読書記録

2024年05月27日(月) 女性の品格 / 坂東 眞理子

いまや女性の社会進出、活躍が当たり前となった現代の日本。
学校や職場でも、優秀で元気なのは女性ばかりである。女性の価値観、果たすべき役割が大きく変化しているのだ。
では、古い型の「女らしさ」はもはや求められないのだろうか? いや、女性上位の時代だからこそ、従来の男性とは異なる価値観、よき女性らしさを、職場や家庭に持ち込んでほしい、と著者は語っている。

「礼状が書ける」
「約束をきちんと守る」
「型どおりの挨拶ができる」
「姿勢を正しく保つ」
「贅肉をつけない」
「人に擦り寄らない」
「よいことは隠れてする」
「得意料理をもつ」
「恋をすぐに打ち明けない」----本書は、ビジネスから装い、話し方、恋愛にいたるまで、女性としての振舞い方を具体的にアドバイス。
何げない日常の立居振舞いに、女性の生き方と品位はおのずと表われるものである。














 < 過去  INDEX  


fuu [MAIL]