My life as a cat
My life as a cat
DiaryINDEXpast


2019年02月10日(日) COCA DE MOLLITAS

一月にスペインの南、エルチェ(elche)で開催されるとある宗教行事。靴作りがさかんなこの地域にあって、靴職人と動物のためのもので、靴職人の像を担いだ人々が寺院を巡り歩く。そして最後は屋台で売られているコカ・デ・モジタスを買ってそこらへんに座って食べる、というもの。これ、アリカンテ辺りの名物でもあるらしい。リュカの説明ではそのストーリーは全部は理解できなかったが、食べてみたい! とせがんで作ってもらった。










材料はシンプル。強力粉と塩、イースト、水、オリーブオイル。トッピングは何を乗せてもいいが、一番オーソドックスなのは生のサーディンだそうだ。ないのでわたしが日本から抱えてきたアンチョビのオイル漬けを使う。


黙々自分の仕事をこなしているとキッチンからおっかない鼻歌が聞こえてくる。

"Don't look. I use a lot of olive oil ♪ oh! it's really a lot. Never ever look♪"

もうスペイン料理とかそれだけで想像ついてる。イタリア料理やスペイン料理は日本料理でいう出汁の感覚でオリーブオイルが使われる。だからオリーブオイルが味の決め手になる。ケチったりすると味がきまらない。

クロワッサンの生地の要領で、オリーブオイルを塗ってはたたんで、と繰り返す。上にそぼろ状にした生地を乗せて焼く。

冷蔵庫に残っていたワインで乾杯。けっこう塩気が強くて酒とあう。層を作った分さくっと焼けていて軽い感じなので闇雲に食べていたらすっとおなかに入ってしまうだろう。でも恐い鼻歌を聞いたからセーブする。夕飯はこれを二切れずつとワイン一杯ずつで終わりにした。


Michelina |MAIL