明日香の日記

2005年12月31日(土) 大晦日

午前中は、病院のスケジュール通りに
真面目にリハビリをこなす。
『では、良いお年を…』
先生と挨拶を交わし、午後は
初めての外出をしました。

しかし、母が今の歳で(内緒ナイショ…笑)
車の運転が出来る!まずはそのコトに、
今回改めて『有り難いなぁ』と
思うのでありました。
迎えに来てもらい、そして
助手席に乗り込む。
当たり前のようになっているケド、
もう○○歳なんだぁ〜(複雑…)
チョット甘えすぎてる気がしてきた(苦笑)
ま、ともかく無事に帰宅。
車庫から玄関の階段もクリア。
玄関の上がり口も難なくスルー。
奈央が松葉杖の先を拭いてくれて
のんびりと、夕食の時間まで
久しぶりに家族で寛いだひとときが
過ごせました。
『あっ…昼食後の薬、飲むの忘れた』
珍しく、この痛み止めの薬だけは、
忘れたコトなかったのに(笑)!
どんなに中身の濃い時間だったか!
ホントにもぅ、次から次へと
子供たちからの話が止まず
お風呂にも入り、夫の実家へも
やっとゆっくり電話をかけ。
『あら、チョット伸びてるかな』って、
子供の爪を切ってやりながら
さりげないスキンシップ…。
ありがとう…。

サッと夕食を済ませて
割と早めに部屋に戻りました。
まもなく訪れる2006年、
また、感謝の多き一年になりそうです。
私的には…
アルバム制作の時間を
焦らずケチらず(笑)叶えたいなぁと、
願っておりますデス!
2005年は本当に有り難うございました。
皆さん、良いお年を!
乾杯〜!☆











2005年12月30日(金) ネットに繋がったぁ〜!

おお〜!つながったー!
病室が変わったら、接続できちゃったよ〜ん!
今までは携帯からチマチマ打ち込んでいたし
文字数が限られてるので
思う事の半分も
書けなかったモン。
今の病室は、ちと狭い。
でも窓の外…蔦の絡まる壁が
なかなか素敵です。
ネットに接続できた事が
とにかく有り難い(笑)。

改めて、みなさん、お元気でしたか。
私はもう、すっかり元気になりました。
右太もものビキニラインに出来たキズは
子供と『電車ごっこが出来るネ!』
と、盛り上がっております。
今日は、病院の正面玄関の外にある
ポストまで、松葉杖で4往復しました。
年賀状を必死で書いてたの(笑)。
右足にかけていい荷重は20圈
でも、忠実に計りながら歩くワケではないので(苦笑)
しょっちゅう痛い!
しか〜し!
手術前の、あの長かった痛みに比べると
“へ”でもないので(笑)
今はホントに幸せです。
明日、外出届けを出しました。
少しだけ子供の顔を見たら
またすぐ病院に戻って
お正月明けには退院できるよう
院内の廊下で歩行練習しま〜す!





2005年12月29日(木) 松葉杖で階段練習!

今日は松葉杖で、階段の上り下りを練習しました!年末の一日だけ外出するコトになってサ…。で、家の玄関に辿り着くには『階段がある〜!』って思い出して(笑)慌てて、練習する流れになったのでした。順調にきているなぁ〜。でも毎食後、痛み止めは飲んでいる。そうそう!やっと左側を下にして、寝られるようになりました。右側を下に出来るのは、まだ3ヶ月くらい先だってサ。ところでさっき…膀胱癌の人から『いいわね、アナタは治る病気だから…』って言われて、返す言葉がありませんでした。ココは病院だという事を忘れるべからず…だね。



2005年12月28日(水) 上手くいった…

手術からちょうど2週間。今日から、松葉杖での歩行練習も始まった〜!これで『偏平になった』と言われた右足の土踏まずも、復活するだろう(笑)!そう言えばマジックハンドの出番が、段々減ってきている。いつの間にか身の回りのコトを、自分の手で必死に何とかやれるようになってきた。午後、レントゲンを撮りました。先生がその写真を見て『今回の手術は、上手くいったなぁ〜』って、呟いたので『前回は上手くいかなかったんですか?』とツッコミそうになったケド、左側の手術に支障をきたすとマズイので、口を手で塞ぎました(苦笑)。



