毎天ミーハー哈哈哈日記

2014年03月30日(日) 「楊家将伝記 兄弟たちの乱世 (少年楊家将 )」で胡歌に惚れる

またもや胡歌つながりですが〜

実はこのドラマ、彭于晏ファンの私にとっては、
知っていた存在のドラマだったのですが、
なんとなく古装のエディくんに食指が動かず
放っておいたドラマだったのです。
が、「宮廷女官若曦 (歩歩驚心)」と
同じ製作者・李国立(リー・クォックリー)だったので
もしかして面白いかもと期待大で見たのですが、
はい、期待裏切らず、とても楽しめました

楽しめた理由の1番は、
やっぱり何といってもイケ面勢ぞろい!!
ということです(笑)
それから楊家を通した戦国版ファミリードラマなので、
特に裏切り、冤罪、恨みつらみの逆境にあったとき、
一家一丸となって家族を思いやり支えあっていくところが
とても共感出来ました。

その中で、最初はもしかしてただの変り種??
と思われましたが、
中盤〜後半は大活躍というか、
彼が楊家の跡取りとなっていくのですが、
Soft・Sweet・Smartの素敵なな3Sを兼ね備えた
↓楊六郎役の胡歌↓に惚れてしまいました。





そして、エディくん!!
楊七郎役で、末っ子の役だったせいもありか、
とってもとっても可愛かった〜〜
癒されるわ〜〜このエディくん〜〜
で、で、で、最後ーーーー
泣きましたわ〜〜
というか、エディくん、ドラマを通してだけど
回を追うごとに成長していく楊七郎と
エディくんが重なって、
その楊七郎の最後とか
エディくんの演技に引き込まれて泣けました〜。
エディくんの演技で初めて泣きました〜〜。
エディくんファンとして良い作品に出会えたよん。





あと、耶律斜という仇役の袁弘。
「宮廷女官若曦」で第十三皇子を演じてたけど、
最初同じ俳優さんだと思わなかった。
だって、このドラマの袁弘、
とにかく「目力(めぢから)」が凄いんだよ。
「目」ですべて制す、語るってくらい
「目」が印象的。
第十三皇子の時はこの「目力」は感じなかった。
演技によって「目」を使い分けてるのかな?
だとしたら、すごいよ、袁弘。





そして、楊四郎役のピーターくん!!
私としては四郎役にピーターくんって
勿体無い使い方するなと思ったのですよ。
途中からの出演だし、最後は記憶なくして敵国の婿。
(若曦がかわいそうすぎて、泣ける、非情だな…)
でもでも、よく考えると
親から捨てられたと思って育ち、
復讐のために楊家へ、
そして誤解やわだかまりが解けていく中で、
やっぱりこういう演技力は
ピーターくんならでは!なのですね。
で、私は敵国婿となった四郎のその後のドラマも
ピーターくん主演で見たいな〜〜とも思いました。




そして、若者じゃないですが、
崔応龍役の周浩東。
一瞬、サイモン・ヤムヤムかと思っちゃいました。
おじさんであってもカッコよすぎ〜〜
武術も心意気も若いイケ面に負けず劣らずで、
落ち着いた雰囲気に惹かれました〜。




 < 過去  INDEX  未来 >


美香 [MAIL] [HOMEPAGE]