日記
RECENT

2019年02月26日(火)

三国創傑伝は海外のサイトでは漫画もやるしアニメもやるけど、
日本でのキット展開はガンダムベース限定か。
トランスフォーマーとかSDガンダムフォースみたいに割とすぐ日本でもやるのか、
一部のパワーレンジャーみたいに日本語版なしで終わるのかは気になる。
トランスフォーマーでも日本公開までに4年かかったり、日本公開されてないのもあるからなぁ。
ガンダムだとGセイバーが一番日本での展開に恵まれなかったかな。
クロスシルエットのガンダム以外の展開を見ても、やっぱり今の時代は外貨を稼げるかどうかが大事なんですね。
しかし何だろうこの、設定から溢れ出るバイオハザード感。


クロスシルエットは順調に進化しているようで、2頭身にまで縮められるようになるのは面白いなぁ。
(手と足の長さを変えればいいってもんでもない気はしますが・・・)
ファースト自体は元々2頭身として作られてる200番台のガンダムの方がバランスとしてはいいだろうし、
ここは200番台で発売されていないF91とか出たら面白いですね。
「宇宙世紀のメインガンダムを同じサイズ、同じ体型で揃える」のって、
ガンダマンシリーズはもちろん、SD第1世代でもΖがいないから出来ないし、
第2世代ではF91とかがいないし、現在の第3世代では全然揃わない状態だし、
SDプラモでは未だにどの体型でも達成できてないんですよね。
衛府弓銃壱か烈光が出れば改造で作るという手もあるかも。あとは武者飛駆鳥改造でV2とか。



その武者飛駆鳥ですが、
3次で予約していた2個目のレジェンド飛駆鳥大将軍が年末に届いたので、
これで心置きなくパーツ取りに使えるということで
通常版でも超鋼版でもメッキになっていなかった
武者飛駆鳥の腕鎧の金色部分をメッキにしました。

正確には今回届いた2個目のキットを使ったのではなく、
前回の記事で作った飛駆鳥大将軍の腕アーマーを、さらに
エルボーガードの部分(肘モーターのすぐ横の装甲)も白く塗ることで、
武者飛駆鳥の腕アーマーになって頂きました。

この腕アーマーには武者飛駆鳥の肘モーターを使っていたので、
肘モーターが武者飛駆鳥に帰ってきた格好になります。
他にこの写真では目のシールも飛駆鳥大将軍の物を使用しています。
それ以外は2年前に改造した時のままです。
腰にはHGUCV2のサイドアーマーを使ってるし、武者飛駆鳥は改造パーツに使えるキットが多くて、愛でがいがあるなぁ。



腰とスネはこのように飛駆鳥大将軍のものに置き換えるだけでも、
幾分がっしりした印象になります。
脚が太くなってるだけでなく、サイドアーマーも若干厚みが増していますね。
左の超鋼版は肩の天幻鏡をホログラムにした以外は素組み(こういう時しか出番がない)。

目のシール、よくぞここまで改良してくれた・・・。
二代目大将軍とかでは結構良かったのに、その後武者飛駆鳥とか真駆参大将軍では
また初期のレベルに戻ってた感じだったので、このクオリティは維持して欲しいなぁ。
次があればですが・・・。



旧キット飛駆鳥大将軍も、真閃光翼をレジェンドBBのものに換装すれば、
大目牙閃光撃砲をメッキにできます。
といっても大将軍形態だと正面からじゃ真閃光翼がよく見えないので大輝煌鳳凰形態。

この形態の時にちょっと翼を後ろに倒しにくいですが、サイズはぴったりです。
旧キットだと「そこは発生器だろう」という部分までクリアピンクになってて、ビームを外す事も出来なかったからなー。
こっちには伸縮ギミックもあるし。

