日記
RECENT

2019年07月03日(水)


「出陣だ!鎧を持て!」
「はッ!」
プレバンで「伝説の大将軍」発売決定記念。
荒鬼頑駄無のコミックで新世大将軍のお付きとして登場した、白い「暴呂」を作りました。

「伝説の」がつく辺り新世に違いないと思い、新世大将軍の劇中シーンを再現するなら
花を添えるキャラクターとして是非とも欲しいと、半日で大急ぎで作りました。







・・・・・・・・・・もちろん嘘です(笑)。





ボールハロを見ていて何かを思い出すなあと思い、
何だろうと半年くらい考え続けた結果、暴呂である事に気が付いたので作りました。

作った理由は本当にそれだけだったので、どういう書き出しで始めようか迷っていた所でした。
(普通にその理由で書き出した方がマシだったんじゃ・・・)
これで新世大将軍じゃなかったらズコーですね。
天下泰平編も一応鬼退治の「伝説」扱いされてますし。




リアルガンダムでは一年戦争時代くらいにしか出てこないボール系ですが、
SD戦国伝においては頑駄無軍団の足軽が登場するような作品では
天下統一編の時代から刀覇大将軍編まで暴留系がほぼ現役。

中でもこちらはボール部分がハロという傑作デザインですが、
いまいち出し所がなかったのか、荒鬼と飛閃のコミックに登場したのみ、
大将軍列伝をプレイするまでは名前も分からず、微妙に記憶の彼方でした。
ボールハロを見てなかったら作る事もなかったかもしれません。
でも、特に大きな改造をしている訳でもなく既存のキットを組み合わせているだけなのに
全然別の既存キャラに化けるというのは、結構面白い感覚です。




という事で、ガンダムベースで材料を色々買い揃えて作りました。
陣笠だけはガンプラではなく、大きさがちょうどいい
ケロプラのギロロ浪人の笠を使用。
サイズ的にはケロプラの頭部の球体がハロプラと同じです。

その下の後頭部を覆っている部分は、慈絵丸の時は兜っぽい形状にしましたが
実際の陣笠だとこの部分は頭巾のようです。
恐らく先に頭巾を被ってその上に笠を被るのでしょう。

頭巾ならドロロ兵長あたりがちょうどいいのを被っていますが、それだけのために
キット1個買ってくるのもね・・・と、ありものの騎士ガンダムのマントを使用しました。




ハロ部分は口を開けているデザインですが、ハロプラは口が開かないので
前面パーツを上下に切り分ける必要がありますが、1つのパーツを綺麗に切り分けるのは
飛駆鳥大将軍の腕アーマーの時にも似たような事をやりましたが相当神経を使うので
ガンダムベース限定の白&クリア2体セットのハロを購入し、前面パーツの白版から上あご、
クリア版から下あごをそれぞれ切り出してきました。
もともとコミックワールド版の白い暴呂を作りたかったので、白やクリアの方が塗装もしやすいです。





口(いや、まぶたか・・・?)は開閉するようにしていますが、開閉機構は本来のハロと異なり、
前面パーツのみがヘルメットのバイザーみたいに可動します。

閉じた時に後頭部に隙間が開きますが、まあ笠被せれば見えない部分ですし・・・。
球体が完全に二つに割れるように開くと、中の目をどのように固定するかと言う問題もありますし。




作中でも口を閉じているのは飛閃のコミックに出てくる暴呂のみ。
両腕もハロと同じように収納できるとしたらこんな感じでしょうか。
彦根城のアイツに似てなくもない。

笠の部分は南部鉄器とかの表面をイメージして粗目の塗装にし、
頭巾の部分は布をイメージしてつや消しにしました。
実際の陣笠も逆さまにして鍋にして野戦食とかを食べていたらしいです。




腕はボールハロのままでは可動も厳しい上に肉抜きも豪快なので
旧キットボールの1/144ボールと1/250ボール、及びボールハロの腕を組み合わせて
SDらしいバランスの腕を作りました。
この辺りは正面からのイラストのみだとデザインがよく分からないので
手持ちの中で最も造形が細かい元祖ミニコレの暴留を参考にしています。

本当は手も少し改造した方が良さそうです。ボールの手の方がカッコいいですけど・・・
HGUCボールの方が手も小さいし色も白くて塗りやすそうですが、
旧キットが300円に対してHGUCは安い所で買っても1000円くらいするんで・・・・。




