ある音楽馬鹿の徒然カキコ♪...みゅう太

 

 

N響聴き初め - 2006年01月30日(月)



私にとって今年初となるN響の定期公演に行ってきました。


去年までライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団のカペルマイスターをしていた
(このオーケストラは世界最古で、常任指揮者とか音楽監督という言い方はせず
「カペルマイスター」(楽長)という呼びかたをするのだ)
で、N響の名誉指揮者でもあるヘルベルト・ブロムシュテットの指揮。

曲はブラームスの「ヴァイオリン協奏曲」と
最近「のだめ…」で一躍有名になった「交響曲第1番」。

堂々たるプログラムだ。


そしてヴァイオリンは、
フランク・ペーター・ツィンマーマンとともに
現代ドイツ最高のヴァイオリニストの双璧をなす
クリスティアン・テツラフ。


これを行かずに何に行く、って感じのコンサートです。



果たして期待通りでした。
ものすごく期待してたから、期待通りってことはすんごい。
こういうのは嬉しい。
しかも自由席だから1500円だ!!映画見るより安いぞ!


つくづくブロムシュテットは巨匠だぁ、と心の底から感心し、
感動しました。
ヴァイオリン協奏曲の熱い演奏、
(テツラフの異常なくらい正確・精密で、それをベースに潔癖、厳しくも真摯な素晴らしいヴァイオリン)
交響曲のあたまの音からして、そこらへんの演奏とはワケの違う
(超一流の指揮者とオーケストラの組み合わせでの音を念頭においても)
何処から来て何処へ行くのか、が瞬時に感得できる、
若き日の屈折した情熱と、「交響曲」を書く、という重圧に悩まされるブラームスの人間そのものがそこに居ました。


コンサートマスターに、あのドレスデン・シュターツカペレで長らく弾いていた名コンマス、ペーター・ミリングがいたのも大きかった。

N響の優秀で厚みのある弦楽器群が
ひときわ奥行きのある透明感のある音になっていたのは彼のおかげだと思う。



数日前に、団員の方から
「マエストロ・ブロムシュテットにうんざりするほどしぼられている」と聞き、
「ほとんど1小節単位で止められてナカナカ先に進まない、って状況じゃ?」
って言ったら
「そんな感じだね。キビシ〜〜よ。」


実は私が音大に通っていた時、
この名匠がオーケストラの公開授業を振りに来てくれたことがあって
その時取りあげた曲がブラームスの「第3交響曲」だったのですが
確か2時間くらいかけて10小節か20小節くらいしかしか進まなかった記憶が…。
(少し記憶が誇張されている可能性もあるけど)


最初の和音をどんな音で鳴らすかの考証、
フレーズの始めの音をどう始め、終わりの音をどう落ち着かせ、その間の音たちをどうきれいに歌わせるか、
リズムをいかに正確に扱うか(この曲は冒頭から変則的なリズムが多い)
メロディー以外の弦楽器の刻み(シャカシャカと伴奏しているパート)を正確に、バランスよく処理するか、
適切な音色の確保、
など、ほとんど偏執狂か?と思えるくらいのしつこさでリハーサルをしていた。

今思いだすと、見ている私もそれを「うんざり」していたのだけど、
それが、プロフェッショナルがやる音楽の厳しさ。
そこから初めて表面だけの美しさを越えた「何か」が、
本当の音楽が生まれるのだ。


今の自分にはそれがわかる。



多分、デュトワなんかも違った感じで相当厳しいのだろうと思うが
それにしてもオーケストラの方々、ご苦労様でした。
それが最高に素晴らしい演奏につながったのだと思いますよ。拍手!

そうして真に迫ったブラームスを聴くことができた。感謝。



ただ、惜しむらくはただ一点。

前にも書いたことがあるけど、ベテラン首席オーボエの方。

もう誰がどう聴いたって、どう考えたって限界。
なんとか吹きこぼしはなかったけど…。


どうしていつまでも首席のポジションに座っていられるのだろうか?

いっぱいいっぱいのオーボエに、
周囲の木管楽器の方々も抑えて吹かねばならぬ様子がありありと見えました。












...

