世瞭記...

 

 

何処までも深く、暗く。 - 2005年01月23日(日)

私は偽善者です。
ただの偽善で、傷付けたんだ。 

中途半端に差し出した手を引っ込めた。
中途半端な哀れみだけで優しくした。
それでよくもまぁ、『私はなんて優しい人なんだろう』って悦に浸って?
反吐が出る。
何してんだろ、重罪人だわたしは。
どれだけ傷付けたか。

あの人の痛みに比べたらこんな痛みどうってことないよ。
でも、あたしもとっても惨めだったね。

あんな酷いことしたんだから、こうなって当たり前だ。

でも、怖いんだよ。
ずっとこのままなの?
嫌だよ、吐き出すこともできずに言葉が内側に鬱積されていくのは。

でも、もし赦されてしまったら。
自分の事を受け入れられるんだろうか。
光は怖い。
いつからだろう、夜の方が好きになったのは。
だめだよ、もっと苦しまなきゃいけない気はする。
でももう疲れたよ。


沢山のことがありすぎて痛みを数えるのを忘れてしまった。

あの人の痛みを上回れるまであと何回傷付いたら罪を償えるかなぁ。

それまで生きていられるかなぁ。

明日がどうなるかさえ私にはわかんないよ。

神様は私のことどう思ってるんだろうか。

もうわかんない。

知りたくも無い。



...



 

 

 

 

INDEX
past  will