2005年12月27日(火) お風呂

13日ぶりだった〜!何がって、お風呂に入ったのが(笑)!えっ?、アイドルはそんなコト絶対に言っちゃダメだよネー!(ん?アイドルって…?)。まぁ許して下され…垢で死ぬコトは無いし(まだ言うかー笑)。いやぁ〜極楽だった。手術後初めての入浴!一応まだ歩けないので、介助が一人付いてのお風呂。毎日身体は拭いてもらっていたけれど、スッポリお湯に包まれるってホントに最高だね!今日はリハビリでも、昨日上がらなかった足が上がったりしてサ…。嬉しい日でありました。明日はレントゲンを撮ります。そしていよいよ、歩行練習の始まりです。



2005年12月26日(月) リハビリ

日が経つにつれ、出来なかった事も出来るようになっていく。ゴロンと寝転んで、やっと膝が曲げられるようになった!今日のリハビリでは、伸ばした足を上げる練習…ふぅ〜全然ダメ(苦笑)。それにしても、お年寄りが多い。リハビリルームまで自分で移動できず、皆、ヘルパーさん達に送り迎えしてもらっている。リハビリの終わった老人の耳元に、大声で『もうすぐお迎えがきますからネ!』って言うんだけど…最初は、なんて失礼なコト言うんダ!って一瞬思ったモンね(苦笑)。リハビリは、春夏秋冬、一年を経過して、やっとひと区切り!だそうです。



2005年12月25日(日) X'mas

若い看護師サンが、サンタさんからのプレゼントはいつも“カップ麺”だった!と言っていた(笑)。食べたくてもダメだと言われ、X'masの朝だけ、それは届けられるんだって!届く時『シャカシャカ!』って、音が鳴るから分かっちゃう(笑)…でも寝たふりして絶対に目は開けない!X'masの迎え方や、サンタさんからの贈り物って、日本じゃ各家庭ごとできっと、バラバラなんだろうね!面白〜い!昨夜は私の病室にもサンタさんが来てくれたの☆。可笑しかった!だって、面会時間を過ぎていようが、サンタさんはこの日“顔パス”なんですものネ(笑)。サンタさん!ありがとう!



2005年12月24日(土) ビキニライン

身体を右横側から見ると、まぁるく、ビキニラインに沿って傷がある。『電車ごっこ出来るね…(笑)』それにしても、股間節の手術なら誰でもビキニラインに切ってるか!?と言うと、そうでも無さそうなのだ。同じ病室の70過ぎの女性は、縦に切られている。う〜ん、こうなると、一体何歳くらいがビキニラインか縦か…その境目を知りたくなる。学会で決まってる…ワケないしさ(笑)。先生の主観なんだろうネ!この先この人はビキニを着るだろうか!着ないだろうか!(笑)かろうじて私は、ビキニを着るかもしれないと判断されたのかしらウフフ。着なきゃ…。



2005年12月23日(金) 12月23日祝日

今日はまず、午前中に抜鉤(バッコウ)をしてもらいました(…抜糸ではなくネ)。傷口のツッパリが無くなった〜!雪なので誰も来るワケがなく、午後はのんびり、自分でシャンプーしたりして過ごしていたら、ナント…突然…姉が来た。なんで?こ…こんな日に…ウルウル。アンガト〜!姉は私の足に保湿クリームを塗ってくれた。『右足の足の裏、偏平足になってるネ!』だそうです。ふ〜ん。ずっと庇ってきたからな〜。思わぬ発見だね。ナヌ!そこへ母と奈央と紀斗まで来た(笑)。ねぇねぇ、今日は雪なんだよ、君達…。こんな日にお見舞いに来るなんて…アリガトm(._.)m !



2005年12月22日(木) 右足め!

