日々楽しく生きている。

2003年10月31日(金) 覚醒

俺は覚醒した。


どーなるか楽しみだ。


俺を少し見くびってたようだしなぁ。



2003年10月30日(木) だる

だりーし。


とゆーわけで寝ます。



2003年10月29日(水)

以前の妻・日記にもあるように、最近うちの息子くん。






テーブルに上る。





妻 『尊くん!テーブルから降りなさい!!』


尊 『えへへ、あぅあぅあぅー。』


妻 『降りなさい!!』


尊 『ばっぶー。』素知らぬ笑顔。







きっと彼の中では、叱る母親に対して


『うるせーんだよゴルァ!』


くらいに思ってるんだろうか?






そこに山があるから登る、とゆう感覚のもとにテーブルに上ってるんだろか?















・・・・・・・・・・・・この際、果てしなくどうでもいいんだが。


















妻 『尊くん!!ホラ、お父さんも怒ってるよ!』













































ヤンマガ読んでるっちゅーに。








急に話をふられても困るっちゅーねん。








・・・・・ふぃ〜、どれどれ。軽く叱っておくか。















『おい、尊。テーブルから下りろ。』


『ばびー。』立ち上がってバンザイをし始めている。


『・・・・ダメっすね。』







俺が諦めの視線を妻にやると、彼女は無言で俺を見ている。





すぐに諦めないでよ。
ちゃんと叱ってよ、ねえ。








・・・・・・妻の思いをテレパシーで感じ取る。
ここら辺が夫婦って感じじゃない?







『んんー・・・・。』


あんまり叱るの得意じゃないんだがな〜。




























































『下りろ尊!!』






























































『笑いながら怒っても意味ないじゃん。』



































『こういう顔だ!!(怒』









息子に怒るつもりが妻に怒る。

























そんな俺らを尻目に、息子はテーブルの上でバンザイ三唱してたね。

















怒っても笑顔の相坂くんでした♪



2003年10月28日(火) ビデオ

うちのビデオが壊れた。


半年くらい前から。


まあ『壊れた』つっても録画が出来ない状態なので大した事ないんだけどさ。


別に1時間すぎた辺りから砂嵐になったって、構わないし。


壊れても別にいいんですよ。ええ。


録画が出来なくたって再生が出来ればいいわけですし。






















































んなわけねーだろ。





























録画が出来ねービデオなんて、この世にあるか!?






ねーだろ親父!?




俺はWOWOWのエッチ番組録画してえんだよ(怒)濡れ場で砂嵐になったら俺は嵐を巻き起こすぞマジで(激怒)













俺 『したはんでよ、おやんず。あだらしいやづ買うべしや。』


父 『んだっきゃなぁ。んでも今よ、何だっけ?あのレコードのやづぁ。』


俺 『レコードぉ?そえってDVDレコーダーだべや。』


父 『んだんだ。そのDVDレコーダーってやづよ。それなんぼすんだべな?』


俺 『だいたい10万ぐれえでねえな?』


父 『10万もだな!?・・・・おっかぁ何て言うべ?












そう、うちの大蔵省は母親なのだ。


そんな母親の性格。

























どケチ。
















なもんで当然、親父の申請は却下される。






































母は強し。


















































親父弱し。





























半年間、抗争は続いた。


その間俺がTME買ったりしてたわけなんだけど。


・・・・思えばTME買う金があったら、DVDレコーダー余裕で買えるよな。

















親不孝とか言うな。









































そんなこんなでDVDレコーダーは諦めて普通のビデオ買ったわけなんですけどね。


でも最近のビデオって操作が複雑らしい。




























らしい。
































俺まだ使ってねーんだ。
































親父のオモチャになってるわ。






































もしかして・・・・親父も・・・・・・








エッチぃの録画してたりして。



















































貸せぇ!!



2003年10月27日(月) ちょっと真面目な日記。

高校を卒業すると同時に、茨城に就職したんだけど


そこで待っていたのは殴られ・蹴られの毎日だった。



















何で毎日暴行を受けてたのか?


















それは目上の人に対する言葉使いがなっていなかったからだ。























当時は辛かった。


辞めたかった。


心底辞めたかった。





















でも辞めなかった。


・・・・・・・・辞められなかった、って言った方が正しいのかな?












































当時は憎しみしか湧かなかったけど


今思えば、あの毎日があったからこそ今の自分がいるわけで。


7、8年経った今現在になって、やっと憎しみから感謝に切り替える事が出来た。





























言葉遣い。


これはホントに難しい。


時に傷つけたり、時に不快な気分にさせたり


『口は災いのもと』とはよく言ったもんだ。




























実際に会って喋るのならまだしも


このネット空間での言葉遣いってのは、かなり難しい。


実際に会って話す言葉のニュアンスが良かったとしても


ネットになると、まるで正反対のニュアンスになったりする。


















書いてる自分では、いい言葉を使って書いたのに


受け取る側としては、書いた人の意と逆に理解し、不快な気分で読んだりしているものだ。


































そういう細かいところだけど実は最も重要な言葉遣いが出来る人間になりたいね。





ネットにしても、現実世界においても。



2003年10月26日(日) 最近の彼

最近、うちの息子が俺に寄ってくる。








俺が横になって本を読んでいると背中に乗ってくる。



俺が歩いてると足にしがみついてくる。



俺がネットしてると俺の前に座り、一緒にネットをしている。



























ちょっと前までは妻にべったりで俺には寄って来なかったんだけど



最近の彼は物凄く俺になついている。













嬉しいよ。


素直に嬉しい(^^)


