日々楽しく生きている。

2005年10月30日(日) 太陽

妻がコタツの中で寝ている。


その上に群がる息子たち。





母親が元気がないと家の中が暗い。







『母親は太陽なんだなー。』






そう呟いたら、なぜだか涙が出た。



2005年10月27日(木) 教訓

だから無理だって。


そんなに急いでもロクな事が無いから。


落ち着いて丁寧にやればいいのに。






なんで追いつこうとするの?





私には私のペースがあるし、あなたにはあなたのペースがある。


例えば私のペースが速いとして。


あなたのペースが遅いとする。


それが個性なのに。


どうして個性を他人の価値に合わせようとするの?


自分のペースでやればいいのに。









憧れる対象が私であるのは嬉しい。


だけど、あなたはあなたであって、私ではない。


あなたが幾ら私に追いつこうとしても、それは無理なんだって。













ペースだけ追いついても、あなたには経験がない。


私には数年間の蓄えた経験がある。


大事なのは経験であって、ペースではない。


周りを見ながらでないと、いつか痛い目を見るよ。







自分のペースを大事にしながら、ゆっくりゆっくり経験を積んでいけばいい。


そしたら、きっと私の先を歩いてるよ。



2005年10月26日(水) 片手逆立ち

プラモを作るようになってから、いつも見ているHPがある。


さっき見たら新しいMK−兇離譽咼紂爾更新されてた。


早速見てみると、何と片手逆立ちをしている!!


す、凄い!!


このMK−兇呂海鵑併が出来るのかっ!?


・・・・いやはや、最早PGよりも進化してるんじゃないか?






一昔前のプラモで逆立ちなんて出来なかったからねぇ。


全くもって今のプラモ技術の進化には驚嘆だなー。



2005年10月25日(火) 無駄使い

ウダウダしている間に休日が過ぎていく。


あれもやろう、これもやろう、と思いながら結局なにもやらずに終わってしまう。


無駄使いしてる。


時間を無駄使いしてる。


平たく言えば人生を損してるような感じ。


焦る。


苛立つ。


もっと何か出来たんじゃないか?って。


別の何か、有意義に過ごせる時間があったんじゃないかって。






結局何も出来ずに、何もやらずに終わってしまう。






もしかして、このまま人生も終わってしまうのかな。



2005年10月24日(月) プラモ

どっかの掲示板から直リンクされてた。


不愉快じゃないけど愉快でもない。


直リンクする前に、せめて一言いって欲しかった。








ガンプラを結構集めた。


まー、結構って言っても5体だけど。


特筆すべきは全てガンダム。そして全てマスターグレード。


主役機ばっかり。だって敵役で欲しいの無いし。


んでもって昨日新しいプラモ買った。


マーク兇Ver2.0。


・・・・・・造るのメンドくせー(汗)



2005年10月23日(日) 一瞬

ドリフのDVDを見て大笑いした一日。


久しぶりに嫌な気持ちから解放された一日だった。





こんなに笑ったのはいつ以来だろう。


俺もまだ普通に笑えるんだなぁ、って思った。



2005年10月22日(土) 蔑み

『どうすれば早く出来ますか?』


『どうすればそういう風になれますか?』





そんなの知らない。


そんな質問をされたって困る。


ただ長くいるだけだ。


長くいて、コツとか経験を積んでるだけだ。


来たばっかりで同じラインに立とうとしても、それは無理な話し。


ゆっくり、ゆっくり吸収して学んでいけばいいのに、同じラインに立ちたがる。





そんなに並びたいの?