今日は午後2時からリハビリでした!どうひいき目に見ても、歩けるようになるのは、かなり遠い感じがします(:_;)。あやつり人形みたいに、足に紐でも結び付けて『ヨイショ!』って、動かしたい気分ダ。聞いてみると、人工骨を入れて治療した人は、リハビリ自体の痛みはあっても、治療した箇所それ自体の痛みは、それほど感じないらしいデス…いいな(笑)。昨夜は痛くて眠れなかった(苦笑)。『一歩進んで二歩下がる』ってカンジ!でも、始めは鉛のようだった右足が、明らかに“力”を持ち始めている。気長にいくか…。



2005年12月21日(水) マジックハンド君

あのマジックハンド君、大活躍しております(笑)!カーテンの開け閉めや電灯のON・OFF。ベッド下に入っちゃった靴やスリッパを取る時や、落ちたモノを拾う時。足元の布団を直す時。ティッシュペーパーもサッと一枚ヒラリ〜ン!着替えの時も、『もし無かったら、一体どうしていただろう!』って。…ホントに、どんなに助かっているコトやら。今日は三角山放送局で御一緒だった“ラジオでショッピングお姉さん”から贈って頂いた5本指の靴下にもチャレンジ!見事成功〜〜!本当は跳び回りたいケド、跳べないなぁ〜(笑)。ただ一度…そのマジックハンドそのものを落とした時は、さすがにうろたえた(苦笑)。



2005年12月20日(火) シャンピニオン

実は入院するにあたって、1ヶ月前から準備していたコトがある。何でしょ〜(笑)?それは、身体の臭いを抑えるコト!でもサ、まさかそんな薬は無いだろぅと、友達に冗談半分で言ってみたら、「有るよ」って…もぅ買って準備してくれていたコトにもビックリ!それ以来、彼女から貰った“シャンピニオン”という名前のモノを、一日3粒位ずつ飲み続けていま〜す。成果の方は…どうなんでしょうかネ〜(笑)。飲まないよりは、やはり飲んだ方が匂いが少ないのかもしれないケド。匂いゼロには、なりえないもんナ〜(苦笑)!でも、何年か先に、自分の老臭が気になったらコレは使える(笑)



2005年12月19日(月) 病室の窓の外に…

うわぁ〜!雪ダ雪ダ!(^-^)!札幌の雪と違って、すぐ溶けてゆく。でも部屋の窓からX'mas Treeみたいな木が見えて、ゴッキゲンな日曜日でした。さて今日は、起きてから夜寝るまでの間、一度もベッドに横にならず、起きて過ごしてみた。『私は病気じゃぁない!リセットボタンを押した右足に、これから必要な情報の擦り込み作業をやっているんダ』って、そう思い始めて…サ。もぅ当然、前の右足には戻れないもんネ! でも感じ方ひとつで“動かない足”に対してずいぶん優しくなれる。“日常”と“リハビリ”とを、分けて考えない方が良さそうだしネ。夜、久しぶりに紀斗に会えた!



2005年12月18日(日) 12/17…手術から4日

今日から車椅子が使える!まだ右足は10圓硫拿鼎靴ダメだって。頼みの左足と腕で支えながら、も〜ぅ、必死(笑)!街でよく見掛ける『車椅子マーク』のトイレに入り、中の洗面台で歯磨き洗顔も済ませま〜す。いやぁ〜!洗顔の時には笑った。だってサ、台の下に椅子が入って前に進むのは良いんだけど、手を伸ばして水を顔まで運びたいのに、肘がつかえて…バシャ!また肘がつかえて…バシャ!うっそー!一滴も顔にかからないヨ〜(笑)!肘と手首の間に、もうひとつ関節があったなら…。そう思わずにはいられない経験でした。今日で点滴も終わり〜!。



2005年12月16日(金) 手術後2日目

手術をして下さったK先生は病室を覗くと決まって『どう?痛い?』って聞く。いつも同じ台詞で笑えるゼ…切ったんだモン!痛いに決まってるじゃーん(怒)…ドォドォドォ…落ちつけ…。あんな凄い手術が出来る先生だけど、看護の現場とは役割が違うからネ(笑)。今日はシャンプーをしてもらって嬉しかったナ。身体は…熱が39℃あるのでお腹の中まで、アッチコッチ痛くて、さすがに座薬を使いました。傷のガーゼ交換の時、刺してあった2本のチューブも抜き取られ、残るはあと、点滴の針のみでございます。術後の、深海まで沈みそうな鉛のような重たさは、もぅ無くなっている!