俺も父親なんだなぁ、って実感するもの。






















でもね、







































































小便には付いてくるな(苦笑)

下から面白そうに見るのはやめてちょうだい(笑)



2003年10月25日(土) 気になるあのコ。

先日、妻と二人で歌番組を見ていた。


見ていた・・・というか、ちゃんと見ていたのは妻の方で


俺はあんまり歌番組って見ないので、ヤンマガを読みながら時々テレビに目をやっていた。






すると、ある女性グループが司会に紹介されているのが耳に入ってきた。









妻 『このグループ、また新しいコが入ったんだねぇ。』


俺 『あ?・・・うん、そうなんだぁ・・・へえ。』










生返事。










妻 『へえ・・・。皆若いコばっかりだねぇ。』


俺 『このグループってさー、歌ヘタだよな。若さで売れてるだろ実際。』

















妻の若いコ発言










思わずテレビを見る俺。











(ふーん・・・。また新しいコが入ったのか。)
(てか名前覚えられねーよなー、実際。)
(○んくもかなり儲けたべなーこいつらのおかげで。)















































































(ん?)




(あれ?このコ・・・・・こんなだったっけ?)
































俺 『なあ、このコってこんなに太ってたっけ?


妻 『え?・・・・・髪型のせいじゃない?ホラ、前は横に結ってたじゃない。今は下ろしてパーマかけてるからだよ。』





俺 『えー!?そうかぁ!?


妻 『そうだって!!髪型でそう見えるんだよ。』























そうか〜!?


女性は髪形で変わる、ってゆうけど







変わりすぎじゃないか???(汗)

















































そして昨日。


妻とMステを見ていた。


するとそのコが出演していた。


この番組。出演者は小走りでタモリのとこに集まるんだけど


その小走りの時









































































おっぱい揺れてたね。
ぷるぷると。

























































『すげーーー!!!』





















おもわず絶叫。


そして





















おっぱいに釘付け。














すげー!!!


こんなに大きくなったのかー!!!











この間まで小学生だったのに、最近のコって







発育よろしいなぁ♪























































・・・・でも




やっぱり太ってた。








俺 『やっぱり太ったんじゃないか?』


妻 『だから違うって。髪形のせいだって。』

































んんー・・・・。そうかなぁ?





































そして今日。


会社でバイトの奴に







俺 『なあ、○○っておっぱい大きくなったよな。


バ 『ああ。そうですねぇ。大きくなりましたよねぇ。・・・・・・でもアレって・・・・・・』















































































































『太ったせいでしょ。』





















































お前もそう思うか!!




































俺の目の錯覚ではなかったのだ。


まして妻の言う『髪型』のせいではなかった事が今、第3者の目で明らかになった!!











妻に教えてやろ♪




























































でも・・・・・・・・・・・・





































































加護、大きくなりましたねぇ。















































おっぱいが♪
イケナイ道に入りそう。



2003年10月24日(金) 印象

ある女性から見た『俺の第一印象』




















優しそう。























『何で?』


『えー?だって初日にジャージ貸してくれるって言ったじゃない。』


『・・・・・あ、あー。なるほどね。(・・・・・・んな事あったか?(汗)


『あと血圧測定も教えてくれたし。』


『出来なきゃ仕事になんねーからな、それは。』


『その時に、優しい人なんだなー、って思った。』


















『ふーん・・・・・・・・・・・・。あとは?















『え?あ、あとって?』


何かあるだろ!?ホラホラ。』


『うーん・・・・・。あ、髪が茶髪で安心した(^^)』






























ハァ?




























『ホラ、わたしも茶髪だったから。これから働く職場に茶髪の人がいて安心したもの。』

























『ふーん・・・・・・・・・・・・。あとは?


『あ、あとぉ?』






































何か言い忘れてるだろうが。


ホラ、カッコいいとか素敵な男性だと思った、とかさー。


そういうの、あるでしょ!?


ねえねえ、あるでしょ!!??









































































妻なんだからさー(怒)








すると妻は思い出したようで


『あ。』


『お、何なに何なに何なに?』



























































































靴が大きいって思った♪』




































































ナメとんかワリャ(叫び)

























靴じゃなくて俺を見ろよ(絶叫)
























『奥さんさー・・・・・、相坂くんって、カッコいい!!とかって思わなかったの?』



















































『・・・・・・・・・・・・。』


















































旅に出ます(涙)



2003年10月23日(木) 1年の感謝を込めて書き上げる日記。

今日でめでたく1年を迎えた私のHP。


そして毎日欠かさず書いてきたこの日記。


元来、何やっても3日坊主だった私が


この日記を1年間、休まず書き続けた事は『我ながらスゴイ』と自画自賛してます(笑)














さて、私が書いてきたこの日記。


毎日読んで下さった皆様方にとって、一番印象に残っている日記は何でしょうか?