モーツァルト・イヤーのはじまりに - 2006年01月27日(金)




今日はモーツァルト生誕250年という
メモリアル・デー。


テレビ欄なんか見るとわかりますが
今日は「モーツァルト」関係の番組、多いですよ。


思い返すと
没後200年だった15年前は私、それほどモーツァルトを頻繁には聴いてなかった。

もちろん好きな曲、当時だってたくさんありましたけど。



その頃はまだ、モーツァルトの音楽の中に
聴こえてないことが多かったんだなあ、きっと。


その時の「聴こえてない」「気付いてない」私、というのがどんな感じだったか
結構実感としてよく思いだせるんだけど
それを考えると、今はモーツァルトを聴くのが楽しい。
聴けば聴くほど「新しく」聴こえる。


いや、実は当時だってそういった「新しい美しさ」を聴いてたんだと思うし
魅惑されてたんだと思うんだけど
自分の意識の部分にまであがってきてなかった、ってことだと思う。



…すみません、自分の中でグルグル回ってるだけで
読んでる方、何言ってんだかちっともわかんないと思うんですけど
独り言をお許し下さい。
ちょっと書き付けときたかったんです。


またいつか、このモーツァルト・イヤーのどこかで
自分が気付いたこと、聴こえ始めたこと、
少し具体的に書いてみたいと思っています。








...

続・雪のこと - 2006年01月23日(月)




昨日、大雪のことを書きましたが
ちょっとマイッタのは
若い世代… ってわたしたちくらいも含むのだけど
最近は雪降ったら、家の前の雪かきしないのかなあ?


実家にいたころは、ウチの両親が、
ある程度積もったら、まだ降ってても
「凍ったら後で大変だから」「人通るし」と
ザックザック雪を道の両端に積み上げていました。

家の近所の人たちもみんなやってたよな。
私もよく手伝ったモンです。



しかし、今住んでいるあたりはそうではないのですよね。

もっとも私もやらなかったのですが(反省…)。

でも集合住宅の場合は誰がどうすればいいのか、実のところよくわからない。
私が気になったのは(スミマセン、とりあえず↑これは棚上げして…)
近所の、一軒家が建ち並ぶ住宅街。


最近、原っぱが多かった近所にもどんどん家が建って、住んでるのは私くらいの世代か、
あるいはもっと若い夫婦とか。


ところでなんでそんなお金あるんだ!


割合と古そうな家の前は雪かきしてあるのですけどね、
最近建った新しい家の前は、
ほとんどといっていいほど雪がそのまま。

私、今朝もツルリンツルリン滑るわ滑るわ
歩くの大変でした。



あと、これは単純な疑問なのですが
電車の窓から見ていると
雪がマッタクなくなってしまっている屋根と
まだまだ降りたての様に積もっている屋根がある。

これは何の違いなのでしょうね?


陽当たり…ではなさそう。
もちろん北側で、陰になってしまっている屋根が溶けにくいのはわかるのですが
同じように陽の当たっている側でも、家によってかなり残雪に違いが。


材質でしょうか?


確かに観察すると瓦屋根は割と早くなくなっているような。

でもそうでもない家も。色かな?


新しそうな家の方がまだまだ残っているような感じです。

最近の家の屋根って何でできてるのかな?




う〜〜ん。よくわからん。気になる。




...

大雪 - 2006年01月22日(日)




すごい雪でしたね〜。


ここ何ヶ月か、日本海側の豪雪で被害にあっている方々に怒られてしまうかもしれませんが、
私は雪が大好き。


昨日の朝、目覚めて窓の外の純白を見た時の感動たるや。
気持ちが洗われていく・・・。


しばらくず〜っと外を眺めていたら、
マイハニーに「子供だ〜。。。」
とものすごく呆れられましたが。



さて、今朝は打って変わって快晴。

用事があって朝から電車に乗って都心へ移動していると
車窓から見える景色が美しい。


青い空、
陽の光をあびてまばゆく輝く雪、
そして雪の冷気とあたたかい日光との間で適度に、ピ〜ンと張り詰める澄んだ空気。



あれっ?



これはポリーニの音の感触だ。



この感じ、もし共有できる方がいたら嬉しいな。

一瞬、自分の中にきらめいた感覚でした。
















...

テレビで見た(?)新年のクラシック - 2006年01月17日(火)




新年があけてもう1月も中頃。

なのに私はまだ年末年始に録画したクラシック音楽番組を見ていないっ!


大晦日のベルリン・フィル「ジルベスター(大晦日)・コンサート」。
元旦のウィーン・フィル「ニューイヤー・コンサート」。
3日のNHKニューイヤー・オペラ・コンサート。


これは何を隠そう、前に書いたように三谷さんのドラマばっかり見てたからなんだけど。
それにしても随分たってしまった…。
1年の24分の1がもう過ぎ去った。。。


実は全く見てないわけじゃなくて、
ベルリン・フィルの方に関しては
最初のモーツァルト「フィガロの結婚」序曲と「ピアノ協奏曲第9番・ジュノム」を聴き、
音楽監督サイモン・ラトルのキビキビした指揮もさることながら
エマニュエル・アックスのピアノが美しい!!