2005年12月15日(木) 手術の翌日です

鉛のような足やオシリ…。だけど外科は「日にち薬」と言われるだけあって、時間と共にグングン良くなる感じダ!本日もぅ、ベッドから降りて床に立ちました!明後日には、車椅子でトイレにも行けるそうです。実は…着替えをさせてもらう時、必死だったので(苦笑)咄嗟に手を付いたらナント!背中から出ている麻酔の管をグシャって…壊しましたワタシ。で、もぅ抜きましょう!と先生に言われ、予定より一日早く、痛みを抑える麻酔の管を抜かれてしまったのでした(苦笑)。アハハ…ズッキンズンズン自業自得〜でも、早く治るかな!



2005年12月14日(水) 手術終了!

今、酸素マスクを付けて痛い痛い状態なの(苦笑)。明日の朝には、少し水を飲んでも良いらしい…願わくば、命の水(酒?)が良いわぁ〜ん!ナーンチャッテ。痛いケド、なんとか前に進んでますヨ!皆さん!応援してくれてアリガト〜!



2005年12月13日(火) 2日目…いやいや…じゃなかった!いよいよ…です!

今日は一日気楽なモンで、午後にMR検査を受けただけでした!それはそうと、ふと気付いて焦りだしたコトがある。12/9のCots Fieldでのライブ チケット…アタシ持ってないや。チラシはあるけど、チケットは貰うの忘れてた〜(泣)。ちゃんと¥1,000払って、買うべきだったワ!もう、無いかなぁ〜トホホ。明日、午前10時から手術です。1番最初にするのは、硬膜外麻酔。盲腸の手術をした時みたいに、背中を丸めて背骨の間から硬膜外に管を通すんですって。次に全身麻酔をして、酸素の管を口から通す…止めよっか(苦笑)明日もこうして、携帯から書き込めるかな?すぐ圏外になるんだモン



2005年12月12日(月) さて入院です

今朝、奈央を送り出す時
『さようなら』と奈央に言われた(笑)。
コラッ!お別れじゃないんだゾ。
そうか。
学校から帰ってきた時には、
もぅ入院した後だからネ。
いくら会える距離だとはいえ、
1ヶ月間も一緒に寝起き出来ないのは
初めてだもの。
つい『さようなら』って
言っちゃったワケだ。
紀斗は…やたら昨日から
ベタベタとまとわりつく。
3才なりの能力で
理解はしてるみたいだネ。

夫に頼んでいたノートパソコンが
未だに手元に届かず(苦笑)
まぁ、療養する意味でも
さほど焦ってはいないのですが
リアル タイムで治療報告をしたかったからサ。
ちと、ガッカリはしています。
ゴメンネ。
気長に、覗いて見てください。

では、行ってきま〜す!
重いなぁ〜。
やっぱり焼酎は置いていこう(爆)
ハハハ





2005年12月11日(日) 温泉

昨日は、友達の家族が、
子供達も一緒に
岐阜県南濃町にある
『水晶の湯』という温泉に
連れていってくれた。
嬉ピ―!嬉ピ―!ルンルンル〜ン
そのお風呂は、
駐車場からは専用BUSに乗り換えて
山の上のほうまで
ズンズンズ〜ン!と進む。
温泉と夜景が一石二鳥で楽しめるの。
空気の澄んだ日には、
露天風呂から、名古屋駅の
JRツインタワーまで見えてしまうらしい(驚)
久しぶりだった…温泉。
夜景がキレイだった…。
500円で入れるのも魅力ダ。

さぁて、私達がのんびり女湯で
寛いでいる頃、
男湯では、高校生のグループが
備え付けのシャンプーとリンスの
中身を入れ替えたり、
脱衣所の床に、タオルの水を
ジョワ〜!って絞ったり、
幼稚なイタズラをしたうようダ。
入浴客達は、迷惑掛けられていても、
自分の桶を持って、
場所を移動するだけで、
全然、怒らないんですって。
そんなモンなのかなぁ…。
見かねて友人が、コラーッ!て
怒鳴って『おい!集合―!』って、
チョイト、ヤキをいれたようです(笑)。
ダメなコトは『駄目だヨ』と
ちゃんと怒れる大人が
ホントに減りました。
友人に怒ってもらった
その高校生達は、
ある意味じゃ、幸せかもネ。
開き直られたら怖いし、
難しいですね…。
殺伐とした、
モラルに欠けた出来事ばっかり。
だけど、見て見ぬフリは
いけません。

