Allyssa
Dad
人気ブログランキングへ



 ちーがーう!

朝から新居の内装整理です。奥さんは病院へ、ということで早めにマンションに行ってゴミや本の整理です。昔書いた同人誌(笑)とかのイラストとか出てきて以前は捨てるのが勿体無くとっておいてたのですが、なんかそれに対する未練が無くなったというか徐々に捨てることにしました。あと古本を捨てなきゃ。

まだ物の整理は片付かず、結局娘さんの御飯も八時過ぎにまで伸ばしてしまいほぼ住める状態にはなりましたが実家に撤退しました。

最近の娘さんはパパがわざと違う歌を唄ったりすると「ちーがーう!」と手を振って怒ります。怒ってるよ、みたいな感じで頬を膨らませるのが、もう何とも可愛いというか面白いというか素晴らしいです。

2007年03月31日(土)



 胃の痛い四月

月末締めにより鬼のような時間を過ごしましたが、前倒しに進めていたせいか、なんとかすんなり進み時間通りに終了しました。けれど、四枚ほど書類を経理に提出し忘れたので一旦会社に戻り提出の憂き目に遭いました。

とはいえ、新たに問題が発生し、これは四月末まで続く問題なので胃の痛い四月になりそうです。

実家に帰り明日やることのスケジュールを奥さんと話し合いました。

2007年03月30日(金)



 引越し

今日は朝から晩まで引越しです。荷物がじゃんじゃん運ばれてきます。私はIKEAで買った家具を作っていましたが手を切ったり木のささくれが刺さりまくるので途中で放棄しました。本棚のほうは成功しましたが背板は釘を使わなくてはならず解体できない家具なのかと唖然としました。IKEAは安価ですが安い木材や合板を使っているために重量がめちゃくちゃ重く合板もボロボロにできるほど脆いです。あまりオススメは出来ません。他のプラスチックの椅子や軽いものなどはいいと思いますが家具関係は日本人には合わないものだと思いました。

そうこうしているうちに娘さんと義母さんが来ました。娘さんははしゃぎまわっています。奥さんの妹さんも手伝いに来てくれたのですが、すごい戦力です。重いものも軽々と持ちますし、奥さんと違っててきぱきてきぱきと率先してやってくれます。

エアコンや照明器具、カーテンも付いて家らしくなってきました。新築の家に住むなんて私にとっては夢のようです。この家を壊さないように頑張らなくてはいけないな、と思います。

2007年03月29日(木)



 夜中に幼児を連れまわす親

昔からは子供は好きなほうでしたが、独身の頃に見えてなかった視点が今、娘さんが出来たことによって違った角度から物事が見えるようになり、それを理解し考察し、時には批評できるようになった。

最近、社会問題にもなっている夜中に幼児や子供を繁華街や町の中で連れまわす親を見ると理解できないし、時には憤慨する場合もある。ここ数年、飲み屋に子供を連れてきて酒を呑んでる親もとにかく理解できない。昔は夜九時過ぎたら外で子供を見ることなんかなかった。そういう親を見ると怒ってしまうし、口にも出てしまう。独身の頃はそんなに感じなかった感覚だ。見ていて痛々しいし子供が可愛そうだ。この前の勤務先の駅前で見た地面に座っている程度の低い家族三人の親など論外である。夜中に子供が外にいる国なんて台湾に行ったとき見て凄くカルチャーショクに陥ったのに日本も程度が変わらなくなってしまった。しかも、連れている親のレベルを見ると閉口してしまう。はっきりいってあの子らの将来が怖い。

2007年03月28日(水)



 深夜重労働(賃金なし)

実は締め日を勘違いして引越し日を設定していたのですが今月は月末が締め日でよりによってその前日にしてしまいました。怒涛のような前倒しで仕事を進めています。

帰りが遅くなり十一時に家に帰って、そこから引越し積み込み前の箱詰めです。パソコンとかの大きい荷物を詰めました。結局、義母さんと奥さんと三人で二時近くまでやりました。

そして、そのままパンを食べてたら、こてっと電気のついていないコタツで朝まで寝ていました。身体の疲れが取れてないようです。

2007年03月27日(火)