後は旧キットをもう一つ買って、両側の翼の裏面(この形態だと上面)
のパールオレンジのパーツを前面用のメッキパーツに変えれば、
設定的に金色の部分でパールオレンジ成型なのは鳥頭と角飾り中心部のみになります・・・・が、
実はまだ買えてないのでこの写真は翼を裏返しただけです。
やっぱり年末にレジェンド飛駆鳥大将軍だけじゃなくMPメッキメガトロンも買ったのはさすがに痛かった。いい商品だったけど。



当時品だと頭部と角飾りのバランスがどえらい事になっていた飛駆鳥大鋼も
レジェンドBBの角飾りに置き換えれば、リアル武者らしいバランスに。
それでも胴体が短すぎるのどうにかならんか、と思ったので
飛駆鳥大将軍の胸の代わりに武威凰大将軍の胸部を改造したものを使ってみました。
最初は元に戻せるように最小限の改造で済ませようかなぁ、と思っていたのですが
色々調整しているうちに後に引き返せなくなり、そのまま色を塗って
飛駆鳥大鋼専用胸部になって頂きました。

さすがに画像がデカすぎたので(縮めたら汚くなった)、
全身画像は画像をクリックしてどうぞ。

こうして見ると大鋼の腹が飛駆鳥っぽい形なのも、
飛駆鳥大鋼にした時に調和するようにするためだったのかも知れませんねぇ。
特に設定があるわけでもない(と思う)し、当時は何の印象もなかった飛駆鳥大鋼ですが、
こんな天空武人がいてもいいかも、と思うくらいには好きになりました。


烈火飛駆鳥大鋼にしてみると、赤いロボと青いロボの合体ロボっぽいヒロイックさに。
ほぼ見切れてますが翼の緑の部分は外側の丸はメッキの上にクリアグリーンフィニッシュを貼り、
中心の止め具にレジェンドBBの肩のジュエルシールを貼りました。

ノーマル飛駆鳥大鋼に烈火大鋼用の手足の延長パーツというのももちろん試してみたんですが
意外とイマイチで、ノーマル飛駆鳥大鋼は上腕を肩のポリから抜ける直前くらいまで
引き出す事で長さを増した方がバランスはいい気がします。
またこの胴体は肩の取り付け穴を縦並びに二つ設ける事で
ノーマル飛駆鳥大鋼の時は下寄り、烈火飛駆鳥大鋼の時は上寄りと
腕のマウント位置を切り替えてプロポーションを調整できるようにしています。



同じく胸部がどえらいバランスになっていた爆零鳳凰大将軍も、
胸の鳥をレジェンドBBのものにしてとりあえず両面テープなどでパーツを固定してみるとこんな感じに(写真中央)。
ちゃんと作るなら、元に戻せないの覚悟で色を塗るしかないですかね。

左右の二人は色は元キャラの色のままでも概ねOKのようですが、
天帝爆進大将軍(左)もさすがに武威凰の角がデカすぎたので
武零斗の角(中心部)と大将軍コレクションの武威凰の角(左右)を使用し(背負い物は省略)、
新世新飛駆鳥大将軍(右)はパーツバランスは完璧なものの、
そのままでは取り付けられないので腕の接続部などをいじり、
背中の閃光翼の取り付けには鉄鋼迦楼羅のT字ジョイントを使用しています。

こうした方が、3人の頑駄無結晶の大きさも統一できますし。
天帝爆進大将軍のは額のこれが頑駄無結晶と言えるか微妙かもしれませんが。
今回使ったパーツでおろし立てなのはセンターの人の胸の鳥と、
左右の人の角飾りのみ。それ以外は全て撮影後に元の姿に戻しました。

武神輝羅鋼編の数十年後って事は、武威凰の次の次の世代くらいだから、
武威凰の次あたりが新飛駆鳥大将軍で、その次が新世新飛駆鳥大将軍って所なのかなぁ・・・。
3人も大将軍がいるのは、鉄機武者が増えてきたから鉄機の意見も汲み取れる大将軍も必要ということだったんですかね。
きっと3人いてもちゃんと意見がまとまるいい政治をしてたんでしょうねぇ・・・。