絵の対決日記でしたか?


おっぱい日記でしたか?


それとも・・・・・・


『相坂』という人間の、悩み・挫折を書いた日記だったでしょうか?













ふふ。


読む人にとって、色んな日記が印象に残っているものと思います。























今まで書いてきた日記。


今日、改めて自分で読んでみました。







文章が下手くそだったり


フォントいじりをむやみに使ったり


空白をいらないところで使ってたり


同じような内容の日記が2、3あったり


















全くもって進歩してない(苦笑)


1年書いてきても、全く文章能力の向上がみられない。


こんな日記を読んで下さってる皆様方には頭が下がる思いです。


ほんと、スイマセン(汗)






















余談ですが、私が一番印象に残ってる日記。


書いた私自身が一番強く印象に残ってる日記。


今はもう見る事が出来ませんが


去年の11月に、妻が実家に帰ってしまった日の日記です。


生憎、サイトのURLが消失しているので読む事は出来ません。


ですが今でもはっきりと覚えてます。







泣きながら書いた文章を・・・・・・・・・・・・・




























おお、湿っぽくなってしまった(汗)


これからも拙い文章で綴る日記。


読んでいて不快になるかも知れません。


げらげら笑えるかも知れません。



















これからも読み手に


『小さく心に刻まれる』


ような日記を書いていきたい、と思っていますので


何卒これからもご愛読の方をよろしくお願い致します。

































































いいから読め。おぃ











これから深夜勤務の相坂でした(^^)


































































イキタクネェー(涙)



2003年10月22日(水) 可愛い息子が悪魔に見える瞬間

『おい、何か面白い事ないか?


日記に書く事がなく、台所で夕食を作る妻に聞く。


『んー・・・。面白い事はないけど悲しい事ならあるよ。

















ワッツ?



















なんだなんだ?


俺がパーツ買った事か?


でもそれは平謝りして許してもらったはずだ。














余談ですが


妻・日記に書いてある通常3〜4万円するパーツを1万円で購入したというパーツは○○○○○イ○です。
これで分かったらスゴイぞ。



























悲しい事・・・・・・。




『な、何?』


『あなた、これ聞いたら泣くかもよ?









な、何でしょう?(汗)
















『ぎっとんさんから頂いたチョロQ見た?』


『・・・・いや、今日はまだ見てない・・・・。』


『朝ね、尊くんが起きた時に・・・・・・・・』


『起きた時に・・・?』




















































































『2階から落としたの。』





































































『マジでぇ!?(号泣)』





















『後ろに引いても走っていかないの。。』









『何じゃそりゃー!?』














後ろに引いても走っていかない、だなんて


















チョロQじゃねーべな。



































重ね重ねスイマセン、ぎっとんさん・・・・。























































『面白い事あるか?』なんて聞かなきゃヨカッタ・・・。



2003年10月21日(火) 聞こえませーん

職場に行って、皆から励まされ






俺・完全復活!






あー、居場所があるって良い事だなぁ・・・・・・






って、しみじみ思ったね。
家庭が一番の居場所だけど。






I原さん、心配してくれてありがとう(^^)








































元気一杯、精力一杯♪






これから家に帰って


2人目作ろう♪


と思った帰り道。







































ムラムラ気分で家に帰ったら


一通の手紙が届いていた。

























































































カード会社からの請求。








































恐る恐る封を切って


請求額を見る・・・・・・・・・・・・・・・・・・。





































































































挫折再び(T△T)



















































自業自得って言いたいんだろ?




























































知っとるわボケ(怒)




頼むから言うな。




俺の耳は選択性難聴なのだ(げらげら)



2003年10月20日(月) 這い上がる

俺は這い上がる。


こんなところで立ち止まってはいられない。































































焦る事はない。


緊急の対応が出来ないから、他の仕事が出来ないわけじゃない。


¨出来ない、やれない¨は


これから¨出来る、やれる¨にすればいいのだ。


何も焦る事はない。






























































俺は完璧を目指してたのかも知れない。


慢心してたのかも知れない。


そう、今は仕事に慣れ始めた3年目。


挫折するには、丁度いい時期だったのだから。










































































































俺は這い上がる。


挫折から這い上がる。


素晴らしい無二の親友がいる。


大事な妻と可愛い息子がいる。


俺には守るべき家族がある。


こんなところで立ち止まってはいられないのだ。


こんなところで挫折してはいられないのだ。


























































































ここから這い上がって






























前に進もう!



















































































俺は、まだまだ成長できるのだから!!