 超節約

午前休をとって書類提出をしました。これで色々と節約できます。今日中に決済を取れたらしいので安堵しています。残る支払いはつなぎ融資の若干の利息と維持修繕費積立金です。とにかく家を買うと現金がかなり必要です。湯水のように使うので少し金銭感覚が麻痺してしまいます。

会社につけば問い合わせのプリントの山で疲れましたが。致命的なトラブルは無かった。不在のときによくありがちだ。帰りも遅かったが午前休なので残業代がつけられないけど個人的な理由だったので頑張った。というか、上司より先には帰れんポリシーもある。

サラリーマンはなかなか難しい。

2007年03月26日(月)



 奴隷に休息はなく

休み無しで朝から区役所に行って住所変更です。これがこの前娘さんの児童手当でトラブった支所の連中も休日支援で来てたらしく嫌がらせなのか「あ。書類が全部そろってますね、すいません」と二時間待たされて保留になったていたことが発覚。そこから三十分ほど待って書類を獲得しました。まっすぐ司法書士事務所に行き置いてきました。

帰りにいろいろと家具とか風呂場のものとかを買い込みました。重いです。

そしてマンションに戻ると今日は引越し混雑もなく人もまばらです。今日は奥さんの妹さんも来て物運びを手伝ってくれました。パイプハンガーなどを組み立てダイニングの照明器具などを取り付けました。物がまだ無い状態なので、まるでレストランのようです。これから所帯じみるのかなあ、と思うと勿体ない気がします。

帰りがけにマンションのキッズルーム、フィットネスルーム、ゲストルームを無理を言って見させてもらいました。すごく綺麗です。キッズルームが最高レベルで娘さんも走っていって滑り台でさっそく遊んでいます。

奥さんにこき使われて肉体労働の一日でしたので疲れました。実家に帰って御飯を食べてソファに横になったら眠ってました。起きてすぐにまた眠りました。

2007年03月25日(日)



 マイホーム!




とうとう新居の鍵が引き渡される日です。その前にいろいろ掃除道具などを持ち込んでいくために買い物などをしてマンションへ向かいました。混雑を予想したのですが予想外に空いている印象を受けました。駐車場が機械式なので早速入れてみましたが上昇下降それぞれに一分半も時間がかかります。朝の通勤時に駐車場は戦場になりそうです。あと、車の上の階に行ったりするループが狭いんですが、うちは一階なので大丈夫のようです。




またまた立会いですが、この前のクレームはほぼ治っていましたが、新たに治したとこの欠けがあったので指摘して引越し日のばたばたしている時に修繕するとのことで了承しました。まあ、初期の頃から綺麗になったものだな、とも思いました。

その後、義母さん、義母さんの妹さん、娘さんも部屋にやってきました。エアコン取り付け作業中なのに娘さんがはしゃぎまわって危険です。各部屋の照明を取り付けました。ファン付の照明で米国のホテルによくあるやつです。なかなかかっこいいです。キッチンボードとガラスのテーブルも来て段々と家のイメージが作られていきました。

すごいのがエレベーター渋滞で待ちの時間が凄いです。ここも朝の通勤時にはどうなるのでしょうか・・・・

私は職人の息子で子供の頃に仕事を手伝ったりしていると現場が新居というのはデフォルトでした。いつか・・・とは夢を見ていましたが、現実となった自分の新居というのも嬉しいものです。

2007年03月24日(土)



 納豆大好き娘さん

娘さんは納豆が大好きです。納豆の小さいカップをそのまま食べます。「なっと♪なっと♪」「なっとうすき」と言いながら恍惚の表情で納豆を食べまくる姿は本当に可愛いです。本当に子供というのは可愛いものです。

ところで、酔いどれ小藤次シリーズの「子育て侍」「御槍拝借」「意地に候」に続いて三巻目の「寄残花恋(のこりはなよするこい)」に突入しています。江戸の密偵おしんなるキャラが出てきて今回の話は何か水戸黄門チックな派手な話になってますが、こういうノリも面白いと思います。しかし、佐伯泰英は面白い。いま書店で売れているのも分かる。隆慶一郎亡き今、新作を出せるのは佐伯泰英のみという状況なのでしょうか。一人勝ちの感があります。これ、ドラマ化しねえかなあ。そうしたら小藤次は誰がするんだろう?