プレバン限定なので今から数年後に飛駆鳥大将軍の立体物を買おうと思っても
レジェンド版がとっくに絶版になってて公式に「発売中」といえるのが旧キットのみという未来が見えてるのは
残念ですが(普通は古い商品の方が絶版になるものですからね・・・)、
今まで一般で出たレジェンドって、旧キットでメッキになってた部分がメッキになってなかったりしたのが不満で、
結局その後イベントとかプレバンで限定版を買ってたから、最初からプレバンというのも手っ取り早いですね。
レジェンドBBは一般は安い仕様にする代わりに大量に売り、売る数が少ないプレバンは高額仕様にする事で
両方とも利益を出してると思ってたんですが、今回は後者のスタイルのみにしたんでしょうか。

個人的にはこれが最後のBB戦士でも文句はないくらいには満足してますが、
武者飛駆鳥を一般で出し、その目とアゴと拳のみの流用で大将軍を出すという
やり方は凄くよかったと思う(超鋼版もあったけど)ので、
まだ出世前後どちらも出ていない他の主役→大将軍キャラでも是非やって欲しいですね。
もちろん今から三代目が出ても買いますが。武者からの流用は目とアゴと拳のみで。

あとは、ここまで少ない流用パーツでプレバンを出せるということは、
殺駆頭から少ない流用パーツで復活闇将軍を出せる可能性もあるなら、やはり欲しくなってきます。

復活闇将軍がレジェンド化するとしたら気になるのは色。
コミックワールドでは足は真っ黒でしたが、「天下統一編 導きの巻」に入っていた巻物「光の巻」には
カラーで復活闇将軍の設定画が載っており、それだと足の爪などは金色です。
ちなみに横井版イラストも、足が黒いカードダス版と同じ原画で爪が金色のもの
(ゲームボーイ版天下統一編の攻略本とか・・・)もあります。
以前作ったガレキはそもそもこういう足の形状になってなかったので、
この形状で作ってくれれば、成型色がどっちだとしても好きな色で塗れるのですが。


まーともかく、最近のガンプラが基本的にリメイクキットか過去作品からの初キット化が
かなりの割合になってる中、SDだけ例外になって欲しくはないですが、
久しぶりの現行SD立体作品となる創傑伝も楽しみです。
ラスボスキャラにグラサンかけさせて遊ぼうかなぁ・・・・。



2018年11月20日(火)

先月届いたレジェンド飛駆鳥大将軍が完成しました。

もう、何と言ったらいいか・・・。

まさに「リメイク商品というからにはこのくらいの物が欲しかった」といえる商品。
間違いなく今までの飛駆鳥大将軍の立体物の中で一番の出来。
(旧キットももちろんいい出来でしたが)



全身豪華素材の塊みたいなデザインの飛駆鳥大将軍。
SDXで出てたらおそらく一万円じゃ済まなかったでしょうし、
プラモでも高くならないはずがないので、プレバンなのはしょうがないですね。
一般で出たら色々コストダウンされそうですし・・・

無理のある後付け組み換え形態もなし(笑)。
それゆえ、デザインもほぼ当時のままです。

上腕は旧キットだと大鋼みたいに段差のある形状だったじゃん・・・何で再現されてないんだ・・・
と思いましたが組んでみて理由が分かりました。
レジェンドBBの腕構造でそれをやると、前腕に上腕を通す時に引っかかるんですね・・・。
(いや、それなら上から通せばすむ話か?)
という訳で、腕を組んだ後で、白ランナーから切り出したタグの
文字の切抜き穴を少し広げたものを上腕のポリ軸に通しました。
下駄を履かせた時に腕が少し短く見える印象なので、腕を伸ばす意味もあります。

頭上の鳥の首は長い状態と短い状態を選べる方式ですが、長い状態で固定にして、
その時に首の前面に思い切り露出する穴はパテ埋め。
この鳳凰の首と、左右の翼、そして鳥脚の下駄により、
立たせた時に頑駄無が立ってると同時に鳥が立ってるようにも見える絶妙なデザインが見事に再現されています。
こうして見ると、「鳳凰」というより「火の鳥」という感じもしますね。翼が燃え上がるようですし。