だったら経験とか知識とか、全部くれてやる。


コピーして貼り付けてやるよ。こんなので良いんなら。








でも一つ言っておくけど。


仕事を覚えたって、実際は良い事ないよ。


メンドくさい仕事を押し付けられるだけだから。



2005年10月21日(金) ライオンハート

どうでもいい人がいなくなるのは¨どうでもいい¨


だけど、どうでもある人がいなくなるのは¨寂しい¨


何回も繰り返してきたはずなのに、この気持ちに慣れる事が出来ない。





『私がいなくなると寂しい?』





寂しいよ。


だって、当たり前にあった日常が、もうここにはない。


ひどく虚無感さえ感じる。


・・・・なんだなんだ、俺はこんな弱い人間だったのかよ。


俺はもっと強かったはずだ。







いやそうじゃない。


強くありたいと思ってたのかも知れない。


俺は強いと思い込んでいただけだったのか。








それでも俺は強くなりたい。


そして、いない事が当たり前の日常に、俺は慣れていく。



2005年10月20日(木) また明日から

過去を振り返らない。


よく聞く言葉。


だけど俺は振り返ってもいいと思う。


嬉しい思い出。


悲しい思い出。


振り返りたくない事、思い出したくない事。


そういうのって生きた年数だけあると思う。






嬉しい思い出だけじゃ生きていけない。


悲しい思い出だけじゃ死んでしまう。






でも両方あるから¨人生¨なんだと思う。


全てを受容して、昇華して、淘汰して。


そうやって自分という個体を形成していく。











これまでの事を全て自分のものとして、また明日から生きていこう。



2005年10月19日(水) 偽善者

飲み会から帰ってきて、すぐに寝た。


夜中の3時、不快な感覚で目が覚める。


・・・吐きそう・・・


トイレに駆け込み、嗚咽する。


口から出る未消化の食物。透明な胃液。


それらが混じりあって悪臭を放つ。


その匂いに反応して、更に嗚咽する。






肩が震える。


背中が蠢く。


唇の端から、だらしなく涎が垂れ落ちる。


両目から涙が落ちる。





















飲みすぎだ。


分かってた。


自分の限界まで酔った事は当然知ってた。






















『・・・・・・・・・・・・・・偽善者が。』







自分の吐物を見つめながら、俺は鼻で笑った。



2005年10月18日(火)

ただダラダラ過ごす時間が好きだ。


休みの日にテレビを見たり、ゲームをしたり、漫画を読んだり。


そんなダラダラ過ごす時間が好きだ。




素の俺がいる。


ダラダラ過ごす俺は¨素の自分¨を感じる。








仕事は


仕事をしている時の自分は素の俺じゃない。


当たり前だ。


仕事用の性格を造った俺を、俺自身で表現している。


周りと歩調を合わせなければならない。


素ではいられない。






疲れて当たり前だ。


自分じゃないんだから。
































でもそれがチームワークってもんでしょ?



2005年10月17日(月)

ダラダラと増えていく電話帳。


その中で頻繁に使うのは10もない。


それなのに、ただダラダラと増え続けていく電話帳。







新しい携帯に¨切り替える¨時に整理し、削除されていく使われる事のない番号の数々。

















人間の記憶も、任意に削除できたら良いのに。



2005年10月16日(日) 雑音

誰かが誰かを非難する。


その雑言は、やがて俺の耳にも聞こえてくる。


知らないフリをする。


関わりたくないから、知らないフリをする。








俺は雑音を聞きたくない。


聞きたくないから、聞こえても知らないフリをし、時間を過ごさせていく。








もうメンドくさいんだ。関わるのは。


もうウンザリなんだ。知ってしまうのは。








なのになぜ、俺に聞こえさせてくれる!?


なぜ、俺の知るところにさせてしまうんだ!!











もう、メンドくさいのは御免なんだよ、俺は。



2005年10月15日(土) よごれてる

流れ込んでくる泥。


どんなに防御しても、防御しきれない¨泥の波¨


俺にどうしてほしい。


無力な俺にどうしてほしい?





溜め込む。


溜め込んで溜め込んで、吐き出せない。


吐き出す場所がない。


今の俺には泥を吐き出す力はない。


自分の無力を知っている。


無力な自分を知っている。








否。







無力だと思い込んでいる事を知っている。


吐き出そうと思えば吐き出せる事も知っている。


だが俺は吐き出さない。


吐き出せば、それが倍になって返ってくる事を、俺は身を持って知っている。









逃げている。


メンドくさい事から逃げている。


立ち向かう事なんてしない。


保身。

















俺は自分が一番可愛い。








他の奴らは知った事じゃない。








俺は汚い大人だ。


 < 過去  もくじ  未来 >


相坂 [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加