三巻を読み終えてちゃぶ台の上に置いていたら義母さんが目を通して読みたいとのことなので現在持っている巻を渡しました。四巻買ってこなきゃ。

2007年03月23日(金)



 おいで!おいで!

今日は大事な日ですが散々な日です。朝からトラブル続きで仕事も増えるし散々です。思い起こせば毎年誕生日の日はこういう風に忙しかった覚えもあります。残業必至でしたが、せめてケーキとか食事は娘さんとしたいな、と思い仕事が終わらない状態でしたが早めに帰りました。

娘さんは元気に「パパ、パパ、こっち、こっち」と座れと命令します。しかもパパの御飯のブロッコリーとか鶏肉とかを食べています。その後のケーキもまるまる綺麗に食べました。最近、お通じが良いらしくすぐうんちです。今回は自分で脱ごうとしていました。とてもお利口さんです。

また、娘さんはコップやカップや皿の下に残った具材がスプーンやフォークでとれないと「おいで!おいで!」と叫びます。とっても可愛いです。可愛すぎてたまりません。

2007年03月22日(木)



 娘さん、二歳前にして生理用品を使う




お彼岸でお坊さんが来るかも知れない、ということで朝から早起きとお掃除です。段ボールが散乱しているので、それの整理も兼ねます。娘さんが退屈してるので遊んでたら奥さんが苛立って怒りました。娘さんをおぶりながら作業をしていると娘さんはこてんと眠りました。

で、次はお風呂の椅子とか洗面器とかの買い物です。スーパーとかで買うゴミ箱が意外と高いことを知り、ニトリあたりで探そうということになりました。

義母さんと私の誕生日が近いのでバースデーコースを食べに行きました。娘さんの食べっぷりは凄いです。スープを一人前、自分でスプーンで上手にすくって呑みきりました。今日はお通じが良くおしっこやうんちでよくおむつを取り替えます。最近は「ちっち」とか「うんち」とか教えてくれます。事後ですが。おかげで持ってきたおむつが無くなりました。

で、食後の散歩に店内を娘さんと歩いていたら奥さんと義母さんがトイレに行きました。その直後、娘さんが「うんち!うんち」と言うので奥さんとこに行きたくて言ってるのかなーと思い、おむつの中を見たらうんちしてました。

急いで女子トイレに娘さんを連れて行き店から膝にかけるナプキンを数枚貰って手渡しました。おむつが無い状況です。結構時間が経った後、三人が戻ってきました。かなり苦労したようです。会計を済ませて車の中で聞けば女子トイレの備品(恐らく女子従業員用と思われる)女性用ナプキンを四枚縦に並べておむつのようにしたとのこと。さすが女性のアイデアだな、と思いました。

帰ってきて娘さんを寝かせて遅くから「カポーティ」を観ました。前半一時間見て後半は明日分けて見ようかと思いましたが予想外に引き込まれて面白かったです。これは主演男優賞とるわけだ、と感心しました。

2007年03月21日(水)



 社員哀史2

先日の客とのトラブルが後を引きの納期関係でシビアな要請を強いられてフランスに電話をしなくてはならなくなり帰れませんでした。とりあえずは形になったような感じになったので遅くはなりましたが岐路につきました。

引越し準備で忙しい中ですが「カポーティ」を借りてきました。帰ってきたら真夜中です。疲れた。

2007年03月20日(火)



 だっこちて

娘さんが「だっこちて、だっこちて」と起きてから泣くので抱っこしてたらバスの時間が遅くなりました。けど、娘さんの「だっこして」には弱いです。やらないわけにはいきません。

会社へ着けば朝からもう激務で大変です。おしっこも我慢するほど忙しかったです。けど、働いたおかげで早めに帰れるようになり、娘さんに会いたくて早めに帰りました。

帰ると娘さんが応対してくれました。「パパ、ねんね!」と寝室へ本を持って誘うのですが、パパは御飯です。で、御飯を食べていると娘さんがやってきて箸を使って御飯を食べさせてくれました。上手に口に運んでくれましたが娘さんの大好物の酢の物のおかずになると自分で食べてしまいました。