とりあえず、友人に叱られて
その高校生達は、素直に
『ごめんなさい』…て
謝っていたようダ。
一緒に男湯に入っていた紀斗が
その友人のコトを
『オヤブン! オヤブン!』って
言うからサ(苦笑)。
きっと、ホントの“親分サン”だと
思ったんだろうネ(笑)。
6〜7人の高校生集団。
一人も『おい、止めようゼ』って、
言える子が無かったのも
残念だなぁ〜と
その友人が呟いていた。

目をつぶる。
それじゃぁ正しいコトにまで
目をつぶるコトに
ならないか。

…温泉の話だったよネ(苦笑)
ナトリウム泉なので、
フワフワ湯船に身体が浮く…ハズなのに
なんでワタシは沈むの?
ねェなんで?
おせーて おせーて!
お肌すべすべ〜。
幸せ〜。










2005年12月10日(土) ことば

姉からの電話で、こんな話が出た。
買い物の時、レジのお姉さんが
『お箸はいくつですか?』
って聞いてきたから、
『三膳、お願いします』
って言ったんだって。
言いながら、お金を3千円
トレイに乗せると…
『三千円ですね。それで…
 お箸はいくつですか?』って…(笑)。
1膳・2膳・3膳っていうお箸の数えかたと
お金の三千円とを取り違えて聞いたらしい。
でも、ひょっとしたら
本当にお箸を“膳”で言い表わすコト
知らなかったのかなァ(苦笑)。

『因みにタンスは何て言うか
 知ってる?』
と姉…『うん“竿”だよね』
『じゃ、どうしてそう言うようになったか
 知ってる?』
う〜ん????知らない。
タンスをひと竿・ふた竿…と言うのには
理由(ワケ)があるらしい。
木造で、火事の多かった日本の家。
昔のタンスは、運び出すのに
専用の竿を使っていたとか。
それでタンスを数えるのに
ひと竿・ふた竿…って言うように
なったんだそうです。
はぁ〜ナルホド。

日本語には 束・本・枚・冊・機・膳・個・輪・戸・色・足…etc.
言葉の文化!だ〜よ〜ね〜!
英語とはまるで違う。
でも、もう数年後には
さっきのタンスの話も
『ナンジャ!そりゃ』って、
消えちゃうんだろうな〜。

言葉はサ、お互いが話さなくちゃ
言い伝わらない。
会話が減っちゃったからナ〜。
使わないからドンドン
日本語が消えてゆくぅぅ〜!
チョット…寂しいです。













2005年12月09日(金) 2005年12月9日 ライブ

天気予報は“晴れ”だった。
なのに時々、ほ〜ら!…って
その実力を見せ付けるような
冗談交じりの雨粒。
…いくら雨女だからって
初めて犬山でやるライブの日に
あんまりだぁ〜(笑)
終了後には星空が見えたりしてサ(苦笑)。
でも、デビュー以来
初めての《Sold Out!》だった!
コレはスゴイよ(口あんぐり)。
入り口で帰された皆様、
本当に申し訳ありませんでした。
ゴメンナサイ!
だから雨だったのかな…。

多くの人に支えられて
今日まで来ているコトを
ドガーン!と、
思わさせられる日でした。
ウチを出る前に母から、
『目に見える杖の他にアナタは、
 目に見えない心の杖で支えられているからネ!』
と言われてジーン…。

もっともっと歌、
練習しなくっちゃ(苦笑)!
曲も作ろう。
嬉しい夜でした。

さぁて、
いよいよ股関節…ダ。
自分の“自然治癒力”に
おまじないをかけましょう。
集中…集中…。

みなさん、
ありがとうございました。






2005年12月08日(木) 42

知人の畑で掘らせてもらった
おイモちゃん達が、
もうすぐ無くなっちゃうヨーン。
それにしても、知らなかった!
里芋の親イモが、
あんなに大きくて
ゴツゴツしている事を。
捨てる人も居るらしい。
(スーパーじゃ見かけないモンね)
でも、食べたらとっても美味しいの!
この歳になって、
里芋の親イモの存在を
初めて知ったのでした(恥)。
他にも、白菜や大根や
長ネギ、サツマイモ、ほうれん草。
買ってきた食材よりも
何故か“ありがたさ”を
強く感じながら食べています。
不思議ねェ〜。
お金を払ってスーパーで買った白菜も、
もちろん有り難い!
同じなんだケド、
知人が畑で作ったモノの方が
な〜んか、
葉っぱのカケラも粗末に扱えないと言うか…。

