ケイケイの映画日記
目次過去未来


2019年05月28日(火) 「居眠り磐音」



桃李、頑張ってる!心境著しい松坂桃李が主演する時代劇なので、期待値上げて観て来ました。昨今流のライトな時代劇で、重厚さには欠けるかも知れませんが、その時代を生きる人々の情感や哀歓に溢れ、立会いや殺陣の場面も豊富にあり、見応えもある出来の良い作品だったと思います。監督は本木克弘。

豊後関前藩で将来を嘱望される藩士だった坂崎磐音(松坂桃李)。心ならずも許婚の奈緒(芳根京子)の兄であり親友の琴平(柄本祐)を、藩の命令で斬ってしまい、失意の彼は脱藩し、江戸で長屋暮らしを始めます。気のいい大家(中村梅雀)の紹介で、うなぎ屋で働くようなった磐音ですが、ある事から今津屋吉衛門(谷原章介)が営む大店の両替商の用心棒となります。磐音が雇われた理由の奥には、田沼意次(西村まさ彦)の改革を妨害しようとする動きがあったのです。

NHKで金曜日の八時に、長いこと時代劇のドラマを放送していましたが、名作がいっぱいでした。それを彷彿させるのです。出だしの悲劇は、大急ぎで描いていましたが、各々キャラや家族の様子など、背景の説明が上手かったので、私は異議なしです。あれくらいで妻をお手打ちとは、と思われる向きもあるでしょうが、若い人の離れ暮らす三年は長い。真面目一徹で融通の効かない慎之介(杉野遥亮)の性格は、繰り返し出てくるので、妻への愛が憎さ百倍になったのも、私は納得出来ました。それにしても、武士って面子の生き物だと痛感します。

江戸へ出てきてからの磐音の日常の描写が上手い。おっとり育ちの良さが溢れ、剣の腕も立つ磐音は、子供相手にも「痛み入る」「かたじけない」と、礼節を尽くし、次第に周囲の人々の信頼と親愛を得ます。

両替を元に、黒幕を暴き鼻を明かす謎解きのような展開も、丁度良いスピードで流れ、一番良いのは解り易い事。私は原作は未読ですが、ここはこの筋運びのはずとの予想が、全て当たる展開は、斬新さはありませんが、言い換えれば安心して見られます。要所要所に立会いもあり、名のある俳優がたくさん特別出演のように出てくるので、華やぎもあり退屈しません。

そして何たって桃李君ですよ!色んな作品で結果を出して、出世街道爆走中の彼ですが、至ってオーソドックな二枚だと思います。昨今は個性が持て囃されて、彼のように容姿端麗で爽やかな好青年風は、むしろ希少価値。持ち前の品の良さで、男娼やろうが、腹に一物ある刑事やろうが、全て好感度アップに繋げているのが、本当に偉い!

私が思わず落涙したのは、離れ離れになった許婚の奈緒が寄こした手紙の、「奈緒はいつまでも磐音様の妻にございます」の一文に、祝言前だと「奈緒殿」と呼んでいた磐音が、彼女を必死で追いかけ「奈緒ー!」と絶叫したシーン。恋しい女が、祝言を挙げなくても、離れて暮らしても、一度も抱かれなくても、自分の妻だと言ってくれたのです。磐音も、「夫」になったのでしょう。許婚の兄を斬った自分は、奈緒には二度と会えないと思う磐音。磐音と共に、煉獄に身を置く覚悟だった奈緒。思い合う男女がすれ違うのは、言葉足らずと思い込みだよなぁと、つくづく思うのです。これは現代も一緒ですね

まだまだ謎は残り、今津屋が「あなたがした事の背後には裏がある」との助言は、観客も承知。作中では奈緒に横恋慕した家老(奥田瑛二)の策略とのフェイントが出てきますが、それくらいであんな手の込んだ策は練らないわな。若手エース三人を失うのは、藩として痛手が多すぎだもの。裏にはもっと大きな陰謀があるはず。密かに磐音に恋心を抱く大家の娘おこん(木村文乃)との間も気になるし、評価も高いようですので、きっと続編も作ってくれる事だと思います。端正な作品です。