今日も早めに眠りました。本格的な引越しが今週末から始まります。大変です。

2007年03月19日(月)



 再々内覧会

三度目の正直はどうでしょうか?というわけで三回目の内覧会です。まず、床のフローリングのキズがそのまま。そして新たに洗面台下のカッター傷。そして、全体的なクリーニングと四箇所のクレームに終わりました。一回目七十箇所、二回目四十箇所ときているので良かったと判断してもよいと思いますが一週間後の引渡しに間に合うのかどうか不安です。

内覧会がさっさと終わったので娘さんを連れて外出している義母さんと義妹さんと合流しました。娘さんの子守として付き合いましたが疲れました。とことこ独りで歩いていく娘さんはパパの姿が見えなくなっても平気みたいで将来は年頃になったら独り暮らしがしたいと家を出ちゃうのかなあ、と寂しくなります。しかし、今日はなんと「パパ、

帰ってきて故郷の蕎麦を食べました。そろそろ保育園の朝の送りがあるので早起きリズムに切り替えなくてはならないので早寝を心がけます。

2007年03月18日(日)



 四十九日

父の四十九日のために帰郷。不思議に行きのときは眠れませんでした。そのまま疲れたまま実家へ着いて早々に四十九日を始めて食事会へ。我が親戚は毎年毎年、坊さん交えて毎度毎度ダークな話になります。前回の法事は親戚にJRがいるので電車の自殺死体は遺族が掃除するのか?電車を止めた慰謝料を支払うのか?など。ちなみに上記は都市伝説に近いもので全て職員が片付けて慰謝料も請求できないとのこと。今回は少しハイテクでDNAの話と鑑識と胃癌の話。あまり美味しくない食事を前に喋り捲って時間を過ごさせました。話し込むと長い一族なので坊さんが切上の挨拶をする始末でした。

で、実家に帰って母親とゆっくり話し込みました。新居を購入したことを母に告げると喜んでくれて意外な対応でした。義母さんから高額な頭金を借りたことについて話すと、ひたすら「あちらに会わせる顔がないね」と情けない表情を作っていた。まあ、それはおたくの生き方がまずかったんだからしょうがないだろ、と答えた。

岐路の途中も眠れず珍しい道中となりました。駅には義母さんが迎えに来てくれました。帰ってきて娘さんが起きてて「パパ、ねんね」と寝室へ誘います。ほっとしましたが引越しの準備です。疲れた一日でした。田舎の葬式はお引き物がたくさんなので荷物が多く疲れました。

最近、風邪で薬を飲み続けているので奥さんのおっぱいを娘さんにやれません。娘さんは眠るとき、「ぱいぱい」とねだりますが与えられません。最近、「がまん」という言葉と手振りを覚えたので泣きながら「がまんっ」と言います。そうして娘さんはぷいっと逆側の横を向いて眠ります。それがとても愛らしいです。可愛そうですが、これを機に乳離れをしてくれるといいなあ、と思います。

2007年03月17日(土)



 子供はダイヤモンド

ところで、昨晩、恐ろしいものを見てしまいました。たぶん、酒を呑んで飲んだくれている男と女が地べたに座っていたんですが、その二人の間に小さい子供が。恐らく夫婦の子供なんでしょうが、うちの娘さんと同じくらい小さい子でした。それが泣かずに愚図らずに悲しい顔で二人の間に立っているのです。もしかすると、三国人の多い場所なので日本人ではないのかも知れませんが、この日本でそんな子供を見てしまうとは信じられません。台湾の屋台の横で夜の三時に遊んでいる幼児を見たかのようなショックを感じました。あの子供はこれからどんな人生を送るのでしょうか?帰ってきて布団をはいで寝ている娘さんを思わず抱きしめてしまいました。

