まゆのウォーキング、ぼちぼち日記

2011年01月07日(金) ■日記を書いて成功、幸せを引き寄せよう…その1. 「3分間日記」

今日から、日記の書き方について、
それも、「成功や豊かさ、幸せを引き寄せる」
そんな日記の書き方が書かれている本の紹介です。

3冊ほど順番に紹介いたします。
好きな書き方や、自分にあった書き方があったら、
ぜひ、日記を書いてみてくださいね。
きっといいことがありますよ〜

本来の計画では、
年末から紹介する予定にしておりましたが、
年始にずれ込んでしまいました。
でも、今から書いてもいいので紹介しますね。




今日、紹介するのはこの本です。
「3分間日記」







さて、この本では、
なぜ日記を書くといいのか、
成功や幸せを引きつけるのか、
その理由をこんなふうにいっています。




「夢が実現するかしないかは、
 夢への思いの強さで決る。
 思いが強ければ、
 夢は必ず実現する」





例えば、具体的には、
こんなことです。
(以下33P〜35Pまで引用)



「なぜ日記が「思い」を強くするための
 アイテムとなり得るのでしょうか。
 それは“書くこと”のパワーが
 あなたの思いを「強化」し、
 「持続」し、「明確化」するためです。
 「夢」や「目標」実現の可能性は、
 それを書いた回数(量)や、
 真剣に書いたかどうか(質)に
 比例するのです。

 ピンと来ない方もいらっしゃるかも
 しれませんが、実は単純な話です。
 
 人によって大小はあるでしょうが、
 夢や目標というものは誰しも
 持っているものですよね。

 それでは、その夢や目標を
 3年に一度しか思い出さない人と、
 毎日「自分の夢は○○だ!」と
 思い描いている人とでは、どちらが
 夢を実現させる可能性が高いでしょうか?

 言うまでもなく、毎日自分の夢を思い出し、
 再確認している人の方が、
 可能性としては高いはずです。(略)
 日記は、この“再確認”という作業に
 もってこいのアイテムなのです。

 どんなに短い文章でも、
 例え一行でも構いません。
 日記に毎日自分の夢や目標を
 書いてみてください。

 「5年後、独立して会社を作る!」
 「30歳までに家を買う」
 「営業成績トップになる」
 「○○さんと結婚する」

 ことの大小は問題ではありません。
 “毎日書く”というところが肝心です。
 たったこれだけのことで、
 夢に対する「思い」は強化されるのです。

 そして夢への思いが強化されるほど、
 その夢がかなう可能性が高くなるのです」




こう言われてみると、
なるほど、本当にそうだ!
と思いませんか?
そして、さらに、



 ◎自分のことを知ることができる
 ◎自分が本当にやりたいことが見えてくる
 ◎日記を書いた分だけ思いが強くなり
  夢実現の可能性が高まる
 ◎毎日日記を書くと夢への焦点が合い、
  夢への近道が見えてくる
 ◎心に平穏が訪れ、幸せを引き寄せる
 ◎毎日に流されず、生きることができる
 ◎心の質(心質)を改善する





という効果があるそうです。
いいですね、日記。



さて、では、
その日記の書き方は?
書くことは以下の5つ!



 日付
 1.目標(長期目標+短期目標)
 2.やりたいこと
 3.今日の出来事
 4.今日の感謝
 5.成功法則・学びの言葉





例えば、こんな具合です。
(79P〜引用)
(注/《ポイント》は本誌から大切なところを、
   こちらで、ピックアップしました)



 1.目標(長期目標+短期目標)

   <例…著者の場合>
    長期目標
     ・地元の○○県で一番の若手経営者と言われ、
      本を出版している。
    短期目標
     ・そのために、26歳までに開業し、
      初年度から黒字を計上している。

  《ポイント》

   ,海量槁犬蓮途中で変わってもよい。
    (最初は、コロコロと変わるのが普通。
     本当の目標を見つけるには時間がかかる。
     ただし、安易な下方修正は不可)
    同じ目標であれば、
    長期は、何年も同じことを書くし、
    短期も、数ヶ月〜1年くらいにわたって、
    書くこともある。

