 夏日

今日は暑かった!
フェーン現象だかなんだか、
いきなり暑くなり過ぎじゃ―!!
“暑いコト”に加えて、子供達は、
アッチコッチ虫刺されがスゴイの。
手足だけじゃなく顔まで
何ヶ所も赤くなって
カイ〜ノ!カイ〜ノ!
痛みを我慢するよりも、
かゆみを我慢する方が
辛いかもしれない…(苦笑)。

昔からある“キンカン”を塗ってやる。
たま〜に、もう掻いて傷になっていたりすると、
『ウギャ〜!』って悲鳴をあげて
痛がるけれど…ゴメンゴメン!(笑)
♪キンカン塗って、また塗って〜♪
そんなに何回も塗らなきゃ
効き目が無いのか?と、
疑ったコト、ありませんか?(笑)

いよいよ、耳元を、
蚊が飛ぶ季節がやってきた。
母なんぞは、
蚊ダ!と思ったら、実は自分の
耳鳴りだったコトがあったそうだ(驚)。
歳を重ねると、
そんな奇異な現象も、あるのね。
昨夜、耳元で聞こえた蚊の音は
ひょっとしたらワタシの
耳鳴りだったのかもしれない(笑)。



 < 過去  INDEX  未来 >


明日香