札幌で暮らしていると
畑でイモを掘らせてもらったり
採れた野菜を分けて貰うなんてコト
無いんだよな〜(淋)。
子供達に、もっと伸び伸びとした環境を
与えてやりたい…と、思う。
でも現実は
夜8時過ぎたら、
階下の住人から苦情が来るので
コトリ…とも音を立てられず。
コンクリートに囲まれた環境と
土の無い生活と
雪の季節は、室内で遊ぶ方が多く、
自ずと、空を見上げる機会も減る。
だからサ、
今の犬山での時間が
きっと、宝物になるだろうね。
こんな環境で育ててもらって
アタシ…親に感謝しなきゃ。

今日で42歳。
名古屋の国立病院の廊下で
ガマンしろと言われて、
その通りガマンしていたら、
ナントもぅ、頭が出かかっていた(笑)。
速攻分娩だった母の話を
何度聞いても飽きずに笑って…。
今年も誕生日を迎えました。
おかげです。
ありがとう!
気が付くとワタシも親であります(笑)。
子供達には、たいして何も
してやれず…(苦笑)。
ゴメンねと心で呟く毎日です。



















2005年12月07日(水) 検査

病院へ行った。
今日はCT検査でした。
午後2時だというのに
広い待合室の長椅子に、
ズラ〜〜〜リ…人…人(笑)
みんな、楽しそうにテレビを観てる。
午後の病院って、もっと
閑散としているんだと
思っていた〜(笑)。

レントゲンや、CT検査。
(入院後にMR検査もする予定)
この2ヶ月、
色んな検査してきたな〜。
乳癌を調べてもらう時も
マンモグラフィーと超音波
更に針を刺して細胞診も。
歯医者サンでもレントゲン撮ったし。
そうダ、今日は朝9時に
歯医者にも行ったんだった。
出産以外、縁の無かった病院に
これほど日参する日が
来ようとは(苦笑)。

今日のCT検査、
右と左の股関節を、それぞれ別々に
撮影する予定だった。
(右側が14:00〜左側が14:30〜)
でも、検査室の人が、
『伝票を一緒にしておきましたから』
って、左右一度に終わらせてくれたの。
同じ病院内にもサ、
点数計算を重視する人と
患者さんの見方になってくれる人と(嬉)
色々なのダ〜。
どの業界にも、
有るコトだろうけどネ。
はぁ〜それにしてもカッコ良かった!
CT撮影室の男性2人。
おっと、夫のある身だったわぁーん(笑)
もっとCT撮りたぁ〜い!












2005年12月06日(火) 温度差

今朝は寒かったなぁー。
札幌から犬山へ、
もう今年は雪が見れないと
思っていたのに
思いがけず、束の間の雪景色に
顔がほころんだ。
♪犬は喜び庭〜駆けまわる♪
♪紀斗も喜び駆けまわる〜♪(笑)
子供は無邪気でいいなぁ〜!

歳をとると、やはり
暖かいトコロでのんびりと、
暮らしたい!と
思う人が多いようダ。
今、北海道全体の
景気の落ちこみが激しい。
だから余計に、
そう感じるのかもしれないね。
大自然を、こよなく愛していた
友人の一人が、ついに
『教育面でも本州の方がいいし
 北海道の人間は、競争になると
 やっぱり負けちゃうんだよネ』
と、怒り口調で話し始めた。
公務員も一部地域を除いて
減収されている現実。
厳しいよね…。
愛知万博の効果で
やっぱり名古屋は豊かだモン。
北海道と比べると
同じ日本で、こんなに格差が
あっていいのか!?
ホントに…違う…。
両方を体験できるなんて
貴重な経験だネ(苦笑)