刀を持たせるならこのくらい可動する方がいいです。
目(ここが目だとするとその上のは・・・鼻・・・・?)は下地にホイルシールを貼り
四代目大将軍の翼の青いクリアパーツにクリアグリーンフィニッシュを貼ったものを被せました。




ただ一点、作る前から分かっていた事ですが・・・・・



「いっちゃうぞ!とりゃ!とりゃ!とりゃ!」
「ぎゃぁぁぁぁぁぁ!」

闇元帥はこんな役ばっかりか(笑)。

ただでさえ敵の攻撃がめったに当たらないすばしっこさを持つ暴呂が
この巨体で襲ってきたらねぇ・・・。
歴代ラスボスの中でも小さいキットしかない真闇元帥には悪夢ですわ。
デザインは闇元帥の形態の中では真闇元帥が一番好きですけど。
せめて頑駄無闇元帥に生えてる翼くらい生やしてあげても・・・。
獅龍凰出陣セット付属の大判コミックではなぜか羽生えてますけどね。



この通り、ハロプラではデカすぎます。
持ってないけど旧元祖の暴留よりデカいな、多分。
レジェンドBBと並べるにはキツいですね。

三国創傑伝でもハロプラが出るようですけど、SDと並べるにはデカ過ぎません?
海外のサイトで漫画も見れますけど(アニメは地域制限かかっててNG)、劇中でも
劉備とハロのサイズ比はキットとは全然違いますよ?


でも割とどんなガンダム世界にも対応できる万能キャラの割りに
一般販売ガンプラとして発売されるのは初だからか、結構流行ってるみたいですね、ハロプラ。
サイズ違いも充実してくれたらなぁ。

などと思っていたら、
ガンダムベースで開催していた「ハロプラ PAINTING COMPETITION」に参加すると
限定品の「ミニハロ」を貰えるという事なので、この暴呂に突撃してもらう事にしました。
持込のみの受付で、その場で展示棚に置かせてもらい、
創傑伝の発売日ではなかったので特に欲しい物はなく、そのまま撤収。





そんな訳でゲットしてきましたが、
サイズ的には結構ちょうど良さそうです。
問題は、口を開閉式にするにはもう1個ないと厳しいのと、
結構気に入っているこの暴留を改造に使うのは気が引ける事でしょうか。
ブラインドだから、そう簡単にはたくさん集まらなかったんですよねぇ。



とにかくプレバンが新世大将軍なら尚更こちらのサイズの暴呂も作ってみたくなりますし、
それ以外の大将軍でも楽しみですね。
2週間もやきもきさせられるのか・・・・。



2019年05月26日(日)


ガンダムベースで色々買い物してきました。
三国創傑伝も購入。
続々と発売されるようですが、どうするかなぁ・・・・。





今の値段感覚で考えると、値段以上のものを感じます。
これは一部塗装したりしてますが、塗らなくても印象はそれほど変わりません。
肘可動はありませんがこの体型でヒザも可動しますし、
胴体内部にもボールと軸可動を適度に使い分けた関節が仕込まれていますし、
今時600円でここまでの物が作れるガンプラは中々ないでしょう。

軽装タイプがない分ギミックはシンプル。
メモリは今の所謎のパーツという感じ。

今回はこれが色んな劉備に使い回される本体になるんですかね。
胴体などのグレー部分は共通ランナーとして早速他のキットに使い回されていますが。



騎士ユニコーンとかもありましたが、ユニコーンモチーフのキャラのキットはこれで何体目になるんでしょう。
ユニコーンももう最新ガンダムではないと思うんですが、随分と長く推しますね。
ユニコーンよりも新しいバルバトスも出るようですがとりあえず当分主役は劉備ユニコーンのようですし。
まあ劉備も最初はガンダムでしたし、レジェンドの時はストライクでしたし、あまり最新作を使うイメージでもないですけどね、三国伝は。