で、翌朝。病み上がりで不機嫌な奥さんが年増根性丸出しで再びうだうだと口うるさく言うので喧嘩になりました。本当に年増は駄目だなーと思いました。

早めに帰ったので娘さんが居ました。居るときはなるべく抱っこしようと思います。「パパ、だっこして」と言えるようになったので嬉しいです。親冥利に尽きます。

子供はダイヤモンドだと思います。小さいけど、とても高価で光り輝いています。小粒ですがキラリと光るものなのです。そのダイヤモンドを手荒に扱う親の心境が全くもって分かりません。

2007年03月16日(金)



 ゴキブリ弁当店の顛末

いちおう解決しました。

とはいえ、受領書で「全て納得」などという文を書いてきたので取り消し線で訂正させ今後、なにかしらが起こった場合の対応を残しました。

また、日記上でも事実は事実なので残しておくことにします。

今回の問題点はゴキブリの件と相談室の対応。これらの件は保健所、国民生活センター、知人のいる厚生労働省にも文書で提出しました。意外と行政は動かないものだな、とも思いました。

まあ、二度とこの弁当屋では買わないでしょう。

2007年03月15日(木)



 図に乗る奥さん

前日には渡したのですがヴァレンタインデーのお返しに奥さんと義母さんにピエール・マルコリーニのチョコを贈りました。十個入り。娘さんはチョコはまだ食べさせられないので御煎餅とかあられとか入ったキティちゃんのバッグを買いました。

で、突然、奥さんが風邪で倒れてしまい病院で点滴を受けたとのこと。心配して早めに帰って優しくしてあげたのですが、どうやらうちの奥さんは優しさの通じないオバサンになってしまったようです。三十代の女はこれだから苦手です。やはり、伴侶は若いほうがいいと思います。

2007年03月14日(水)



 子育て侍

本屋でとても気になっていてとうとう購入しました。佐伯泰英の酔いどれ小藤次シリーズの最新刊「子育て侍」時代劇小説を購入するのは隆慶一郎の「鬼麿斬人剣」以来です。いや、面白いです。ハマりました。さかのぼる形になりますが、このシリーズを揃えたいと思います。さっそくさの字で一巻目「御槍拝借」を引き続き読了しました。

物語は主人公の赤目小藤次という侍が決闘の相手の子供を戦う前の約束に従って育てはじめるというところから始まります。この小藤次、身長は低く、禿頭で五十歳手前、大酒飲みというカッコよくないルックスなんですが、剣の腕は凄腕で多くの伝説のある侍のようです。今から読むので未読ですが仕えていた藩に汚名を着せた四人の大名の大名行列を襲撃して槍の穂先を奪い「御槍拝借」という通り名を持ち、四藩主を敵にまわし刺客の襲撃にあう日々を暮らしています。また小金井橋の十三人斬りなど逸話を持ち、それでもなおかつ町民からは慕われているという何とも絵に描いたような人格者である。

ところが、それがうさんくさくないというか、鼻につかないというか、いい感じなのだ。次々と現れる敵を来島水軍流剣術で片をつける場面の連続にどきどきさせられるわけよ。対する敵も月影一刀流とか腕に覚えありの連中ばかりで、今回は小藤次も・・・と思いきや爽快感を伴う戦いで決着をつけてくれます。

いやー。時代劇にはまるとはこれは年ですな(笑)

この「子育て侍」のシチュエイションが今の私の状況にうまくフィットしているな、と思います。小藤次が慣れないおしめ交換や、あやすところ、気遣いなど全ての父親を共感させる描写だと思います。そして、家族を持てなかった小藤次に、揺れる船上での戦闘に特化した来島水軍流剣術の後継者として暗示させる台詞がまたいい。「赤目駿太朗か。」なんとかっこいい台詞ではないか。

この本を読んだあと、娘さんを抱いて歩くときとか武士のように周りを注意しながら生活している自分に気付いたりする。

2007年03月13日(火)



 Mickey Mouse March

昨日の日曜日の朝からCDの返却をしなければならず早起きして外出。ついでのついでに携帯電話の電池がすぐに無くなるのでドコモへ。それと革靴が最近、水漏れするので購入しようと馴染みの店に赴きましたが安いものがなく撤退。