2005年12月05日(月) しごと

奈央の宿題が面白かった。
『おうちの人の しごと』
というテーマで、
それぞれの人がやってる仕事を
プリントに書き出して、
で、感想も書いて提出するモノ。

よくさぁ、
『赤ちゃんは、泣くのが
 仕事だからネェ』
って言ったりするけど、
奈央ったら、
自分のやってる仕事の箇所に
『のりくんとあそぶ』
って書いててサ(笑)。
それはどうだろう…(苦笑)
アナタは弟と、仕事だ!と思って
遊んでるのか?
まぁその話はさておいて。
母からアドバイスを受けながら
奈央が書いたプリントは
以下の通りです、ハイ。
・おばあさんのしごと…
 そうじ、せんたく、しょくじの
 じゅんび、あとかたづけ、かいもの
 おとうとやワタシと おふろにはいる、
・おかあさんのしごと…
 ブログをかく(笑)、ピアノをひく、
 しょくじのじゅんびや せわ、
 べんきょうをみてもらう、
・パパ…
 かいしゃへいく
・じぶん…ときどき するコト
 しんぶんをとってくる、
 しょっきをながしへ もっていく、
 かたをたたく(?)
 おとうとを あそんでやる
[感想]
 おばあちゃんのしごとが、たくさんあるコトに
 おどろいた。
 わたしは、あまりやっていなかった。
 ・…………………………………………
こんなプリント一枚でも
大人が関わって、
よく考えて書くか書かないかで、
随分と変わるモンだなぁ〜。
最初の奈央の書いてたまんまじゃ
読んでも、よく分からなかったし…(笑)
等身大と言えば、そうかもしれない。
でも放っておいたら、
勘違いしたまま大人になっていくよネ(苦笑)。

しかしさぁ、
日本語は、ややこし〜い!
“仕事”とだけ言われても、
JobなのかWorkなのか
Businessなのか…
微妙なトコロが分からない。
深く考えると、ワタシ自身も
ジレンマに陥ってしまう(苦笑)。
自分の好きなコトを仕事に出来て
羨ましいわぁ〜!って言われても、
曲を作ってる時は
“仕事”という感覚じゃぁないし…。
自分の好きなコトを勝手にやってて、
それを生活の糧にしようなんて
そんな都合のいい話は無い。
(実績もないしネ…苦笑)

奈央の宿題で、
考えさせられました(笑)
パパだけ、シンプル過ぎる気もする…。






 









2005年12月04日(日) 複雑…

本当に、心から、親切で
声を掛けたい!と思っても
もぅ怖くて出来ないネ。
うずくまっている人に
『大丈夫ですか?』って
立ち止まって声をかけても
そのスキに別の人がぶつかってきて
お財布をスラレました…という人が居たり。

昨日のブログの続きみたいだケド
今やもぅ、子供達には
『人を信じるな』って
教え込まなきゃならない社会だネ。
奈央の小学校からは
地域の人達とは、出来るだけ
“挨拶”をきちんとしましょう!
と言われてきているようです。
“挨拶”を交わすコトで逆に、
外部不審者の介在を防ごう!
というコトらしいデス。

猟奇殺人の本や映画を観た後
人は深層心理に何も影響を受けずに
いられるだろうか。
悲惨な事件が連続して起こる今、
心理面に、二次的な影響を受ける
そのコトが、
更に不安に思える昨今です。

温かく、笑いに溢れた環境は
1人1人のヒトが生み出すものダ。
国や地域社会の決まりを変えても
平和は絶対生まれない。
平和は心の中に在る。
ワタシの周りには、
悲しみや苦しみを
よ〜く知ってる人達が多い。
でもみんな、すっごく明るくて
パワフルなの(笑)
神様もやってくれるよネ。
辛いコトを経験した人のほうが
何故か思いやりには長けている。
順風満帆もいいけれど
多少、試練を乗り越えて
成長しながら生きていく方が
人間関係的には良さそうダ(苦笑)。
仲良くしようヨ。
争わず。
他人の喜びを
一緒に喜べるような
温かい気持ちでいれば
何もモメないで
生きられそうなんだけど…な。



















2005年12月03日(土) 事件

まったく、許せない。
昨年11月の奈良市の事件も、
大阪の児童殺傷事件も…、
先日の広島の女児もそうだし、
今回の今市市の1年生の女の子も…。
結局、抵抗できないような
幼い相手をターゲットにして
起きた事件だ。
我々は、子供すら守れない
民族になったのか?