2003年10月19日(日) 挫折

ホントにやだ。

この現実から逃れたい。

この現実から俺を解放してくれ。

俺は・・・・・・・・・・・


































































『ナニモ出来ナイニンゲン』なんだ。









































今日は日勤だった。


いつも通り出社し


いつも通りの業務を終えて


いつも通りに過ごすはずだった。





















13:30ごろ、3病棟から緊急ベルが鳴る。


全ての職員が走って駆けつける。


当然俺も。


3病棟からの緊急ベルだったから


不穏で暴力を奮い、手が付けられないのだろう


と思った。


だが違った。















































































































首吊ってた















































あまりの衝撃に


俺は立ちすくむ事しか出来なかった。


こんなの無理!!


死んでるよ、これ!!


顔は死人の色してるし


呼吸してねーし


糞尿たれ流してるし


自殺だぞ、自殺だぞ、自殺だぞ!?





















































ドうスればイイノ!?


オレはナニヲすレバイイノ!?











































自分自身の未熟さが良く分かった。


だが、同時に緊急事態になると動けない自分にも気付いた。









































もう無理。


この仕事、ほんと無理。































































うおーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!













































































いつか・・・・・


いつか絶対辞める、この仕事!!



2003年10月18日(土) 息子よー

うちの息子って








可愛い。



可愛すぎる。













もう、ほんっとに何でこう可愛いのか・・・・。



















端正な顔立ち



程よく色付いたほっぺ



無邪気な笑い声















どれをとっても最高。




























いやいや、親バカって言われるかも知れないけど






ホントに可愛いの♪






客観的に見ても可愛いと思うのよ。






























































父親が俺だし☆
可愛いくて当然だっつーの。















































































一発殴れ俺を(涙)




でもホントに可愛いの、息子♪



2003年10月17日(金) のんべんだらり

あー、やばいっすー。


書く事ないっすー(汗)


何書くかなー?


って、この時点でダラダラ書いてるわけなんですけども。



んーーーー。


んーーーーーー。



んーーーーーー。



んーーーーーー。





































なす。



どはー。マジで書くことねーや。



そんな俺に日記を求めるのか!?



書く事ねーのに求めるのか!?

















































































鬼畜が(怒)


























あ、そういえばもう少しで4万ヒットだすな。


この前3万だと思ったのに









もう4万かよ!?
インチキカウンターだけどな。











































ちょっと自慢していい?
させろ。


開設から1年経ってないの。









すごくない?

















何で!?


そんなに日記、面白い!?


こんなダラダラ書いてる日記が面白いですか!?























































面白くないって(汗)



























よくよく考えると、俺のHPってさー。


車アリ。


子育てアリ。


妻日記アリ。


そしてメインが俺の日記。

























まるで




ごっちゃなHP。





津軽弁で言うとかちゃましいとか言うんだけどさー。







こんなHPに来てくださってる皆さん、ホントにありがとう。


来たる22日に開設から1年になります。


ありがとうございました。







1年を持ちまして





閉鎖




































































しねーよ(笑)































これからもダラダラと書いていくつもりだっつーの。



2003年10月16日(木)

今日は『おかあさんといっしょ』のベストアルバムが出る日。









欲しい!!









ソッコーで買いました。ええ。
正しくは妻に買ってもらった。





しかもCD-Rに焼き付けました。




































































エボで聞くためになぁ。




ガンガンに聞きながら通勤するんだろう、きっと。












































街中を走る赤いTMEから『ぼくときみ』が流れているのを発見したら







それを運転しているのは











相坂です。





















話しかける時は一緒に歌って下さい。





教えるから☆
誰も来ねーよ(汗)

































・・・・・・『ぼくときみ』の歌、いいよね?


俺、結構好きなんだけど。



2003年10月15日(水) 美しい人

昨日、妻が嬉しそうに俺に話しかけてきた。





『ねーねー、聞いて聞いて。』


『ふぁ?』






やたら笑顔の妻。






『いい事あったのー♪』






























顔見りゃ分かる。






















『何?』


『あのね、お昼に郵便局に行ったの。往復ハガキ買いに。


『ほうほう。』


『したらね。その受付の男の人が私を見つめてるの♪


尊を見てたんじゃねーのか?









『違うわよ(怒)あたしを見てたの!』








『・・・・・・はい。そうですね。それで?』


『それだけ。』
























『はぁ!?』























それだけかい!?


ただ見つめられる事が嬉しいのかい!?

































『それだけ?』


『そうよー。それだけ。きっとあたしを美人だと思って見てたんだわー♪うふふ。』


『・・・・・・・・・・・・・・・・・。』


『んもう。私ってばそんなに美人なのかしら?♪


『言ってろボケ。』





























『ぬぁんですって!?』











































う、うつくしい人はそんな事言いません(汗)



2003年10月14日(火) おぃ!