2019年05月12日(日) 「ドント・ウォーリー」






障害を負った青年が、その事が転機となり、自堕落な人生から豊かな人生へと大転換する、「良いお話」です。ありがちな設定ですが、一つ間違うと平板に感じてしまう内容が、作り手の繊細で情感豊かな語り口で、心が満たされていく秀作です。実話であるのも、強力な後押しです。監督はガス・ヴァン・サント。

深刻なアルコール依存症の青年ジョン(ホアキン・フェニックス)。あるパーティーで初めて出会ったデクスター(ジャック・ブラック)の飲酒運転の車に乗り、事故に遭います。デクスターはかすり傷で済みましたが、ジョンは車椅子を余儀なくされます。絶望して更に依存症が加速するジョン。しかし、断酒のグループセラピーの主催者ドニー(ジョナ・ヒル)や、恋人となる美しいアヌー(ルーニー・マーラ)との出会いが彼の転機となり、漫画家となる夢を持ち始めます。

アメリカの実在の風刺漫画家、ジョン・キャラハンの伝記映画です。彼の事は知りませんでした。かなり辛らつな作風なのですが、絶妙なユーモア感ある。私が思わず笑ってしまったのは、「黒人で盲目ですが、歌は歌いません」。ジョンの下には、賛否両論のコメントが寄せられたそうですが、さもありなん。私が笑ったのは、もちろん差別を嘲笑したのではありません。これ、スティービー・ワンダーの事でしょう?黒人だからって盲目だからって、みんな歌が作れて上手いわけじゃないんだよ、と言う意味に取りました。ある意味これも偏見だから。

解りづらかったのは、「工事現場の警備はレズビアンが最適だ」の作品。解説は「レズビアンは男要らず。男を必要としない女を、男は恐れる」でした。お見事な風刺!かように、一見下劣で毒舌のようですが、鋭い感性と知性が隠されています。私も真意を解らず、中途半端に批判している時もきっとあるなぁと、自分を省みました。ジョンは「恥を知れ!」と罵る老婦人に、笑顔で対応します。自分の中で、ぶれがないからでしょう。

作品中アメリカの障碍者の状況が出てきて、興味深かったです。住み込みのヘルパーがいること。これが悪人ではないのですが、かなりいい加減な青年。月収があれば少なくても補助金から引かれる事。日本なら障碍者年金ですが、枠がありそれから出なければ引かれないはずです。この補助金は、税金からの生活保護費のようなものなのかも?自損事故の同乗者が障碍者になった場合、日本なら相応の保険金が下りるはずですが、それも出てこない。

医療のバックアップも違いがあります。普通のリハビリの他、性的維持に対して力を入れている事。セラピストは「私は勃起させるためにいるの」と仰る(笑)。もちろん医学的な見地からのアドバイスで、直接手を貸すわけじゃない。性生活が出来るか否か、人生に深く関る事だとの認識があるのでしょう。

アヌーも当初はコーディネーターかと思いましたが、それにしては服装が自由過ぎ。再会時には生業はCAで、想像ですが、ボランティアで話し相手として派遣されたのかなぁと思います。アヌーの「ハンサムさんね」「あなたのこれからの人生は、もっともっと素晴らしいものになるわ」の語りかけが、ジョンに一筋の光明をもたらします。やっぱりこの台詞は、美人に言われるのに限るね(笑)。

ドニー主催の断酒会の面々が個性的です。この存在感たっぷりのふくよかな女性は?と、目を凝らしてみると、これがベス・ディットー。過激な出で立ちの彼女しか知りませんが、極々普通の女性を演じているのに、辛らつですが暖かなオーラが出ていてました。何気に私の好きなウド・キアもいましたが、台詞は少なくても、そこにいるだけで存在感たっぷり(笑)。他の面々の話しも、過去の話をすることで、前に進みたい意思を感じます。

斜めに構え、全てを運の無さのせいにするジョンに対し、ドニーが畳み掛ける問答が素晴らしい。ジョンが何故自己肯定が低いのか、何故依存症になったのかが、解明されます。自分でも解っているはずなのに、露になるのが怖いのです。この問答は、誰が相手でも成立するわけじゃない。自分も人が知る以上の葛藤を抱えるドニーであるから、ジョンの胸に響いたのでしょう。