昨日たまたま、
病院の椅子の上に
玩具のフィギュアばかりが載ってる
¥490もする雑誌が、ポ-ンと
起き忘れてあったの。
へぇ〜、こんな雑誌、あるんだぁ…。
紀斗が、パラパラめくって
NHK教育に出てくる
『おでんくん』と言うシリーズの
キャラクター達を、嬉しそうに見始めた。
他にも、色々載っている。
母が、戦いモノのキャラクターを見て
『刀や銃や、こんなモノ持たないで
 エイッ! ヤーッ!ってお手々で戦うのが
 カッコイイなぁ〜』
と、紀斗に上手に話していた。
まったくだ。
飛び道具や刃物のような
武器を持たずに
全員が素手で勝負したら
この地球上で起こる戦争も、
もっとほのぼのと終結
…しないか…アハハ…甘い(苦笑)?
そういう意味じゃサ、
相撲は素晴らしいなぁ(笑)。
素手で、正々堂々と戦うんだモン。
チョット話しがズレましたが…
武器を持つコトが
一体どういうコトなのかを
もっと子供達に話した方が
良さそうだネ。

自分の欲しいモノがあれば
相手を刺してまで、
手に入れようとする。
働きたくなければ
仕事をしない。
“忍耐”や“我慢”じゃぁなく、
“愛”…なのかなぁ〜。
愛が…無くなってきたよね。
暮らし方、生き方、国家、
そして、命に対しての、
愛が…薄れてきている。

道路に信号機が増えるように
コレでまた規則が増えるネ。
歩きにくい世の中に
なっていく…。


















2005年12月02日(金) 病院

今日で2回目。
病院で、自己血を採る日。
知り合いの中には、
300ccしか採れなかったよぉ…
という人も居て、
チョット、初めは不安でした。
でも…、
やはり血の気が多いのか(笑)
ワタシの場合、5分だったの。
あっという間に420ccに到達。
今、笑ったわね(笑)
ま、鉄分が少なくて
注射はしてもらってるものの、
いたって健康であります。
感謝。

今日はもう一つ、母と一緒に、
手術の説明も受けました。
オペ自体に、何も不安は無いけれど。
術後1日〜2日の間は、
痛みに合わせて
背中に麻酔の管を刺したまま
過ごすんだそうです(怖)。
そうなの…それだけが、
イヤな話だったよぉ〜。

12時に病院へ行き、
待たされて(苦笑)
3時15分にやっと会計を終了。
それ―!って、飛んで帰ると、
もぅ奈央が帰ってた。
『自分で鍵あけて入れたの…エライ!』
『うん。泣かなかったヨ…(苦笑)』
そうそう、前に1回あったもんネ。
誰も居なくて、
家の前で大声で泣いててサ。
ご近所のオバサンちに、
預ってもらっていたコトがネ(笑)。
そんな話しをしながら
なんだか 奈央の顔見たら
ホッとした…。
ふぅ〜。
病院でのコトや
奈央の学校のコトを
お互いにワイワイ聞いて話して…。
しばらくしたら、
とっても落ち着いたナ。

アタシって、もう娘に頼ってる?(苦笑)










2005年12月01日(木) 普通の暮らし

ただいま―!
おかえりぃ〜!
奈央が学校から帰ってきた。
声のカンジで、その日の様子が
すぐ分かる(笑)。
手洗いうがいを済ませた後、
ランドセルの中から宿題を出して、
まずはソレから取りかかる。
大人も、これぐらい熱心に
毎日ゝ計算問題とかやっていたら
脳の刺激になって、いいかも…(笑)
ナヌ!おやつは何か?って!
そんなモン無ーいー!
と言いながら、
紀斗も呼んで、一緒に
帯広から送ってもらった
バナナ饅頭を食べる(ニコニコ)。

こうやってワイワイと、
毎日平和に暮らしていたんだよナ…
広島の小1の女の子も。
家族の気持ちを想うと
やるせない…。
誰を怒ろうと、
もう二度と子供は
帰って来ない…無念だヨ…。
変な事件が多すぎる。
普通でいいのに。
もっと普通に、みんなが
優しくなれたらいいのに…。
学校の勉強以前に
人間として、
教えなきゃならないコトが
どこか抜けてしまって
いなくはないか。


 < 過去  INDEX  未来 >


明日香