俺が日記を書く時間は大体、夜の6:30くらい。


そっから大体30分かけて出来上がる。
短い日記は5分で終わるけど。








なので、出来立てホヤホヤの日記を読みたい時は



















夜の7時に来い。
何気に命令口調なのがムカツクだろ?(笑)
























大体、それぐらいに出来てなかったら
























準夜で仕事中です。





























いくら仕事中は遊んでる俺でも












日記は書けません(汗)














無理。


そりゃー無理。


仕事中にパソコン向かって日記書いてたら









強制解雇。










なので、そんな日は





夜の2時に来て♪

















無理とか言わないでさー。






ね?お願い♪













































































来いよ、コラ(怒)おぃ








































さて、そんな俺の日記。


この前1つのメールがきた。






















































最近面白くないです。





































































じゃあ読むな(怒)



































アホか。


んなメールよこすなっつーの。






































書きたい事を書いた日記でした。



2003年10月13日(月) ごめんね

妻にとって俺は初めて付き合った男性。


その妻は俺と半年付き合ったところでご懐妊


その1ヶ月後に俺と結婚。


俺の親と同居し、仕事を辞め、育児に専念した。


そして2年経ち、今に至る・・・・・・・・・・・・・。


























時々、ふと考える。


あの時俺と付き合ってなければ、きっと妊娠なんてしていなかっただろうし


仕事も続けて


友達と遊んで


いつまでも楽しい時間を過ごしていたんじゃないか?って。




































俺が妻の人生を台無しにしたんじゃないか?って・・・・・・・・





時々思う。



















































ごめんね、奥さん・・・・・・・・・・・・。



2003年10月12日(日) 挫折と栄光。

約束したのは今日の朝9時。


だが・・・・奴は来ない。








『遅い・・・・・・・・。』






30分を過ぎた時点でメールする。





『寝てるだろ?』





ちょっと時間が早いからまだ寝てるのかも知れない。奴の事だから。




だから多分、メールは当分返ってこないだろうなぁ・・・・。

















だが俺の予想に反してメールはすぐに返ってきた。






『起きてまーす、今から行きます。』
































































絶対コロス。



何なんだ奴は!?



何でこう時間にルーズなんだ!?



俺の気持ちが興奮しかけてきたら奴が来た。


































































『シーサー!!(怒)』











『あ、すいません。ちょっとやり方を聞いてきてたんで♪』



『・・・・・・・・あ、そうなんだ。』



そう、今日の作業はとてもじゃないが俺には出来ない。



でもそれはシーサーにとっても同じだったらしくやった事がないから自信ゼロだったらしい。








『とりあえずポイントは聞いてきました。多分大丈夫です☆』


『・・・・多分を強調するとこがボク心配・・・。
























『大丈夫ですってぇ♪』

































・・・・・・この根拠のない自信はどこから来るんだろう・・・・・・。






だが、彼のこの根拠のない自信¨多分¨という言葉が
























俺を励ましたり

















挫折したりする事になるのだ・・・・。

































そんな今日のミッション・・・・・・・・・・・・。



















































ブーコン取り付け!!
ブリッツSBC・ID掘











































































挫折しまくりだった。



あまりに挫折の回数が多くて何やったか覚えてない・・・・。



でもそのたびにシーサーの『大丈夫っすよ♪』の言葉に救われたのだ。



























まず第一の難関が何をどうすればいいのか分からないって事だった。






分かるわけねーんだ(涙)






2人ともやった事ねーんだし。



どのパイプを外せばいいのかそこから分からねー(号泣)



とりあえずぎっとんさんに前日メールで






『純正ソレノイドを殺せばいい。』





って事は聞いてて




タービンとサクションとアクチュエーターに繋がるパイプを外してメクラすればOK!!とアドバイスを受けていた。








だけど







そのパイプの場所が分からねー(涙)




























『・・・・・・ここかな?』


『あ、多分それっすね。』


『ほんとか?』


『多分。』


『おぃ(汗)』


『大丈夫っすよ♪うんうん、大丈夫♪』







































































その自信はドコカラ?






結局意を決してアクチュエーターのすぐ近くの三又パイプを










全て引っこ抜く。
ここら辺からトランスモードに入る。




















『いくぞシーサー!!』



『ういっす!!』


















































2人してトランス(笑)





そして、何やかんやとバルブユニットに線をつなぐ。




INにタービンからのパイプ。



OUTにアクチュエーターからのパイプ。



そして、取り外したホースには全て細いネジで蓋をする。













『・・・・・これがこうだから、このホースがソレノイドから直で来てるホースですね。』




『あ、そうなんだ。そこもメクラしておけば?』









































『取っちゃいますか?』


















































『君に任せます。』



































































言う前に取りやがった。





















































そんなこんなで開始から30分経過。



気付くと終わっていた。






コレダケデイイノ?





他の人たちから




ブーコン取り付けは6時間かかる



ってのを聞いてたけど



あっさり終わって不安になった。






『・・・・これでいいのかな?』



『あ、そうっすね。でも後はブースト圧を取るために配管探さないと。』


『んげっ。それがあったか。』


『こっから取りましょう。』


『そこ、ブーストの配管か?』


多分。


『そう。じゃあ信じるよ。』





































































これが落とし穴になる。





































後に大問題となる配管を終え、



続くは第2の難関。






バルクヘッド通し。






























何が大変かって・・・・・あんた。










































処女のように狭い。
取り消し線の箇所は読むな。







小さい!!







