読書記録

2019年04月15日(月) いつでも死ねる / 帯津 良一


 タイトルに飛びついた。

がん治療の専門医。
漢方や鍼灸、気功などの中国医療も取り入れた治療をするために、郷里の川越に病院を開設されて、日々 がん患者にがん寄り添った医療を提供されている。


気分が落ち込むと、
治る病気も治らなくなる。
視点を変えて、
こころを切り替える。

「いつでも死ねる」覚悟が、
生きる力を強くする。

人間の本質は「かなしみ」である。
それがわかると、
生きることが楽になる。

まだ起こっていないことを
心配するのはエネルギーの無駄。

理想を持って、死ぬまで進み続けて、
志半ばで倒れるのが、かっこいい。

どうなるかわからない先の心配はやめて、
今に集中して、
あとは自然に身を任せてみる。

野垂れ死にの覚悟をすればもっと生き方が自由になれます。いざという時のためにお金を残しておこうと考えなくてもいいし、遺書だとかエンディングノートを書いておく必要もありません。

野垂れ死にを怖がらず、死ぬまで動き回りましょう。人間、何歳になっても、いくらでも可能性がある。








 < 過去  INDEX  


fuu [MAIL]