私は前からアックスが好きなのだけど、さらに惚れ直した。
(私の周囲では未だに彼を、チェロのヨーヨー・マの伴奏者、としか思っていない人間が多い。そんな程度のピアニストがベルリン・フィルのジルベスターなんて大舞台にオファーされるものか!)


そしてウィーン・フィルも、途中の何だったかのワルツとポルカ、
そして毎年恒例のアンコール、ヨハン・シュトラウス鏡ぁ嵌しき青きドナウ」と
「ラデツキー行進曲」だけ聴いた。


ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサート。これは毎年のお正月の楽しみ。
優雅で粋で。
お酒に弱い私でもちょっと飲みながら聴きたい類の音楽。

そしてそんな私を気持ちよく酔わせてくれるウィーン・フィルの素晴らしさ。
(…という割にはまだちょっとしか見てないんだけど)


今年の指揮は、去年バイエルン放送交響楽団とともに最高の演奏を聴かせてくれた、
今欧米でひっぱりだこの巨匠マリス・ヤンソンス。
ウィーン・フィル・ニューイヤー初登場。

さすがヤンソンス、ウィーン・フィルを乗せに乗せていい演奏をしてた。


でも私、ちょっと実は「あれっ?」とつまづいてしまった。
音楽として素晴らしいし、響きも申し分ないんだけど、シュトラウスのワルツやポルカにしちゃ、随分豪放でなんか「優雅」って感じがいまいちだな、と。


よくも悪くも「剛」のヤンソンス。

なんとなく酔えないな、あの「美しき青きドナウ」を弾く時のウィーン・フィルのトロリとしたカスタード・クリームみたいな味わいがもうちょっとあればなあ、と。


まあ、何度も書くようにまだちょっとしか見てないし
ウィーン・フィルのニューイヤー、そしてヨハン・シュトラウスのワルツやポルカとなるとどうしても自分の好みが立ちはだかってしまって。

ヤンソンスは大好きなのに、どうも今回はつまずいてしまった次第です。


話は変わりますが、考えてみると彼も色んな機会に日本に来てますよね。

私が初めて聴いて感動したのは、まさしく彼の初来日。
1986年、かのレニングラード・フィルが世紀の巨匠ムラヴィンスキーとのコンビで最後の来日!って時に巨匠がキャンセルとなり、代役で指揮をしたのがヤンソンスだった。
オケもまだ当時、ムラヴィンスキーに鍛えに鍛えられた超絶的な凄みをまだ十分に持っていて(その凄みのある上手さたるや、同じ頃聴いたウィーン・フィルをはるかに凌いでいた。)
、それを若いヤンソンスが巧みにリードして彫りの深いショスタコーヴィチを聴かせてくれ、それですっかり好きになった。


その後も彼が手塩にかけて育てたオスロ・フィルとの来日や
(その折、今や名手として知られるピアニスト、レイフ・オヴェ・アンスネスとのベートーヴェン「第4協奏曲」が絶品だった)
私は実演では聴けなかったが、テレビで見たベルリン・フィルとの来日。
(この時演奏したショスタコーヴィチの「ヴァイオリン協奏曲」のソリストがあのヒラリー・ハーンで、双方のあまりの集中力にテレビに釘付けになった)


でも決定的だったのは、
かつて日記に書いた、彼が首席指揮者をつとめる2つの最高のオケ、
一昨年のロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団と
昨年のバイエルン放送交響楽団との来日。


すばらしい巨匠の力。
ヤンソンスからとてつもなく力強いエネルギーとともに
すごく純粋なオーラがほとばしっていて
それが完全にオーケストラの音となってでてくるのがはっきりわかる。

それは音楽への信頼とか尊敬、ひいては全人的な愛だ。

もちろんコンセルトヘボウやバイエルンという唯一無二の名オーケストラあってのことだ、
ということは忘れてはならないけど。
(しかし指揮者って本当に不思議だ。自分で音を出していないのにどうしてその人の精神があそこまで、自分以外の人間が奏するオーケストラの音に現れてくるのだろう?未だにそう思う。)



と、ヤンソンス讃を長々書きながら、やっぱり今回のウィーン・フィル・ニューイヤーはつまづいてしまったのだなあ。
真面目な指揮者ゆえにそうだったのかもしれないけど。
(譜面を見て指揮するニューイヤーコンサートも初めて見たような気がする)



ところでここ数年のウィーン・フィルのニューイヤー・コンサート。
皆さんは誰が指揮した時のものが印象に残っていますか?


私は、カラヤンやカルロス・クライバーが指揮した以降では
リッカルド・ムーティの時かな?