小学生だった当時このデザインはアリかナシかで話題になった事も思い出深い
この「鳥の首が生えた兜」ですが(ちなみに私は「ナシ派」でした・・・)、
今になって見ると、この各方向に大きく広がったデザインこそが飛駆鳥大将軍の魅力だと思えます。
この少し前の大光帝でも同じような事をやっていましたが。

角飾りは開閉式ですが、意外と開かないので
基部パーツ側を削り込み、より開くようにしました。
魔破閃光翼のクリアグリーンのパーツは裏からシルバーを塗っています。
(そのままだと中のポリまで透けて見えるので)

余談ですが上の画像は出来る限りポーズを左右対称にしてみましたが相変わらず難しいです。
腰に刀がないのは、いっそ画像の左半分を右半分に反転コピーしてしまおうかと思ったからです。
ちなみにこちらです。


このくらい暗い写真じゃないと分かりにくいですが、兜と両肩の鎧は旧キット準拠でパール塗装しています。
腕の後ろの白い翼に貼る赤いシールも、旧キット設定では模様があるのは後ろ側のみなので前面には貼っていません。

メッキパーツの赤い部分はシールの代わりにクリアレッドフィニッシュを貼りました。
フィニッシュシートの台紙の裏にシールを貼ってからシールに沿って台紙ごと切り出し、
シートを台紙から剥がして貼ります。全身左右対称デザインだからできる技ですね。
貼る作業自体はクリアレッドの塗料を塗るより時間が掛かりますが、
乾く時間を考えるとむしろトータルでは早いですし、
ムラにもならず完成後も平気で触れるのでお勧めです。
フロントアーマーなどの筋彫りのある部分はフィニッシュ軟化剤を流し込んでから貼りました。
(クリアイエローは落とさなくてもOK)

肩鎧の赤いラインはミラーフィニッシュを貼った上からクリアレッドフィニッシュを貼りました。
今回、作業のほとんどは「塗る」よりも「切り抜いて貼る」がメインだった気がします。
肩鎧の青い羽部分に貼るシールとか、鳳翼鏡に貼るプリズムシールとかも模様に沿って切り抜いたし。
プリズムシールは山折りに折り返す外周部分は切り取ってしまいました。貼る前に切った方がいいですね。

下駄の金色のくるぶしモーターをメッキにしたかったので
腕アーマーのヒジモーターを切り抜いてきて移植し、代わりにヒジには
通常版武者飛駆鳥のヒジモーターを移植(旧キットではここの色は白)しましたが、
飛駆鳥大将軍のキットが一つしかないのにこれをやるのは無理がありました。
キットがもう一つあったら、うち一つはヒジモーター部分を白く塗るだけで済んだんですが、
今月はちょっともう厳しいので2個目は3次予約で届くのは12月です。
メッキに傷つけちゃったり、ちょっと欠けちゃったり散々でした。

でも、ヒジだけでなくその上の金色の部分も白く塗れば
「金色部分がメッキになった武者飛駆鳥の腕アーマー」が出来上がりますし
(V字の有無以外はデザインはほぼ同じ)、他にも長さは同じだけど太くなってるスネとか、
出来がよくなってる目のシールとか、武者飛駆鳥のグレードアップに使えそうなパーツが結構ありますし
まんま旧キットと同じ大きさの真閃光翼は旧キットに移植すれば大目牙閃光撃砲をメッキにできるし
(さすがに鳥頭はサイズ違いすぎました)
魔破閃光翼のクリアグリーンのパーツも旧キットに移植したいし、
思った以上に2個目のキットも多くのパーツを消費しそうです。



闇魔神吏偶遮光とは、超将軍形態なら同じサイズ。
ただしこれ今回も脚をポリ部分で切り詰めて短くしているので身長は縮んでいます。
3ミリぐらいは縮んでるかと。
刀の鞘の取り付け部分の円柱は腕の邪魔にならない様に半分の長さにカットし、
断面にメッキパーツの余りから切り出した丸モールドを貼っています。