   ∈能蕕蓮△錣りやすい目標にするため、
    数字を入れるとよい。
    例/年収○○万円、売上げ1億円など
      ○月までに、など。
  
   L槁犬蓮屬覆蠅燭ぁ廚任呂覆、
    「です、である」と進行形で書く

   <例>
    長期目標
     ・10年後に、総資産が5千万円あり、
      毎年3回バリ島に旅行に行ける生活をしている。
    短期目標
     ・5月までに、○○入門書と△△実行編を
      読み終っている。
      


 2.やりたいこと

   <例…著者の場合>
    ・異業種の人と交流を深め、
     各業界のことを学びたい。

  《ポイント》

   ,笋蠅燭い海箸蓮△任るだけ早いうちに
    「やる」こと。
    「書いたことは実現する」
    「書いたら実現した」という
    流れを頭に叩き込むために。
    (すぐにやりたいこと、気軽にできることで
     よく、むずかしい立派なことでなくてよい)
   
   <例>
    ・○○さんに話を聞く
    ・○○のラーメンを食べたい
    ・今日、この番組をみたい



 3.今日の出来事

   <例…著者の場合>
   ・高校バレーの全国大会でをTVでやっていた。
    地元の△△高校が活躍しているのを見て感動。

  《ポイント》

   ,△辰申侏荵だけではなく、その時に
    どう感じたか、どう思ったかなどの、
    感じた気持ちも書く。
   嫌な出来事(気持ち)を書いてもいいが、
    嫌なことを書いたら、浄化しておく。
    怨みや愚痴で終らず、
    イヤなことからも学ぶことで、
    その日あったことをプラスでとらえる。

   <例>
    ・「がんばっているのに、上司に叱られ
      腹がたった、悔しかった。
             ↓
      でも上司の立場からすると、
      もっと高いレベルに成長してもらいたい
      という愛情なんだろう」



 4.今日の感謝

   <例…著者の場合>
    ・△△高校バレー部の活躍を見て、
     自分も○○県から全国へインパクトを
     与える活動をしたいと思った。
     △△高校バレー部に感謝!

  《ポイント》

   〆該戮粉脅佞任發いいら書く。
    感謝を見つけ、感謝するクセをつける。
    感謝することを積極的に見つける。
   
   <例>
    ・○○さんに、優しいことばをかけてもらった
    ・夫(妻)に「ご苦労さま」といわれた
    ・上司におごってもらった、感謝



 5.成功法則・学びの言葉

   <例…著者の場合>
    ・チームワークの良さだけでなく、
     チームの明るさやリーダーの明るさが、
     勝利を呼び込む。

  《ポイント》

   ‖腓欧気覆發里任覆ていいので、
    その日の自分なりに見つけた
    「成功法則」を書く。

   <例>
    ・やるべきことを書き出してから仕事をしたら
     作業がはかどった。
    ・髪をあげて出社すると、溌剌と仕事ができる
    ・柿を食べたら、次の日元気だった
    ・正座をすると集中できる

   誰かとの会話から、本からの学んだ言葉、
    気になる言葉や感動したひと言でも、
    感心した考え方でもよい。
 
 


もちろん、ノートは好きなものでOK!
(ちなみに著者は大学ノートだそうです)
そのノートを自分流に5分けして、
1から5まで書いていきます。
そして、



1.2は朝(1〜2分)に書き、
3.4.5は夜(2〜3分)に書くこと。
必ず、その日のうちに、
そして毎日、ね。




場所などはどこで書いてもよく、
なぐり書きでもよくて、大切なのは、
ともかく、毎日書き続けること。

どうでしょう?
日記を書く気になりましたか?

もっと、詳しく書き方などを知りたい方は、
ぜひ、この本を読んでみてくださいね。
目標の見つけ方など、詳しく書かれています。

お休みをはさんで、来週は、
違う日記の書き方を紹介しますね。





■コメントが書ける「ぼちぼち日記」はこちら


 気軽にコメントが入れていただけます。 →「ぼちぼち、お散歩日記」
■「ことば探し」に戻る時→  「ことば探し」
■「ことば探し」メールマガジン(月〜金)発行しています。

 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
  コンパクトで、読みやすい構成にしています。
  →「購読申込み」


 < 過去  INDEX  未来 >


まゆ [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加





《旅に行きたいですね〜》