狭い!!







指入らん!!



















『やっぱよく濡らさないと・・・・。


ニヤニヤして言うエロシーサー。







『・・・・・・・奥さんにやれよ。』




『ごふっ。』



















































セックスレス夫婦らしい。





























ま、まあ、針金を使って何とか無事に通す。



一回ハーネスを切断して、バルクヘッドの穴を通して



あとで直結するという裏技も使って。



ギボシを使わず、どうやったのか分からん事をやって配線をつないだシーサー。



彼が言うにはこれが直結の醍醐味らしい。



よく分からんけど。

































そして、室内に引き込んだ配線をコントロールユニットにつないでいく。




















































『出来たぁ!!』


『やりましたね!!』























































5時間経過してました。

























『試乗してみましょう。』


『おう。』







ブーコン取り付けると果たしてどうなるのか?


体感度も結構あるらしいけど、そこんとこはどうよ?



とりあえず、設定は0.9にしよう。



安全マージンを取って。これでも十分だしな。











そして、ワクワクしながら乗り込み、









フルブーストをかける。











ギュオーっ!!





































































青天井ブースト(汗)




ピークのブースト値。































































1.38。







































0.9設定だぞ!?






1.38って何や!?



































NOコントロール(涙)


































『お、おい。ブーストコントロールしてねえぞ。』


『・・・・・・・・・・・・・・・・ありゃ?』





『失敗だー!!(叫)』






『・・・・・・・・・あそこの配管違うのかな?』


『ブーストの配管?』


『ええ。多分違いましたね。適正なブースト圧を取れないからユニットがコントロール出来ないんだと思います。』


『じゃあ、無難にブースト計の配管から取るか。』




『そうっすね。それで大丈夫っす♪































































信ジナイ(涙)






んでもって、配管をやりなおし、今度は完成。





ちゃんと0.9で止まる。





『良かったぁ・・・・・。』


『何とかなりましたね(^^)』









そうっすね(怒)

















































ふふ、冗談よ冗談。



ありがとうシーサー(^^)



今回も助かったよ。



高阪が仕事で来られなかったのが残念だったけど。










































さて、効果の方ですがかなりイイです!!


俺の車、サクション替えたあたりからオーバーシュートの傾向があったんですが


ぴたりと止まりました。



んでトルク・レスポンスが激変しました。



ブリッツにはゲインってゆう項目があるんですが



早い話がブーストの掛かりを思いのままに変えれる項目があるんです。



純正タービン仕様は15〜25までが適正数値との事です。



俺は半端に18にしましたが、これでもかなり違う!!



乗りやすい!!


てか





運転しやすい!!





下からもりもりパワーが来るので非常に乗りやすくなった!!



























ってこんな感じ。



あ、あとね補足ですけど



以前リッター5って言ったじゃないですか?



あれ間違いでした。



トリップメーターって、バッテリーのマイナスを外すとリセット掛かるんです。






なので逆算して計算しなおしたら











リッター8でした。












































あー、今日の作業は疲れたぁ。



二度とやりたくない作業だ(苦笑)



2003年10月11日(土) 人間学

何で男は女性のおっぱいが好きなのか?


俺が思うに、それはきっと昔母親のおっぱいを吸っていたからではないだろうか?








生きていく為に吸う。


十分な栄養を与えてくれるおっぱい。








赤ちゃんの頃の事なんて、きっと皆忘れてる。


でも心のどこかでちゃんと覚えてて


大人になると


生きるためのものから子孫繁栄のための性欲として変化していくんだと思う。





おっぱいが好きって事はごくごく自然な事だと思うし。























でも・・・・・・・・・・















男って心のどこかで母親を求めているのかも知れないね。































難しい話になったけど、つまり結局おっぱい大好きって事は揺るがない事なのだ。






だからさぁ・・・・・・・





















































早く帰ってきてぇ(涙)
実家に里帰りしちゃった(号泣)



2003年10月10日(金) 素晴らしい感触

赤ちゃんの肌ってスベスベしている。


がさついてもなく


ほんっとーにツルツル・スベスベしている。










俺は息子の、そんなツルツルほっぺ



かぶりつくのが大好き♪


















『がぶっ。』



『いやいやぁ!!』








息子は激しい抵抗を示す。



が、俺は離れない。



それどころか









かぶりついて舐める。

がぶがぶベロベロ。


























































最高にテイスティ♪






















































だが俺はそれと同じであろう感触を持つものを発見した。























































































妻のヒップ。




























































































変態ですが何か?

男なら誰でも好きな人の尻にかじりついた事があるはずだ!!