帰ってくると奥さんと娘さんが寝ているので一緒に眠りました。その後、娘さんにいつでも聞かせることが出来るように家にあったディズニーのCDを携帯電話にダビングしました。

これでいつでもMickey Mouse MarchやWinnie the Poohを聞かせてあげることが出来ます。

ダンボール箱整理がなかなかきつくて疲れました。

2007年03月12日(月)



 生きたゴキブリ弁当を食わせる螢璽好肇ックのお客様相談室の卑劣な対応

突然、医療費の領収書のコピーが欲しいと仕事中に何度も何度も電話が来て、まるでヤミ金融のような執拗な電話攻撃に遭っています。

「どうしてなのか?」
「社内の処理の関係で医療費の立替の書類が」
「立替?そちらの会社の不祥事でこうなったんですよね?」

まるでこちらが何かしらの失敗をしたかのような言い分で電話攻撃に遭っています。生きたゴキブリの入った弁当を売っておいて普通の生活を邪魔されたというのに加害者という意識が全くないようです。

「医療費払えばこの件は終わりですから」

ひどい台詞です。金さえ払えば事件は終わりという感覚です。あまりにもひどい会社です。

保健所に連絡をしたいと思います。その後、領収書関係の作業にうつりたいと思います。

2007年03月11日(日)



 夜なべ

今日は保育園の面談です。てっきり三者面談クラスのものなのかな、と思ってたんですが他の親御さんと合同の説明会でした。びっくりしたのが保母さん数!すごい数です。数もそろえば美人の保母さんもいたりして、パパのテンションは深く静かにあがっていきます。説明を終えると組に別れて再び説明です。今回は一時保育でなく公立保育園なのでパパが送ることができます。そのために朝、しなければいけないことをよく聞かなくてはいけません。想定外のことがいくつかありました。紙おむつでなく布おむつであること、それと同時におむつカバーを用意しなければいけないこと。エプロンを自作しなければいけないこと。四月の初めの一週間は慣らし保育をしなければいけないこと。突然の慣らし保育で私達夫婦はおののきました。奥さんが仕事を休まなければいけませんし、私も午後休みかなんかをとって協力したいと思います。

娘さんの便がゆるくなっていると義母さんから連絡があったので病院へ連れて行くとの連絡。急いで病院へ行きたかったのですが奥さんはおむつの購入を、ということで買い物に。帰ってて疲れたのでこたつのこっち側で私、あっち側で娘さんと奥さんが寝ていました。

ふと足をさわさわされたので犬かな?と思いきや目を覚ますと暗い部屋で娘さんが私を起こしていました。奥さんと義母さんは食材を買いにいったようです。娘さんと本を読んだり踊ったり、歌ったりして過ごしました。けれど、そうこうしていると「ママ・・・ママ・・・」と呟くので焦りましたがそうこうしていると奥さんが帰ってきました。

夜に猫がひっかいてボロボロにしたダンボールの整理とエプロン作成を二時くらいまで夜なべでしました。裁縫は得意ですし、好きなので黙々と淡々とやりました。

2007年03月10日(土)



 面談前夜

今日は全国会議があったりと混沌とした一日でしたが、やらなければいけない仕事に目処がついて安堵しました。終わるときはどたばたと終わるので毎度、大変です。今回は機械の配線間違いがあったのでそれを引き取って配線を変えるという大作業があったのですが、なんとかうまくいって終了です。やればやれるもんだなあ、と感心しました。

帰りも遅くなりましたがすぐに眠りました。明日は保育園の入園説明会と面談です。早めに眠りました。

2007年03月09日(金)



 超重労働

すごく夜遅く残業しました。翌日が会議なのですが、それとは別の資料を作成しなければいけなかったのです。そんな大変な時に海外の荷物の欠品と不良が発生し、倉庫に赴かなければならず移動もありの一日で大変でした。遅くに会社に帰ってきて仕事の続きです。いつものように帰りも独りです。本当に疲れました。家に帰れたのも夜の十二時半です。

先週の金曜日からひきずっている仕事のトラブルです。溜息ばかり出ます。そんなときに会社の同僚から再びうぃろうを貰いました。なんか俺がうぃろう超大好きと勘違いしているらしい。時にはきしめんとかの違うお土産が欲しいものです。