董卓プロヴィデンスは、まさに暴君のようなキットです。


全身の恐竜のウロコの様な部分、一時期「実はウロコじゃなくて羽毛が生えてました!」と言われてたかと思ったら
その後「やっぱりウロコでした!」と言われたりと、生えたり抜けたり忙しいようですがそれはまあ置いといて
岩の隙間のマグマのようにも見える赤い部分は両胸とフロントアーマーくらいはシールがあるかと思ったら、
「全部自分で塗るのかよ!」という嫌がらせもとい歯ごたえのあるキットです。
いや、色分けとは言わないまでもせめてシールが付いていれば「自分で貼るのかよ!」とまでは言いませんけどね・・・。
でも、仕方ないので3日かけて塗りました。



凶竜形態はポージングに苦労します。
手足の構造というか位置関係が、獣脚類らしく上体を前に倒した立ち方をする事を全力で拒否しています。
大人しくゴジラ立ちさせるかなぁ。
(さすがに「実はゴジラ立ちしてました!」なんて事はないでしょうけど・・・・)



ついでに飛駆鳥大将軍も買って来ました。
確かに説明書にコミック最終回が掲載されてるだけでなく、まさか飛駆鳥大鋼の組説まで載っているとは。
昔のキットでも事あるごとに仕様を見直してるんですねぇ。



このまま毎月のようにSDの新作キットを買いに行くというのも、むしろ楽しそうなんですけどね。
「月一で買いに行くのがめんどくさい」と身も蓋もない事は言いたくない。
地元民までそんな事を言っているようでは、この手の施設は長くないですからね・・・。
(そういえば東映ヒーローワールドも結局1度しか行かなかったなぁ。結果は案の定でした)
多くのキットが素組みで展示されてますし、そうでなくても箱を開けて中を見ることは出来るので
(堂々とコミックワールドを立ち読みしてる子供もいました)
その場で実物を比較しながら選べる所がいいです。
成型色とか大きさとか、実物を見ないと写真だけでは分からないですし、
同じ機体でも似て非なるキットが増えてきた現在では、情報だけで実物を想像して選ぶより、
実際に実物を全部見て選べるのは本当に便利。
ただ、三国伝の展示棚に白龍大帝とかが一緒に飾ってあるのはともかく、
龍頑駄無とか疾風の仁宇まで一緒に並んでるのは・・・・見た目ですかね。




開田裕治ガンダムギャラリー展にも行ってきました。
BB戦士の箱絵の原画はそれほど多くなかったですが、画集に載っていない
阿修羅頑駄無とか烈空の原画も見られました。
特に地上最強編はパッケージだとぼかされている背景の部分も見れるので貴重でした。
リアルガンダムでも画集に載ってないV2とかがありました。

展示されてない原画についても仕事年表を見る限り、千生と飛天系は除いて
地上最強編と伝説の大将軍編は全部(着彩は)開田氏だった事も確認できました。
ついでに言うと開田氏のBB戦士箱絵仕事については、画集の他に
MJ154号(92年5月号)でも結構貴重な話が読めます。

会場でも受注していたガンダム画帖はとても手が出ませんでしたが・・・。
もう少し金があればいいと思う事はあります。




スパロボ大戦クロスオメガで武者頑駄無と四代目大将軍が出た「光と闇の戦い」はやってみたかったなぁ・・・
あとガンダムウォーズでも戦国伝キャラが出たり、ガンダムジオラマフロントでも闇皇帝と戦うイベントやってたり、他にもトライエイジとかガンダムオンラインとか・・・・・
というか、世の中にはどれだけガンダムゲームがあるんだよ!

前にやったSDのブラウザゲーは、課金しないと話にならないうえに
配信期間終わった後は保存したデータを見るくらいしかやる事がなくなる代物でしたが・・・。
いや最近のゲームはみんなそんなもんですけど・・・。
まぁ昔を思い出すとアーケードゲームもその辺は似てましたね。


四代目大将軍が封剣合身波を使う所だけでもやってみたかった。
この技、どう漢字表記するのかずっと前から気になってましたから。
当時の雑誌まで全部チェックしてる自信はないですが天下泰平編のパンフレットには記載がなく、
鬼将軍がビデオも見てねキャンペーンで販促していたビデオも少し前に買いましたが
ブックレットは特に付属していませんでした。
一応映像特典はDVDには収録されてないやつでしたが。
付属品は、シールのみ。



・・・・・・シール?







自分で貼るのかよ!
自分で描くよりましか。


 < 過去    


(武将髭・黄金武士メール用) [MAIL] [HOMEPAGE]