世瞭記...

 

 

- 2005年01月27日(木)

何もかもぜんぶすてて

逃げたいと思うときがある

鈍い胃の痛みにあとどれぐらいたえればいいの

かみさま、あたしをあいしてくれてる?


裸足で走った白い雪のアスファルト

みたくないものは、みなくていい

だってそのためだよ、視力落としたのも。


ありがとう も さようなら も 

言えずに離れたきみを

忘れられないのは執念深いから?


つきのひかりは

えいりなやいばみたいに

肌に食い込んで いたい、よ。



にじむほしに

ねがいはかなわないけれど

「あたし、もっとやさしくなたらいいのに。」

にじむつきに

ねがいはとどかないけれど

「あたし、きみをあとかたもなくゆるせたらいいのに。」

ひざをかかえて、ひとり。




...



 

 

 

 

INDEX
past  will