毎天ミーハー哈哈哈日記

2014年03月21日(金) 「宮廷女官若曦 (歩歩驚心)」で鄭嘉穎(ケビン・チェン) に惚れる

胡歌つながり〜

私が初めて「胡歌良いなあ〜」って認識したのが、このドラマ。
胡歌はドラマには出ていないのだけど、
オープニング主題歌「一念執著」を歌ってるの。
このドラマを初めて見たときに、
しょっぱなから流れた胡歌の優しくもあま〜〜〜い声、
きゃん、これはこの歌を歌ってる人は誰なの〜〜〜状態でした。
私は胡歌は「お顔」からではなく「声」から惚れたのです。(笑)

で、このドラマ、好きな俳優が出ているわけでもないのに、
なぜ見ることになったかと言うと、
何気に見た予告の
「現代の女性が突然タイムスリップ!?〜
出会ったのは、美しき9人の皇子たち」
この「美しき9人の皇子」のコピーに惹かれてしまったのです。
そして、見始めたら止まらなくなって、
しかもそこで、私は第八皇子を演じた
鄭嘉穎(ケビン・チェン) に惚れてしまったのだよ〜〜

ケビン・チェン演じる第八皇子は、多くの人望を集めながらも
康熙帝に「王位継承に積極的」と思われて、
王位継承からはずされてしまい、
雍正帝にはひどい仕打ちを受けて幽閉、病死という
なんとも悲しい運命の皇子なのだ。
でも若かりし頃のそれこそ本当に多くの人望を集めていた時の
ケビン・チェン演じる第八皇子は、
包容力があって、存在感もあって、大きな懐で
惚れる要素満々のキャラなんです〜。
しかもそんなケビン・チェンに、
私はなんだかチョウ・ユンファと似たオーラも感じたのです。

でも惚れたのにケビン・チェン、
日本で日本語字幕で見れる作品はほぼ無いのだ(涙)。
ケビン・チェンの魅力にもっと触れたいよ〜〜
と、思っていたら「大英雄」というドラマ、
ケンちゃんと共演してるので、
日本でDVD発売になるかも〜〜期待〜〜
と、思っていたら、なんと先に「イップ・マン」が
日本語字幕でお目見えだ!!!!!!
うれしい〜〜〜
で、今視聴中、見終わったら感想書こうっと(わーい)。

あっ、あと、第十四皇子を演じた林更新くんも良かった。
更新くん、なんとこのドラマがデビュー作とか
全然思えないほどの演技力抜群。
若曦の最期、更新くんの腕の中、
花びらが舞い落ちてとても綺麗でした。

ということで、胡歌&阿蘭ちゃんが歌う「一念執著」
ケビン・チェンも堪能してね!



 < 過去  INDEX  未来 >


美香 [MAIL] [HOMEPAGE]