最近、夕方の娘さんに会っていません。寂しいです。

2007年03月08日(木)



 神と天使の分身

これまで眠りが浅かったのか久しぶりに前夜は夢を見ました。ひどく不安にさせる夢です。なんというか、水面下で皆が結託していたり辞めた人間が復帰する人事の発表があったりと、なにか考えさせられる夢でした。

起きて娘さんを起こしお風呂を浴びて娘さんと座って歯磨きをしました。

以前、奥さんが買ってきた十足で千円という安物の靴下に穴があいていたのが発覚。別のを履いて出勤したが会社でこれも穴が空いているのを発見。安物は安物でもひどすぎる。

仕事のトラブルが終わりません。終わりなきトラブルで家に帰っても米国とのやりとりをメールでしなければいけません。そのうえ、会社の人間関係などめちゃくちゃな混乱状態で疲れました。胃が痛いです。胃潰瘍初期症状が悪化しそうです。ゴキのせいかも知れません。

夜遅く帰りましたが明日が休みの奥さんがドラマのビデオを見てて一緒に見ました。非常に眠かったですが米国からダイレクトな返事はいただけぬまま眠りました。

最悪なことが続いて自信喪失していますが、娘さんの寝顔を見ていると神がそこに存在すると思いました。親は子供にとって神の分身とは言いますが、逆に親にとっては子供も神のような存在なんだと思いました。実際に天使ではあるのだけれども。
ところで最悪な一週間でしたが、それと引き換えなのか娘さんの公立の保育園の入園が決定しました!とても良かったです。けど、せっかく出来たお友達に会えなくて寂しい思いをしてしまうのかな、と心配です。こういう環境もよくないなあ、と思いました。

2007年03月07日(水)



 ドランキーパパ2

仕事はぐだぐだです。

で、同僚が先週の土曜日に女性を紹介してもらって、その二回目に邂逅したことの報告を聞きました。とても面食いな男なので今回はパスということです。

帰る途中のバスで再び乗り物酔いをしてしまいました。帰ってすぐに娘さんから本読んで攻撃に遭い、寝室で本を読みました。食欲もないです。奥さんに怒られ、義母さんに促され眠りに就きました。やはり内臓の疲労が残存しているのでしょうか?変です。それとも結果的に例のゴキブリなんでしょうか?

2007年03月06日(火)



 ドランキーパパ

先週の金曜日に仕事のトラブルがあり、これほど出勤が嫌だなと思ったときは・・・・・今までも結構ありましたが。

荷物の件はうまく進んでいるようなので何とか納期までには可能の見通しが出ているのですが安心はできません。できるだけのことをやり遂げるしか方法がありません。

夕方早めに帰ったんですがバスの中で乗り物酔いをしてしまい気持ち悪くなりました。けれど、娘さんが「おかえりー」とお迎えに来てくれたので気分も良くなり御飯を食べることがなんとか出来ました。不思議なものです。娘さんを抱っこしながら御飯を食べました。

身体の疲労は抜けても内臓の疲労はとれないものなのでしょうか?それとも例のゴキなんでしょうか?

2007年03月05日(月)



 お墓参りでお弁当

今日は奥さんのお父さんの命日です。義母さんと義母さんの妹さんと奥さんと娘さんとお墓参りです。時間がないので途中、お花を買ったスーパーでお弁当を買い、お墓で食べました。天気も良く暑いくらいで春の訪れを感じます。娘さんは砂利の石遊びが大好きなので手が真っ黒になっています。新居でのバルコニーに御影石とかの綺麗な石のスペースを造ってあげたいです。

帰ってきて気付きましたが昨日、家の前に置いておいた旧式のモニターが既に持ち去られています。粗大ゴミで捨てる必要のない凄いシステムの街です。

娘さんが昼寝の際に愚図りましたが、おんぶをしたら寝てくれたので一緒に眠りました。その間、奥さんはソファーとダイニングテーブルの上部の照明器具を購入決定したようです。