大将軍形態と並べるとやっぱりちょっとかわいそうなことになります(笑)。
闇魔神せっかくレジェンドサイズなのに、相手が下駄履きというのは辛い所でしたねぇ。


しょうがないので、大将軍コレクションとでも並べてみましょうか。
今度は大将軍小さすぎですが、コミックワールド劇中のイメージにはむしろ近いような・・・

頑駄無大将軍コレクション、今頃になって欲しくなってきてしまったのでちょこちょこ集めています。
(こんな古いものも買おうと思えば買えるんだから便利な世の中ですね・・・)
これをフル塗装するのはかなり難関ですが、そもそもしっかり再現された色を求めるなら
普通のBB戦士の方を作った方が早いですし、こういうのはキン消しみたいに
単色の味わいを楽しむのもよしかなあという気もします。
ガシャプラビルドダイバーズとかもこれを思い出す感じ。
ちなみに闇元帥もさすがに頑コレの武威凰とか獅龍凰よりは大きいです。


レジェンドの説明書にもちゃんとコミックワールドが載っています。
というか公式サイトでも見れる写真やイラスト以外で載っているのはコミック(と組立て説明)のみですね。
以下はネタバレ(文字色伏せるの飽きた)。

鳳凰形態で相手を罵倒しながら突っ込んでくる登場シーンがまんま羽荒斗頑駄無・・・というのは置いといて。
超将軍の閃光結晶って、旧キットのコミックワールド(最終回)の時点では付いてなかったけど、戻ってたんですね。
機動武者大戦とか、神田版の超機動大将軍でも付いてませんでしたが。

まあそもそもコミックワールドは当時も烈帝城の色が何度も変わってたり、結構アバウトですからね・・・。
天地頑駄無のコミックで噴火して以降山の形が台形になったはずの悪無覇域夢山が
元の形に戻ってる事も含めて、気にしたら負け的なものは感じます。
閃光結晶持ってた方がキットの連動ギミックも生かせますしね。
(ただ悪無覇域夢山に関しては大鋼&魔殺駆の箱絵でも台形になってるし、
旧キット飛駆鳥大将軍のコミックでもそうなってたし、当時はブレてなかったんですが・・・)

黒鋼飛駆鳥大将軍は白鋼四大将軍の陣のコミックのネタを拾いつつも、
知らなくても特に問題ないですし、当時のキット読んでなくてもついてこれる内容を意識してるのでしょう。
どうしても闇の怨念という奴は、実体化すると黒鋼の大将軍の形になってしまうものなんですねぇ。

コミックワールドといえば、旧キット飛駆鳥大将軍のコミックワールドは
「発売当時コミック最終回が掲載されていたBB情報局は、再販ではコミックのみ印刷した簡易版に変更されている」
という記事を最近書いたばかりですが、
「ここ数年の再販では最終回も含めて3ページコミックとして説明書に掲載されている」
というのを今更になって知り、これもちょっと欲しくなってしまったんですが
やっぱり今月は厳しいので見送り。
そのうちガンダムベースとかで買おう。通販だとロットが確認できないし。


今回は取り急ぎ写真撮っただけですが、まだ色々と遊べそうです。
公式サイトでも完全新規とは書かれてませんでしたが、まさかここまで殆ど新規だったとはなぁ。
(スネとか腰とか、ほとんど武者飛駆鳥とデザイン同じなのに)
返す返すも、武者真悪参でもこのくらいやってくれてれば・・・・・



今年はこのタイミングで何の情報もないあたり、
年内のBB戦士の新作どころか東京でのガンプラEXPOもなさそうですが、来年以降のガンダムはどうなるんでしょうね。

バンダイスピリッツになったと言われても、いまいち何が変わったのか未だにピンと来ないような。
バンスピになったおかげでこの飛駆鳥大将軍みたいな商品も出せるようになったというならいいんですけどね。



 < 過去    


(武将髭・黄金武士メール用) [MAIL] [HOMEPAGE]