明日香の日記

2013年08月09日(金) 種子島

中部国際空港から鹿児島空港へ。
そこからバスに乗って、
高速船旅客ターミナルまで50分。
そして鹿児島の陸を離れて高速船で約90分、
種子島の西之表(ニシノオモテ)港へ到着!

何年ぶりだろう!?種子島♪
自宅で暑いのは嫌だけど
種子島で暑いのは嫌じゃない(笑)♪

着いた翌朝、子供たちはさっそく海で、
地曳網を体験させてもらいました!


必死になって炎天下のなか、引き上げた網をみると
クラゲくらげクラゲくらげ…小さな魚…くらげクラゲ…(笑)。
小さなお魚は海へリリース。



海がとってもキレイです!


海水の浸食で、干潮の時には
岩のトンネルがいくつも出来ます♪




実は今回の旅には、
母の喜寿を祝う想いもありました。
77歳という年齢はどんな感じなのか、
私にはよく分かりませんが。
傍で見ていると、
ずいぶん個人差があるように思えます。
ただ、多かれ少なかれ、
年齢からくる『衰え』はあるハズで…。

痛む膝に注射をしながら、
孫や、病気の娘を看てくれる母。
その母が、種子島ではいつもに増してパワーアップ!!
超〜元気に砂浜を歩き(驚)、『千座(チクラ)の岩屋』という
海水が浸食して出来たその神秘的な穴を
一緒に通り抜けたりして…♪


感激して、全身から放出される喜びを
母は必ず声に出して伝える人。
わぁぁぁ〜〜スゴイイイイ〜〜〜!
つられて相槌をうつコッチまで、
なんだかウキウキ嬉しくなっちゃう!
種子島の自然のなせるワザかなぁ。
大人がこんなにはしゃいでいいの(笑)?
ひゃっほ〜〜〜〜〜〜!
腕にできていたシコリが
不思議なことに消えているし…!

種子島といえば、
社会科の授業で教わるのがポルトガル人・ペリーの来航。
島の南に位置する門倉岬には、
その記念碑がありました。
へぇ〜…ここに着いたんダ…。
種子島宇宙センターのすぐ近くでもあります。



 < 過去  INDEX  未来 >


明日香