2003年10月09日(木) だるー

いやー、今日は書く気になれないのでお休み〜。



2003年10月08日(水) 燃えすぎだぁ

昨日、車を運転している時


給油メーターが残り4分の1を指していた。


俺は大体、このくらいになるとガソリンを入れる。






『ガソリン入れるかぁ。』





行き着けのガソリンスタンドに寄る。


いつも俺はガソリン入れる前にトリップメーターを確認し、





・大体どれくらい走ったか?


・燃費はどれくらいだったか?





っていうのを見るんだけど。


いつもは大体230キロ走って、リッター7くらい。














だけど昨日は違ったね。



走行距離・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





























































150キロ。






































『・・・・・・・・・・・・・・・・マジで?』






よく分からない人のために簡単に説明します。








早い話が






燃費・激悪。





つまり5キロ走るとハイオクガソリン1ℓ減る。








150キロ走って、30リッター給油。






小学校で習う割り算を使い、俺のはじき出した答え。






計算式:150÷30=


























































ご。










































何回も計算しましたが何か?
もしかして間違ってるんではないかと思いつつ。









































でもやっぱり






ご。



























ご。

ご。

ご。

ご。

ご。


















































周泰・最強!!
by真・三国無双3。








・・・・・・・ごめん、暴走した。


このゲームやってる人の熱い書き込みを待つ。















てかさー、プチショック。


それまで7〜8だったのがだぜ?


必死に原因を考えたよ。











 .汽ション変えたせいでブーストの掛かりが早くなった為。

◆.▲セル踏みすぎている。

 サクション交換の際、エアフロのハニカムを少し潰した為、空気を読むとこがおかしくなって燃料を多く吹いてる。





















































多分全部(汗)











まあ、イジると燃費が悪くなるのはしょうがない事だよね。
ショックだったけど(涙)













































こんなんでブーコン付けたら


















































イチになったりして(笑)






俺、プロフェックe−01付けたいんですが、どう思います?



2003年10月07日(火) 記念品

以前、ぎっとんさんのHPにて



記念すべき3万ヒット!!を踏ませて頂きました。



そして、記念の品のTME・チョロQを頂いたわけなんですが・・・・










これが秀逸の出来!!









何でも売ってあるエボ困離船腑蹌僂魏湛して作ったらしいんですが


お店屋さんで売ってあるとしても全然違和感ないくらいの出来上がり!!





うちに届いた時は感動しましたよ。









『すげぇ・・・。』










もうね〜、この一言。


デジカメでアップして見せてあげたいんだけど




デジカメ壊れちゃって(涙)










なので、俺の頂いたチョロQが見たい方は










ぎっとんさんのHP










をご参照下さい(^^)



































さて、ぎっとんさんに頂いたTME・チョロQ


息子のすんごいお気に入りになってます。



軽量化されてるし。























































・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・意味分かる?







































































リアスポなし(涙)




本来あるはずのリアスポ(ウイング)がいつの間にか取れてんだよ(号泣)




息子が激しく遊んでいるために!!











『これお父さんの大事大事だから触っちゃダメだよ。


って言っても所詮は1歳児。






























理解する訳ねえ。

































というわけで、今も俺の後ろで遊んでます。


記念の品のTME・チョロQで。



























































すいません、ぎっとんさん(涙)





息子が離さないんです・・・・・・うぅ・・・・・・・。



2003年10月06日(月) 古き良き伝統

昼過ぎに親父に客が来た。


客っていっても、津軽塗り職人の親父の問屋みたいなもんで


俺が子供の頃から、この人は家に出入りしている。





そして商談が終わり、帰ったあと・・・・・・



『ゆっき、あの人のとこに今度孫が生まれるんだって。


『へえ、そう。』



母親に言われるが、別にどうだっていい。んな事は。


どこで誰が生まれようが俺の知ったこっちゃない。




まして友人でもない人の孫なんぞ格段にどうでもいい。












『良かったね。』



なーんて言ったけど












『良かったね』なんて


1%も思ってない(げらげら)











『生まれるの12月だって。』


『ふーん。そう。』









ヤンマガに夢中な俺。












『あんた、準備してるの?』


『はあ?何を?』










何か準備するもんがあるのか?


俺の子じゃあるまいし。


生まれたら何かあげるって言ったっけ?


言ってねーよな。てか



俺が言うわけねーよな(笑)






『何か準備するもんがあるのか?』


『やっぱり。忘れてると思ったわよ、あんたの事だもの。























































一言余計だ(汗)






『うるさいな〜・・・・・。で、何?』
























































『お祝い金よ♪』



















































『はっ!!(×△×)』





『あんた、尊の時にあの人から2万円もらってるでしょ。


『げっ!!そんなにもらったっけ!?』


もらってんのよ。お返しは同じ金額よ。』







『マジでぇ!?』







おいおい、ふざけんじゃねーよ。


何でこんなとこでそんな出費やねん!?


2万は痛いぞ!!


てかそんな余裕、ウチないよ(汗)


てか、今ブーコン欲しいんだよ。
















『・・・・・・・・どうしても払うの?』





『当たり前でしょ。』

















































































日本を壊していいですか?