なんか疲れた休日です。まるまる安息日が欲しいですが、まず無理でしょう。

2007年03月04日(日)



 お雛様

今日はお雛様で娘さんの日です。そこで奥さんと義母さんはお買い物に出かけました。私は髪を切りに行く用事とビデオ返却と液晶ディスプレイを買うことです。

髪を切りに行っている最中にハゲの話になりました。私自身は多毛なほうなのですが、多毛は多毛でも表皮が汚れていたり、弱っていたりするとはげるとアドバイスをされ、営業トークに乗せられてしまったのか、ヘッドスパをやることになりました。「眠りますよ」と言われてはいましたが、とても気持ちが良く寝てしまいました。

で、ビデオ返却のあと、奥さんと連絡したら近くにいるというので合流しました。私は娘さん担当で皆は食材とかの買い物です。あまりにも娘さんが退屈そうなので駐車場に行って遊びました。

 皆を車に乗るまで見送って次は液晶ディスプレイ購入です。実は私は旧型のブラウン管(?)モニター愛用者だったんですが新居のスペースのことを考えて液晶購入に踏み切りました。聞いたことのないメーカーでしたが新品で格安だったので見れりゃいいか、と購入しました。

家に帰るとおばあちゃんもいてお雛様の始まりです。娘さんをメインに写真を撮りました。最近、娘さんは写真写りが良くなったのでほっとしています。

2007年03月03日(土)



 最悪の日のはじまり

部署が昔の古巣に戻ったのはいいのですが、よくトラブルに見舞われることをすっかりと忘れていまして、とんでもない目にあいました。

今日は某イベントの説明会があったので上司と共に赴いたのですが、顧客の一人からクレームの電話が不在のときにあり、大問題に発展した。こういう事態に発展するのは四年ぶりです。非常に参りましてがっくりきました。ちょっと自信がなくなりました。ほとんど説明会を聞くことなく電話の応対になりました。とりあえずは目処がついたのですが、まだまだ引きずりそうな予感です。

奥さんの勤め先の駅を通るので三十分待って奥さんと一緒に満員電車を帰りました。なんかこういうのも久しぶりです。本当は娘さんと早く会いたかったのですが、これから会社を辞めた同僚と飲みの約束です。

けっこう元気そうでした。仕事はまだ決まってないとのことで一ヶ月が過ぎようとしているので少し焦っているようです。まあ、なんとか頑張って欲しいです。けど、正直、辞めた会社の今後についてうだうだ言っていることに少し腹が立ちました。あんたはもう関係ないだろ、と言いたいところですが、ここは大人の対応で我慢しました。立場や領域が違うとうさんくさくなるもんだな、と思いました。いや、なんかそう思っちゃうところが最近、疲れているのかな、とも思いました。

その帰りに昼過ぎに出たトラブルのために米国に電話をするため会社へ夜中の十一時過ぎに戻った。そして、若干の仕事をして終電で帰りました。今日は移動も多かったので疲れまくりました。

2007年03月02日(金)



 携帯電話

私は携帯電話に全く興味がありません。私個人で携帯電話を購入したこともあまりありません。ほとんど奥さんか当時の恋人に買う手続きをしてもらっていました。持ち始めたのも2000年に入ってからですし、その際もメールの使えない白黒の液晶のものでした。ようやくメールの使える携帯に変えたときもカメラはついていませんでした。私はそれほど携帯電話に興味がありません。

最近、携帯電話を変更することになりドコモの受付の姉ちゃんに寿司屋のように「おまかせ」で選んでもらったやつが古いモデル(ポイントで買える範囲のもの)のやつでミュージック・ポーターってやつ。CDをダビングして聞いています。ちょうどMDプレイヤーとか欲しかったなと思っていたので助かりました。唯一、気に入った携帯電話の機種だと思います。

2007年03月01日(木)
初日 最新 目次 MAIL


My追加

爽快ドラッグ

クリスタルガイザー(500mL*48本入)

クリスタルガイザー(500mL*48本入)

1,298円1,248円

(2011/09/13 02:08 時点の価格)

クリスタルガイザー(Crystal Geyser)の一覧はこちら

DMM.com DVD通販