まあ、近年はムーティ、ロリン・マゼール、ズービン・メータの繰り返しで、
中に小澤征爾さんやニコラウス・アーノンクールが1回ずつ出てきただけだから
毎年そう変わり映えはしないわけだけど。


小澤さんの時は、オケが新鮮な活力を発揮してるのはっきり伝わってきて
良いには良かったけど、
やっぱどこか私にはしっくりこなかったし
アーノンクールの時はつまらなかった。
メータは大味な感じだし。
アバドはすっきりしすぎ。

マゼールは好きな指揮者でないけど、こういうコンサートの時は勝手知ったるなんとやら、
というか結構いい感じでこってりと。



やっぱりカラヤンとクライバーの時がよかったなあ、ニューイヤーは。
思い出すにつけ懐かしい。









...

果報は寝て待て?? - 2006年01月11日(水)




先日、調べものをするためにネットを開いたら
「最近の若者は、寝すぎたことを“もったいない”と思う。(「時」に関するセイコーのアンケートの結果)」
という記事を見てほぉ〜と思いました。

ちょっとビックリした。


まあ、多少わからないではないのだけど。

休みの日だというのに目覚めたら昼だった!
となれば「あと数時間しか遊べないな〜。どこどこ行きたかったんだけどな〜。」
というのは私にもよくあるし。


でもいっぱい寝ることは基本的に好きだし、
それを「もったいない」と一般的に考えるまでにはいかないな。


体が疲れてて休むのには寝るのが一番だ〜
なんて話ではなく。

寝てる時間は楽しいし、充実してると思うけどね。
起きて活動してる時間より寝てる時間が劣ってるなんて
私は考えないけどな。
(そういう話ではないのか?)



私、職場にいるとよく思うのだけど、
みんな「生きて活動してるってことは、何かしなきゃいけない。」
って脅迫(強迫?)観念に囚われてるんじゃないだろうかね。



おかしいでしょうかね?私の感じ方。




...

新年あけまして・・・ - 2006年01月07日(土)



おめでとう!!・・・なんですけど
のっけからダウンしてしまいました。


いや、三が日は普通に過ごしていたんですけどね、
忙しくしていた年末から急にのんびりモードに入ったのがマズかったか、
肉体も精神も急に緩んだのでしょうかね、
それか食べ過ぎ・・・?


なんか今年、思いやられるナァ。

でも、みなさん、どうぞ今年もよろしくお願い致します。
恐らくは変わり映えしない日記ですが。




ところでこの年末年始、三谷幸喜さんの活躍がものすごかったですね。

ファンとしては嬉しい限り。
私も全部見まくり。


舞台「12人の優しい日本人」、
テレビ「新撰組・土方歳三最後の一日」「古畑任三郎」を3夜連続、
そして来週からは映画「The 有頂天ホテル」。

すごいですね〜。どんな密度で仕事してるんだ。
それに全部(映画はもちろんまだ見てないけど)、それこそ密度ギッシリ。


舞台、面白かったですよ。
この作品、私は映画でしか見てなかったですけどね
いや〜改めて大感心。

超緻密なパズルのような展開、
人間って面白いな〜、とつくずく。



「新撰組」での土方歳三の心意気、しっかりと受け止めましたよ。
私もああいう男意気で仕事せにゃ。


「古畑任三郎」、まだ見てない人にネタバレになっちゃいけないので多くは書かないけど、
私は特に初日の藤原竜也くんと石坂浩次の会に大感動。
トリ肌たちました。

2日めのイチローがあれほど演じられるのにもビックリしたけど
(超一流は何をやっても一流だ・・・)
話はそこそこ。(初日に比べて、ということです)

3日めの松嶋奈々子の会も話はそこそこだけど(これも初日に比べて・・・。でも普通の人じゃ、あんな脚本書けませんよ)
やっぱり10年以上に及ぶシリーズの最終回ってことか
三谷さんの台本、とても感慨がこもっている気がしました。
私もすごく感慨深く見てました。
特に最後。


「古畑」が終わるなんて本当に寂しいです。


でも三谷さん、あの人は不思議。

あの人、なんでここ一番、ああいう人生の奥行きを知り尽くしたような
深々とした余韻の残る台本を書くんでしょうね。

彼の普段のエッセイやインタビューを見てると
失礼ながら、そんな奥行きのある人にはとても思えないんだけど。
(↑ホント失礼な言い方でゴメンなさい)


やっぱり天才というのは、自分すら超えていく能力を持った人、
ってことなんですかね。
(モーツァルトのように。。。)















...




My追加

 

 

 

 

INDEX
past  will

Mail Home