『くぁ〜・・・・・・・・・。』


『今のうちから準備しておきなさい。』


『うぅ・・・・・・・・・・。』


『あ、そうだ。』


『あ?』


『従兄弟のまーちゃんね。』


『・・・・・・・・・・・・・・・・・・何?』






























































『二人目が来年に生まれるから。』
































































がべしっ(即死)






































誰か日本の伝統を壊して下さい。




ニホン、キライ・・・・・。



2003年10月05日(日)

1週間前の事。



日中、うちにいて留守番していた俺は居間で昼寝をしていた。



『ごめんくださーい』



『・・・・・・・・・ん?』



玄関の方で声がする。



何だ、寝惚けてんのかな俺?



空耳かも知れんし・・・・もう少し寝よ。







『ごめんくださーい』




現実だ!!(汗)






『はいはいはいはいはいはい!!!』





慌てて玄関に走る俺。





すると玄関にいたのは若いスーツ姿の男性だった。





『大○○井薬品ですけどぉ』


『はいはい。』


『置き薬の交換に来ました。』


『あー、はいはい。少し待ってて下さい。今持ってきますから。』









程なくして置き薬の箱を玄関に持っていくと


若い男性はしきりに外を見ている。








・・・・なに見てんだ、こいつ。早く交換して帰れよ。俺は眠いんだからよ・・・・。









外にあるエボって誰のですか?』


『あー?俺のだけど・・・・・・・。』




『あ、そうなんですか!!♪』









目が輝き出す若いにーちゃん。












しまった、長居するぞコイツ(汗)



俺の本能は直感する。









『あれってエボ垢汎韻厳燭任垢茲諭


『・・・・・・ん〜。だろうな。』


この場合の同じ型ってゆうのは型式が同じCP9Aって事なんだろうか?


それともただ単にボディの形が似ているって事なんだろうか?


このにーちゃん、どっちの意味で聞いたんだろう?





まあどっちでもいいや。






突っ込むと更に喋りそうだし(汗)







『どっかイジッてるんですか?』


『・・・・・・・・・・・・いや。マフラーだけ。』


『エンジンは?』


『なんも。』


『それでも速いでしょー。』


『・・・・・・・・・速いんでしょうね。』


『でも公道では無用のパワーですよねぇ。』






































ケンカ売ってんのか?













だが大人な俺はサラっと流す。






『パワー使ったら捕まるべ。』


『はっはっは。そうですよね〜。』



































いいから早く帰れ(怒)





とろとろ仕事しやがって。


薬入れ替えるのにそんなに時間が掛かるか!?


かれこれ10分は経ってるぞ。


































そんなこんなでようやく帰っていったのは20分後。



『また来ます〜。』



















もう来んな(怒)



2003年10月04日(土) きゃほー!!

色んなパーツ買ったら金が底をついてしまった・・・。


んー、やっぱり我慢すべきだったかなー?




































まあいいか。

欲しかったし。



2003年10月03日(金) だりーな

何で日記を休んでいるのか?


正しくは、実際書き続けてるから休んでいない事になるんだけど。


HPからリンクを外し、誰もこの日記は読んでない・・・・はずだ。








何で日記を休んでいるのか?






それは、面倒になってきたから。


毎日毎日、そう書く事なんてありゃしねー。


実際よく書いてきたもんだ。





最近、日記を書き上げると同時に


『明日は何書けばいいんだ?』


ってウンザリした気持ちになる。




プレッシャーに押されてるんだろう、きっと。




アクセス数を維持したいとか、


人気がなくなったらどうしよう?




なんて不安な気持ちとかが入り混じる。




































俺は一体、何がしたいんだろう?




























なので、今はとても楽な気持ち。


別に人の目を気にしなくてもいいし、何より、好きな事を書いてるから。


昨日までの詩みたいなもんを書いてる時、すげーいい気分だったね。


書きたい事を書いてたから。



































でも最近さー。


俺の日記の形態をそのまんま使ってるのを見ると、さすがに具合が悪いよな。


フォントいじりとか、スクロールとか、絵の対決とか。






まあ、でもパクリパクラレの世界だから



それもしょうがないのかな。






俺もパクってるし。この日記形態。



2003年10月02日(木)

君が嬉しいと


僕も嬉しい




君が悲しいと


僕も悲しい















僕はいつまでも君を感じていたい







命ある限り


生き続ける限り








僕はいつまでも君と歩んでいきたい



























君は僕の光なんだ
























いつまでも君と一緒に歩んでいきたい




















ずっと・・・・・・・・・・・・・・・・・・ずっといつまでも



2003年10月01日(水)

泣きたいときは泣けばいい





思いっきり泣けばいい






泣くのを我慢して・・・・・・






それが何?






誰かに認めてもらいたい?






君は強い、と言ってほしい?






自分は強い、と思いたい?



















強い人間なんて誰もいない

























泣きたい時は泣けばいい




思いっきり泣けばいい





誰かの胸で





思いっきり泣けばいい


 < 過去  もくじ  未来 >


相坂 [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加