それからのジョンの行動が素晴らしい。今までのネガティブな自分に向き合い、それを捨て去るのは、何と勇気の要ることか。人とは自分が生まれてきたことに感謝する事まで遡らないと、自己肯定は生まれないのだと痛感しました。生後間もなく母に捨てられたジョンには、過酷な道程です。でもこれは実話。実話の重みをここでも強く感じます。

ホアキンは障害前の薄汚さと弱さと哀しさ、傷害後の絶望と怒り、そこからの奇跡の転換、そしてインテリジェンスさえ感じさせる立派な風刺作家になるまでの道程を、素晴らしい好演。生来のアクの強さを見え隠れさせ、ラストには爽やかな好青年で締めくくります。

私がびっくりしたのは、ジョナ・ヒル。偉く美しいじゃないの(笑)。気品さえあります。痩せただけじゃない、彼ってこんなに美形だったの?と意外な眼福でした。代々の資産家で、存在意義の見つけられない高等遊民のような生活が彼の心を蝕んだのでしょう。ゲイである事が拍車をかけ、世間から逸脱した人にしてしまったのですね。穏やかな強い人が見せる弱さには、共感しかありません。

ジョンより物凄く小さな事で申し訳ないのですが、私も丁度一年前、左膝の半月板が断裂しまして、怪我をした当初は、もう痛みから解放されない、普通に歩く人生を失ったと絶望しました。三日ほどですが(笑)。発奮してその後病院を替え、リハビリに励み、リハビリ終了後は筋肉強化のためジムで水泳のレッスンを受け、金槌だったのに、何とこの年で人生初めて25m泳げる事に!膝のため6キロほど体重も減らし(もっと痩せなきゃ!)、今は断裂前より体力も付き、手術なしで健康体を取り戻しました。今出来ないと言うより、止めているのは全力疾走(軽くなら走れます)と正座だけ。それ以外は、主治医の「洋風の暮らしを心がけ、痛みはなくてもサポーターを外さず、自分の半月板が割れていると認識を忘れず、後は普通にして下さい」の、指示通りの生活を送り、現在快適です。

怪我をしていなかったら、頑張った後についてくる充実感は、手に入らなかったものです。なので、過酷は人生を克服していくジョンの様子に自分を重ね、何度も涙ぐみました。私だけではなく、たくさんの人が状況を変え、ジョンに自分を重ねられるはずです。

障害を得て失ったもの以上に、得るものを勝ち得たジャックの大逆転人生は、万に一つの事例でしかないかも知れない。でも万に一つは、自分にも出来るかも知れないとの、大きな光明になるはず。ラスト、子供たちと遊び、車椅子から転倒しても、底抜けの笑顔を見せるジョン。是非たくさんの人に、輝く彼の笑顔を観て欲しいです。



2019年05月01日(水) 「キングダム」



すごく良かった、素晴らしい!全然興味がなかったのですが、親愛なる映画友達の熱い感想を拝読して、ではではと鑑賞。最初から最後まで馳走感と躍動感が迸り、とても楽しく幸せな140分でした。お友達に感謝。監督は佐藤信介。

紀元前245年、春秋戦国時代の秦。戦国孤児の信(山賢人)と漂(吉沢亮)。奴隷として売られましたが、剣の腕を磨く事で、今の境遇を脱出し、大将軍になるという大いなる夢を抱いています。ある日、漂だけが王宮に召抱えられ、二人は道を分かちます。しかしその後、瀕死の状態で信の元に戻ってきた漂は、ある願いを信に託し息絶えます。漂に託された地図を元にその場所に行くと、待っていたのは、漂と瓜二つの秦の若き王エイ政(吉沢亮二役)。エイ政は、腹違いの弟成キョウ(本郷奏多)の反逆によって、その地位を追われたのです。漂の意思を継ぎ、信はエイ政を王に戻すべく、共に戦う事を誓います。

原作は有名はコミックで、現在47巻が発売中でまだ未完です。最近様々なコミックが映画化され、中にはお子様ランチ+α的な作品も多く、時間がありゃ観ますが・・・でした。この作品も公開前は、確かそんな風評だったと思います。

それがそれが、堂々たる風格の立派な作品に仕上がっています。コスプレを題材にした大作は、どうも邦画の苦手なカテゴリーみたいで、多くは陳腐な感じが否めないのですが、この作品はちゃんと人海戦術とCGの境目も滑らかで、山界の場面は、ハリウッドにも引けを取らないと思います。数々の剣を使った戦いの場面も、チャンバラとは一味違う、でも中国作品のようにワイアーを駆使するのでもなく、スピードと重量感を一体に感じる素晴らしさ。血が沸き肉踊る感情を、邦画で感じるとは感無量です。

まず脚本が良いのでしょう、膨大な原作から刈ってまとめるのが上手い。全く未読の私にも、筋やポイント、何を軸にし訴えようとしているのか、誰にでも解る。もちろんその上手い脚本を元に、画面に映したのは監督や撮影です。ちなみに監督も脚本に携わっているようで、これは重要ポイントかも。

衣装もオーソドックスな中にもキャラにあった個性も浮き彫りにし、一番良かったのは、全ての俳優に似合っていた事。特に長沢まさみと大沢たかお!。
主役である山賢人と吉沢亮を、中堅・ベテラン・大ベテランが、しっかりキャラを確立して、盛り上げると言う理想的な展開が、長年映画を観続けている者としては本当に涙が出るほど嬉しかったです。重厚感と若々しさが見事に共存していました。

もうこれだけでも花丸あげちゃうわ、なんですが、しっかりストーリーも深みがありました。逆境の出自の中、正当な方法で這い上がろうとする者。王の子として生まれながら、舞妓の母の血を継ぐと言うだけで、王室出身の母を持つ弟に蔑まれると言う理不尽。若い者を守り立てるはずの大人が、自分が権力を持つため良いように転がそうとする、魑魅魍魎が渦巻く王宮の様子が、余すところなく描かれます。

その問いに対するアンサーが素晴らしい。エイ政は魑魅魍魎に対しては奇策を練り、弟成キョウに対しても、一つ一つ卑小さを剥がして行く。私が一番感動したのは、400年前秦に裏切られた過去を怨み、和睦を拒む山界の人々に、「怨み辛みをいつまでも持ってんじゃなくて、今度こそ共に手を携えて、もっと栄える方が、墓場の人間も喜ぶんじゃねぇのかよ!」と言う信の説教。偉い!本当にそうだよ。

出演者はみんな好演でしたが、私が目を奪われたのは、とにかく吉沢亮!陰りのある綺麗な子だな、くらいの印象でしたが、その陰りが若きお飾りの王としの憂いを表現。知性と胆力を併せ持ち、孤独な境遇に負けまいと、人を見る目と優しさも養われている。自ら命を張って戦闘の先陣を切る様子には、感動すらしてしまった。本当に素晴らしかったです。助演男優賞、どこかであげて!

山賢人も健闘していました。アクションも多くを担っていたそうで、立身出世の大願を胸に、熱い血の滾る信像は、充分こちらの届きました。

他には山界の王の長沢まさみ。とにかく衣装が似合っています。彼女は背が高く、しっかり筋肉もついている見事なプロポーションなので、重さを感じる衣装も颯爽と着こなし、アクションシーンも見事な出来栄え。そしてやはり、彼女はとても華やかです。凛々しく美しく、とても良かったです。

大沢たかおは、初登場シーン、太い二の腕にびっくり。この役のため、増量したとか。笑みを称えた凱旋の様子は、不敵と言うより妖しさを感じ、私は彼に万年好青年風の印象を持っていましたが、ここでまず違和感より上手いなぁと感嘆。瞬時にキーパーソンだと判断。なよなよオネエ口調で話す様子と、豪快な出で立ちと立ち振る舞いのギャップも面白く、かつ大物の風情も醸し出していました。

刺客も皆楽しみましたが、サイコ風の剣の達人・左滋を演じた坂口拓が光っていました。起承転結、ラストへ向かう盛り上がりも文句なく、壮大なまま続編への繋ぎも淀みなく、百点満点の作品。次も必ず観ます。




ケイケイ |MAILHomePage